1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
寄り道まわり道
7 M.ハスケルを探して 1
2004年8月6日
吉田 美智枝 吉田 美智枝 [よしだ みちえ]

福岡県生まれ、横浜市在住。夫の仕事の関係で韓国ソウルとタイのバンコクで過ごした。韓国系の通信社でアシスタント、翻訳、衆議院・参議院で秘書、韓国文化院勤務などを経て現在に至る。自作のアクセサリーをBeads Duoというブランドで販売しながら、韓国の主に女性たちについてエッセーを執筆中。『朝鮮王朝の衣装と装身具』(共著)、韓国近代文学選などの翻訳がある。
▲ ハスケルの色を探して…
グリーンばかりのまとめ売りのビーズでつくった。珊瑚色の部分はヴィンテージビーズ、グレーに光る部分は淡水パール。
▲ ビーズをシルバーのスペーサーで挟み、それぞれ金属のピンに通して繋いだ。
−ハスケルとの出会い−

その男性はごく普通のサラリーマンのように見えた。

今年の春先、私は郷里の福岡で、妹の押し花絵展の会場の片隅を借りる形でささやかな展示会を開いた。帰り際、物静かなその男性が口にしたのが「ミリアム・ハスケル」ということばであった。

展示会、作品というにはおこがましいとしかいいようがないが、一応私自身がデザインを考え、手作りしたアクセサリーだけを並べた。男性は時間をかけて1つずつ丹念に見たあと、私のつくったもののなかにハスケルのものと似たものがあるというようなことをいった。

そのことばは、なぜか心にかすかに刺さったまま、名前だけは以前から耳に覚えがあったハスケルという人と作品について、私は詳しく知りたいと思うようになった。

私が手に出来た彼女に関する資料は、「The Jewels of Miriam Haskell」。そして日本では「渡辺マリのミリアム・ハスケルコレクション」。これだけである。インターネットで検索すると、ミリアム・ハスケルデザインのコスチューム・ジュエリーはかなりたくさん世に出回っていることがわかったが、その人となりを知ろうとしても、資料はほとんどないこともわかった。

わずかな資料からわかったことは、彼女がユダヤ系アメリカ人で、24歳の1924年にトウモロコシ畑ひろがるインディアナの片田舎から父親がくれた(多分貸してくれたであろう)500ドルを手にニューヨークに出て、ジュエリービジネスでアメリカン・ドリームを実現させた女性ということ。

そして金髪でもない栗毛の、とりたてて美人でもない、ごく並みの体型の彼女が、多くの男性たち(それも資産家や著名人たち)と浮名を流したこと、しかし本当は同性愛者だったかもしれないという噂…。

華やかな前半の人生とはうらはらに後半はほとんど精神を病み、病院で一人過ごしたということ…。

彼女の人生が謎めいて見えるのは、彼女についての記述が断片的なことと、そこから垣間見える彼女の人生の振幅の大きさのためだろう。彼女は、ただ自分の夢をまっしぐらに走りぬけただけなのかもしれないのに…。

ハスケルジュエリーは、ぶどうなど植物の葉や花、蝶といったどこにでもある自然のモチーフを多く使い、細工は編むよりは、ただ繋ぐか台座にワイヤーで留めたものが多いようだ。

「どこかで見たような…」と感じるのは、意識するしないにかかわらず、彼女の作品に影響を受けたジュエリーが世に多いためかもしれない。

しかしM.ハスケルのジュエリーを見ているとなつかしいようでいて、なぜかいつも新鮮な気持ちになるものばかりである。

そして、彼女が亡くなってまだ20数年しか経っていない。(つづく)

(追記)
ヴィンテージビーズとは30〜99年前につくられたビーズをいい、100年以上前のものはアンティークビーズと呼んで区別されている。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
82 韓国民謡 アリラン (日本語版)
81 에세이 아리랑 (韓国語版)
80 Korean song Arirang (英語版)
79 百年の生涯 (英語版)
78 百年の生涯 (韓国語版)
77 悲運の詩人 許蘭雪軒(韓国語版)
76 悲運の詩人 許蘭雪軒
75 江陵に咲いた花 申師任堂 2
74 江陵に咲いた花 申師任堂1
73 相思華(상사화)
72 迷いの中で
71 小さな写真集
70 故郷往来
69 寄り道まわり道
68 まだこどもでいられる幸せ
67 大ボケ小ボケ
66 サヨナラガニガテ
65 夢のかけら
64 書くということ
63 難易度
62 気晴らし
61 二人三脚
60 暑い夏のすごし方
59 ゴルフ中継の憂鬱
58 悪女の方程式
57 媒体
55 余白
54 あなたに似た人
53 夢の庭
52 エッセーの心得
51
50 もう一人の上司
49 龍馬のように
48 ホームセンター
47 ユルスナールの靴
46 モティーフ
45 あれかこれか
44 ビーズ日記再開
41 カウチポテトを夢見て
40 チャイ・ローン
39 ワイとチャイ
38 100年の生涯
37 春のワルツ
36 マッサージの迷宮
35 幸福の庭
34 彼女のパール
33 熱帯でゴルフを楽しむ法
32 伝説のホテル
31 ベートーベンハウス
30 旅に出ます
28 辺境が好き 前編
27 白い猫
26 龍宮城伝説考
25 寄り道
24 花の旅笠
23 二村洞の人々
22 クヮナクの友人たち
21 追憶ーソウル原風景
20 遍歴
19 エスニック通り
18 小さなジャングル
17 老後の楽しみ
16 失われた楽園
15 女らしい男たち
14 メナムの夕日
13 迷路
12 ノイさん
11 M.ハスケルを探して 5
10 M.ハスケルを探して 4
9 M.ハスケルを探して 3 
8 M.ハスケルを探して 2 
7 M.ハスケルを探して 1
6 旅は猫連れ
5 本ものの偽もの
4 シンプルからの脱皮
3 ビーズな日々の始まり
2 カニカレー
1 タイは「微笑の国」?
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 6 2 7
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 6 2 4