1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ボーダーを越えて
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
2016年4月21日
雨宮 和子 雨宮 和子 [あめみや かずこ]

1947年、東京都生まれ。だが、子どものときからあちこちに移動して、故郷なるものがない。1971年から1年3ヶ月を東南アジアで過ごした後、カリフォルニアに移住し、現在に至る。ボリビアへの沖縄移民について調べたり書いたりしているが、配偶者のアボカド農園経営も手伝う何でも屋。家族は、配偶者、犬1匹、猫1匹、オウム1羽。
▲ 油壷の洞窟の前で。(写真:中山俊明)
▲ 「鰹」で刺身盛り合わせに感激しているヘザーと私。
(写真:中山俊明)
▲ 「鰹」のおばあさんとヘザー。
Day 3  2月14日

[H] Sunday morning I woke up early again, worked for two hours, went back to sleep until 9:30, and suddenly felt human. We had a Japanese breakfast – salad, miso soup, a sweet egg dish that is somewhere between a tiny omelet and an egg custard. We then set off for Aburatsubo, where Kozy’s father hid in submarine waiting for an order to attack the Allied forces as they invaded. He was 19 when he entered the military. As the second son, he knew he would be sent to the front, so he volunteered to be a kamikaze. Half of the volunteers were sent into the air; the other half into the water. The submarine was hidden in a cave that had been carved out of the rocks. Luckily for Kozy’s father (and Kozy’s future self), peace was declared and he never had to ram his sub into an American ship. The cave is now fenced in and abandoned – it took Toshi forever even to find someone who knew where it might be located – but impressive to see nonetheless.

[H] 日曜日の朝、私はまた早く目が覚め、2時間ほど仕事をしてまた眠りに戻り、9時半まで眠った。それでやっと人間らしい気分になった。そして、サラダと、味噌汁と、小さなオムレツとカスタードの中間のような卵の日本的な朝食を取った。それから油壺へと出かけた。そこはコーズィのお父さんが、連合軍の侵略を攻撃するために潜水艦で待ち伏せていたところだ。彼は入隊したときには19歳だった。次男坊だから戦闘の前線に送られることがわかっていたので、カミカゼに志願した。志願兵の半分は空に、残りの半分は海に送られた。潜水艦は崖に削られた洞窟に隠されていた。コーズィのお父さんにとって(またいずれ生まれるコーズィ自身にとっても)幸運だったことには、戦争は終わり、お父さんはアメリカ船に潜水艦に突撃していかなくても済んだのだ。トシはその洞窟を知っている人を捜し出すのに大変な時間をかけたのだが、洞窟はいまは檻で塞がれ、放棄されている。それでもそれを見ると感無量になる。

[K] It was quite stormy the night before with very strong winds and rain. The wind had died down this morning, but it was still raining. It turned out to be the perfect weather for us. It was only the second day for Heather, and she had such a full day yesterday. She needed a lot of sleep to recover from the long flight, lack of sleep and jet lag to enjoy the rest of her trip. And for me, the rain really made me feel being in Japan. Heather was still asleep when I got up. We were going to spend the day leisurely. Hayama, being a seaside town, has abundance of fresh seafood, but it also has famous “Hayama Croquets,” which I love. Toshi was kind enough to drive to the butcher shop to get some of those for our breakfast. He’s a perfect host. The road to Aburatsubo is now quite familiar to me, as Toshi had taken me there a couple of times before. It’s simply amazing that Toshi had located these caves. He kept asking around. No one, even the locals knew where the caves were, let alone the fact that those caves were once used during WWII to hide submarines, except for one old lady, whom Toshi ran into. Probably very few people even noticed the caves except for those who made use of them as storage space, and even they didn’t know what those caves had been originally made for. American Occupation Army knew it and left a sign that they’d been here. When Toshi first brought me there, we saw a newspaper (most likely The Stars And Stripes) clipping stuck at the gate of one of the caves with a photo of two GIs at the entrance of the cave. Now the clipping was gone, too, and there was nothing to remind you what the caves had been once used for. It’s forgotten. When Toshi and I are gone, it’ll be totally forgotten.

[K] 前の晩は強風と雨で嵐のようだった。朝には風は止んだが、まだ雨は降っていた。それでかえってよかった。きょうはヘザーにとってはまだ2日目で、昨日はいろいろなことでいっぱいだったから、長飛行と睡眠不足と時差ボケの疲れから抜け出すためには、彼女には十分な睡眠が必要だったのだ。私にとっては、雨は、ほんとうに日本にいることを感じさせる。私が起きたときにはヘザーはまだ寝ていた。きょうはのんびり過ごすことにしよう。葉山は海辺の町だから、新鮮な海鮮物が豊富だけれど、私の大好きな有名な「葉山コロッケ」もある。やさしいトシさんはわざわざ車で肉屋さんへ行き、朝食用にそのコロッケを買って来てくれた。彼はほんとうに完璧なホストだ。油壷へ行く道は、トシさんが以前2回も連れて行ってくれたので、私には見慣れた風景だ。トシさんが洞窟を見つけたのはほんとうにすごい。あちこち聞き回っても、戦争中に潜水艦をかくして置いた洞窟など、地元でも知っている人はいなかった。諦めかけたとき、それを知っているというおばあさんに出会った。洞窟の存在すらほんの僅かの人しか知らないのに、そこを物置に使っている人だってその洞窟がもともと何のために作られたか知らないだろう。でもアメリカ占領軍にはちゃんとわかって、そこにやって来たという証拠を残していった。トシさんが最初にここに連れて来てくれたときには、洞窟の入り口で撮った2人の兵隊の写真入りの新聞(多分「スターズ・アンド・ストライプス」)記事の切り抜きが入り口に留めてあった。その切り抜きはもうなくなっていて、その洞窟が何に使われたかを思い起こさせるようなものは何もない。すっかり忘れられている。トシさんと私がこの世からいなくなったら、この洞窟は完全に忘れられてしまうだろう。

[H] Toshi then gave us a tour of Hayama. It’s lovely – built into the hills, surrounded by ocean. Just as Japanese houses are tiny and make a highly efficient use of space, so, too, the town. There wasn’t a square inch of space that wasn’t used for some purpose. Small cabbage farms bordered on apartment buildings, Toshi’s “marine club” was a few square yards of land where members could leave their surfboards and sunfish boats, and cars were parked with such precision that the Japanese should consider making it an Olympic sport. Toshi regularly backed into a tiny spot at his house (on a curve, over a hill), and I saw three cars parked up on a sheer cliff, their tires a half inch from the edge.

[H] トシは葉山の町も案内してくれた。海に面して、丘の斜面に建てられたこの町は魅力的だ。この町は、日本の家屋が小さくてスペースを有効に使っているのとまったく同じだ。何らかの目的に使われていないスペースなどまったくない。キャベツ畑がアパートの建物のすぐ脇まで広がり、トシのマリーンクラブはメンバーがサーフボードや小型ボートを置ける小さな空間で、車は日本人がオリンピック種目に入れるよう働きかけたらいいくらいの正確さで駐車されている。トシはいつも自宅の(丘の上のカーブのある)小さなスペースにバックで駐車する。私は高い崖に、タイヤが崖っぷちから0.5インチのぎりぎりのところに駐車された車を3台も見た。

[K] There isn’t much flat land in Hayama. I’d be quite nervous to drive in this town, let alone park the way Toshi does.

[K] たしかに葉山には平地はあまりない。この町を運転するとしたら、私はどきどきの連続だろう。ましてや、トシさんのように駐車するなんて、とてもできない。

[H] The signage is also fantastic. Most of it is in Japanese, of course, with English all but randomly mixed in. “Since 1996,” “wedding,” “superfreak,” and “pop antique” appeared on storefronts. There was a restaurant named “Pollen” and a soft drink called “Pocari Sweat.” A sign for a florist declared “be your happiness with the flower.” One of my favorites was “star pine homda,” making clear that the companies that invent the names for scented soap have been consulting with the Japanese people and spinning the random word-pairing wheel (my mom has bath soap labeled “sea island cotton”). Hilariously, the word “in” always accompanied giant arrows pointing to an entrance, without any Japanese word accompanying it. Presumably the Japanese have the good sense to know an arrow is pointing to an entrance, but who knows about the capacity of Westerners? When Kozy and Toshi were having animated conversations in Japanese, I amused myself by checking out the names of the fabulously cartoon-like cars (snub-nosed vans, little fat trucks, all looking more like Tonka toys than anything else and just about the right size to slip into one’s pocket). Car brands included “Noah,” “Freed,” “Cocoa,” and – my favorite – “Cedric.” Apparently the Japanese do this even in their own language, which is based on Chinese characters that stand for a particular sound. Kozy, for instance, laughed out loud when she saw a sign at a rent-a-bike place. The Japanese have a word for bike, but instead they’d included the Chinese characters one would use if one were trying to get someone to say “cy-cle.”

[H] 看板もすばらしくおもしろい。ほとんどはもちろん日本語だが、英語も無作為に混じっている。「Since 1996]とか「wedding」とか「superfreak」とか「pop antique」がお店の前に出ている。「Pollen」というレストランの名前とか、「Pocari Sweat」という飲み物もあった。花屋さんの看板に「be your happiness with the flower」というのがあった。私が気に入ったものに「star pine homda」というのがある。香りのついた石けんの名前を考え出す会社は、明らかに日本人に相談して、言葉を自由に混ぜ合わせて名前を生み出したようだ。(母は「sea island cotton」という名前のついた石けんを持っている。)思わず笑い出したくなるのは、「in」という言葉が日本語抜きで必ず入り口を指す大きな矢印といっしょになっていることだ。日本人には矢印が入り口を指しているとすぐわかるのだろうけれど、西洋人にはそれとわかるだろうか。コーズィとトシが日本語でにぎやかに会話しているとき、私はすばらしく漫画のような車(獅子鼻みたいなバンや、なによりもおもちゃのトンカのようでポケットにはいりそうな小さくてころころ肥ったようなトラック)の名前を見つけてはおもしろがっていた。車のブランドには「Noah」、「Freed」、「Cocoa」、そして私のお気に入りの「Cedric」などがあった。日本人は自分たちの言葉でも漢字の音を使って同じようなことをするようだ。たとえば、コーズィは貸し自転車店の看板を見て、笑い出した。自転車を意味する日本語はあるのだけれど、「シクル」という音を当てた漢字を使って「バイシクル」としたからだ。

[K] Thomas was also amused by the names given to car models, such as Executive Lounge to a mini van. There also are books that collect funny English usages in Japanese as well as obvious Japanglish. Funny I’d taken it for granted that “in” accompanied an arrow meant an entrance. That’s indeed a form of Japanglish. I wonder why “Cedric” amused Heather. It’s been around a long time – since my teenage days, I think. (That is for over fifty years.) Nissan Cedric, that is. I always associated the name Cedric with the protagonist of Little Lord Fauntleroy, which I read when I was about fourth grade. Perhaps Heather read it, too, as a child. Unfortunately, I don’t remember what it was that Heather says I found so clever in showing a bicycle in mixed characters.

[K] トーマスもミニバンに付けられた「Executive Lounge」のような車の型の名前をおもしろがっていた。日本語に入った英語のおかしな表現や、明らかにジャパングリッシュ(和製英語)を集めた本も出ている。おかしいけれど、私は矢印といっしょになった「in」は入り口を指すのは当然と思っていた。これもたしかに一種の和製英語だ。ヘザーがなせ「Cedric」という名前が車についたのをおもしろがるのかわからない。この名前はたしか私が十代の頃から(というと50年以上もの間だ)あったと思う。日産セドリックだ。セドリックという名前を私はいつも、小学校4年生の頃に読んだ「小公子」の主人公と同じだと思っていた。ヘザーも子どものころに読んだことだろう。残念なことに、漢字を混ぜて「バイシクル」としたのを私が感心したとヘザーがいう看板を私は覚えていない。

[H] Toshi dropped us off at Kamakura. We wandered the streets and browsed the charming shops. There were shops selling only gorgeous umbrellas (with two attendants to open them for you), shops that sell miso in every flavor (the yuzu miso was miraculous), places that offer strange crunchy sweets that fell somewhere between Captain Crunch and popcorn. There are samples galore, and the scents of yakitori and tonkatsu and waffles (loved by young Japanese) filled the air.

[H] トシに鎌倉で下ろしてもらって、私たちは通りをぶらぶら歩き、すてきなお店を覗いて回った。売っているのは見事な傘だけというお店があり(2人の店員が傘を開いて見せてくれた)、ありとあらゆる風味のお味噌を売っているお店があり(柚子味噌はこの世のものとは思えぬ味だった)、キャプテンクランチとポップコーンの中間のようなパリパリとして甘い不思議なものを売っているところなどがあった。サンプルがいっぱいあって、焼き鳥やトンカツや(若い日本人に大人気の)ワッフルの臭いがいっぱい漂っていた。

[K] Though it was Sunday afternoon, it was late and after the rain, so Kamakura was less crowded than it could have been. I’d imagine that had the weather been good, Kamakura would have been simply crawling with people, since it’s only an hour by train from Tokyo. That’s the good and bad part of this historical town built in the late 12th century. We walked only a small fraction of Kamakura - on the main street from Ni no Torii to Tsurugaoka Hachiman and back on the side street parallel to the main street (Komachi Dori). But it seems Heather could taste a bit of flavor of this old town. The streets were lines with shops selling pickles of all sorts to Heather’s delight, which we tasted all the samples of. We also rambled into shops of crafts, jewelry, one-of-a-kind clothes, etc. – all very tasteful and sophisticated.

[K] 日曜日の午後ではあったけれど、もう遅かったし、雨の降った後でもあって、鎌倉はそれほどには混雑していなかった。東京から電車で1時間で来れるので、お天気がよかったらもっとわんさと人出があったことだろう。東京に近いことが、12世紀末期にできたこの町の長所でもあり短所でもある。私たちは二の鳥居から大通りを鶴岡八幡宮まで、そして帰りはその通りと平行して走る小町通りを歩いただけだった。それでもヘザーはこの町の味をちょっぴり味わうことができたようだ。通りにはさまざまな種類の漬け物を売るお店がいくつもあってヘザーは喜んだ。私たちはサンプルを全部味見した。小物やジュエリーやユニークな衣服などのお店にも入ってみたが、どれも上品で洗練されている。

[H] We walked to the edge of the street, high on the hill, to the Tsurugaoka Hachiman Shrine. Young couples were there, dressed in kimonos, newborns in their arms (one goes to the shrine when the baby is one week old – something akin to a baptism). People were buying fortunes and tying the paper on which they were written to large screens. A religious ceremony was taking place in the center of the shrine, and people around us were bowing, quietly clapping their hands.

[H] 私たちは通りの突き当たりの丘の上にある鶴岡八幡宮まで歩いた。そこには着物姿で赤ちゃんを連れた若いカップルがいた。(赤ちゃんが生後7日目のときに神社に行くそうで、洗礼式みたいな感じだ。)人々はおみくじを買って、その紙を大きな枠に結んでいた。神社の中央では何か儀式が進行中だった。私たちのまわりの人々はおじぎをしては手を叩いていた。

[K] It was good to see Tsurugaoka Hachiman as a functioning shrine, not just for tourists. When Thomas and I came, we enjoyed visiting smaller temples in the late spring. He still wants to return to Kamakura at the time when hydrangeas are at the peak. And I want to bring Heather back to Kamakura to show other parts of this quaint historical town.

[K] 鶴岡八幡宮が観光客のためだけではなく、神社として機能しているのが見られてよかった。トーマスと来たときは晩春で、もっと小さなお寺を回った。彼は紫陽花の時期に鎌倉にまた行きたいと言う。私はヘザーをまた鎌倉に連れて来て、この趣のある歴史にあふれた町のいろいろなところに案内したいと思っている。

[H] Toshi picked us up for dinner a few hours later. I can’t say enough about how gracious Toshi was. He addressed me in English whenever he could and inconvenienced himself countless times just to make our visit more pleasurable. He and his wife Setsuko had picked out a restaurant owned by friends. We were ushered into a house in a neighborhood – zoning laws don’t exist here – and sat on low chairs that could barely fit me. The host was careful to point out the doorframe to me, which helped me avoid a concussion. It was a family-run business, which included their eighty-something grandmother as part of the staff. You know it’s a good sign when the meal begins with an apology about the limited types of fish available because the seas were rough. That’s how fresh things are here.

[H] しばらくして、夕食へ行くのでトシが迎えに来てくれた。トシがどんなに寛大で親切かはどんなに言っても言い足りない。彼はできる限り英語で私に話しかけてくれたし、私たちの旅が楽しいものになるように数えきれないくらい何度も便宜を図ってくれた。彼とお連れ合いのセツコは友人がやっているというレストランを選んでくれた。住宅地にある家へ案内され(ここには地区制はないようだ)、私がやっと坐れるくらいの低い椅子に腰掛けた。案内してくれた人は私に鴨居を指差してくれて、おかげで私は頭をぶつけなくて済んだ。ここでは八十何歳のおばあさんも含めて家族みんなが働いていた。食事の前に、きょうは海が荒れたので獲れた魚の種類が限られてしまってすみませんというお詫びがあったのだが、それくらいここでは食べ物が新鮮なのだ。うんと期待できそうだと思った。

[K] The restaurant was indeed a private home converted to business on a dark, narrow street off the main road. Toshi missed the turn at first and had to be guided by Setsuko. The restaurant had a flag with their name on but it had been blown off by the strong winds. Toshi carried it inside. At the entrance we took off our shoes. I was afraid we’d sit on the tatami floor. I was not only worried about Heather but myself as well. (I can’t sit too long on the floor with my legs folded. I never was very good at it even when I was still living in Japan.) Luckily, there were chairs, albeit extremely low. Heather managed to put her long legs under the low table. Phew… The interior was simple but tastefully done. Nothing was showy nor phony. Grandmother, who served as the hostess, led us to the table in the center of the room and brought us green tea. We were the last to arrive. There were about a half dozen groups, one of which was a big one, occupying four tables put together. Mother served food, and so did the daughter-in-law to other tables. They were friendly but straightforward, all dressed in their simple everyday clothes. In short, this was a serious place for good food.

[K] レストランはたしかに大通りから暗くて狭い通りに入ったところにある住宅を商売の場所としたものだった。トシさんは曲がる道を見過ごしてしまって、セツコさんに教えてもらったくらいだ。レストランには名前の入った旗があったのだが、強風に吹き飛ばされてしまっていて、トシさんがそれを持って中に入った。入り口では靴を脱いだので、畳の上に坐るのかと心配になった。ヘザーのことが気になっただけではなく、自分自身のことも心配だったのだ。(私は足を折って長い間坐わっていることができないのだ。日本にいたときから苦手だった。)さわいにも、非常に低くはあっても、椅子が置かれていた。ヘザーの長い足は低いテーブルの下にうまくおさまった。やれやれ… 内部は簡素だけれど品よくできていた。何一つとして、これ見よがしのものはない。ホステス役を務めるおばあさんは私たちを中央にあるテーブルへと案内し、まずお茶を持って来てくれた。お母さんが食事を運び、おヨメさんも他のテーブルに食事を運んでいた。3人ともシンプルな普段着を着ていて、気軽で飾り気がなかった。つまり、ここはもっぱらおいしいものを出すことに専念しているところなのだ。

[H] Once again, the food was incredible. I’d insisted on treating to thank Toshi and Setusko for everything, but they’d nonetheless arranged in advance to buy part of the meal (the fantastic sashimi plate they’d special ordered). The sashimi was the best part, without question. It was served on the carved-out shell of one of the fish we were eating (its head and tail propped up jauntily, its white skin luminescent beneath the sashimi). My favorite was the ebi, which was served with ginger, not soy (shoyu, here). But everything was great, especially the large, raw shrimp whose head you sucked right out of the shell (I’ve lost count of how many kinds of fish heads I’ve consumed on this trip). In addition to a variety of steamed, broiled, and dried fish, we ate the famed Japanese omelet (not so sweet when served with dinner), handmade soba, and tempura (served with green tea salt). Again, the meal was incredibly leisurely; again, there were only a few tables; and again I wondered how the restaurant could possibly break even. It wasn’t a cheap meal, but it felt like a bargain given all the courses.

[H] ここでも食事はすばらしいの一言に尽きる。トシとセツコのおもてなしに感謝するために、ここでは私に払わせてもらいたかったのだが、食事の一部(特別注文しておいてくれた見事なお刺身の盛り合わせ)は前もって彼らが払うように手配してあった。出て来たものの中で、お刺身が一番おいしかった。お刺身は身を取った魚の殻に盛りつけてある(魚は頭としっぽが誇張して跳ね返った形に持ち上げられ、白い皮が刺身の下で静かに光っている)。私が気に入ったのは海老で、お醤油ではなくて生姜が添えてあった。でもすべてがすばらしかった。頭を殻から吸い出して食べた大きな生海老が特においしかった。(この旅では魚の頭を数えきれないほど食べた。)蒸したり焼いたり日干しにされた魚のほかに、人気のある日本式オムレツ(訳者注:卵焼きのこと)(これは夕食に出されるとそれほど甘くない)や、手打ちそばや、天ぷら(抹茶塩が添えられた)を食べた。昨夜同様、ここでも食事はとてつもなくゆっくりと進んだ。そしてここでもテーブルの数は少ない。それでまたもや私は、このレストランの経営は採算が合っているのだろうかと考えざるを得なかった。決して安くはないけれど、いろいろ出されたものを考えるとうんと得をしたように感じられる。

[K] When I started planning this trip to Japan, I asked Heather, “What would you like to do in Japan besides eating?” Heather is a foodie. She’s adventurous in trying food new to her. She understands and appreciates subtle flavors. And she’s a first-rate cook herself. And Japanese food is ever more popular all over the world. So it was given that eating would be the focus of this trip. This was the third dinner in Japan so far, and we were satisfied with each dinner.

[K] この旅行の計画と始めたとき、私はヘザーに「食べること以外に日本で何をしたい?」と聞いたものだ。彼女はフーディーで、食べたことのないものは食べてみたがる。彼女には微妙な味がわかるし、それをおいしいとも感じるほどに舌も肥えている。彼女自身、料理の腕も一級だ。いま、日本料理は世界中で大人気だから、食べることがこの旅の焦点となるのは当然だった。その夜の食事は日本で3回目の夕食だったが、その夕食にも私たちは満足だった。

[H] There wasn’t heavy drinking at our table, but there was at the table near ours, where a large, extended family was dining. A very old man had consumed so much sake that he was sneezing loudly at the table without embarrassment (blowing your nose loudly is considered quite rude; Thomas once gave Kozy a heart attack when he blew his nose loudly at an elegant tea house filled with elegant ladies). The old man also kept turning to look at me (I was the only Westerner there, and I had the strong sense I was some kind of a weird attraction for the evening). Eventually he got so plowed that his family decided to pull him away from the table. He quite deliberately lurched in my direction instead of the door and reached out to grab my hand before collapsing in an absolutely spectacular fashion at my feet. He was carried out, and every female member of the family was sent to apologize at some point. The men, in contrast, remained impassive, although one did help himself to the old man’s dessert after the departure. Our table found the incident quite amusing – apparently there’s a thing here about blondes.

[H] 私たちはほとんど飲まなかったけれど、親戚が大勢集まって食事をしていた隣のテーブルでは大部アルコールが回っていた。そこではかなり年配の男性がかなりお酒を呑んでいて、遠慮なく大きな音を立ててクシャミをしていた。(音を立てて鼻をかむのは無礼だとみなされている。トーマスは優雅な女性が大勢入っている優雅な喫茶店でチーンと大きな音を立てて鼻をかみ、コーズィの心臓を止めそうになったことがある。)その老人はときどきこちらを向いて私を見つめてもいた。(この場で唯一の西洋人だった私は、その夜のご愛嬌のような存在だという感じがしていた。)そのうちに、老人は酔っぱらってひっくり返りそうになったので、家族は連れ出すことにした。と、老人は玄関の方向ではなく、意図的に私のほうによろよろっと歩いて来て私の手をつかみ、大袈裟に私の足元で倒れた。彼はかつぎ出されて、家族の女性たちがそれぞれ謝りに来た。男性群は、というと、平然としていて、ひとりは老人がかつぎ出された後で老人のデザートを平らげてしまった。私たちはこの出来事を軽く受け流した。金髪女性というのはどうやらここでは何か特別なものがあるらしい。

[K] “He had planned and was in charge of this dinner for his extended family, and he was so happy because so many came. So he had a bit too much to drink,” explained Mother of the house as if she were part of this old man’s family. We were surprised, but weren’t upset by it. It was a harmless incident. I was glad Heather was mature enough not to get frightened. After the old man was carried away, all went quiet again.

[K] 「あの方は親戚が集まって夕食をすることを計画して準備していたんです。大勢集まってくれたのがすごくうれしくて、つい飲み過ぎちゃったんですよ」と、お店のお母さんは自分も親戚の一員であるかのように説明してくれた。私たちはびっくりはしたけれど、腹が立ったりはしなかった。これはまったく無害なできごとだ。ヘザーがおとなだから怖がったりしなくてよかった。老人が運び出された後は、そこはまた平穏になった。

[H] The family running the restaurant seemed tickled to have me there and asked to take pictures at the end. The granny, who is about the size of an elf, insisted on standing next to me to measure herself. The family was quite concerned that given the old man’s condition, there might have been a mix-up with shoes at the door (we’d removed them before we went into the restaurant). When they went to check, I heard peals of laughter and we found them all standing around and laughing at how big my feet were. I wished Dave were there – they might have put his shoes on permanent display.

[H] このお店の家族は、私が来たことを喜んでいるようで、最後に写真を撮らせてくれと言った。小人のように小さいおばあさんは私の隣に立って背比べをしたがった。さっきの老人の件で、(入るときに靴を脱いだ)玄関口では靴が間違って持って行かれたかもしれないと、お店の人は心配して見に行ったのだが、玄関で彼らの大きな笑い声が轟いた。みんなその場に立っていて、とてつもなく大きい私の足を見て大笑いしていた。ここにデイブがいたらよかったのに、と残念だ。ここでは彼の靴を展示品としてずっと並べていたかもしれない。

[K] The whole evening with the fantastic food, the setting, and the relaxed atmosphere was wonderful. Every time I come visit Hayama, Toshi takes me to a place that is new to me. And I learn more about what a nice community this town is. By the way, Heather’s husband Dave is 6 feet 4 inches (193cm) tall, and his feet are as big as fat big bonitos (katsuo in Japanese - this restaurant’s name).

[K] すばらしくおいしい食事といい、場所といい、リラックスした雰囲気といい、その夜はすべてがとってもよかった。葉山に来るたびにトシさんは私が行ったことのないところに連れて行ってくれる。おかげで、この町がどんなにいいコミュニティかということがますますわかってくる。ところで、ヘザーの連れ合いのデイブは身長が6フィート4インチ(193cm)で、彼の足はころころ肥った大きな鰹(このお店の名前)ぐらい大きいのです。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
199 お葬式
198 とうとうやって来た日、そして雨
197 思い切り生きる
196 一夜が明けて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
194 ヘザーと私の日本旅行記(6 上)ショッピング
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
191 ヘザーと私の日本旅行記(4 上)伊豆へ向かう
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
189 ヘザーと私の日本旅行記(2)江戸・かっぱ橋・オフ会
188 ヘザーと私の日本旅行記(1) 日本到着
187 生ある日々を
186 花嫁の父
185 プラチナの裏地
184 家族をつなぐ指輪
183 「血の月」を追いかけて
182 ママハハだった母
181 アジア人(下)固定観念を越えて
180 ジプシーの目
179 選挙に映ったアメリカの顔
178 とうとう、きょう
177 アジア人(上)その概念
176 海軍出身
175 特攻志願
174 お祭り
173 ありがとう、で1年を
172 クリスマスプレゼントが今年もまた
171 スージー・ウォンの世界
170 秩序の秘訣
169 黒い雲の行方
168 ドアを開けたら
167 今年もまた
166 ボリビア(7)ボリビアで和菓子を
165 ボリビア(6)パクーの登場
164 ボリビア(5)卵の力、女性の力
163 ボリビア(4)小麦の都
162 ボリビア(3)米の都
161 ボリビア(2)2つの日系移住地
160 ボリビア(1)サンタクルス
159 闇の中で
158 みんなの宝物
157 新語の中身
156 年末のご挨拶
155 ピッチピッチチャップチャップ
154 神の仕業
153 ラタトゥイユ(2)レシピ
152 ラタトゥイユ(1)
151 プティ・タ・プティの最後の1片
150 ジプシーとの知恵競争は続く
149 豊かな粗食
148 中絶抗争
147 スーザン・ボイルの勝利
146 黄昏の親子関係
145 子ども好き
144 言葉雑感(8)regift
143 言葉雑感(7)「ん」の音
142 アメリカの理想
141 ときめく日の足音
140 言葉雑感(6)ミルクとは
139 ミルクの教訓
138 年末の独り言
137 投票日日誌
136 あと3日
135 ペイリンから見えるアメリカ
134 訴訟顛末記(1)まず弁護士を
133 園遊会で
132 柔の姿勢
131 言葉雑感(5)4文字言葉
130 豪邸の住人
129 言葉雑感(4)カミはカミでも
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
127 言葉雑感(2)子年のネズミ
126 言葉雑感(1)グローバルなピリピリ
125 やって来た山火事(最終回)これから
124 やって来た山火事(9)いとおしい木々
123 やって来た山火事(8)現実に直面して
122 やって来た山火事(7)焦燥の2日間
121 やって来た山火事(6)私の方舟
120 やって来た山火事(5)避難準備
119 やって来た山火事(4)止まない風
118 やって来た山火事(3)第1日目の夜
117 やって来た山火事(2)第1日目の夕方
116 やって来た山火事(1)第1日目の昼下がり
115 しあわせな1日
114 チェ
113 メキシコの息づかい
112 「石の家」
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
110 ケーキ1切れ
109 「豊かさ」の中身
108 イタリアの修道僧
107 3年ぶりの日本
106 キューバ:アメリカの恥
105 キューバ:バラコア
104 キューバ:甘い歴史の苦い思い出
103 キューバ:2つの通貨
102 キューバ:近過ぎて遠い国
101 ホンジュラス(最終回)去る者,残る者
100 ホンジュラス(19)シエンプレ・ウニードス
99 ホンジュラス(18)ガリフナ放送
98 あと1年、だったら
97 無信仰者のクリスマス
96 ホンジュラス(17)ガリフナ
95 ホンジュラス(16)バナナ共和国
94 ホンジュラス(15)マヤ文明の跡
93 ホンジュラス(14)牢獄の中と外
92 ホンジュラス(13)先住民の女性たち
91 ホンジュラス(12)一番安全な町
90 ホンジュラス(11)オランチョの森(下)
89 ホンジュラス(10)オランチョの森(上)
88 金鉱の陰で(追記)カリフォルニアで
87 ホンジュラス(9)金鉱の陰で(下)
86 ホンジュラス(8)金鉱の陰で (中)
85 ホンジュラス(7)金鉱の陰で (上)
84 ホンジュラス(6)原則に沿って
83 ホンジュラス(5)農地のない農民
82 移民政争とラティノの力(続)
81 移民政争とラティノの力
80 ホンジュラス(4)消え去った人々
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
78 ホンジュラス(2)レンピーラ
77 ホンジュラス(1)行ってみよう
76 本物を見る
75 豊かな心
74 蝶の力
73 単刀直入
72 愛の表現
71 ベネット・バーガー
70 感謝の日
69 思わぬ道草(最終回)原点
68 思わぬ道草(19)回復に向けて
67 思わぬ道草(18)人は孤島にあらず
66 「ニューオーリーンズ」に見えたもの
65 思わぬ道草(17)一歩後退の教訓
64 思わぬ道草(16)日没症候群
63 甦生の兆し
62 ニューオーリーンズとクリスチャン
61 思わぬ道草(15)もつれた糸
60 思わぬ道草(14)彼の青い目(下)
59 思わぬ道草(13)彼の青い目(上)
58 思わぬ道草(12)ローマ鎧
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
56 思わぬ道草(10)近くの他人
55 思わぬ道草(9)ロールバー
54 思わぬ道草(8)楽観の2日間
53 思わぬ道草(7)一人三脚
52 思わぬ道草(6)長い夜
51 思わぬ道草(5)OR
50 思わぬ道草(4)ER
49 思わぬ道草(3)常習犯
48 思わぬ道草(2)目撃者
47 思わぬ道草(1)3月14日の夕方
46 訛った英語
45 イギリスの英語
44 英語とアメリカ
43 海の中に(下)
42 海の中に(上)
41 姓というマーカー(下)
40 姓というマーカー(上)
39 国籍あれこれ:選択肢
38 国籍あれこれ:彼の場合
37 国籍あれこれ:私の場合
36 ボーダーとは
35 最終回:グローバリゼーション
34 番外編:クリスマス・ディナー
33 サンタアナの風
32 お刺身パーティー
31 アボカド泥棒
30 アボカドと生きる鳥
29 カラスのご馳走
28 三つ子の魂
27 子宝のもと?
26 アボカド探検家
25 ゴールドラッシュの波紋(下)
24 ゴールドラッシュの波紋(上)
23 海を渡って(下)
22 海を渡って (上)
21 コンキスタドール
20 アボカド事始め
19 ハースマザーの行方
18 世界アボカド会議
17 フエルテ
16 ハースマザーの木(下)
15 ハースマザーの木(上)
14 鶏より馬
13 働く人々
12 花婿の父
11 シンコ・デ・マヨ
10 「奇跡の3月」
9 アボカド形の穴
8 父親不明
7 女性花・男性花
6 トーマスのギャンブル(2)
5 トーマスのギャンブル(1)
4 成熟と完熟
3 グァカモーレ
2 アボカドさまざま
1 メックスフライ
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 8 0 3 5
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 5 6 9