1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
48 コンテンツ(最終回)
2004年5月5日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
あのビル・ゲイツが巨額の私財を投じ、写真や絵画などをせっせとデジタル化、データベース化しているのはなぜか。彼も「コンテンツ」の重要性に気がついたからだ。OSやネットワークを独占しても、やがてはライバルが現われ、競争が始まり、お互いがお互いを食い合う血みどろの戦いが始まる。最後に勝負を決するのは、やはり優良なコンテンツを握るかどうかだ―彼ははやくからそのことに気がついていたのだろう。

ではコンテンツを握ってさえいれば安泰か、といえばそうではない。そのコンテンツをすばやく、確実に市場に届ける流通のネットワーク、そしてしっかりと代金を回収できる仕組み、それらのすべてを完全に手中にした企業が21世紀初頭の成功者となる。

僕の会社「株式会社インフォネット」は「インターネット時代を見越して命名したのですか」とよく聞かれる。実はこの会社が発足した1991年はまだパソコン通信時代で、インターネットの存在を僕はまったく知らなかった。一般の人々が耳にするようになったのは94年くらいからだろう。僕の会社がインタ―ネットを全面的に導入したのは95年のことだ。このことからも分かるとおり、インターネットというツールはまだ生まれたばかりの赤ちゃんなのである。

「インフォネット」はまず研究会としてスタートした。「インフォメーション=情報」と「ネットワーク」がこれからの時代のキーワードになっていくだろう、という予測はまちがっていなかった。勤めていた会社を辞め、自分の会社を作ったとき、自身のビジネスもこの延長上にあると考え、研究会名をそのまま「借用」させてもらった。そしてここ10年、さまざまなビジネスを仕掛けてきた。だがどれもまだ成功していない。成功どころか、はっきり言ってしまえば惨憺たるありさまである。

その「失敗」の原因はなにか。落ち着いて考えてみれば、やや早すぎたのである。たとえばいまこの時期に、人工衛星や月・火星ツアー会社をつくるのと同じことをやってしまったのではないか、と思うことがある。いまから10年後には、宇宙旅行会社は現実のものとなっているだろう。しかしだからと言って、いま会社をつくってもうまくはいかない。数年後にはまちがいなく倒産である。

ビジネスというのは、時代のニーズに誰よりも早く気づくことは必須条件であるにしても、それは世間よりもわずか、せいぜい一歩か二歩先行する、ということが大事だ。僕の場合もかなり早すぎた。

そのことにあらためて気がつかせてくれたのはご近所の主婦である。ADSLが開通したというので彼女のアドレスを聞いた。「××アットマーク」「はいはい」「××ドット・・、エヌイー、ドット、ジェイピ―」 ―なんと、この方おん歳70歳である。僕は深く感動した。「@」やら「.」をお年寄りがすらすらと正確に発音できる時代になっている。

いつのまにか、である。ということはインタ―ネットが庶民のものになった、ということであり、ブロードバンドがすでにロケットではなく、ふつうの庶民の乗り物になった、ということを意味する。つまり、インターネットが電話やファックスと同じ、ごく一般的な社会インフラの位置に達した、ということでもあろう。

となると、僕がこの10年進めてきた仕事にやっとチャンスがめぐってきたともいえるのではないか、と思い始めた。時代が追いついたのだ。

一時は廃業も考えた。写真をデジタル化し、それをインタ―ネットで運ぶなんて、しょせん実現不能の夢だったのではないか。確かに、10年前、僕がその構想を打ち出したとき、名だたる企業からたちまちのうちに2億円もの大金が集まった。その大金はほとんど成果を得ぬまま消えた。僕は大企業と一緒に作ったその合弁企業を3年前に去り、そして僕がいなくなった企業もそれから2年後に解散した。2億円がツユと消えてしまったのである。

あの構想はしょせん僕の「おおぼら」に過ぎなかったのか。「そのうちインタ―ネット時代が来ます」―大騒ぎし、人々をたきつけた僕は単なる狼少年に過ぎなかったのではないか。この3年悩み続けた。

だが、構想自体はけしてまちがってはいなかったことを、時代が証明しつつある。運ぶべきコンテンツ(写真)市場の知識はたっぷりため込んだ。そのコンテンツを求める市場の知識も得た。それをつなぐ道路(インタ―ネット)のこともたっぷり学んだ。となると、あとはこの三要素をつなぎあわせればよいだけではないか。

「狼少年」で終わるか、それとも、ここ10年来の夢がビジネスとして現実化できるかどうか。これからの1年が、僕にとってはとても大事になりそうだ。(終)
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 5 1 9
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 0 5 3