1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ボーダーを越えて
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
2007年9月4日
雨宮 和子 雨宮 和子 [あめみや かずこ]

1947年、東京都生まれ。だが、子どものときからあちこちに移動して、故郷なるものがない。1971年から1年3ヶ月を東南アジアで過ごした後、カリフォルニアに移住し、現在に至る。ボリビアへの沖縄移民について調べたり書いたりしているが、配偶者のアボカド農園経営も手伝う何でも屋。家族は、配偶者、犬1匹、猫1匹、オウム1羽。
▲ 義兄夫婦のカントリーハウス。
▲ 昼食とお茶は庭で楽しんだ。背後の建物はワインセラー。
「ロンドンはすっかり変わってしまったわ」
ロンドン生活の長いドイツ人の友人がそう言った。彼女とは去る7月にイギリスへ行った際にビクトリア&アルバート博物館で落ち合ったのだが、中庭でコーヒーを飲みながら、彼女は眉をしかめて、ロンドンからはしっとりした落ち着きが、イギリス人からは見せびらかしを避けて慎み深く我が道を行くという態度が、薄くなってしまったと言うのだ。

私はイギリスへは毎年行っても、ロンドンは素通りすることが多い。滞在しても2泊3日、長くてせいぜい1週間足らずだから、表面的なことしかわからない。でも、彼女の言うことは何となく感じ取れた。

今回はロンドンで甥の結婚式があり、それに出席するためにロンドンへ行ったのだが、その前の数日を義兄夫婦のカントリーハウスで過ごした。カントリーハウス(country house)は直訳すれば「田舎の家」だが、別荘といえる。義兄夫婦は平日はロンドンのフラットで、週末は広々した敷地のカントリーハウスで過ごすということを何年も繰り返して来た。イギリスの有産階級は田舎好きで、みんなロンドンのフラットとカントリーハウスの間を毎週懲りずに往復していると言っていい。

義兄夫婦のカントリーハウスは、広々した敷地に流れる2本の小川の交わる地点にある小さな家だ。300年以上も前に建てられた古い家で、天井が低くて中が暗いが、居心地はいい。庭のテントの下でお茶を飲んでいたら、黒鳥(black swan)の家族が川をゆっくり上って来て、私が近づくと、Uターンしてまたゆっくり小川を下って行った。田舎生活のすばらしさを象徴するような光景だった。義兄夫婦は年を重ねるにつれて、ロンドンで過ごす時間が少なくなってきて、いまでは木曜日の午後から月曜日までカントリーハウスで過ごしているという。私もきっとそうするだろう。彼らの仲間も同じ地域にカントリーハウスを持っていて、社交もカントリーですることが多いようだ。

彼らの仲間でトーマスも顔見知りだという夫婦の家で晩餐会が予定されており、私たちも招待されていた。その夫婦は広大な敷地にある大きな家を買い、見事に改装したという。「バッキンガム宮殿みたいよ」と、義兄の連れ合いは言った。その声に羨望の響きはなかったが、感心しているようではあった。「ここだけの話だけど」と彼女は続けて、壁にいっぱい肖像画がかかっているが、彼ら自身のものは1枚だけで,あとは全部買ったものだと教えてくれた。なるほど、先祖はおろか、親の肖像画もないというと、つまるところ彼らは成金なのだ。

義兄夫婦の家の向かい側に、17世紀初頭に建てられた館を見事に修復改装した大きな家がある。広い庭は宮廷の庭園のように手入れが行き届いていて、家と調和している。以前、その家に私もお茶に呼ばれたことがある。背の高い主人は貴族的な風貌だったが、彼はスクラップメタル(Scrap Metal:「屑鉄」)という渾名で呼ばれていた。なんでも彼のお祖父さんが屑鉄で財を成したのだそうだ。そのことが孫の代までまとわりつくというのがイギリスらしいが、いまはそういう成金が珍しくなくなったので、そんな渾名は次の世代まで付いていったりしないだろう。

晩餐会のホストは砂糖取引に大成功して、一代で巨大な富を築いたのだそうだ。彼の家は「バッキンガム宮殿のようだ」というから、スクラップメタル氏の家よりはるかに豪華なのだろう。晩餐会といってもカジュアルな服装で、と指示されていたので、盛装しなくて済むだけ気が楽だ。雨模様だったので義兄のランドローバーに乗り込み、私たちは田舎道を進んだ。イギリスの田園地帯は美しい。それは風景保護のために建築が厳しく規制されているためでもある。

道がだんだん細くなった所で、「バッキンガム宮殿」の門に着いた。門番の家があって、中から自動的に門を開けてくれた。そこからまた1kmほど進むと、大きな館に着いた。なるほど、造りがバッキンガム宮殿に似ている。

義兄がベルを押すと、蝶ネクタイをした中年の男性がニコニコしながら大きな扉を開けてくれた。服装はカジュアルに、ということだったのに、ホストはやはりネクタイをするのかしら、と思った。「こんばんは」「大雨になりそうですね」などと挨拶しながら、義兄夫婦は私を紹介しようとしない。どうしてなのかなぁ、と不審に思いながらも黙っていたら、オープンシャツ姿のもっと年配の男性が現れ、その人に義兄が私を紹介した。そうか、蝶ネクタイ氏はバトラーだったのだ! うっかり「ご招待ありがとうございます」なんて言わなくてよかった…

私たちは玄関に続く大きなきらびやかな部屋に通された。中に入った途端、私の目は壁にかかっている数々の絵画に移ってしまった。部屋の真ん中には背もたれのない大きな丸い椅子(それには多分ちゃんとした名前があるのだろうけど、私は知らない)が置いてあって、ちっちゃな犬が2匹,おとなしく坐っている。そう言えば,エリザベス女王がそういう丸椅子に犬といっしょに腰掛けているのをテレビで見たことがある。あの部屋を真似したのかな、と思ってしまった。

次々と到着したお客たちは皆、親しい仲間のようだ。義兄の連れ合いも含めて女性群全員は、年齢は違っても同じフィニッシングスクール(finishing school)の同窓生とのことだった。フィニッシングスクールというのは、高校卒業後のお嬢さんたちに社交マナーや教養を教え込む学校のことだ。こういう女性たちの一種の学閥で、社交ネットワークができているのかもしれない。

私たちを含めて6組の夫婦が招待されていて、バトラーが飲み物を、若い男女がオードブルを配って回る。これは正餐の前奏で、まず和やかな雰囲気を作り出すのが本来の目的だろう。が、私はこういう場でとりとめのない話をするというのがどうも苦手だ。特に何の共通点もない複数の人たちとの会話は疲れる。それを隠そうとして、ついオードブルに手を出し、飲みたくもないシャンペーンを飲み干したりしてしまう。食事の前に私はもう満腹状態だった。

ホステスが食事の始まりを告げ、私たちはダイニングルームへと導かれた。長いテーブルの上には見事な花束がいくつも飾られていて、映画に出て来るような完璧なテーブルセッティングだった。ホステスが座席を割当てる。私は同年齢ぐらいの男性と義兄との間の席を指定された。隣に義兄がいるのは心強い。サモサの前菜に始まって、伊勢エビ、ローストビーフが白ワインや赤ワインといっしょに続く。どれもこれも一級のレストラン並みにおいしい。出されたものは食べ残さないことという子どもの頃の躾から抜け出せない私は、お腹がいっぱいなのに、全部食べてしまう。サラダが出ると、デザートにチーズと果物でおしまいだ。食後酒をバトラーがグラスに注いで回る。「もう結構」と断ると、「おいしいですから飲んだ方がいいですよ」などと言う。それなら、とそれも飲んでみる。最後はコーヒーだ。

といっても、ただひたすら食べた訳ではない。右隣の男性との会話にも精出した。幸運にも仕事で日本にも行ったことのある人で、話題が途切れることはなかった。社交の場では政治と宗教の話題は禁物という基本ルールがあるが、それ以外の話題は思っていることをはっきり言った方がいい。いや、言わないと会話が進まないのだ。その男性は帰り際にトーマスに、「あなたの奥さんは話題が豊富ですねぇ」とわざわざ言ったくらいだから、お世辞を差し引いても、会話に精出した甲斐があったと言えるだろう。

こういう晩餐会はどうやって終了させるのだろうと思っていたら、ホステスの合図で女性群はその場を退散することになった。へぇぇ… 食事後、男性群は葉巻にポルトワイン、女性群は別の部屋でゴシップを、というのがビクトリア王朝時代に慣習となったことは知っていたが、それがいまだに続けられているとは思ってもみなかったのだ。「時代錯誤じゃありません?」と言いたいところだったが、もちろん私はおとなしく女性群の一番後ろに付いて階段を上り、ホステスの寝室へ行った。お金持ち向けのインテリア雑誌に出て来るような装飾たっぷりの部屋だ。

そこで女性たちが話したのは、子どもや孫のこと、家族の健康問題のこと、共通の友人たちのゴシップなどで、無害無毒のものだった。男性群は一体どんなことを話したのだろう。あとからトーマスに聞いたら、おもに景気動向のことだったという。どちらも私には夢中になれない話題だ。幸いにもジェンダー分離の食後の集いは30分ぐらいでお開きになり、女性群は玄関口で男性群と合流し、ホストとホステスにお礼を言って、帰途に着いた。私には経験としておもしろい晩餐会だった。

義兄夫婦は「バッキンガム宮殿」夫婦やそこに集まった夫婦たちと、食事だけではなく、スコットランドでの釣りや鳥狩猟の旅行に頻繁に招待したりされたりしている。白状すると、彼らのそういう付き合いを、私は以前は半ば軽蔑していたのだが、義兄夫婦の1人娘が脳腫瘍に倒れたとき、社交仲間がさまざまな援助を義兄夫婦に無限に差し伸べてくれるのを見て、実は遊びを通して彼らは強い絆を持っていることを私は知ったのだ。そのことを知らなかったら、「バッキンガム宮殿」での晩餐会など、楽しむことはできなかっただろう。


追記:「バッキンガム宮殿」の写真が撮れなくて皆さんにお見せできないのが残念です。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
199 お葬式
198 とうとうやって来た日、そして雨
197 思い切り生きる
196 一夜が明けて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
194 ヘザーと私の日本旅行記(6 上)ショッピング
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
191 ヘザーと私の日本旅行記(4 上)伊豆へ向かう
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
189 ヘザーと私の日本旅行記(2)江戸・かっぱ橋・オフ会
188 ヘザーと私の日本旅行記(1) 日本到着
187 生ある日々を
186 花嫁の父
185 プラチナの裏地
184 家族をつなぐ指輪
183 「血の月」を追いかけて
182 ママハハだった母
181 アジア人(下)固定観念を越えて
180 ジプシーの目
179 選挙に映ったアメリカの顔
178 とうとう、きょう
177 アジア人(上)その概念
176 海軍出身
175 特攻志願
174 お祭り
173 ありがとう、で1年を
172 クリスマスプレゼントが今年もまた
171 スージー・ウォンの世界
170 秩序の秘訣
169 黒い雲の行方
168 ドアを開けたら
167 今年もまた
166 ボリビア(7)ボリビアで和菓子を
165 ボリビア(6)パクーの登場
164 ボリビア(5)卵の力、女性の力
163 ボリビア(4)小麦の都
162 ボリビア(3)米の都
161 ボリビア(2)2つの日系移住地
160 ボリビア(1)サンタクルス
159 闇の中で
158 みんなの宝物
157 新語の中身
156 年末のご挨拶
155 ピッチピッチチャップチャップ
154 神の仕業
153 ラタトゥイユ(2)レシピ
152 ラタトゥイユ(1)
151 プティ・タ・プティの最後の1片
150 ジプシーとの知恵競争は続く
149 豊かな粗食
148 中絶抗争
147 スーザン・ボイルの勝利
146 黄昏の親子関係
145 子ども好き
144 言葉雑感(8)regift
143 言葉雑感(7)「ん」の音
142 アメリカの理想
141 ときめく日の足音
140 言葉雑感(6)ミルクとは
139 ミルクの教訓
138 年末の独り言
137 投票日日誌
136 あと3日
135 ペイリンから見えるアメリカ
134 訴訟顛末記(1)まず弁護士を
133 園遊会で
132 柔の姿勢
131 言葉雑感(5)4文字言葉
130 豪邸の住人
129 言葉雑感(4)カミはカミでも
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
127 言葉雑感(2)子年のネズミ
126 言葉雑感(1)グローバルなピリピリ
125 やって来た山火事(最終回)これから
124 やって来た山火事(9)いとおしい木々
123 やって来た山火事(8)現実に直面して
122 やって来た山火事(7)焦燥の2日間
121 やって来た山火事(6)私の方舟
120 やって来た山火事(5)避難準備
119 やって来た山火事(4)止まない風
118 やって来た山火事(3)第1日目の夜
117 やって来た山火事(2)第1日目の夕方
116 やって来た山火事(1)第1日目の昼下がり
115 しあわせな1日
114 チェ
113 メキシコの息づかい
112 「石の家」
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
110 ケーキ1切れ
109 「豊かさ」の中身
108 イタリアの修道僧
107 3年ぶりの日本
106 キューバ:アメリカの恥
105 キューバ:バラコア
104 キューバ:甘い歴史の苦い思い出
103 キューバ:2つの通貨
102 キューバ:近過ぎて遠い国
101 ホンジュラス(最終回)去る者,残る者
100 ホンジュラス(19)シエンプレ・ウニードス
99 ホンジュラス(18)ガリフナ放送
98 あと1年、だったら
97 無信仰者のクリスマス
96 ホンジュラス(17)ガリフナ
95 ホンジュラス(16)バナナ共和国
94 ホンジュラス(15)マヤ文明の跡
93 ホンジュラス(14)牢獄の中と外
92 ホンジュラス(13)先住民の女性たち
91 ホンジュラス(12)一番安全な町
90 ホンジュラス(11)オランチョの森(下)
89 ホンジュラス(10)オランチョの森(上)
88 金鉱の陰で(追記)カリフォルニアで
87 ホンジュラス(9)金鉱の陰で(下)
86 ホンジュラス(8)金鉱の陰で (中)
85 ホンジュラス(7)金鉱の陰で (上)
84 ホンジュラス(6)原則に沿って
83 ホンジュラス(5)農地のない農民
82 移民政争とラティノの力(続)
81 移民政争とラティノの力
80 ホンジュラス(4)消え去った人々
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
78 ホンジュラス(2)レンピーラ
77 ホンジュラス(1)行ってみよう
76 本物を見る
75 豊かな心
74 蝶の力
73 単刀直入
72 愛の表現
71 ベネット・バーガー
70 感謝の日
69 思わぬ道草(最終回)原点
68 思わぬ道草(19)回復に向けて
67 思わぬ道草(18)人は孤島にあらず
66 「ニューオーリーンズ」に見えたもの
65 思わぬ道草(17)一歩後退の教訓
64 思わぬ道草(16)日没症候群
63 甦生の兆し
62 ニューオーリーンズとクリスチャン
61 思わぬ道草(15)もつれた糸
60 思わぬ道草(14)彼の青い目(下)
59 思わぬ道草(13)彼の青い目(上)
58 思わぬ道草(12)ローマ鎧
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
56 思わぬ道草(10)近くの他人
55 思わぬ道草(9)ロールバー
54 思わぬ道草(8)楽観の2日間
53 思わぬ道草(7)一人三脚
52 思わぬ道草(6)長い夜
51 思わぬ道草(5)OR
50 思わぬ道草(4)ER
49 思わぬ道草(3)常習犯
48 思わぬ道草(2)目撃者
47 思わぬ道草(1)3月14日の夕方
46 訛った英語
45 イギリスの英語
44 英語とアメリカ
43 海の中に(下)
42 海の中に(上)
41 姓というマーカー(下)
40 姓というマーカー(上)
39 国籍あれこれ:選択肢
38 国籍あれこれ:彼の場合
37 国籍あれこれ:私の場合
36 ボーダーとは
35 最終回:グローバリゼーション
34 番外編:クリスマス・ディナー
33 サンタアナの風
32 お刺身パーティー
31 アボカド泥棒
30 アボカドと生きる鳥
29 カラスのご馳走
28 三つ子の魂
27 子宝のもと?
26 アボカド探検家
25 ゴールドラッシュの波紋(下)
24 ゴールドラッシュの波紋(上)
23 海を渡って(下)
22 海を渡って (上)
21 コンキスタドール
20 アボカド事始め
19 ハースマザーの行方
18 世界アボカド会議
17 フエルテ
16 ハースマザーの木(下)
15 ハースマザーの木(上)
14 鶏より馬
13 働く人々
12 花婿の父
11 シンコ・デ・マヨ
10 「奇跡の3月」
9 アボカド形の穴
8 父親不明
7 女性花・男性花
6 トーマスのギャンブル(2)
5 トーマスのギャンブル(1)
4 成熟と完熟
3 グァカモーレ
2 アボカドさまざま
1 メックスフライ
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 7 9 3 4 4 8
昨日の訪問者数0 5 8 7 1 本日の現在までの訪問者数0 3 7 1 3