1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ボーダーを越えて
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
2016年5月5日
雨宮 和子 雨宮 和子 [あめみや かずこ]

1947年、東京都生まれ。だが、子どものときからあちこちに移動して、故郷なるものがない。1971年から1年3ヶ月を東南アジアで過ごした後、カリフォルニアに移住し、現在に至る。ボリビアへの沖縄移民について調べたり書いたりしているが、配偶者のアボカド農園経営も手伝う何でも屋。家族は、配偶者、犬1匹、猫1匹、オウム1羽。
▲ ちょうど満開になり始めた河津桜(写真:中山俊明)
▲ 温泉からゆったり気分のふたり(写真:中山俊明)
Day 4 (2 of 2) 2月15日 (下)


[[H] We reached Shimoda in the afternoon. Yasuo and Kimiko were our hosts. Kimiko was so anxious for us to find them that, despite the fact that we had cell phones, she waited at the base of the road that led to their house to be sure we didn’t miss the turn. (We did miss it -- it was quite rural and not on any GPS system – but I guessed that the woman waving wildly at the sight of a tall blonde in the front seat was Kimiko). We drove up a windy road hewn out of the hill to their house, which overlooked the river on one side and mountains on the other. Yasuo and Kimiko are the rare people growing avocados in Japan – a gift from Thomas (I don’t even want to think about how it got through customs). The house was tiny but surrounded by citrus trees and gardens. Neither spoke any English, but Kimiko gestured with such emphasis that I mostly understood what was going on, and Yasuo’s smile was constant.

[H] 下田には午後到着した。ヤスオとキミコがホストだ。私たちは携帯電話を持っていたけれど、キミコは私たちがちゃんと着くかどうか心配して、道を間違えないように家に向かう坂道の下で待っていてくれた。(それでも私たちは道を間違えた。そこはかなり田舎で、GPSもも載っていない。でも、背の高いブロンドが前の座席に坐っている車を見て必死に手を振っている女性がキミコに違いないと私は思った。)私たちは削った丘の曲り道を上って、彼らの家に着いた。家からは一方は川、もう一方は山が見えた。ヤスオとキミコは日本でアボカドを育てている珍しい人たちだ。アボカドの木はトーマスからのプレゼントだった。(アボカドの木がどうやって税関を通り抜けたのかは考えたくもない。)家は小さかったが、柑橘類やいろいろな植物に囲まれていた。2人とも英語は話せなかったが、キミコは身振りたっぷりで、彼女の言わんとしていることはほとんどわかったし、ヤスオは笑顔を絶やさなかった。

[K] The place we actually went was a rural region called Minamiizu [South Izu] a bit further west of Shimoda where fields of bright yellow mustard flowers stretched – a clear sign of this area’s mild climate. Kimiko Kuwahara was a colleague of another friend of ours, through whom we learned Kimiko and her husband Yasuo wanted to plant avocado trees in their garden. So Thomas and I visited Yasuo and Kimiko, driven by Toshi, in 2004, and Thomas presented them with three very young avocado trees of three different varieties – Hass, Fuerte, and Bacon. (I leave it to your imagination how we managed to transport them). In return, we received overwhelming hospitality. That was 2004. Then earlier this year we received a letter from Kimiko that their avocado trees were bearing a lot of fruit. She enclosed many photos to prove it, which made me want to see their trees with my own eyes. When I was planning this trip, Toshi offered to take Heather and me to a hot spring resort in Ito, so I started thinking, how about making a loop in Izu Peninsula, first going south to visit Yasuo and Kimiko and see their avocado trees and then making a loop back to Ito? Toshi agreed. So after I arrived in Japan, I contacted Kimiko to ask her that we could visit them for a few hours and see their avocado trees. She in turn insisted we stay the night with them. Both Toshi and I had such fond memories of our last visit with them that we wanted to accept their invitation. But how about Heather? Will she be comfortable enough to stay in a private home of strangers in Japan? Well, she was flexible enough to say yes. So we changed our plan in the last minute and decided to skip the hot spring resort in Ito. We should have remembered how to get to their house, but at the last leg of the drive, we were lost, only to be rescued by Kimiko. Again, their house looked tiny to Heather, but not to me. It’s not tiny in Japanese standard. For a retired couple, it’s quite adequate. Yasuo had spent a lot of time on finding a perfect spot to build their retirement home. He must have a fabulous vision because he saw a hill facing the river and decided to carve out one side to build their hone. It cost them more money to get the building pad and driveway prepared than to build their ecologically friendly house. Then they planted trees of all sorts, which had grown considerably since I last saw them.

[K]  私たちが実際に行ったのは下田の少し西の南伊豆という田園地帯で、菜の花畑が広がったいた。ここの気候が温暖な証拠だ。クワハラ・キミコさんは私たちの友人の同僚で、その友人を通して、キミコさんとヤスオさんのご夫婦が庭にアボカドの木を植えたがっていると聞いたのだ。そこで私たちはそのときもトシさんの運転でご夫婦を訪れ、トーマスはハース、フエルテ、ベーコンという3種類の若いアボカドの木を贈呈したのだ。(その木をどうやって持って行ったかは想像におまかせする。)そうしたら私たちはたいへんなおもてなしを受けた。それは2004年のことだ。今年の初め、植えたアボカドの木にいっぱい実がなったとキミコさんが知らせてくれた。それを証明する写真もたくさん同封してあって、私は自分の目で彼らのアボカドの木を見たくなった。この旅行のスケジュールを組んでいたときに、トシさんがヘザーと私を伊東の温泉に連れていってくれると言っていたので、それなら少々行程を変更して、まず下田へ行ってヤスオさんとキミコさんに会い、それから伊東に逆戻りするというのはどうだろうとトシさんに提案してみた。彼がそれでいいと言ってくれたので、私は日本に着いてから、ちょっと寄ってアボカドの木を見せてもらいたいのですが、とキミコさんに打診してみた。するとキミコさんは、是非泊まっていくようにと強く勧めてくれた。トシさんも私も前回泊めていただいたときとても楽しかった思い出があるのでその好意を受けたかったのだが、ヘザーはどうだろう。日本の知らない家に居心地よく泊まれるだろうか。が、私の懸念など無駄だった。彼女は柔軟で、即座にイエスと言った。それで私たちは土壇場になって伊東の温泉へ行くのは取り止めた次第だ。キミコさんの家へ行く道は覚えていていいはずなのだが、最後の段階で道に迷ってしまい、キミコさんに救出された。その家は、またもやヘザーには小さく見えたが、私にはそうは見えなかった。日本の標準では小さくないのだ。退職した夫婦には十分な広さだ。ヤスオさんは退職後の家を建てるのに完璧な場所をたっぷり時間をかけて探しまわった。川を見下ろす丘を見て、これを削って家を建てようと決めたというのだから、彼にはたいへんなビジョンがあるのだろう。宅地と道路のための整地には環境保全を心がけた家の建築よりもっと費用がかかったそうだ。それからいろいろな木を植えたのだが、それらは前回見た時よりはるかに大きくなっていた。

[H] They fed us immediately, and we pretended that we hadn’t already eaten lunch. Their grandson, Kota, was immediately put to work, toasting an enormous quantity of rolls that they’d purchased for us. They triumphantly brought out jelly for me – whether it was because it was a luxury or just that they think Westerners have a sweet tooth, I don’t know, but I slathered it on just to please them. We had pickled mustard greens and some other flavorful greens, plus a cold vegetable stew (lotus roots and kabocha squash and some kind of gummy root, all soaked in dashi).

[H]  家に着いた途端、食べ物を供され、私たちは昼食は食べて来たとは言わなかった。孫のコウタはすぐさま手伝うように言いつけられて、私たちのために買っておいてくれたパンをどっさりトーストしてくれた。そして特別のものなのか、それとも西洋人は甘いもの好きだと思ったのかわからないが、私にジャムを勧めてくれたのだ、その好意を裏切らないよう、私はたっぷりジャムを塗った。菜の花の葉っぱや別のおいしい葉っぱの漬け物と野菜の煮つけ(だしの沁みたレンコンとカボチャと何かねっとりした根っこ[訳者注:里芋のこと])も食べた。

[K] The Kuwahara’s hospitality was just as overwhelming as last time. They were particularly proud to serve us fresh vegetables they had grown themselves, again just like last time. Their generous nature seems to have transmitted to their grandson, Kota, who was a college student in Yokohama but visiting his grandparents as he often did. He was amazingly good-natured and helpful.

[K] クワハラ夫妻のおもてなしは前回同様たいへんなものだった。前回もそうだったが、特に自分たちが育てた新鮮な野菜を私たちに出すのがご自慢だった。おふたりのおもてなしの心は孫のコウタ君に受け継がれているようだった。彼は横浜の大学生だが、ヤスオさんとキミコさんのところにはたびたび遊びに来くる。びっくりするほど素直でよく手伝う青年だ。

[H] Yasuo then drove us to the next town to the river, which was lined with blossoming cherry trees. We walked a few kilometers, with Yasuo meeting us at the other end (just to be courteous). The cherry blossoms were another sign of our great good luck. Depending on the type, cherry blossoms last between one and three weeks, so the odds were completely against us seeing any. (Kozy says that their ephemeral nature is part of the reason the Japanese love them so). The Shimoda region was one of the few places in the country where the trees are blossoming now, and we hit them right at their peak. We had a glorious walk with pink clouds above our head, yellow mustard flowers on the hill, and the river below. It was . . . perfect.

[H] その後、ヤスオが隣町の川へ車で連れて行ってくれた。そこは桜並木が続いている。私たちは2、3キロ歩いた。最終地点でヤスオが親切にも待っていてくれた。桜の花を見ることができたのも幸運だった。種類にもよるが、桜の花は1週間から3週間で散ってしまうから、私たちが見ることができる見込みは非常に低かったのだ。(つかの間で散ってしまうことが日本人が桜を愛する理由の大きな要素だとコーズィは言った。)いま桜が開いているのは数少なくて、下田地方はその1つで、私たちはたまたまそのピークにぶつかったのだ。私たちはピンクの雲の下を、丘の斜面の黄色い菜の花、下方に流れる川を眺めながら、壮麗な散歩を満喫した。それはまさに、完璧、だった。

[K] Mt. Fuji, the hanging dolls for Girls’ Festival, and now cherry blossoms in full bloom – all in one day. How can anyone get luckier than that? The variety of cherry blossoms near Yasuo and Kimiko’s house is called Kawazu, named after the town next to Yasuo and Kimiko’s where this variety was discovered. They bloom very early and stay on blooming much longer than Somei-Yoshino, the most popular variety among the Japanese. Somei-Yoshino trees were planted along with Kawazu on the river banks, but they weren’t even budding. It would be at least another month until they start blooming. And they are notoriously short-lived. The blossoms of Kawazu cherry look sturdier than those of Somei-Yoshino. The four of us – Heather, Toshi, Kimiko and I – leisurely walked, admiring the blossoms and mustard flowers and taking photos, while Yasuo was waiting for us in the car at the end of the walk.

[K] 富士山、吊るし雛、そして満開の桜 ― この全部を1日で見られるなんて、これほど幸運なことがあるだろうか。クワハラ夫妻の家の近くの桜は、その種類が発見された隣の町の名前を取って、河津桜という。早咲きで日本人に最も人気のあるソメイヨシノよりずっと長くさいている。ソメイヨシノは河津桜と並んで土手に植えられていたが、まだ蕾さえ出ていなかった。ソメイヨシノが咲き始めるのはまだ1ヵ月も先のことだろう。咲いてもアッという間に散ってしまう。それと比べると、河津桜は花そのものがソメイヨシノより頑丈に見える。ヘザーとトシさんとキミコさんと私の4人は桜と菜の花に感激し、写真を撮りながら、ゆっくりと歩いた。その間、ヨシオさんは終点で車の中で待っていてくれた。

[H] After our walk, Yasuo and Kimiko took us on a tour of their town. It lasted about as long as a tour of Bolton would, with just about as much to see. (Bolton is a small New England town where my parents live.) They could, at least, boast of a “beach” that had sand and an ocean, but it was miniscule. Still, they were incredibly proud of the place and we showered everything we saw with praise.

[H] 散歩の後、ヨシオとキミコは町を案内してくれた。それはボルトンを見て回るのと同じくらいの短時間で終わり、見るものも同じくらいしかない。(ボルトンは私の両親が住んでいるニューイングランドの小さな町だ。)少なくともここでは砂と海がある海辺を自慢できるが、それはちっぽけだった。それでも彼らはこの土地に多大な誇りを持っていた。それで私たちは見るものすべてに称賛の声を上げた。

[K] I realized you could easily bicycle or even jog to the beach from Yasuo and Kimiko’s house. At the end of the river and where the vegetable fields also ended, we suddenly came to the small bay. With pine trees behind it, the place was incredibly peaceful, and the beach seemed ideal for families to play, relax and have fun. Toshi and I were impressed. I was thinking of the beach near my house in comparison. We can see the ocean from our house, and it takes less than 10 minutes on foot to the beach. It’s part of the endless coastline of California. It’s overwhelmingly vast, and compared to the beach in the small bay at the tip of Izu Peninsula, I find it boring to look at. Just like I found the vastness of California boring. I’ll take this beach in Izu over the one near my house. Heather was being polite but didn’t seem to be as impressed as Toshi and I were. Perhaps it’ll take her at least six months to get used to the small size of landscape, houses and people in Japan, just like it took me six months to get used to the vastness and big people in California.

[K] クワハラ夫妻の家から海辺までは自転車かジョッギングで簡単に行けるということに私は気が付いた。川が終点に着いて、野菜畑も終るところで、突然小さな湾に着いた。背後に松の木が生えていて、そこは非常に平穏で、海辺は家族で楽しむには理想的に見えた。トシさんと私はそこがすばらしいと思った。私は頭の中で我が家の近くの海辺と比べていた。我が家からは海が見える。そして海辺まで10分以下で歩いて行ける。そこは限りなく続くカリフォルニアの海岸線の一部だ。圧倒されるほど広くて、伊豆半島の南端の小さな湾にある海辺と比べると、私には退屈に感じられる。ちょうどカリフォルニアの広さを退屈と感じたように。私には自分の家の近くの海辺より、伊豆のこの海辺のほうがいい。ヘザーは礼儀正しくしていたけれど、トシさんや私のようには感心してはいないようだった。ヘザーが日本の風景や家屋や人間の小さなサイズに慣れるには、おそらく少なくとも6ヵ月はかかるだろう。ちょうど私がカリフォルニアの広さやでっかい人々になれるまで6ヵ月かかったように。

[H] Next we headed to the hot spring, and here begins the strange tale of how I ended up buck-naked with strangers who didn’t speak word of English. The entire region is filled with natural hot springs – you can see the steam escaping from rocks near the river and along the side of the mountain. After leaving your shoes outside, the men and women split up. The drill – as I learned by watching – is to sit on a small stool and shower like crazy. Seriously, the woman next to me scrubbed herself for an enormous amount of time – hunched over on the small stool, she reminded me of some aged raccoon at the riverbed. I washed my hair three times just because I couldn’t think of anything else to do. Afterward, we all hopped into a giant, steamy pool. The water was a perfect hot bath temperature. It was probably on the cooler end for the Japanese but about as much as I could stand. (The Japanese like their baths and showers so hot that the temperature where I set my own showers at the hotels often fell into the blue/cold range of the faucet). We lazed about in the water and then got out, showered and washed again, and then got back in. The water was salty, so we floated in it. If we’d had any doubts that we were in a small town, the chit chat at the bath house would have removed them. One woman, for instance, plopped in next to us and immediately informed Kimiko that her dog had barked a lot the day before.

[H] 次は温泉に向かった。ここで私が英語を全然話さない全然知らない人たちといっしょにどうやってオールヌードになったかという奇妙な話が始まる。この辺りは自然の温泉だらけだ。川の近くの岩の間や山の脇から湯気が上がっているのが見える。靴を脱いで中に上がってから、男女は別々になる。ちゃんとしたやり方は、他の人を観察していてわかったのだが、小さな台に腰掛けて猛烈にシャワーを浴びる。私の隣に坐った人は大変な時間をかけてせっせと身体を洗っていた。小さな台に背を丸めて坐ったその姿は、川岸に来た年老いたアライグマを思い起こさせた。私は髪を3回も洗った。そのほかにどうしたらいいか思いつかなかったからだ。その後、みんなで湯気がどんどん立っている巨大な湯船に入った。お湯の温度はちょうどよかった。多分、日本人にはちょっとぬるいくらいだったのだろうけれど、私には我慢できる限界だった。(日本人はお風呂やシャワーは熱いのが好きで、私がホテルで蛇口のお湯の温度を設定すると、いつもブルーの冷たい範囲になった。)私たちはお湯の中でのんびりし、そこから出て、またシャワーを浴びて身体を洗い、そしてまたお湯に入った。お湯には塩分があって、私たちの身体はその中に浮いた。ここは小さな町だということは、この浴場の中でのおしゃべりが証明してくれる。たとえば、ある女の人は湯船に滑り込んで私たちのそばにやって来た途端、キミコに、お宅の犬は前の日ずいぶん吠えていたわねと言ったのだから。

[K] Yasuo and Kimiko took us to a small bathhouse for the locals. The much bigger one run by the town, which they’d taken us before, was under remodeling. But this small one was perfect to experience the local life. The hot spring Thomas remembers most and loves best was also the one for the locals in a small village in Nagano where my father took us. I had full confidence in Heather that she wouldn’t hesitate to take a bath with locals. In fact, I thought she blended in with locals very well. (The following day she called home and reported what she had done. Her almost 14-year old daughter couldn’t believe her mother got stark naked and had bath with total strangers.) Kimiko had us taste the water. I forgot what this salty water was good for what ailment, but we felt so good, regardless.

[K]  クワハラ夫妻は私たちを地元の人たちが行く小さな温泉場へ連れて行ってくれた。前回連れて行ってくれた町立の温泉は改装中だったのだ。でもこの小さい方が地元に人々の生活に触れられて申し分なかった。トーマスが言ったことのある温泉で一番よく覚えていて一番気に入ったのは、父が連れて行ってくれた長野の小さな村の地元民用の温泉だった。ヘザーも地元の人々といっしょに入浴するのは平気だろうと私は確信していた。実際、彼女は地元民にちゃんと溶け合っていた。(その翌日、彼女は家族に電話して、何をしたかを報告した。もうすぐ14歳になろうとしている娘は、自分の母親が真っ裸になって全然知らない人たちといっしょに入浴したということが信じられなかった。)キミコさんに言われて、私たちはお湯をなめて味見してみた。このしょっぱいお湯が何に効くのかは忘れてしまったが、なにはともあれ、私たちは十分楽しんだ。

[H] It was strange to be in a room full of naked strangers, but I must say I get the whole hot springs thing. I felt wonderful the rest of the evening and was warm and toasty even as we stepped back into the cold with wet hair. I slept better that night than any night prior despite the fact that I was on a hard mattress on a hard floor with the sounds of conversation in the living room next door.

[H] 全裸の知らない人たちでいっぱいのところにいるのが奇妙に感じられたけれど、温泉ではどうしたらいいか、わかったと言える。その日は夜になってもずっと快適な気分だったし、濡れた髪で冷たい外の空気に出ても私はポカポカしていた。その夜は、隣の部屋の話し声が聞こえても、床の上に敷かれた固いマットに横になっても、それまでにないくらいぐっすり眠った。

[K] I don’t know how, but hot spring water keeps you warm for a long time, throughout the dinner and even after that. We were totally relaxed. Heather couldn’t stay awake and excused herself to bed first.

[K] どうしてかわからないけれど、温泉のお湯は夕食の間もその後も、長い間身体を温めてくれる。私たちはすっかりリラックスした。ヘザーは目を開いていられなくなり、一番先に寝てしまった。

[H] Yet another example of how kind our hosts were – Toshi had tried to pose me in a nice picture with the mustard flowers below and the cherry blossoms above. Because Toshi is a professional, this took some doing until he was satisfied. When I emerged from the greens, my pants were covered in the yellow pollens secreted from the flowers. Upon arriving home, Kimiko triumphantly presented me with the biggest sweatpants in the house (her grandson’s, still a few inches too short for me) and insisted I strip off my pants immediately so she could wash them and air dry them. She would not take no from an answer, so I sheepishly handed them over and ate dinner in sweatpants.

[H] ホストたちがどんなに親切かという例はまだまだある。トシは土手の下方の菜の花とその上の桜の中に私を配置してうまく写真を撮ろうとした。彼はプロなので、彼が満足できる写真が撮れるまでいろいろ注文が出た。私が菜の花の咲き詰めたところから出ると、私のズボンは黄色い花粉だらけだった。家に戻ると、キミコは家にある一番大きいスウェットパンツ(孫息子のものなのだが、それでも私には2インチほど短かった)を得々と私に手渡して、私のズボンを洗って干すから、すぐ脱ぐように言いつけた。彼女は辞退などさせないので、私はおとなしくズボンを手渡し、スウェットパンツを履いて夕食をした。

[K] It’s this kind of generous gesture that makes Kimiko’s hospitality so special. Everything she does comes from her heart.

[K] こういう限りない気配りがあるから、キミコさんのおもてなしは格別なのだ。何をするにも心がこもっている。

[H] Kimiko had ordered bento boxes for us for dinner, thus defeating our efforts to pay for dinner. The food was quite good – vegetables braised in dashi, sushi (especially good squid sliced as thin as string), tempura (served cold), various meatballs that somehow managed to be fluffy and meaty at the same time, braised pork, a delicious egg custard, miso soup. But the boxes were so enormous that even the strapping Kota couldn’t eat all of it. Kimiko then happily handed us boxes so we could save our leftovers for lunch. It was heartbreakingly generous. Kimiko had been so anxious about feeding us properly she’d almost ordered a double layer of food, in which case an army couldn’t have finished what we had.

[H] キミコは夕食にお弁当を注文しておいたので、おもてなしのお礼に食事に誘おうと考えていたのに、それはかなわなかった。お弁当はなかなかおいしかった。野菜の煮つけ、寿司(特に糸のように細いイカ)、天ぷら(さめたもの)、フワフワに柔らかくて同時に肉がたっぷりのミートボール、豚肉の角煮、おいしい茶碗蒸し、味噌汁。でもお弁当はとてつもなく大きくて、若くて元気のいいコウタでさえ食べきれなかった。そうしたらキミコは、翌日の昼食用にと私たちにいそいそと箱を手渡した。胸が痛くなるほどの心配りだ。キミコは食事の量が十分かどうか心配して、二重箱のお弁当を注文しようかと思ったほどだという。そんなことをしたら、軍隊だって食べ切ることはできなかっただろう。

[K] The bento boxes Kimiko had ordered were twice as big as a regular Maku-no-uchi size. I didn’t feel bad about not being able to finish it because even Kota couldn’t.

[K] キミコさんが注文してくれたお弁当は普通の幕の内弁当の2倍の大きさだった。コウタ君も食べきれなかったので、私も食べ尽くせなくて悪いという気はしなくて済んだ。

[H] Yasuo was also being a great host. He had purchased sake, a bottle of white and a bottle of red, just to be sure we had something we wanted. I declined the white wine – I was just too sleepy already from the bath – but he insisted on giving me a small cup of sake. I think he worried about my failure to have seconds, so he began pulling out all the fruit wines he’d made. Kozy and I tried a sip of the kumquat wine – not bad – but refused the plum wine, which had aged 15 years and smelled stronger than port. Imagine white lightning except raisin-scented. Afterward, Kimiko produced boxes of fancy rice crackers (wasabi, a specialty of the region) and sweet desserts, all clearly purchased in our honor. Then we all gathered around their television. Eventually, we made our way to bed. Or, rather, we made our way to mats on the floor – it’s amazing they found enough floor space to fit us all, and I wonder whether they’d given us all of their blankets to keep warm.

[H] ヤスオもすばらしいホストだった。私たちが何を飲みたくても大丈夫なように、彼はお酒と白と赤のワインを1本ずつ買っておいた。私は温泉に入ったおかげでもう眠くてたまらなかったので、白ワインを辞退した(訳者注:ヘザーはいつも夕食の時に白ワインを飲むのです)。それでも彼はお酒をちょっとだけ飲むように勧めた。私が2杯目は飲まないのが彼には気になったのだろう、自家製のいろいろなフルーツ酒を出して来た。コーズィと私は金柑酒を試してみた。悪くない。でも15年寝かしてあってポルトワインより強い臭いのする梅酒は辞退した。レーズンの香りのする真っ白な稲妻を想像してみたらいい。そのあと、キミコは豪華なおせんべい(この土地特産のわさびせんべい)や甘いものがいっぱい入った箱を出してくれた。これは全部私たちのために買っておいてくれたものに違いない。それから私たちはテレビの前に集まり、やがて床に着いた。みんなが寝られるくらいのスペースがあるのが不思議なくらいだ。そして、寒くないように布団を全部私たちに渡してくれたのだろうかと思ったりした。

[K] With my body still warm and my stomach full, it was difficult to stay awake. Yasuo was very proud of his fruit wines. (Kimiko once sent me some recipes for them.) I wished I could drink more, but I could barely stay awake without much of them. We all slept extremely well on that night.

[K] 身体がまだポカポカしていて、お腹もいっぱいになると、もうとても目を開けていられない。ヤスオさんは自分で作ったフルーツワインがご自慢だ。(キミコさんがそのいくつかのレシピを送ってくれたことがある。)もっと飲めたらいいのにと思ったけれど、そんなにたくさん飲まなくても起きているのがやっとだったのだ。その夜はみんなぐっすり眠った。

最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
199 お葬式
198 とうとうやって来た日、そして雨
197 思い切り生きる
196 一夜が明けて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
194 ヘザーと私の日本旅行記(6 上)ショッピング
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
191 ヘザーと私の日本旅行記(4 上)伊豆へ向かう
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
189 ヘザーと私の日本旅行記(2)江戸・かっぱ橋・オフ会
188 ヘザーと私の日本旅行記(1) 日本到着
187 生ある日々を
186 花嫁の父
185 プラチナの裏地
184 家族をつなぐ指輪
183 「血の月」を追いかけて
182 ママハハだった母
181 アジア人(下)固定観念を越えて
180 ジプシーの目
179 選挙に映ったアメリカの顔
178 とうとう、きょう
177 アジア人(上)その概念
176 海軍出身
175 特攻志願
174 お祭り
173 ありがとう、で1年を
172 クリスマスプレゼントが今年もまた
171 スージー・ウォンの世界
170 秩序の秘訣
169 黒い雲の行方
168 ドアを開けたら
167 今年もまた
166 ボリビア(7)ボリビアで和菓子を
165 ボリビア(6)パクーの登場
164 ボリビア(5)卵の力、女性の力
163 ボリビア(4)小麦の都
162 ボリビア(3)米の都
161 ボリビア(2)2つの日系移住地
160 ボリビア(1)サンタクルス
159 闇の中で
158 みんなの宝物
157 新語の中身
156 年末のご挨拶
155 ピッチピッチチャップチャップ
154 神の仕業
153 ラタトゥイユ(2)レシピ
152 ラタトゥイユ(1)
151 プティ・タ・プティの最後の1片
150 ジプシーとの知恵競争は続く
149 豊かな粗食
148 中絶抗争
147 スーザン・ボイルの勝利
146 黄昏の親子関係
145 子ども好き
144 言葉雑感(8)regift
143 言葉雑感(7)「ん」の音
142 アメリカの理想
141 ときめく日の足音
140 言葉雑感(6)ミルクとは
139 ミルクの教訓
138 年末の独り言
137 投票日日誌
136 あと3日
135 ペイリンから見えるアメリカ
134 訴訟顛末記(1)まず弁護士を
133 園遊会で
132 柔の姿勢
131 言葉雑感(5)4文字言葉
130 豪邸の住人
129 言葉雑感(4)カミはカミでも
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
127 言葉雑感(2)子年のネズミ
126 言葉雑感(1)グローバルなピリピリ
125 やって来た山火事(最終回)これから
124 やって来た山火事(9)いとおしい木々
123 やって来た山火事(8)現実に直面して
122 やって来た山火事(7)焦燥の2日間
121 やって来た山火事(6)私の方舟
120 やって来た山火事(5)避難準備
119 やって来た山火事(4)止まない風
118 やって来た山火事(3)第1日目の夜
117 やって来た山火事(2)第1日目の夕方
116 やって来た山火事(1)第1日目の昼下がり
115 しあわせな1日
114 チェ
113 メキシコの息づかい
112 「石の家」
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
110 ケーキ1切れ
109 「豊かさ」の中身
108 イタリアの修道僧
107 3年ぶりの日本
106 キューバ:アメリカの恥
105 キューバ:バラコア
104 キューバ:甘い歴史の苦い思い出
103 キューバ:2つの通貨
102 キューバ:近過ぎて遠い国
101 ホンジュラス(最終回)去る者,残る者
100 ホンジュラス(19)シエンプレ・ウニードス
99 ホンジュラス(18)ガリフナ放送
98 あと1年、だったら
97 無信仰者のクリスマス
96 ホンジュラス(17)ガリフナ
95 ホンジュラス(16)バナナ共和国
94 ホンジュラス(15)マヤ文明の跡
93 ホンジュラス(14)牢獄の中と外
92 ホンジュラス(13)先住民の女性たち
91 ホンジュラス(12)一番安全な町
90 ホンジュラス(11)オランチョの森(下)
89 ホンジュラス(10)オランチョの森(上)
88 金鉱の陰で(追記)カリフォルニアで
87 ホンジュラス(9)金鉱の陰で(下)
86 ホンジュラス(8)金鉱の陰で (中)
85 ホンジュラス(7)金鉱の陰で (上)
84 ホンジュラス(6)原則に沿って
83 ホンジュラス(5)農地のない農民
82 移民政争とラティノの力(続)
81 移民政争とラティノの力
80 ホンジュラス(4)消え去った人々
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
78 ホンジュラス(2)レンピーラ
77 ホンジュラス(1)行ってみよう
76 本物を見る
75 豊かな心
74 蝶の力
73 単刀直入
72 愛の表現
71 ベネット・バーガー
70 感謝の日
69 思わぬ道草(最終回)原点
68 思わぬ道草(19)回復に向けて
67 思わぬ道草(18)人は孤島にあらず
66 「ニューオーリーンズ」に見えたもの
65 思わぬ道草(17)一歩後退の教訓
64 思わぬ道草(16)日没症候群
63 甦生の兆し
62 ニューオーリーンズとクリスチャン
61 思わぬ道草(15)もつれた糸
60 思わぬ道草(14)彼の青い目(下)
59 思わぬ道草(13)彼の青い目(上)
58 思わぬ道草(12)ローマ鎧
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
56 思わぬ道草(10)近くの他人
55 思わぬ道草(9)ロールバー
54 思わぬ道草(8)楽観の2日間
53 思わぬ道草(7)一人三脚
52 思わぬ道草(6)長い夜
51 思わぬ道草(5)OR
50 思わぬ道草(4)ER
49 思わぬ道草(3)常習犯
48 思わぬ道草(2)目撃者
47 思わぬ道草(1)3月14日の夕方
46 訛った英語
45 イギリスの英語
44 英語とアメリカ
43 海の中に(下)
42 海の中に(上)
41 姓というマーカー(下)
40 姓というマーカー(上)
39 国籍あれこれ:選択肢
38 国籍あれこれ:彼の場合
37 国籍あれこれ:私の場合
36 ボーダーとは
35 最終回:グローバリゼーション
34 番外編:クリスマス・ディナー
33 サンタアナの風
32 お刺身パーティー
31 アボカド泥棒
30 アボカドと生きる鳥
29 カラスのご馳走
28 三つ子の魂
27 子宝のもと?
26 アボカド探検家
25 ゴールドラッシュの波紋(下)
24 ゴールドラッシュの波紋(上)
23 海を渡って(下)
22 海を渡って (上)
21 コンキスタドール
20 アボカド事始め
19 ハースマザーの行方
18 世界アボカド会議
17 フエルテ
16 ハースマザーの木(下)
15 ハースマザーの木(上)
14 鶏より馬
13 働く人々
12 花婿の父
11 シンコ・デ・マヨ
10 「奇跡の3月」
9 アボカド形の穴
8 父親不明
7 女性花・男性花
6 トーマスのギャンブル(2)
5 トーマスのギャンブル(1)
4 成熟と完熟
3 グァカモーレ
2 アボカドさまざま
1 メックスフライ
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 9 6 1
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 4 9 5