1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
寄り道まわり道
10 M.ハスケルを探して 4
2004年8月26日
吉田 美智枝 吉田 美智枝 [よしだ みちえ]

福岡県生まれ、横浜市在住。夫の仕事の関係で韓国ソウルとタイのバンコクで過ごした。韓国系の通信社でアシスタント、翻訳、衆議院・参議院で秘書、韓国文化院勤務などを経て現在に至る。自作のアクセサリーをBeads Duoというブランドで販売しながら、韓国の主に女性たちについてエッセーを執筆中。『朝鮮王朝の衣装と装身具』(共著)、韓国近代文学選などの翻訳がある。
▲ 白蝶貝とガラスビーズのネックレスとピアス
  ネック部分は白蝶貝(あこや貝)のビーズを
  ワイヤーでひとつずつ留めてつないだ。
▲ ハスケルは、接着剤は一切使わず、すべてワイヤ           ーでビーズを直接台座に留めた。
−ハスケルとシャネルー

ヘスは兵役に出るとき、会社が当分困らないだけのデザイン画を残していったといわれる。私は、このフランク・ヘスという男性にも興味を覚える。

資料によると、ヘスは才能も教養もあり、洗練さているだけでなく、もうひとつの仕事であるインテリアデザイナーとして強力なビジネスコネクションをも備えた魅力ある男性だったようである。

人と人の関わりとは不思議なものである。ミリアム・ハスケルという名の下でジュエリーデザイナーとしての才能を開花させ、ハスケル・カンパニーを支えた男、ヘス。そして壊れていくハスケルを世話し続けたのもまた…彼女が亡くなるまで…彼だった。ハスケルにとってヘスは仕事でも実生活でも代えがたいパートナーだったのである。晩年の彼女がそれを理解していたかどうかはわからないが…。

ハスケルは1937年、意気揚々とヨーロッパに乗り込んだ。その旅は販路拡大と、新たな材料の調達とアイデアをもとめての旅で、実り多い旅だった。彼女はこの旅で長年憧れてきたシャネルにも会っている。シャネルのジュエリーに影響されてスタートした彼女が、今やコスチュームジュエリーの世界でシャネルとならぶ存在になろうとしていた。

だが、この船旅の途中、彼女は何気なく発した「私はユダヤ人」ということばが原因でとても不愉快な経験をする。それ以来、彼女はなにがあってもその船には乗ろうとしなかったといわれる。

ミリアム・ハスケル・カンパニーには多くのユダヤ人たちが職人として働いていた。チェコや東ドイツからアメリカに逃れてきたユダヤ人難民たちを、ハスケルは進んで雇い入れている。ハスケルジュエリーは、この職人たちの手に支えられていたのである。

シャネルもまたコンプレックスを抱えていた。シャネルは、1883年にフランスの田舎の貧しい行商人の娘として生まれる。12歳で母親を亡くして以後は修道院(一説には孤児院)で育ったといわれている。

自分を捨てた父親への恨みと、惨めな環境から脱出したいと願うシャネルの思いは、上流階級への強い憧れと上昇志向、そして彼女を拒んだ階級に対するすさまじいまでの闘争心となる。ある時自分を一介の洋服屋と扱ったある伯爵を、後にジュエリーデザイナーとしていったんは雇い入れるものの、折を見て解雇通告をしたというエピソードもある。

シャネルは、お針子や愛人としての生活も経験するが、経済的、精神的自立への執念は生半可なものではなかった。下層階級の出でありながらやがて上流階級が出入りするサロンという形で自分の世界を築いていく。シャネルは、多くの上流階級の男たちを愛したが、その愛情さえも時には自分を貫くために犠牲にしただろう。

宝石も模造石もごちゃまぜにデザインしたシャネルのジュエリーは、ある意味で特権階級である貴族たちへの挑戦状だった。ジュエリーといえば、宝石の大きさや希少性によって富と力をひけらかすものだったが、シャネルのジュエリーはその魅力で貴族階級の女性たちを惹きつけ、特別な場所でしか身につけなかったそれまでのジュエリーの常識を壊し、日常のアクセサリーとしての位置を築いた。

シャネルはジュエリーのことをこういっている。
「本物だろうと偽物だろうと単なる装身具(アクセサリー)」

ハスケルの生涯にはいくつかの一見矛盾とも思える側面が見える。大衆消費文化が花開いた当時、世の中はスピードと機械化による大量生産の時代に入っていたにもかかわらず、彼女のジュエリーはすべてハンドメイドだった(金属に穴を開ける作業を除いては)。実生活では、姉にその生活ぶりを“奔放”“無責任”と非難されたようにリベラルでモダンだったが、性格的には内気で控えめ、マスコミや社交界とは距離を置き、どこか貴族的な面があった。

田舎の両親や姉弟やその子供たちを時には呼び寄せ、彼らと一緒にすごす時間を愛しながら、自分の家庭を持とうとはしなかった。華やかな自分の生活を維持するために湯水のようにお金を使う一方で、困っている人たち…アメリカへ移住しようとするロシアのユダヤ人捕虜たち、故郷インデイアナ州で洪水被害にあった人たち、見知らぬ若い人々…のため援助を申し出た。

ユダヤ人としてのプライドとコンプレックスに揺れたハスケル。彼女がシャネルほどの深い絶望を経験し、世の中に対する強い怒りと闘争心を持ち合わせていたら、彼女の人生はあるいはもっと違ったものになっただろうか。

だが、私は石を強固な金属の型に埋め込んだシャネルのジュエリーよりも、立体的でありながらも女性たちの手によってビーズひとつひとつが繋がれた、どこか優しさの漂うミリアム・ハスケルのジュエリーに惹かれる。それは、容貌や外見の美しさを超えた彼女の華やかさや優雅さ(ときに脆さをも併せ持った)、そしてヘスの人間としての優しさに支えられた魅力なのかもしれない。(つづく)
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
82 韓国民謡 アリラン (日本語版)
81 에세이 아리랑 (韓国語版)
80 Korean song Arirang (英語版)
79 百年の生涯 (英語版)
78 百年の生涯 (韓国語版)
77 悲運の詩人 許蘭雪軒(韓国語版)
76 悲運の詩人 許蘭雪軒
75 江陵に咲いた花 申師任堂 2
74 江陵に咲いた花 申師任堂1
73 相思華(상사화)
72 迷いの中で
71 小さな写真集
70 故郷往来
69 寄り道まわり道
68 まだこどもでいられる幸せ
67 大ボケ小ボケ
66 サヨナラガニガテ
65 夢のかけら
64 書くということ
63 難易度
62 気晴らし
61 二人三脚
60 暑い夏のすごし方
59 ゴルフ中継の憂鬱
58 悪女の方程式
57 媒体
55 余白
54 あなたに似た人
53 夢の庭
52 エッセーの心得
51
50 もう一人の上司
49 龍馬のように
48 ホームセンター
47 ユルスナールの靴
46 モティーフ
45 あれかこれか
44 ビーズ日記再開
41 カウチポテトを夢見て
40 チャイ・ローン
39 ワイとチャイ
38 100年の生涯
37 春のワルツ
36 マッサージの迷宮
35 幸福の庭
34 彼女のパール
33 熱帯でゴルフを楽しむ法
32 伝説のホテル
31 ベートーベンハウス
30 旅に出ます
28 辺境が好き 前編
27 白い猫
26 龍宮城伝説考
25 寄り道
24 花の旅笠
23 二村洞の人々
22 クヮナクの友人たち
21 追憶ーソウル原風景
20 遍歴
19 エスニック通り
18 小さなジャングル
17 老後の楽しみ
16 失われた楽園
15 女らしい男たち
14 メナムの夕日
13 迷路
12 ノイさん
11 M.ハスケルを探して 5
10 M.ハスケルを探して 4
9 M.ハスケルを探して 3 
8 M.ハスケルを探して 2 
7 M.ハスケルを探して 1
6 旅は猫連れ
5 本ものの偽もの
4 シンプルからの脱皮
3 ビーズな日々の始まり
2 カニカレー
1 タイは「微笑の国」?
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 5 9 8 0 1 2
昨日の訪問者数0 4 0 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 5 2 7