1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
59 「老害」を打破せよ
2004年10月11日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
▲ めっ。ここで片足あげてはいけません。(はたして効果あるのかなあ???)
前号『「ライブドア」対「楽天」』(9月26日)では、自分なりにユニークな観点でエッセイを書いたつもりなのだが、いま読み返すと新味がない。なにやら一般週刊誌と似たような切り口だ。日付をみていただければ分かるのだが、僕はこれら週刊誌が発売される前に書いている。世論の流れが読めないうちに書いているのだが、1週間もするとなにやら世論に迎合したような文章になってしまっている。

先日会った編集者には「中山さんのお書きになった雅子妃のエッセイは少し時代に遅れていますね」と批判されてしまった。たとえば僕は「雅子さんの自己責任を問う」というような内容の文章を書いた。書いた時点では「その筋」のリアクションを心配して、正直いうと「おそるおそる」書いた。ところがその後、次々に発売される月刊誌を読むと、いやはやかなり皆さんラジカルである。これらを読んでいると、なるほど僕のエッセイは過激でもなんでもない、若い編集者から時代遅れと批判されても仕方がない文章にみえる。あれ、僕はそろそろ時代に遅れ始めたのか。少々怖い思いがした。

現在のマスコミは一方では権力への批判精神を失い体制に埋没しつつあるし、一方では書きたい放題、自己抑制なしの「書いたもん勝ち」の世界に突入している。いっけん「カゲキ」なのだが、ほんらい権力や権威に向かうべき過激さがあらぬ方向に向いている。この原因はなんだろうと考えるのだが、2チャンネル等のインターネット掲示板がかなり世論形成に影響を与えているのではないかと思う。

かつてはいかに大衆向け週刊誌であろうと、一般世論から極端に突出するわけにはいかなかった。ところが現代は個人の突出した意見が、マスコミよりはやくインターネットで瞬く間に伝播する。マスコミが走りだす前に、一般大衆の特異、過激、無責任、それこそなんでもありのメッセージが匿名でばらまかれる結果、スピードでは周回遅れの紙メディアの情報は、インパクトなし、新鮮味なし、個性なしの内容になってしまうのではないか。あせるメディアは見出し勝負の「過激化」を強めるしかない。その悪循環。これを情報の拡散希釈化現象とでもいうべきか。

さて、そういう時代にユニークな時事エッセイを書くのはむつかしい。今号ではライブドアや楽天がなにゆえに球界参入を狙っているか、をテーマに書くつもりでいたが、電車内でAERAの中吊り広告をみて「あ、書かれちゃった」と思った。ライブドアが新聞社の買収を図ろうとしている、という内容らしい。事実の真偽は確かめようがないが、僕は「やはりな」と思った。

ライブドアの堀江貴文社長(31)、楽天の三木谷浩史社長(39)が狙っているのは、「コンテンツ」だ。球団買収もその路線上にあることは疑いがない。「ニュースステーション」の古館キャスターがとんちんかんな発言をしている。「あの若いベンチャーの方たち、ほんとうに野球が好きなんですかねえ」。狙いは野球という「コンテンツ」だ。つまりビジネスとして、野球に関連する情報の価値はとてつもなく大きい。2人はそこに狙いを定めた。好きか、嫌いか、そんなことは関係がない。そもそも野球経営は、野球が好きなひとしかやってはいけないのか。このキャスターも時代に遅れつつある。

いまともに世間の注目の的になっている30代の2人の青年実業家には個人的にとても興味がある。とくに「老害」をはっきり批判し、当のその「老害側」からは胡散臭い目でみられている(であろう)堀江さんのほうに特に関心がある。彼の著書「稼ぐが勝ち」(光文社)を読んでみた。その見出し。

●20代は搾取されている
●個人も社会もリセット
●「貯金をしなさい」は間違っている
●老人は若者に金を貸せ

いっけん過激だが、よく読むとまっとうな発言。
以下、文章抜粋。

●就職とは、他人のリスクコントロールの支配下に入るということです。要するに自分の運命を他人に支配されるわけです。「自分はばかだから、自分よりもっと頭のいい人に自分のリスクコントロールをしてもらいたい」という人は就職すればいいのだろうし、「自分は他人に運命を左右されるのはいやだ」と思えば、会社をつくればいいのです。

●会社と会社の取引関係は基本的に信頼関係で成り立っています。つまり性善説です。けれども性善説だけで考えていたらばかを見るので、性悪説の面においても考えなければいけないということです。取引相手を信用しきってはいけないのです。「信用は大事だけど信用してはいけない」とういう訳の分からない状況。これが資本主義です。信用しつつ、万が一に備える。

●インターネットは急速に進化していますが、最先端のところばかりでなく、取り残されたところに意外に大きなビジネスがごろごろ転がっているものなのです。そして、その取り残されたところとは、旧世代の旧勢力が、利権を握っているところなのです。そこを改善していかないと、未来は見えてこないのです。

●宗教は死を正当化し、そこから逃げるためのツールです。逃げてはだめなんですよ。人間の可能性を否定してしまっていますから。自分の可能性はできるだけ大きく見積もっておくべきです。

●彼らは利権を守るだけの存在になってしまっている。徳川幕府末期みたいなもんです。誰かが内部から大政奉還の声をあげなければならないのは、みんなわかっている。でも誰も声をあげないし、決断ができない。

●しかし残念ながらあのオーナーたちには、会社のなかで出世して社長になるという、東宝の植木等のサラリーマン映画みたいな発想しかないのです。

●「人の心は金では買えない」というのも同様です。誤解を恐れずに言えば、人の心はお金で買えるのです。女はお金についてきます。人間はお金を見ると豹変します。豹変する瞬間が面白いのです。皆ゲンキンなものです。金をもっている人間が一番強いのなら、金持ちになればいいということなのです。人間を動かすのはお金です。

この本を読んだあと、それまで支持していたのに嫌いになった、という意見もけっこうあるようだ。だが、よく読んでみると傾聴に値する意見が多い。ことば尻だけをとらえると、軽薄、思い上がり、とも思えるかもしれないが、いやいやこのひと、当面「要注意人物」ですよ。

いずれにしても30代の若者が日本を引っかきまわす時代が到来した。これは喜ぶべき現象である、と僕は思う。若者よ、元気をだして「老害」を打破せよ。老人のような若者、さいきんけっこう増えてますよ。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 4 7 5
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 0 0 9