1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
寄り道まわり道
17 老後の楽しみ
2005年1月10日
吉田 美智枝 吉田 美智枝 [よしだ みちえ]

福岡県生まれ、横浜市在住。夫の仕事の関係で韓国ソウルとタイのバンコクで過ごした。韓国系の通信社でアシスタント、翻訳、衆議院・参議院で秘書、韓国文化院勤務などを経て現在に至る。自作のアクセサリーをBeads Duoというブランドで販売しながら、韓国の主に女性たちについてエッセーを執筆中。『朝鮮王朝の衣装と装身具』(共著)、韓国近代文学選などの翻訳がある。
▲ フローライト(ほたる石)のネックレスとピアス。
細かい編みの技法より、最近はピン使いが多くなった。
老後とは、いつからのことをいうのだろうか。夫が会社を定年退職した後の生活をとりあえずそう呼ぶとするなら、私にとっての老後はそう遠い将来のことではない。

夫は、私より8歳近く年上で会社勤めもあと3,4年なので、私たちの老後はもう目の前といっていい。同年代の友人たちより少し早く夫の退職後の生活が始まるが、私はそれもあまり嫌ではない。

その老後をどうすごすか。最近、ぼんやりとだが考える。私たちにはゴルフという共通の趣味があるが、それだけでは時間は潰れないだろう。私自身の趣味であるビーズを続けるのももちろん悪くない。だが、ビーズ編みという細かい作業にどこまで目が耐えられるか…。

一昨日、私は年末に受けた注文のアクセサリーを仕上げ、数日ぶりに街に出た。運動不足解消のため車はあえて使わず、35分の道のりを駅まで歩いた。途中、郵便局で注文の品を送り、駅前のデパートのセールを覗く。地下街で録画用ビデオを買い、本屋に立ち寄ってビーズ本をチェックする。

歩きつかれた私は、本屋の近くにあるエクセルシオールカフェに入った。席に着こうと混んだ店内を見回していると、背後から女性の元気な声がした。

「こっち、こっち。空いてますよ」

振り向くと、髪に白いものの目立つ女性が隣の席を指差した。私は軽く会釈しお礼をいい、席に着いた。その女性の連れも同年輩の女性だった。熱いミルクティーを口に運ぶと、自然と2人の会話が耳に入ってきた。

「あなた、これからデパート付き合ってくれる?」
「いいわよ。何を買うの?」
「ほら、橋本さん知ってるでしょ。彼になにか送ろうと思って。でも何がいいかわからないから…」
「うん、わかった。橋本さん、知ってる、知ってる」
「でしょ? でも私、顔は思い出せないのよ」
「そういえば私も…」
「…」

まったく屈託がない。吹き出しそうになるのをこらえ、思わず2人を盗み見る。

2人とも首に市営バスのシルバーパスがかかっている。60歳代後半だろうか。声をかけてくれた方の女性は、こざっぱりとしたヘアースタイルにグレーのセーター、黒のパンツ、スニーカー、手には大判のエンジ色のストール。お相手の女性は、パープルのセーターとグレーのパンツ、スニーカーといういでたちだ。優越つけがたく2人ともなかなかおしゃれだ。

「これだ!」 

私は思った。老後に必要なもの…それは友人なのだ。
冬の一日、スニーカーを履いてともに歩き、ショッピングを楽しみ、お茶を一緒に楽しめる友人。

バカバカしい話題…宝くじがハズレばかりだった話、だからいっそのこと有馬記念(馬券)に走ろうかという話、のら猫を追いかけて転んだ連れ合いのドジさ加減の話、頭の悪い飼い猫の話…で声を出して笑い合える同性の友人。

こんな友人が1人いたら、老後は楽しいだろう。

そんな友人を得るためには、どうしたらいいだろう。考えてみるとそんな老後が急にやってくるわけはない。家にこもらず、世を捨てず、物欲もそこそこ持っていなくてはならない。そしてなによりも健康で、ほがらかでいなくてはならない。当たり前のことだが、今日の続きが明日なのだ。老後はその先にある。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
82 韓国民謡 アリラン (日本語版)
81 에세이 아리랑 (韓国語版)
80 Korean song Arirang (英語版)
79 百年の生涯 (英語版)
78 百年の生涯 (韓国語版)
77 悲運の詩人 許蘭雪軒(韓国語版)
76 悲運の詩人 許蘭雪軒
75 江陵に咲いた花 申師任堂 2
74 江陵に咲いた花 申師任堂1
73 相思華(상사화)
72 迷いの中で
71 小さな写真集
70 故郷往来
69 寄り道まわり道
68 まだこどもでいられる幸せ
67 大ボケ小ボケ
66 サヨナラガニガテ
65 夢のかけら
64 書くということ
63 難易度
62 気晴らし
61 二人三脚
60 暑い夏のすごし方
59 ゴルフ中継の憂鬱
58 悪女の方程式
57 媒体
55 余白
54 あなたに似た人
53 夢の庭
52 エッセーの心得
51
50 もう一人の上司
49 龍馬のように
48 ホームセンター
47 ユルスナールの靴
46 モティーフ
45 あれかこれか
44 ビーズ日記再開
41 カウチポテトを夢見て
40 チャイ・ローン
39 ワイとチャイ
38 100年の生涯
37 春のワルツ
36 マッサージの迷宮
35 幸福の庭
34 彼女のパール
33 熱帯でゴルフを楽しむ法
32 伝説のホテル
31 ベートーベンハウス
30 旅に出ます
28 辺境が好き 前編
27 白い猫
26 龍宮城伝説考
25 寄り道
24 花の旅笠
23 二村洞の人々
22 クヮナクの友人たち
21 追憶ーソウル原風景
20 遍歴
19 エスニック通り
18 小さなジャングル
17 老後の楽しみ
16 失われた楽園
15 女らしい男たち
14 メナムの夕日
13 迷路
12 ノイさん
11 M.ハスケルを探して 5
10 M.ハスケルを探して 4
9 M.ハスケルを探して 3 
8 M.ハスケルを探して 2 
7 M.ハスケルを探して 1
6 旅は猫連れ
5 本ものの偽もの
4 シンプルからの脱皮
3 ビーズな日々の始まり
2 カニカレー
1 タイは「微笑の国」?
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 6 8 9
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 6 8 6