1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事
かくてありけり
1 亡命
2003年1月1日
沼田 清 沼田 清 [ぬまた きよし]

1948年、新潟県生まれ。千葉大学工学部卒業。2008年、通信社写真部を卒業、以後は資料写真セクションで嘱託として古い写真の掘り起こしと点検に従事。勤務の傍ら個人的に災害写真史を調べ、現在は明治三陸津波の写真の解明に努めている。仕事を離れては日曜菜園で気分転換を図っている。
はじめまして。「清っさん」こと沼田清です。まずは簡単に自己紹介を。共同通信社の写真セクションに勤務して32年余り、年齢も50代半ばになり記憶力の衰えを感じることが多いこのごろです。でも、知識欲は高まり、新聞で知らない言葉を見つけるとせっせと切り抜いています。また6年前から日曜菜園をやっています。このページでは、身近で見聞きして感じた素朴な疑問や、なるほどと納得したことなどを伝えていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
 
暮れに東京写真記者協会(新聞・通信など36社加盟)の2002年報道写真展を見てきました。印象としては冬季五輪やサッカーW杯、釜山アジア大会などスポーツイベントが盛りだくさんだったのと、瀋陽亡命事件、不審船引き揚げ、日朝交渉、拉致事件被害者の帰国など北朝鮮がらみのニュースが多かった1年でした。
 
協会賞には、共同通信中国総局のK君が瀋陽総領事館亡命事件を取材した「自由を求めて」が選ばれました。大伸ばしされた作品をじっくりと見て、写真の記録性、証言力、訴える力を再確認しました。一方で、同時に撮影された映像を思い浮かべました。2つを比較してみると、それぞれが優れた記録であり、スチル写真と映像の機能の違いが現れていると感じます。
 
ことの始まりから終わりまでの経過を追う、あるいはカットをつないで構成するのが映像。スチルは経過の中の象徴的な場面を切り取り、1枚に凝縮して見せる。映像理論を専攻した同僚は「文法の違いだね」と解説してくれました。映像の方は音声が入り、視覚と聴覚の相乗効果がある。総領事館周辺の空気を切り裂く悲鳴は臨場感を高め、見る人を引き込みます。でもスチルは無音です。しかし、じっくり見ていると想像力を喚起する。余韻があります。いずれにせよ二つの記録がなかったら、事件は闇に葬られたことは間違いないでしょう。

この事件では、日本総領事館の対応が問題になりました。北朝鮮住民が渡した亡命意志を示す英語の文書を館員は理解できなかった(あるいは無視した?)。テレビで予備校の英語の講師が「seek asylum=亡命を希望するは、普通の人は知らなくても外交官なら知っていて欲しい言葉ですね」と解説していました。
 
asylumは、ギリシャ語の「捕らえる権利のない」を意味するa+sylonを語源とし、日本では同義のドイツ語asylから「アジール」と呼び「聖庇」の言葉をあてています。意味は、世俗の世界から遮断された不可侵の聖なる場所。奴隷、犯罪者などが庇護される自治都市、教会堂、駆け込み寺(広辞苑)。そこそこ歴史がある言葉のようです。亡命についても使うことはこの事件で初めて知りました。
 
切り抜きを調べると、97年11月13日付の朝日で、女優の富田靖子が「(台所は)アジールですか」と聞かれ「気持ちが浄化される場所」と答えていた。この女優は若いのに難しい言葉を知っているんだなと感心したことを覚えています。
 
ちなみにわが社の記事データベース(過去10数年分)で検索すると93年の初出から数件あるが、すべて外部筆者の原稿で、社内的にはまだ市民権を得ていない。広辞苑でも83年の第3版にはなく、91年の第4版で初めて姿を見せる。しかし72年の平凡社の世界大百科辞典には項目を立ててあり、さすがは大百科と思いました。なお、ネット上の辞書「英辞郎」にはこの事件以後、asylumの項目が一気に増えたようです。
最近の記事 ページトップへ
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
66 追悼−西永奨さん
65 ご破算で願いましては−14回目の引っ越し
64 続・原爆を撮った男
63 再び・硫黄島の星条旗
62 日曜農園から 「農閑期」
61 富士山頂の星条旗−古写真探偵が行く
60 日曜農園から(4) 「収穫祭」
59 日曜農園から(3) 会計担当
58 日曜農園から(2)−農事暦
57 日曜農園から(1)
56 「トリアージ」再び
55 刷り込み
54 遷宮の撮影
53 定点観測
52 解約返戻金
51 仰げば尊し
50 在宅勤務
49 睡眠時無呼吸症候群
48 映画館今昔(補遺)
47 映画館今昔(下)
46 映画館今昔(上)
45 原爆を撮った男
44 標準温度計
43 続・硫黄島の星条旗
42 knot=結び目
41 硫黄島の星条旗
40 五十嵐君のこと
39 ホケマクイ
38 百科事典
37 白魔
36 私は嘘を申しません
35 再び転勤
34 高所作業車
33 撮影時間の怪
32 色再現
31 空き缶回収の主役
30 続・ビルの谷間に蝶
29 代表撮影
28 人名用漢字
27 ビルの谷間に蝶
26 ホウレンソウに虫
25 残酷でも放送して!
24 人力飛行機
23 ペーパーレス
22 接触を拒否する企業サイト
21 今様1K住宅事情
20 credibility=信憑性
19 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(下)
18 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(上)
17 クレジットの怪
16 遺体写真
15 親密な見知らぬ他人=Intimate Stranger
14 走査型電子顕微鏡写真
13 気送管
12 カメラ付き携帯電話
11 続・合成写真
10 合成写真
9 帰還不能点
8 藤子不二雄の先見性
7 図書館は今
6 裏焼き
5 デジタルカメラ
4 Made in occupied Japan
3 トリアージ=負傷者選別
2 怖い夢
1 亡命
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 6 2 3
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 6 2 0