1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
62 六本木の病院
2005年3月6日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
前号で20年前に起こしたオートバイ事故について書いた。自宅(当時、町田)を出て東名高速を北上し、首都高にはいって渋谷を通過、左に東京タワーをみながら東進し、浜崎橋あたりで事故を起こした。

僕はマスコミ関係者のテニス大会に参加するため、東京湾埋立地のコートに向かっていた。あらためて地図で確認してみると、浜崎橋分岐点から北上する道路はほぼ直角に曲がっている。つまりこのコーナーを曲がりきれず、そのままコンクリートの壁に激突したらしい。

あとからの想像だが、空中に放りだされたあと、俯き状態で数メートル飛び、まず左ひじ、それから右ひざの順で道路にたたきつけられたのではないか。背負っていたテニスラケットがもしかしたら背骨の損傷を守ってくれたのかもしれない。

激突したらしい、と書いたのは、「ぶつかるっ」と思った瞬間以降の記憶がぷっつりとないからだ。気がついたときは、病院の手術台の上に寝かされていた。看護婦たちが血のついた僕のジーンズやらウインドブレイカーをハサミでジャキジャキと切り裂いていた。

運び込まれたのは六本木の救急外科病院である。これもあらためて地図で確認すると、現場から直線距離で約2キロ、たぶん救急車は約5分程度で僕を病院に運び込んだにちがいない。

数日前、おぼろげな記憶をたよりに、病院があったとおぼしきあたりを歩いてみた。六本木地区は再開発で20年前とは風景が一変してしまった。しかし、その病院は残っていた。「M病院」の看板。そうそう、この名前にまちがいない。かなり古びた建物だったはずだが、建てかわってしゃれたビルになっていた(写真左)。

入院中のことはとうぜんながら思い出したくない。上腕神経が切断され手首から先きが自由に動かなくなっていた。シャッターを押すのは右指でも、重いカメラを支える左手首がダラン状態。これでカメラマン生活も終わりかと思われた。失意の日々。

入院から1ヶ月が経ち、自宅近くの総合病院への転院を願い出たのだが、初老の院長先生、転院許可を出してくれない。「順調に回復しているようにみえても、特にひざのおさらの割れが心配だ。いま動くと50を過ぎて水がたまるなどいろいろ障害がおきるんだよ」とどなる、怒る。

ところがある日とつぜん、転院許可がでた。あたらしい患者が運びこまれてきて、僕は「用済み」になったらしい。この先生、金儲けにかなり貪欲で、患者のことよりベッドの効率的運用を優先する御仁だということはあとで知った。

その後、手首の動きは回復し、事故から4ヶ月後、僕はカメラマン生活に復帰した。会社休養中は『残る余生は世のため人のために生きよう」などとひたすら殊勝なことばかりかんがえて、反省と悔悟の日々。

それから20年。いろいろなことがあった。50をとうに過ぎたが、幸いひざに水がたまることもないし、世のため人のために生きてきたとはとてもいえない人生を送ってきた。自分本位の生き方がずーっ、と続いている。

いま僕は、あらためて自分の運命の不思議さをおもわざるをえない。3月から僕は、M病院後方にそびえたつ「六本木ヒルズ森タワー」の38階にある某ベンチャー企業に勤務する身となった。くだんのベンチャー社長はいま「カネがあればなんでもできると豪語する青二才」という批判を浴びている。

ほんとうに彼が、世間でいわれるような人物なのか、それとも僕が過去のこのエッセイで予言したように、もしかしたら日本を変えるほどの力を持った人物なのか、内部からじっくり観察してみたい。

支障のない範囲で、「ライブドア」および「ホリエモン」についてもこの欄で触れていきたいと思っている。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 5 1 6
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 0 5 0