1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
かくてありけり
4 Made in occupied Japan
2003年1月26日
沼田 清 沼田 清 [ぬまた きよし]

1948年、新潟県生まれ。千葉大学工学部卒業。2008年、通信社写真部を卒業、以後は資料写真セクションで嘱託として古い写真の掘り起こしと点検に従事。勤務の傍ら個人的に災害写真史を調べ、現在は明治三陸津波の写真の解明に努めている。仕事を離れては日曜菜園で気分転換を図っている。
今月18日付けの朝日新聞土曜版で、商船三井会長から日本郵政公社初代総裁に就任する生田正治氏の歩みを紹介していた。その中で同氏の戦後体験を書いたくだりに目が止まった。

 「高校時代、運送会社のアルバイトで行った神戸港で見た船は、すべて外国船。税関に積まれた輸出品は『占領下の日本製』と英語で刻印されていた。『悲しいことだ』と思った」。

これを読んで「私の持っている古いカメラと一緒だな」と思った。小学校5年生の頃に叔父から贈られ、私が写真に関心を持つようになった思い出のカメラにも「Made in occupied Japan」の浮き彫りがあった。子供向けの、おもちゃのような品だが、当時の私にはスター・リッチ(Star Rich)と言う名前のように光り輝いて見えた。

本棚の奥に飾ってあるそれを久しぶりに手にした時「はっ」とした。次には「馬鹿だねーっ、お前さんは!」と心の中で自分の間抜けぶりに舌打ちした。言葉の意味は高校生のころ知ったが、単に英語を日本語に置き換えただけ。「分かったつもりだろうが、ちっとも分かっていないじゃないか!何で『Made in Japan』じゃないのか?誰が自分のことを『occupied Japan』と書くものか!誰かに強制されたに違いない、それはGHQ(占領軍総司令部)以外にあり得ない。そこに思い至らなかったとは、、」

すぐにも確認したい。まず日本カメラ博物館へ電話した。若い人が出たがらちが明かない。1時間後、当時の経緯を知っている年輩のYさんから電話があって「占領軍の指示です。カメラに限らず輸出品にはすべて刻印しなくてはいけなかった。おもちゃでも例外ではない。今になってそれが好事家の人気を呼んでいてアンチーク収集の世界ではオキュパイド・ジャパンのジャンルができてます」と教えてくれた。

なるほど、インターネットで検索すると出るわ出るわ。陶磁器、人形、食器、おもちゃ、楽器、カメラ、双眼鏡、時計、ライターetc。なんでも鑑定団にも登場していた。

当時の新聞の縮刷版を調べて分かったのは、1947年8月15日に制限付きながら民間貿易が再開された。その半年前にGHQは日本からの輸出製品に「Made in occupied Japan」を刻印するよう指令を出していた。敗戦国日本は自ら招いたことであるが、さぞかし屈辱感に打ちのめされたことだろう。当時高校生の生田氏にとっても忘れられない経験であったのだ。この措置はサンフランシスコ講和条約が1952年4月28日に発効するまで続いた。

私のカメラのように輸出用のオキュパイドものが国内に出回ったのはなぜか?推測だが、国内向けと輸出用とで作り分けると部品製造も組立ラインも二本立てになり、そうするほどの余裕がない社もあったのだろう。また、早くに製造しストックされていた製品が国内で処分されたり、古い鋳型がそのまま使われた例もあったのではないか?

ところで、同じ敗戦国のドイツではどうだったか?これもネット上で検索すると「Made in US-Zone Germany」や「Made in Germany US-Zone」と刻印されたカメラ、人形、陶磁器が出てくる。この表記からは東西分裂の始まりは示すものの「占領下」の意味は感じられない。
 
追記
スター・リッチカメラは、昭和30年代で値段500円程度、シャッタースピードは30分の1秒とB(バルブ)、絞りはf5.6とf8の切替、ピントも固定、二重露出防止装置などない、フィルムは紙の裏打ちをしたボルタ判というものを使用(今はもう発売されてなく、補給できない)。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
66 追悼−西永奨さん
65 ご破算で願いましては−14回目の引っ越し
64 続・原爆を撮った男
63 再び・硫黄島の星条旗
62 日曜農園から 「農閑期」
61 富士山頂の星条旗−古写真探偵が行く
60 日曜農園から(4) 「収穫祭」
59 日曜農園から(3) 会計担当
58 日曜農園から(2)−農事暦
57 日曜農園から(1)
56 「トリアージ」再び
55 刷り込み
54 遷宮の撮影
53 定点観測
52 解約返戻金
51 仰げば尊し
50 在宅勤務
49 睡眠時無呼吸症候群
48 映画館今昔(補遺)
47 映画館今昔(下)
46 映画館今昔(上)
45 原爆を撮った男
44 標準温度計
43 続・硫黄島の星条旗
42 knot=結び目
41 硫黄島の星条旗
40 五十嵐君のこと
39 ホケマクイ
38 百科事典
37 白魔
36 私は嘘を申しません
35 再び転勤
34 高所作業車
33 撮影時間の怪
32 色再現
31 空き缶回収の主役
30 続・ビルの谷間に蝶
29 代表撮影
28 人名用漢字
27 ビルの谷間に蝶
26 ホウレンソウに虫
25 残酷でも放送して!
24 人力飛行機
23 ペーパーレス
22 接触を拒否する企業サイト
21 今様1K住宅事情
20 credibility=信憑性
19 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(下)
18 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(上)
17 クレジットの怪
16 遺体写真
15 親密な見知らぬ他人=Intimate Stranger
14 走査型電子顕微鏡写真
13 気送管
12 カメラ付き携帯電話
11 続・合成写真
10 合成写真
9 帰還不能点
8 藤子不二雄の先見性
7 図書館は今
6 裏焼き
5 デジタルカメラ
4 Made in occupied Japan
3 トリアージ=負傷者選別
2 怖い夢
1 亡命
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 5 8 7
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 5 8 4