1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
45 コンテンツ(7)
2004年4月10日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
流行りすたりがない、景気に左右されない、そういった意味でもっとも安定したビジネスとはなんだろう。そう、電気、水、ガス等の日常生活に不可欠の「コンテンツ」を提供する「ライフラインビジネス」だろう。

これら事業の特徴は、生産から配送、そして集金までのすべての流れをいち企業がおさえている、という点だろう。実質的独占事業だといってもいい。初期投資が莫大だが、それは参入障壁となって他社の参入を妨ぐ要因ともなる。つまり世の中がどう変わろうと、ちょっとやそっとのことではつぶれない超安定事業である。

どんなに貧しくても生活インフラを止められては人間生きていけないから、ユーザーは借金苦にあえいでいても最低限、電気、ガス、水道料金だけは払う。まんいち払えなくなった未納者へのサービスストップが、スイッチやバルブひとつでいとも簡単というのもこれら生活インフラサービスの特徴だ。

新聞もこれら「生活インフラ事業」に近いビジネスだといえる。国内。海外に張り巡らされた一定の知識と経験を必要とする取材網。印刷用輪転機は1台最低でも数億円。刷りあがった新聞を全国の販売店に運ぶ輸送網。そして各家庭に定刻に配達し、集金する販売店網。コンテンツ生産→配送→集金一貫体制という意味では電気・ガス・水道ビジネスと似ている。だからこの事業も新規参入が非常にむつかしい。

しかし新聞が電気・ガス・水と違う要素もある。まず「必ずしも生活になくてはならないもの」とはいえない。新聞を読まなくても死ぬわけじゃないから、収入が減ればひとは購読をやめる。テレビのニュースをみれば世の中の動きはつかめるから、新聞がなくても別に困らない。それに加えて新たな「ライバル」が出現した。インターネットである。新聞記事と同じものがインターネットでタダで読めるのだから、なおさら新聞を買ってまで読む必要はない、という流れが加速する。

電気・ガス・水の流通・配送手段は時代がどう変わろうが基本的にはなにも変わらない。送電線、ガス管、水道管の代替手段はない。ところが新聞配送の代替手段が20世紀末にとつぜん出現した。紙、印刷機、販売店すべてなしでも、「コンテンツ」がユーザーに直接届けられる道具の出現。新聞があわてるのはとうぜんだろう。いわゆる「中抜き」効果がもっとも効率よく実現できるのが新聞を主体とする情報産業だといえる。

そこであらためて新聞とはなにか、と考えてしまう。コンテンツ(情報の内容)さえおさえていれば、21世紀も新聞の重要性、優位性は揺るがないだろう、というのが新聞側の考えだ。しかし、このエッセイでなんども考察してきたように、いくら優秀なコンテンツの供給者であっても、生産→パッケージ→流通→代金回収、という一連の流れをおさえてはじめて「うまみのあるビジネス」は成り立つ。新聞はまさにそういう産業であった。しかし、インターネットの出現で「うまみのあるビジネス」の地位を失うかもしれない状態に追い込まれたのが新聞だとも言える。

これとおなじことが電話にもいえる。電話事業者は別名「キャリア」と呼ばれるように、言ってみれば情報の運搬業者である。音声やデータを運搬し、その運搬料をいただいて代金を得る。有料道路屋さんといってもいいだろう。交通量が増えれば増えるほど通行料が増える。これだけで20世紀はじゅうぶん「うまみのあるビジネス」ができた。しかし、ここもインターネットの出現で大慌てである。データ運搬事業ばかりか、音声運搬事業でさえもインターネットにどんどんシフトしつつある。これまで巨大な資金と汗水たらして張りめぐらしてきた自分たちの道路のわきに、格段に道幅が広く、通行料も圧倒的に安い道路がばかすかと建設されていくようなものだ。

ライフライン事業や新聞事業がもっていて、電話事業がもっていないもの、それが「コンテンツ」である。つまり、売るべき中核商品=コンテンツがない。そのことがインターネットの出現によって明らかになった。「うまみのあるビジネスが継続できない!」−その危機感は、もしかすると新聞以上のものがあるに違いない。(続く)
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 5 0 1
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 0 3 5