1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
やもめ日記
16 いとこのハンス
2013年7月20日
シーラ・ジョンソン シーラ・ジョンソン [Sheila Johnson]

1937年、オランダのハーグに生まれるが、10歳のときからアメリカに在住。大学で人類学、大学院修士課程で英米文学を学び、人類学博士号を取得。高齢化問題や日本について書籍や記事を出版し、夫が創設した日本政策研究所の編集者を10年間務めた。チャルマーズ・ジョンソンが他界するまで彼と53年の結婚生活を続けた。現在サンディエゴ在住。
▲ インドネシアで、母親のベッピと。
▲ オランダでの少年時代。
▲ ハーグの町を母と歩くハンス。
Hans
 
After my mother’s divorce in 1937, she and I moved back into the home of her parents, my Oma and Opa. Everyone in the neighborhood called my grandmother Oma, even the children who had Omas of their own. Perhaps it was because her kindness and ineffectualness made her emblematic of what everyone wants a grandmother to be. Perhaps it was because she was a child’s size―well under five feet as an adult, and growing smaller as she aged. She and my grandfather were born a week apart in June of 1876, so she was 60 when I was born. She had trained to be a French teacher before she married and even taught briefly in a public high school. But her size and timidity were no match for a roomful of restless teenagers. Spitballs flew past her ears, the general noise level drowned out her attempts to conjugate irregular verbs, and she retreated in tears.

母は1937年に離婚した後に私を連れて実家、つまり私のおばあちゃん(オマ)とおじいちゃん(オパ)の家に戻った。近所の人はみな、私の祖母をオマと呼んでいた。ちゃんと自分のオマがいる子どもたちでさえ、そうだった。多分、やさしくて甘やかしてくれた私の祖母は、おばあちゃんはこうあってほしいなと思う姿そのものだったのだろう。そしてまた多分、祖母は子どもみたいに小さくて、おとなになってからも身長5フィート(152cm)以下で、年を取るにつれてもっと小さくなっていったからだ。祖母と祖父は1876年6月に1週間違いで生まれているので、私が生まれたときには祖母は60歳だった。結婚前はフランス語教師になる教育を受け、短期間だが公立のハイスクールで教えたりもした。でも、小さな身体でおどおどしていた彼女には、教室にいっぱいいた元気の有り余る十代の若者たちはとても手に負えなかった。紙玉が飛び交い、不規則動詞の活用を教えようとしていた彼女の声など聞こえないくらいにやかましくて、彼女は泣きべそをかいて教室を出るありさまだった。

In 1941, shortly before the Germans marched into Holland, my mother’s older sister Beppie (also divorced) and her son Hans, who had been living in Indonesia, arrived by ship and also moved back into the family home in The Hague. Both of our mothers worked during the day, Opa spent much of his time closeted in his study or with friends at the local pub, so Oma was more or less in charge of us two children. Hans was four years older than I, and like any older brother, he often did his best to avoid me. So I was very flattered when he formed a neighborhood soccer team and asked me to be the club’s “secretary.” I soon discovered that my sole duty consisted of accompanying the team to various matches played on empty fields and chasing the ball whenever it went astray.

1941年、ドイツ軍がオランダに侵攻するちょっと前、母の姉のベッピ(同じく離婚していた)と息子のハンスは、それまでインドネシアに住んでいたのだが、故国に船で着き、ハーグの実家に戻ってきた。ハンスの母親も私の母も昼間働き、オパはほとんど自分の書斎に閉じこもっていたり、友だちと近所のパブで時間を過ごしたりしていたので、私たち子どもの2人の世話をしたのはオマだった。ハンスは私より4歳年上で、兄というものがよくやるように、できるだけ私を避けていた。そんなふうだったので、ハンスが近所の子どもを集めてサッカーチームを作り、私にクラブの「幹事」になってくれと言ったときには、ひどく誇らしく思ったものだ。ところが間もなく、私の唯一の役目といったら、空き地で他のいろいろなチームとプレーするのに付いて行き、どこかへ飛んで行ってしまったボールを追いかけることだけだと、わかった。

When Hans and a friend were learning how to smoke they called me into the back room where Hans and his mother lived to admire their accomplishment. They cupped their hands over their mouths, capturing the smoke, and made it appear as if smoke was coming out of their ears. I must have been all of six or seven and was very impressed.

ハンスが友だちとタバコの吸い方を練習していたとき、彼は母親と住んでいた裏部屋に私を呼び入れて、タバコの吸い方が身に付いたことを見せびらかした。口を丸くした両手で覆い、煙をその中に吐き出し、煙がまるで耳から出ているかのように見せた。私は多分6歳か7歳だったと思う。私はいたく感心した。

“But have you ever seen someone blow out smoke through their eyes?” Hans wanted to know. I shook my head.
Well, it took great effort and concentration. I would have to rest my hands on the table in front of me and stare fixedly into his eyes. I did as I was told but could see nothing until suddenly he took the cigarette from his mouth and ground it out on the back of my hand. Of course I howled in pain and ran to Oma. “I’m going to tell your mother,” she fumed at Hans, which was always her sole effort at disciplining either one of us. And sure enough Hans was scolded by his mother that evening and my mother also had words with Beppie about her wayward son. But perhaps we should have thanked him, because I now attribute to that experience my lifelong dislike of cigarettes and the fact that I never learned how to smoke.

「じゃあ、目から煙を出せる人を見たことがあるかい?」ハンスが私に聞いた。私は首を振った。
それはたいへんな努力と集中力が必要だという。私は両手をテーブルの上に置いて彼の目をじっと見つめなければいけないという。私は言われた通りにしたけれど、何も見えない。と、突然、ハンスは口にくわえていたタバコを手に取って、私の手の甲に擦りつけた。当然のことながら、私は痛さに悲鳴を上げてオマのところにとんで行った。オマはカンカンになって「お母さんに言いつけますからね」と、ハンスに言った。母親に言いつけるということが、ハンスや私の躾にオマにできる唯一できることだったのだ。そしてその通り、その晩、ハンスは母親に叱られた。私の母も姉のベッピと彼女のわがまま息子のことで口論をした。でも、ハンスには感謝すべきかもしれない。というのは、私の生涯のタバコ嫌いと、タバコを吸うことを覚えもしなかったのはあの経験のおかげだったと思うからだ。

Another game ended less traumatically. One summer afternoon Hans and I were playing together in the back room when he announced that if I would pull down my panties he would unzip his fly. (Hans remembers this incident as being initiated by me!) I lifted up my dress and pulled down my white cotton bloomers. And while I was standing there, with my pants around my knees, Hans―who was sitting on the floor― unzipped his fly and began fishing around inside his shorts. How disappointing, I thought, as I watched a small brown flap of skin emerge. “No, that’s not it,” Hans muttered, having pulled out his scrotum. And then, somewhat like a balloon that someone has partly inflated, he pulled out a small oblong organ.

もう1つの遊びはそれほど衝撃的な結末にはならなかった。ある夏の午後、ハンスと私が裏部屋にいたとき、ハンスが、もし私がパンティーを半分脱いだら、彼はズボンの前のジッパーを下ろすと言った。(ハンスの記憶では、このできごとは私が言い出したのだという!)私はドレスの裾を上げて、木綿の白いブルーマーを下ろした。そして、私が下着を膝のまわりにおろしてその場に立ったままでいると、床に座り込んでいてハンスはズボンの前のジッパーをはずしてショーツの中をごそごそ捜していた。そうして小さな茶色の皮膚が垂れ下がったようなものが現れたとき、「なぁんだ、がっかり」と私は思った。そうしたらハンスは「だめだ、だめだ、これじゃない」と口ごもった。彼が引っぱり出したのは睾丸だったのだ。そうしたら、今度は、だれかが風船を半分ふくらませたように、ハンスは細長いペニスを引っぱり出した。

We had probably been uncharacteristically quiet while all this was going on, because suddenly the door opened and Oma looked in. She took in the scene at a glance, inhaled sharply, and announced she would tell our mothers. And for once she didn’t wait until evening but went directly to the telephone and called them both. Hans got up and left the house while I moped about the rest of the afternoon wondering what would happen to us. When our mothers came home they held what seemed like a prolonged conference before calling Hans and me into the room.

こんなことをしている間、多分、私たちは珍しく静かにしていたのだろう。突然ドアが開いて、オマが覗き込んだのだ。彼女は一目でなにが起こっているのかを察し、憤然と息を吸い込んで、ハンスと私の母に知らせると言い放った。そしてこのときだけは夕方まで待たずに、電話に直行し、私たちの母親にそれぞれ電話したのだ。ハンスは立ち上がって外に出て行き、私は午後の間ずっとふさぎ込んで、ハンスと私はどう扱われるのだろうと心配していた。母親たちは帰宅すると、延々と続く(と、私には思えた)話し合いをして、それからハンスと私を部屋に呼び入れた。

“I suppose this was your idea,” Beppie began, looking sternly at Hans. “You asked her to pull down her panties.”
“You know you’re not supposed to play games like that with boys,” my mother said to me. “What did you do?”
“Well, he said he would show me . . .”
“I tried to pull it out, but at first . . .”
Hans and I stood side-by-side, terror-stricken and not daring to look at each other. “You tried to pull it out but you got the wrong thing?” Beppie’s voice rose an octave and she looked at my mother. And then, suddenly, both sisters were collapsing with laughter. Hans and I were mystified but, very tentatively, we began to laugh too. “Don’t do it again,” my mother finally gasped. We promised not to, but I had the feeling that for once Oma’s reaction had been far worse that that of our mothers. Usually it was the other way around.

「これはあんたの考えで始めたことなんでしょ」と、ベッピはハンスを睨みつけながら口を開いた。「あんたがシーラにパンティーを下ろしてって言ったんでしょ」
「こんな遊びを男の子としちゃだめだって、わかっているでしょ」と、私の母は私に言った。
「あのぉ、彼が私に見せてくれるって言って…」
「僕は引っぱり出そうとしたんだけど、最初に出てきたのは…」
ハンスと私は、とてもこわくて、お互いを見るなんてとてもできずに、並んで立っていた。「あんたは出そうとしたけど、違ったものをつかんじゃったって言うの?」と、ベッピの声は1オクターブ上がり、彼女は私の母のほうを見た。と、突然、この2人の姉妹はお腹を抱えて笑い出した。ハンスと私は呆気にとられた。でも、おそるおそる、私たちも笑い出した。「もうこんなこと、2度としちゃだめよ」と、母はやっとのことで息絶え絶えに言った。私たちはもうしませんと約束したけれど、そのとき私は、このときだけはオマの反応は母たちのよりはるかに厳しかったと感じた。いつもはその逆だったのだ。

Only once did I see Oma truly angry and ready to punish me, and that was so startling it left a lasting impression. I must have been about four―fully toilet trained and roaming the neighborhood at will, but not yet attending school. I often became so absorbed in play that I put off going to the bathroom until the last possible moment. Then I ran for the house, frantically pulling on the bell, dancing up and down to keep from soiling my pants, and kicking my heels against the front door. Oma always came as fast as her short, arthritic legs could carry her, but sometimes it was not soon enough. Then I would blame her slowness for my accident.

オマがカンカンになって私を罰しようとしたのを見たのは一度だけだ。それにはほんとうにびっくりして、私には忘れられなかった。私は4歳ごろだったと思う。トイレの訓練はちゃんとできていて、近所を好きに歩き回っていたが、学校にはまだ通っていなかった。わたしはよく遊びに夢中になり過ぎて、最後の瞬間までトイレに行くのを引き延ばしていた。そして家に走って帰り、必死にドアのベルを鳴らしながら、パンツを汚さないように跳んだりはねたりしたり、かかとでドアを叩いたりした。オマはいつも、関節炎に病む足を引きずって精一杯早くやって来てくれたものだが、ときには間に合わないこともあった。そんなときには、私はパンツを汚したことをオマが遅かったせいにしたものだ。

I was, one day, berating her like this in a particularly aggrieved tone because I had lost control of my sphincter as well as my bladder, when my mother came running out of the kitchen. I had no idea she was home.

ある日、私は特に意地悪な口調でオマに文句を言っていた。膀胱だけでなく、括約筋もコントロールできなかったからだ。そのとき、母がキッチンから走り出てきた。母がいるにいるとは私は知らなかったのだ。

“You’ve got no business talking to Oma like that,” she yelled at me. “It’s not her fault; it’s yours, and I’m going to teach you a lesson you’ll never forget.”

「オマにそんな口のきき方をするなんて許さないわ」と、母は私を怒鳴りつけた。「オマのせいじゃないでしょ。自分が悪いのよ。そのことを叩き込んであげるわ」

With that she hauled me by the arm into the downstairs toilet, stripped off my soiled knickers and began rubbing them into my face. I, quite naturally, began to howl and scream and struggle to break free of her grip, so that before long not only I, but my mother and the walls of the toilet were covered with brown smears. And at that moment, as I was looking for deliverance or even a glimmer of sympathy, I glanced at the door where Oma was watching. She stood with her arms crossed, as if barring my way, and she was saying, with much satisfaction in her voice, “Good, Kitty. Good.”

そう言うや否や、母は私の腕をつかんで階下のトイレに引っぱって行き、汚れた私の下着をもぎ取って、私の顔にこすりつけ始めたのだ。当然と言えば当然のことながら、私は大声で泣きわめいて、私をつかんだ母から逃れようと暴れ始めた。それでまもなく、私だけでなく、母もトイレの壁も、茶色の汚物でまみれてしまった。そのとき、助けてもらいたくて、いやちょっとだけでもかわいそうだと思ってもらいたくて、私はそれを見ていたオマが立っているドアのほうを見た。オマは、私が逃げないようにするかのように腕を組んでその場に立っていた。そして、「そうそう、キティ、よくやって」と満足感を込めた声で母に言っていた。

I never soiled my pants again.

それ以後2度と、私は下着を汚したりしなかった。



(訳:雨宮和子)

最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
23 チャルマーズ・ジョンソンと沖縄
22 ジョン(下)
21 ジョン(上)
20 ポリー
19 さらば、オランダ
18 いとこのハンス ―その後(2)
17 いとこのハンス − その後(1)
16 いとこのハンス
15 子どもを持たなかった理由
14 口を開く前に…
13 猫になったのかもしれない私
12 猫と人間
11 ヨコハマ・ヤンキー
10 前を向くか、後ろを向くか
9 アリゾナ展望
8 旧知の仲
7 愛した猫たち(下)
6 愛した猫たち(上)
5 フクシマとサンオノフレ
4 日本語ができない私
3 吉祥寺 ― 1961年と50年後
2 チャルのベンチ
1 死を迎えるためのビジネス
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 6 6 1 4
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 1 4 8