1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ボーダーを越えて
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
2008年1月30日
雨宮 和子 雨宮 和子 [あめみや かずこ]

1947年、東京都生まれ。だが、子どものときからあちこちに移動して、故郷なるものがない。1971年から1年3ヶ月を東南アジアで過ごした後、カリフォルニアに移住し、現在に至る。ボリビアへの沖縄移民について調べたり書いたりしているが、配偶者のアボカド農園経営も手伝う何でも屋。家族は、配偶者、犬1匹、猫1匹、オウム1羽。
▲ キューバのブタ。涼しい水溜まりの泥の中でしあわせそうにお昼寝。
▲ イギリスのブタも泥んこが好き。
▲ この独特なしっぽがブタのご愛嬌。
去年は私の年でした。つまり、イノシシ年生まれなのです。若い頃の私は「猪突猛進」という言葉がピッタリで、これはやらねば、と思うとそれに向かって全力で突き進んで行く傾向がありました。そんな私も歳とともにいい加減になってきて、このごろはもう自分に甘くて、猛進する気などまるでありません。(それで連載エッセイも数週間滞ってしまいました。スミマセン。)でも、イノシシも年を取ってくれば、多分そう猛進はしないでしょうから、こんな私でもイノシシには違いないだろうと思います。

ところが、イノシシ年のことを英語ではなんと、the Year of the Pig(ブタ年)だなんていうのです。「ブタ(pig)じゃない、イノシシ(wild boar)よ!」と憤慨したのですが、前回のthe Year of the Ratと同様にその訳が定着しているので、いくら抗議してもダメです。

どうして英語では「イノシシ年」のことを「ブタ年」なんて言うんでしょう? The Year of the Wild Boar と言うべきなのに、と憤然と、中国語の先生に言いましたら、先生曰く、「でも、猪(zhu)はブタ(pig)ですよ」

あっ、本当だ… 中国語のレッスンで、レストランで食事を注文する練習には、当然のことながら猪肉(zhurou)がたくさん登場してきます。猪肉は豚肉のこととわかっていたのに、食べることに関心が集中しているのでしょうね、「猪」はブタのことだとすぐ気が付かなかったのです。我ながら呆れ返ってしまいました。中国語でイノシシのことは「野猪」というそうで、中国では十二支には登場しません。「ブタ年」は正しかったのです。

十二支はもともとは古代中国で考え出された年や時刻を示す数詞だったそうですね。後漢の時期にその観念を一般民衆に浸透させるために、民衆に馴染み深い動物を当てはめたのだとか。龍は想像上の動物ですが、牛、馬、羊、鶏、犬、猪(ブタ)は六畜と言われる中国では大事な家畜です。その中で一番重要なのはブタでしょうね。

ところが、この考えが日本に入ってきた頃には、日本ではすでに仏教が浸透していて、弥生時代に飼育していたブタを食べなくなっていたとか。でもイノシシはいっぱいいたので、「猪」の字をイノシシにあてた、ということのようです。沖縄では中国同様、ずうっとブタを飼育して食べ続けていましたし、薩摩地方でもそうだったようです。

ここでちょっと、十二支に登場する動物たちを英語で何と言っているか見てみましょう。

日本語: 英語:
ネズミ(子・鼠) rat, mouse
ウシ(丑・牛) ox
トラ(寅年・虎) tiger
ウサギ(卯・兎) hare
タツ(辰・龍) dragon
ヘビ(巳・蛇) snake
ウマ(午・馬) horse
ヒツジ(未・羊) sheep
サル(申・猿) monkey
トリ(酉・鶏) rooster
イヌ(戌・犬) dog
イノシシ(亥・猪) pig, boar

前回のエッセイで、子年は英語で「the Year of Rat」が普通だけれど、「the Year of the Mouse」と言われることもあること、またratとmouseは属が違うということをお話ししましたね。同様に、亥年を英語で言うのに、「pig」の代わりに「boar」が使われることもあります。(ただし、頻度は少ない。)この2つの言葉はどちらも「ブタ」の意味なのですが、実はboarは「去勢されていない牡ブタ」のことです。それに対して牝ブタはsowといいますが、特に子どもを産んだことのある牝ブタを指します。こういう細かい言葉の使い分けが生まれたのな、飼育を続けるためには飼い主が繁殖をコントロールすることが大事だからでしょう。英語の十二支を見ていて、家畜を表す言葉にはこういう使い分けがたくさんあることに思い当たりました。

来年は丑年。The Year of the Oxと訳されていますね。Oxは「牛」全般のことですが、「去勢された牡牛」という意味のときもあります。でも、oxは現在の口語ではアメリカでもイギリスでもあまり使われず、せいぜいオックステール(oxtail)のスープかシチューに登場して来るぐらい。「牛」というとすぐ、cowという単語が思い浮かびますね。俗に言う「狂牛病」をMad Cow Disease(正式にはbovine spongiform encephalopathy = BSE) と呼ぶように、cowは牛を代表するような言葉ですが、実は牝牛のことです。もちろん、狂牛病にかかるのは牝牛だけというわけではありません。牝牛でまだ子どもを産んだことのないのはheiferといいます。牡牛は去勢されないまま成熟すると、bull。闘牛はbullfightといいますが、これがcowfightだったら、のどかで意気が揚がりませんね。農場の牡牛が闘争心いっぱいだったら困りますし、bullの肉は硬いでしょうから、子牛(calf)のときに去勢してしまいます。そうして成長した牡牛はsteerになり、最終的にはbeef(牛肉)になってしまう。Oxが「去勢された牡牛」の意味になるのは、去勢されて成熟し、農耕などの労働をさせられる牡牛を指すのだろうと思います。

同様にヒツジは、一般にはsheepですが、去勢されていない牡のヒツジはram、牝はewe、子羊はlamb、とそれぞれ違う単語で呼ばれます。ふと、気が付きました。去勢された牡ヒツジを指す単語がない! ヒツジは去勢しないのでしょうか? イギリスの農園を親から受け継いだ連れ合いに聞いてみると、牡の子羊は生後2週間ぐらいのときに輪ゴムを使って睾丸の成長を止めるそうです。春の始めに生まれたlamb(子羊)は、おいしい若草を食べた母親(ewe)のお乳を一杯飲んでスクスク発育し、夏にはlamb(子羊の肉)になってしまう。そういう運命から免れるのは、特に体格のいい少数だけ。生殖の任務を与えられて、輪ゴムからも逃れ、成熟していくのです。でも、普段はeweからは隔離されて独身男生活をし、eweといっしょになれるのは秋の生殖シーズンだけ。ということは、イギリスやニュージーランドやオーストラリアの草原で群れを成して草を食む羊たちは、みんな牝なのです。(村上春樹はこのことを知っていて『羊をめぐる冒険』を書いたのでしょうか。)

馬は一般に言うとhorseではありますが、細かく言えば以下の通りにもっと複雑。去勢されたかどうかで呼び名が変わるだけでなく、年齢でも違う呼び名になります。競馬のせいでしょうか。
・foal = 1歳未満の子馬(牡・牝)
・yearling = 1歳以上2歳未満の馬(牡・牝)
・colt = 4歳未満の牡馬
・filly = 4歳未満の牝馬
・mare = 4歳以上の牝馬
・stallion = 4歳以上の去勢されていない牡馬
・gelding = 去勢された牡馬
日本語ではぶり(鰤)が年齢によって名前が変わるのとちょっと似ていますね。去勢された鰤というのはないけれど…

六畜の残りの鶏と犬ですが、roosterは雄鶏。同じ雄鶏の意味でcockという言葉もあり、闘鶏のことはcockfightといいます。同じ雄鶏でもroosterの方がおとなしい感じがします。農家で「コケコッコー!」と鳴くのはroosterです。雌鳥(鶏に限らず雌の鳥)はhen。イヌは雄も雌もdog(canineという言葉もありますが)。雌犬を指すbitchという言葉は、アメリカでは犬には使われなくなりました。(人間に対して使われるのですが、これについては後日触れます。)

こうして見ると、動物という自然の征服にせっせと努めて来たヨーロッパ人の歴史が感じられるような気がしませんか。そして人間の支配下に置かれてもけなげに生きている家畜たちが、いとおしく感じられてきます。と思うと、私はイノシシ年でなくてブタ年に生まれたというのに文句が無くなってきました。もっとも、同じブタでも体重120kg以上のhogではいやですけど…
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
199 お葬式
198 とうとうやって来た日、そして雨
197 思い切り生きる
196 一夜が明けて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
194 ヘザーと私の日本旅行記(6 上)ショッピング
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
191 ヘザーと私の日本旅行記(4 上)伊豆へ向かう
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
189 ヘザーと私の日本旅行記(2)江戸・かっぱ橋・オフ会
188 ヘザーと私の日本旅行記(1) 日本到着
187 生ある日々を
186 花嫁の父
185 プラチナの裏地
184 家族をつなぐ指輪
183 「血の月」を追いかけて
182 ママハハだった母
181 アジア人(下)固定観念を越えて
180 ジプシーの目
179 選挙に映ったアメリカの顔
178 とうとう、きょう
177 アジア人(上)その概念
176 海軍出身
175 特攻志願
174 お祭り
173 ありがとう、で1年を
172 クリスマスプレゼントが今年もまた
171 スージー・ウォンの世界
170 秩序の秘訣
169 黒い雲の行方
168 ドアを開けたら
167 今年もまた
166 ボリビア(7)ボリビアで和菓子を
165 ボリビア(6)パクーの登場
164 ボリビア(5)卵の力、女性の力
163 ボリビア(4)小麦の都
162 ボリビア(3)米の都
161 ボリビア(2)2つの日系移住地
160 ボリビア(1)サンタクルス
159 闇の中で
158 みんなの宝物
157 新語の中身
156 年末のご挨拶
155 ピッチピッチチャップチャップ
154 神の仕業
153 ラタトゥイユ(2)レシピ
152 ラタトゥイユ(1)
151 プティ・タ・プティの最後の1片
150 ジプシーとの知恵競争は続く
149 豊かな粗食
148 中絶抗争
147 スーザン・ボイルの勝利
146 黄昏の親子関係
145 子ども好き
144 言葉雑感(8)regift
143 言葉雑感(7)「ん」の音
142 アメリカの理想
141 ときめく日の足音
140 言葉雑感(6)ミルクとは
139 ミルクの教訓
138 年末の独り言
137 投票日日誌
136 あと3日
135 ペイリンから見えるアメリカ
134 訴訟顛末記(1)まず弁護士を
133 園遊会で
132 柔の姿勢
131 言葉雑感(5)4文字言葉
130 豪邸の住人
129 言葉雑感(4)カミはカミでも
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
127 言葉雑感(2)子年のネズミ
126 言葉雑感(1)グローバルなピリピリ
125 やって来た山火事(最終回)これから
124 やって来た山火事(9)いとおしい木々
123 やって来た山火事(8)現実に直面して
122 やって来た山火事(7)焦燥の2日間
121 やって来た山火事(6)私の方舟
120 やって来た山火事(5)避難準備
119 やって来た山火事(4)止まない風
118 やって来た山火事(3)第1日目の夜
117 やって来た山火事(2)第1日目の夕方
116 やって来た山火事(1)第1日目の昼下がり
115 しあわせな1日
114 チェ
113 メキシコの息づかい
112 「石の家」
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
110 ケーキ1切れ
109 「豊かさ」の中身
108 イタリアの修道僧
107 3年ぶりの日本
106 キューバ:アメリカの恥
105 キューバ:バラコア
104 キューバ:甘い歴史の苦い思い出
103 キューバ:2つの通貨
102 キューバ:近過ぎて遠い国
101 ホンジュラス(最終回)去る者,残る者
100 ホンジュラス(19)シエンプレ・ウニードス
99 ホンジュラス(18)ガリフナ放送
98 あと1年、だったら
97 無信仰者のクリスマス
96 ホンジュラス(17)ガリフナ
95 ホンジュラス(16)バナナ共和国
94 ホンジュラス(15)マヤ文明の跡
93 ホンジュラス(14)牢獄の中と外
92 ホンジュラス(13)先住民の女性たち
91 ホンジュラス(12)一番安全な町
90 ホンジュラス(11)オランチョの森(下)
89 ホンジュラス(10)オランチョの森(上)
88 金鉱の陰で(追記)カリフォルニアで
87 ホンジュラス(9)金鉱の陰で(下)
86 ホンジュラス(8)金鉱の陰で (中)
85 ホンジュラス(7)金鉱の陰で (上)
84 ホンジュラス(6)原則に沿って
83 ホンジュラス(5)農地のない農民
82 移民政争とラティノの力(続)
81 移民政争とラティノの力
80 ホンジュラス(4)消え去った人々
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
78 ホンジュラス(2)レンピーラ
77 ホンジュラス(1)行ってみよう
76 本物を見る
75 豊かな心
74 蝶の力
73 単刀直入
72 愛の表現
71 ベネット・バーガー
70 感謝の日
69 思わぬ道草(最終回)原点
68 思わぬ道草(19)回復に向けて
67 思わぬ道草(18)人は孤島にあらず
66 「ニューオーリーンズ」に見えたもの
65 思わぬ道草(17)一歩後退の教訓
64 思わぬ道草(16)日没症候群
63 甦生の兆し
62 ニューオーリーンズとクリスチャン
61 思わぬ道草(15)もつれた糸
60 思わぬ道草(14)彼の青い目(下)
59 思わぬ道草(13)彼の青い目(上)
58 思わぬ道草(12)ローマ鎧
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
56 思わぬ道草(10)近くの他人
55 思わぬ道草(9)ロールバー
54 思わぬ道草(8)楽観の2日間
53 思わぬ道草(7)一人三脚
52 思わぬ道草(6)長い夜
51 思わぬ道草(5)OR
50 思わぬ道草(4)ER
49 思わぬ道草(3)常習犯
48 思わぬ道草(2)目撃者
47 思わぬ道草(1)3月14日の夕方
46 訛った英語
45 イギリスの英語
44 英語とアメリカ
43 海の中に(下)
42 海の中に(上)
41 姓というマーカー(下)
40 姓というマーカー(上)
39 国籍あれこれ:選択肢
38 国籍あれこれ:彼の場合
37 国籍あれこれ:私の場合
36 ボーダーとは
35 最終回:グローバリゼーション
34 番外編:クリスマス・ディナー
33 サンタアナの風
32 お刺身パーティー
31 アボカド泥棒
30 アボカドと生きる鳥
29 カラスのご馳走
28 三つ子の魂
27 子宝のもと?
26 アボカド探検家
25 ゴールドラッシュの波紋(下)
24 ゴールドラッシュの波紋(上)
23 海を渡って(下)
22 海を渡って (上)
21 コンキスタドール
20 アボカド事始め
19 ハースマザーの行方
18 世界アボカド会議
17 フエルテ
16 ハースマザーの木(下)
15 ハースマザーの木(上)
14 鶏より馬
13 働く人々
12 花婿の父
11 シンコ・デ・マヨ
10 「奇跡の3月」
9 アボカド形の穴
8 父親不明
7 女性花・男性花
6 トーマスのギャンブル(2)
5 トーマスのギャンブル(1)
4 成熟と完熟
3 グァカモーレ
2 アボカドさまざま
1 メックスフライ
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 7 9 3 5 0 9
昨日の訪問者数0 5 8 7 1 本日の現在までの訪問者数0 3 7 7 4