1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
53 釈明不要
2004年6月16日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
▲ 赤ちゃんのお宮参りだって、カメラ持込禁止ゾーンがある。神聖さを保持するためという理由で、神殿前と神主さんのお祓いシーンは撮れない。(東京・赤坂の乃木神社)
「すべて普通の国民と同じ生活をするということでは、ほんとうの象徴としての国民の尊敬を集め親愛を得ることにはならない。それはある意味において自由が一部ないということだ」。

これは宮内庁長官の衆院内閣委員会でのれっきとした発言だ。当然ながら議事録にのっている。ただし、現在の話ではなく、今から45年前の昭和34年2月、時の宮内庁長官・宇佐美毅氏が「皇族の自由」について答弁したもの。

この発言の真意をのちに直接きいた、元宮内庁担当記者(研究会会員、KIさん)に宇佐美さんはつぎのように答えた、という。とうぜんながらオフレコ発言だが、宇佐美さんは故人だし、もういいだろう。

「日本には、天皇・皇族についていろいろうるさい人がまだいるから、そうそうオープンな形で皇族の姿をさらすわけにはいかないよ。写真だって、あんまり下世話なものを出したら、こっちが叱られるんだ。お寺のご本尊の公開だって年に1度か2度、あんまり公開するとありがたみがなくなるというわけだ」。

むかしはさばけたお役人がいたもんだなあ、と思う。想像だが、「あまり開け、開けといいなさんな。天皇も私たちと同じ人間だよ。とはいえ、同じ人間であってはいけない存在なんだ。レースのカーテン越しに見てもらうぐらいの距離にいていただかないと困るんだよ。『開かれた皇室』なんて、野暮はいいなさんな」というあたりが宇佐美さんの「真意」ではなかったろうか。

長官の苦衷、というか苦笑いの情景が浮かぶような話ではある。「皇室と国民のあいだで仕切りのブロック役を果たす」という意味では、宮内庁の体質はむかしも今も変わっていない。変わったのは、マスコミと「奥」のあいだで、頑固ではあってもさばけた対応ができる、人間味のある役人がいなくなった、ということだろう。宇佐美さんは天皇制の本質をよくわきまえていた。

今回の皇太子発言に関し、天皇は宮内庁側近に対し次のような「お言葉」を伝えたという。

「(誤まった)報道の多くが、家族の問題にかかわる憶測であるならば、いちいち釈明することが国民のためになるとは思われない」

つまり「釈明は不要」。冷静かつもっとも妥当な判断だと思う。宮内庁がいったんマスコミに抗議すれば、「報道のどこがまちがっているのか」を聞かれ、それをまた次々に証明しなくてはならなくなる。やがては国民のあいだに「なんだ、皇室といえどもわれわれ庶民と同じではないか」という思いが蔓延してくる。それがいちばんよくない。現天皇はそのことがよく分かっている。ここは沈黙、説明も釈明もせず、ただ静かにレースのカーテンの背後にいて、時が過ぎ、人々が忘れるのを待つ。

今回の皇太子発言はやはり若さの露呈、としか思えない。家族問題であるなら、それは天皇の言葉とおり、家族内で解決すべき問題だ。役人への不満なら、もっと違ったやり方がある。部下批判を公開の場でやるのはよくない。マスコミへの不満なら、マスコミとはそういうものです、というしかない。つまりどれが原因だとししても、公けの場で発言しても詮無いことだし、結果的には「貴族」としての「品位」を落とす。

ある若い女性と皇太子の発言の話をしていて「沈黙はキン、という言葉を知ってる?」とたずねたら、「キンは禁という字ですか」と返されて度肝を抜かれた。しかし、うーん、「沈黙は禁」か。情報公開時代にはふさわしい言葉かもなあ。皇太子も時代の子、「沈黙は金」より「沈黙は禁」をあえて選択されたのかなあ。

もしそうだとすると、今回の一件は、「宮内庁改革のきっかけ作った発言」「皇室典範を改正させた皇太子」として歴史に残るものになるかもしれない。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 5 5 3
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 0 8 7