1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
かくてありけり
2 怖い夢
2003年1月12日
沼田 清 沼田 清 [ぬまた きよし]

1948年、新潟県生まれ。千葉大学工学部卒業。2008年、通信社写真部を卒業、以後は資料写真セクションで嘱託として古い写真の掘り起こしと点検に従事。勤務の傍ら個人的に災害写真史を調べ、現在は明治三陸津波の写真の解明に努めている。仕事を離れては日曜菜園で気分転換を図っている。
皆さん初夢は見ましたか?正月休みに古い切り抜きを整理していたら、随筆家の青木玉(注1)が初夢について書いたものが出てきた。「一富士、二鷹、三茄子」は言わずと知れた初夢の番付け。で、その後はなんと「四葬礼、五火事」と続く(注2)。
これは「ああ恐かった、夢でよかった」と、禍転じて福とする受け止め方に基づいているそうです。
  
恐い夢はごめん被りたいところだが、見るんですねーこれが。自分の夢体験を振り返ってみると、幾つかの定番があって、年代によって内容が変化していることに気づきます。その系譜をたどってみましょう。

まず少年時代。恐竜に追いかけられて喰われそうになったり、大きな足で踏みつぶされそうになったりする夢。必死になって逃げようとするが、膝をついたままで走っているようなもどかしさで全力疾走ができない、どすんどすんと恐竜が迫る、あーっというところで目が覚め、汗びっしょりになっている。

これは、どう考えても映画のゴジラの影響です。調べたら第1作は昭和29(1954)年11月3日封切り。田舎の映画館に回ってきたのは翌年春近いころではなかったか。おどろおどろしい音楽にどきどきして、手で顔を覆いながら指の間から覗いたゴジラの怖さは小学校一年坊主の頭にトラウマのように残り、社会人になってからも時折出てきました。

就職してからは、大学で試験や単位取得に追われる夢。実にしつこく残っていてこの歳になっても完全に消えたわけではない。これは全く自業自得。学生時代の不勉強がたたっている。
並行して、写真撮影に失敗する夢が多くなってくる。カメラマンとして決定的チャンスに遭遇しながらシャッターが下りないとか、裏蓋を開けてしまったとか、、。これも現実の反映。部内の先輩や後輩に聞くと誰しもこの手の失敗はしているようだが、夢にまで見るのだろうか?ともかく寝覚めが悪い。

40代後半、デスクになってカメラを握らなくなると撮影失敗の夢は見なくなった。代わりに登場するのはパソコンやワークステーションなど、画像処理や送信の機器に悪戦苦闘する夢。写真がデジタル化され中年おじさんも否応なく新しい機器に取り組まざるを得ない。しかも画像系だけでは済まない、記事系も扱う。それぞれに加工・送出用とデータベース検索用があり計4種類。これに付随するプリンターが4種類。一つ一つメーカーが違うと作りやソフトも違い、操作手順も違う。ユーザーフレンドリーとは言えないこれらの機器の習熟に追われ、1年くらいは時々夢の中でもがいていた。

一昨年、友人に教えられネット上の動画「バッドデイ」を見たときは、パソコンを放り投げる主人公に思わず拍手喝采したものです(でも、「面白うてやがて哀しき、、」でしたが)。
 *バッドデイを未見の方は次を試してください。
  http://rigaut.home.cern.ch/rigaut/badday.html

それにしてもなぜ怖い夢を見るのだろうか?素人考えだが、新しいものを経験するときに生じる精神的ストレスの現れなんだと思う。いわば通過儀礼である。幼少時なら知恵熱と片づけられるが、50代も半ばでは辛い。最近記事系のシステムが更新され、覚えなくてはならない新しい約束事がどっと出てきた。今年の暮れには画像系も更新される。また夢の中でキーボードと格闘するのだろうか?

注1:青木玉は作家・幸田文の娘、幸田露伴の孫でもあります
注2:別の説に「四扇、五多波姑(たばこ)、六座頭」があり、縁起が良いものを
並べています。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
66 追悼−西永奨さん
65 ご破算で願いましては−14回目の引っ越し
64 続・原爆を撮った男
63 再び・硫黄島の星条旗
62 日曜農園から 「農閑期」
61 富士山頂の星条旗−古写真探偵が行く
60 日曜農園から(4) 「収穫祭」
59 日曜農園から(3) 会計担当
58 日曜農園から(2)−農事暦
57 日曜農園から(1)
56 「トリアージ」再び
55 刷り込み
54 遷宮の撮影
53 定点観測
52 解約返戻金
51 仰げば尊し
50 在宅勤務
49 睡眠時無呼吸症候群
48 映画館今昔(補遺)
47 映画館今昔(下)
46 映画館今昔(上)
45 原爆を撮った男
44 標準温度計
43 続・硫黄島の星条旗
42 knot=結び目
41 硫黄島の星条旗
40 五十嵐君のこと
39 ホケマクイ
38 百科事典
37 白魔
36 私は嘘を申しません
35 再び転勤
34 高所作業車
33 撮影時間の怪
32 色再現
31 空き缶回収の主役
30 続・ビルの谷間に蝶
29 代表撮影
28 人名用漢字
27 ビルの谷間に蝶
26 ホウレンソウに虫
25 残酷でも放送して!
24 人力飛行機
23 ペーパーレス
22 接触を拒否する企業サイト
21 今様1K住宅事情
20 credibility=信憑性
19 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(下)
18 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(上)
17 クレジットの怪
16 遺体写真
15 親密な見知らぬ他人=Intimate Stranger
14 走査型電子顕微鏡写真
13 気送管
12 カメラ付き携帯電話
11 続・合成写真
10 合成写真
9 帰還不能点
8 藤子不二雄の先見性
7 図書館は今
6 裏焼き
5 デジタルカメラ
4 Made in occupied Japan
3 トリアージ=負傷者選別
2 怖い夢
1 亡命
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 5 2 3
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 5 2 0