1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
47 コンテンツ(9)
2004年4月27日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
コンテンツのことばかり書いていてもキリがないし、他の話題が書けなくなるので、次回でいちおうこの連載の区切りをつけたい。

僕がインターネット時代のコンテンツの問題に興味がある、というより、こだわるのは「写真」というコンテンツと、「インターネット」という流通手段を組み合わせるビジネスをここ10年やってきたからだ。

「写真」もご他聞にもれず、インターネットの登場とともにいま大きな波のなかで翻弄されている。写真はフィルムという受け皿(メディア)に映像が定着されてはじめて、人と人が運搬可能な「商品」となる。紙というメディアに文字が印刷されてはじめて新聞や雑誌という商品になるのと同じことだ。実は写真ビジネスの世界でも、新聞と共通する「流通の中抜き」問題が大きくなってきた。

「ストックフォトエージェント」というビジネスがある。写真家から撮影された作品を預かる。写真を必要とするユーザーはこのストックエージェントにでかけ、ロッカーから自分のイメージにあったフィルムを探し出す。これぞというものが見つかればそのフィルムを借り出す。印刷等で使用したあと、このフィルムをエージェントに返却する。

この業界が売り上げ激減に悩んでいる。10年前に比較すると、日本の業界全体で250億円くらいあったはずの売りあげが30−40%は落ちた。10年でこれほどの落ち込みを示す業種は、はっきり言ってしまうと(関係者がこれを読むと怒るかもしれないが)「将来はない」ということだ。

一般人の感覚だと250億円というのはけっこう大きい市場のように思えるかも知れないが、産業としてみると小さい。日本全体の納豆の売り上げ額が年間1600億円だ。この差は、かたや大衆向け数と低価格で勝負する世界(B to C)、かたやプロ向け高価格、小点数商売(B to B)という背景からくるものだが、特に不景気の時代はB to Bビジネスが受ける影響は、B to Cビジネスが受けるそれより大きい。

しかも写真は、質が落ちることにさえ目をつぶれば、素人が撮ってもなんとかなる場合も多いし、いまはやりの超安値の著作権フリー写真を使う手もある。つまり予算がなければ他の代替手段がけっこういろいろと考えられる世界だ。ということはお客からの値引き圧力も強い、ということになる。

だがストックフォトエージェント業界低迷の原因は不況だけではない。ここでも「頭痛の種」はデジタルとインターネットである。デジタルカメラをお使いの方はご存知のとおり、もうフィルムはいらない。写真は電子ファイルである。ファイルであるからインターネットで簡単に送れてしまう。ならば、すべての写真をファイルにしてしまい、それをデータベース化し、インターネットにつなげば、オンラインビジネスがやれるではないか、ということになる。

となるといま都会の一等地にあるエージェントの店舗はいらなくなる。サーバはどこにあろうと、たとえ山の中に置いてもいっこう差し支えないからだ。店を訪ねてくる顧客対応係はいらなくなる。フィルムの貸し出しや返却といったわずらわしい手間がいっさいかからなくなる。お客がインターネットで検索し勝手にダウンロードしてくれればいいのだから。

ではストックフォトエージェントは高い地代と人件費の都会から離れ、すべてをデジタルとインターネットにまかせてしまえば良いではないか、ということになるが、ことはそう簡単ではない。

フィルムをスキャナーにかけデジタル化ファイル化するのに相当な手間と費用がかかる。写真のファイルは文字などに較べると桁違いに情報量が多い。例えばA4サイズの印刷にたえる写真ファイルの大きささは50メガバイト。写真1枚でなんとフロッピーディスク50枚分の容量が必要だ。これを何十万枚と蓄積するための設備投資は想像を絶する巨額である。

たかだか250億円の市場を細々と分け合ってきた小企業にはとても耐えられないほどの先行投資が必要となる。だがいっぽうCORBIS、GETTYといった世界企業がこの写真販売ビジネスの世界にがんがんと進出しつつある。CORBISの経営者はあのビル・ゲイツ。GETTYはあの石油王ゲティの孫である。(続く)
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 5 2 3
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 0 5 7