1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ボーダーを越えて
138 年末の独り言
2008年12月29日
雨宮 和子 雨宮 和子 [あめみや かずこ]

1947年、東京都生まれ。だが、子どものときからあちこちに移動して、故郷なるものがない。1971年から1年3ヶ月を東南アジアで過ごした後、カリフォルニアに移住し、現在に至る。ボリビアへの沖縄移民について調べたり書いたりしているが、配偶者のアボカド農園経営も手伝う何でも屋。家族は、配偶者、犬1匹、猫1匹、オウム1羽。
▲ 真っ黒に焼けこげたアボカドの木からも、新しい枝と葉っぱが出て来た。アボカドも一生懸命なのですね。
やっと年末年始のカードを日本に出した。クリスマスの2日後だ。これでは年賀状としても遅いだろうな。いつもだったら少なくともクリスマスの1週間前には投函しているんだけど… 今年は日本以外の国外にそうするのがやっと。国内はクリスマスの3日前に出したけれど、クリスマスの時期は郵便が遅れるので、カリフォルニア州内では間に合っても、東海岸では早くても1日遅れで届いたはず。東海岸の親戚に送るプレゼントもしかり。クリスマスには間に合わないから、お年玉のつもりで新年に送ろう、なんて決め込んだけど、まだ包んでもいない。

カードは1枚ずつ丁寧に(の、つもり)手作りしたので遅れたんだって言えば立派な言い訳が成り立ちそうだけど、それならもっと早くから手掛けておけばいいってわかっている。実際、去年は手作りカードを早くから準備しておいてちゃんと間に合わせた。もちろん、大慌てで必死になって間に合わせた年もある。

ところが、今年はちっとも「必死になる」気が起こらない。クリスマスカードとして間に合わなければ年賀状にすればいい。クリスマスプレゼントとして間に合わなければお年玉として送ればいい。どちらも元旦に届けられなかったら… まぁ、それでもいいじゃない。なんとか大目に見てもらえるでしょうって、勝手に自分に納得させている。

何でも頑張って締め切りに必ず間に合わせるというやり方を通して来た私が、どうしてこうなったのか… 11月から12月にかけて1ヶ月も風邪が抜けなくて元気が出なかったっていうこともあるけれど、どうもそれだけではなさそう。

研究会サイトのエッセイにしても同じ。「ちっとも更新されていないけど、どうしたの?」と何人かに問われて、返事のしようがなかった。自分でも理由がよくわからないから。どうもトーマスの交通事故の訴訟裁判を境に筆が鈍ったようだ。訴訟顛末記を書いた後、なんだか気分がすごく滅入ってしまった。いつもだったら、書いた直後は結構爽快な気分になるんだけど… (それでもとにかく、訴訟顛末記はまた再開して完了させなくちゃ。)どうもそれ以来、書くということが億劫になった。エッセイだけでなく、メールも返事を書かずじまいのものがどっさり溜まってしまった。どうやらあの裁判にエネルギーを相当消耗させられたようだ。

そういえば、今年やろうとお正月に決めたことも、ほとんどは裁判を機に萎んでしまった。そのうちの1つは、ホームレスのニックを月に1度ランチに連れて行くことで、これは細々と続いてはいるものの、とてもとても毎月などはしていない。

彼にクリスマスの七面鳥料理は持って行ってあげるつもりだった。そのことを前もって知らせておくためと、クリスマスカードを渡すために、クリスマスイブに彼の「家」へ行ってみたけれど、彼はいなかった。もうすっかり暗くなっていていつもだったらいるはずなのに、どうしたのだろう。11月中旬の彼のお誕生日にランチに連れて行ってお祝いして以来彼とは全然会っていない。何かあったのかしら。高速道路の真下にある木製のコンテナを寝場所にしている彼は、そこから追い出されるのを非常に恐れていて、目立たないよういつも気をつけていたけれど、とうとうキャルトラン(CalTran:カリフォルニア州道路公団)に公共安全とかなんとかの理由で追い出されちゃったのかもしれない。1ヶ月以上も彼と会っていないのが悔やまれる。

クリスマスの日、午後からシャーリーの家に彼女と彼女の101歳のお母さんを始めとする家族が集まった。シャーリーとは30年以上も親しくお付き合いしているから、私たちも彼女の家族。ポテトや野菜料理やパイは持ち寄りで、七面鳥料理は私の受け持ち。気前がいいんじゃなくて、普通に焼かれた七面鳥はパサパサしてちっともおいしくないので、超高温で自分で焼いたのが一番おいしいから。それに七面鳥のローストはいとも簡単で、ちっとも苦にならない。詰め物をしてフォイルで密閉した七面鳥を午前中にシャーリーの家に持って行って、彼女のオーブンに入れ、温度計の針を七面鳥に刺して、あとはでき上がるのを待つだけ。うちで正餐をするとなると、家の中を片付けてテーブルをセットしたり座席を指定したり、いろいろ時間のかかる作業があるので、シャーリーの家でやってもらって私はとってらくちん。午後3時ごろ楽しく正餐が始まった。七面鳥はジューシーでおいしいと大好評。料理人としては自分の作ったものを喜んで食べてもらうのが一番うれしい。

正餐が早く始まったので、後片付けも7時前には終わった。それもみんなで一緒にやったので楽しい。食べきれなかった物がいっぱいあって、それもみんなで分け合って持ち帰る。

「ニックに食事を持ってってあげるんじゃなかったのか?」帰宅後,トーマスが聞く。
「そのつもりだったんだけど、彼、昨夜はいなかったのよ。どこかへ行っちゃったのかもしれない…」
とにかく行ってみようという元気が私にはない。トーマスはしばらく黙っていたけど、再び口を開いた。
「いるかいないか、ちょっと見に行ってみたらいい。もしいたら、食事を持ってってあげればいいじゃないか」
それもそうだけど… 彼の「家」まで車で5分とかからないけど、行ったり来たりは面倒くさいな。それなら食事を持って行って、彼がいなかったら持って帰ってくればいい、と思い直す。

赤いプラスチックの大皿に七面鳥やマッシュポテトや野菜料理を、小皿にフルーツケーキを1切れ載せ、紙ナプキンにくるんだナイフとフォーク、アプルサイダー1瓶と紙コップを袋に入れて、護衛用に犬も連れて車に乗り込んだ。

高速道路の入り口にある駐車場に車を止めて、ニックの「家」の方へ歩き始めたら、向こうから人影がこちらにやって来る。暗くてよく見えないけど、犬が吠えないから、ニックかな?
「ニック?」
「ハロー!」と耳慣れた声が返って来た。やっぱりニックだ。
「昨夜会いに来たのにいなかったから、どこかへ行っちゃったのかと思ったわ」
「そっちこそ、ずうっと顔を見せないから中国へ行ったのかと思ってたよ」
私が中国語を習っていると言ったから、ニックはそう思ったのだろう。
「なにはともあれ、会えてよかったわ。メリークリスマス!」そう言って彼に食事の入った袋を渡す。
「オー! ありがとう! いまちょうどスープを飲みに行くつもりだったんだ」
彼は持っていたスープの缶詰を指差した。それをガソリンステーションのお店の電子レンジで温めて飲むつもりだったらしい。「これ、あげようか?」とニックは私に聞く。彼はガムやキャンディーを持っていたら必ず私に分けてくれる。でも、スープの缶詰は辞退した。私は缶詰のスープは嫌いだし、何度も話しているうちにニックは全く収入がないと知ったので、缶詰1つでも翌日の大事な食事だもの、どうしても受け取るわけにはいかない。クリスマスなのに、家族もいなくて食事は缶詰のスープだけとはあまりにも惨めな… クリスマスの食事を彼と分け合おうという者がいるということに、彼は一番喜んでいるのかもしれない。

スープの缶詰を私にくれようとしたのは彼のうれしさの表現だと思うから、私も彼の心をうれしく受け取った。そして「これはプレゼントよ」と、彼にクリスマスカードを渡した。封筒には20ドル紙幣が入れてある。普段は現金は渡さないことにしているので、クリスマス特別のプレゼントだ。
「すごいな。ありがとう!」そう言って、あまり背の高くないニックはつま先立って私の頭のてっぺんにキスした。これも特別の表現だ。彼から私に触ったことは一度もないから。

「どうだった?」
家で待っていたトーマスが、待ち切れないように聞いた。運良くニックと会ったこと、彼がとっても喜んで私の頭のてっぺんにキスしてことを話すと、年とともに涙もろくなっているトーマスの目は潤んで来た。そんな彼に、「一押ししてくれてありがとう」と、私も心から言う。ニックはいないかもしれないなんて、私は行く前に諦めちゃっていたから、トーマスの一押しがなかったら、こんなにうれしい思いになれなかったもの。

やっぱりやる気が起きないから、まぁいいや、なんて思ってばかりいたんじゃいけないんだ。潜んでいる素敵な可能性を眠らせてばかりいては勿体ない。来年は自分で一押しして、モリモリでなくていいから、もっと元気を出そう。

最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
199 お葬式
198 とうとうやって来た日、そして雨
197 思い切り生きる
196 一夜が明けて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
194 ヘザーと私の日本旅行記(6 上)ショッピング
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
191 ヘザーと私の日本旅行記(4 上)伊豆へ向かう
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
189 ヘザーと私の日本旅行記(2)江戸・かっぱ橋・オフ会
188 ヘザーと私の日本旅行記(1) 日本到着
187 生ある日々を
186 花嫁の父
185 プラチナの裏地
184 家族をつなぐ指輪
183 「血の月」を追いかけて
182 ママハハだった母
181 アジア人(下)固定観念を越えて
180 ジプシーの目
179 選挙に映ったアメリカの顔
178 とうとう、きょう
177 アジア人(上)その概念
176 海軍出身
175 特攻志願
174 お祭り
173 ありがとう、で1年を
172 クリスマスプレゼントが今年もまた
171 スージー・ウォンの世界
170 秩序の秘訣
169 黒い雲の行方
168 ドアを開けたら
167 今年もまた
166 ボリビア(7)ボリビアで和菓子を
165 ボリビア(6)パクーの登場
164 ボリビア(5)卵の力、女性の力
163 ボリビア(4)小麦の都
162 ボリビア(3)米の都
161 ボリビア(2)2つの日系移住地
160 ボリビア(1)サンタクルス
159 闇の中で
158 みんなの宝物
157 新語の中身
156 年末のご挨拶
155 ピッチピッチチャップチャップ
154 神の仕業
153 ラタトゥイユ(2)レシピ
152 ラタトゥイユ(1)
151 プティ・タ・プティの最後の1片
150 ジプシーとの知恵競争は続く
149 豊かな粗食
148 中絶抗争
147 スーザン・ボイルの勝利
146 黄昏の親子関係
145 子ども好き
144 言葉雑感(8)regift
143 言葉雑感(7)「ん」の音
142 アメリカの理想
141 ときめく日の足音
140 言葉雑感(6)ミルクとは
139 ミルクの教訓
138 年末の独り言
137 投票日日誌
136 あと3日
135 ペイリンから見えるアメリカ
134 訴訟顛末記(1)まず弁護士を
133 園遊会で
132 柔の姿勢
131 言葉雑感(5)4文字言葉
130 豪邸の住人
129 言葉雑感(4)カミはカミでも
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
127 言葉雑感(2)子年のネズミ
126 言葉雑感(1)グローバルなピリピリ
125 やって来た山火事(最終回)これから
124 やって来た山火事(9)いとおしい木々
123 やって来た山火事(8)現実に直面して
122 やって来た山火事(7)焦燥の2日間
121 やって来た山火事(6)私の方舟
120 やって来た山火事(5)避難準備
119 やって来た山火事(4)止まない風
118 やって来た山火事(3)第1日目の夜
117 やって来た山火事(2)第1日目の夕方
116 やって来た山火事(1)第1日目の昼下がり
115 しあわせな1日
114 チェ
113 メキシコの息づかい
112 「石の家」
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
110 ケーキ1切れ
109 「豊かさ」の中身
108 イタリアの修道僧
107 3年ぶりの日本
106 キューバ:アメリカの恥
105 キューバ:バラコア
104 キューバ:甘い歴史の苦い思い出
103 キューバ:2つの通貨
102 キューバ:近過ぎて遠い国
101 ホンジュラス(最終回)去る者,残る者
100 ホンジュラス(19)シエンプレ・ウニードス
99 ホンジュラス(18)ガリフナ放送
98 あと1年、だったら
97 無信仰者のクリスマス
96 ホンジュラス(17)ガリフナ
95 ホンジュラス(16)バナナ共和国
94 ホンジュラス(15)マヤ文明の跡
93 ホンジュラス(14)牢獄の中と外
92 ホンジュラス(13)先住民の女性たち
91 ホンジュラス(12)一番安全な町
90 ホンジュラス(11)オランチョの森(下)
89 ホンジュラス(10)オランチョの森(上)
88 金鉱の陰で(追記)カリフォルニアで
87 ホンジュラス(9)金鉱の陰で(下)
86 ホンジュラス(8)金鉱の陰で (中)
85 ホンジュラス(7)金鉱の陰で (上)
84 ホンジュラス(6)原則に沿って
83 ホンジュラス(5)農地のない農民
82 移民政争とラティノの力(続)
81 移民政争とラティノの力
80 ホンジュラス(4)消え去った人々
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
78 ホンジュラス(2)レンピーラ
77 ホンジュラス(1)行ってみよう
76 本物を見る
75 豊かな心
74 蝶の力
73 単刀直入
72 愛の表現
71 ベネット・バーガー
70 感謝の日
69 思わぬ道草(最終回)原点
68 思わぬ道草(19)回復に向けて
67 思わぬ道草(18)人は孤島にあらず
66 「ニューオーリーンズ」に見えたもの
65 思わぬ道草(17)一歩後退の教訓
64 思わぬ道草(16)日没症候群
63 甦生の兆し
62 ニューオーリーンズとクリスチャン
61 思わぬ道草(15)もつれた糸
60 思わぬ道草(14)彼の青い目(下)
59 思わぬ道草(13)彼の青い目(上)
58 思わぬ道草(12)ローマ鎧
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
56 思わぬ道草(10)近くの他人
55 思わぬ道草(9)ロールバー
54 思わぬ道草(8)楽観の2日間
53 思わぬ道草(7)一人三脚
52 思わぬ道草(6)長い夜
51 思わぬ道草(5)OR
50 思わぬ道草(4)ER
49 思わぬ道草(3)常習犯
48 思わぬ道草(2)目撃者
47 思わぬ道草(1)3月14日の夕方
46 訛った英語
45 イギリスの英語
44 英語とアメリカ
43 海の中に(下)
42 海の中に(上)
41 姓というマーカー(下)
40 姓というマーカー(上)
39 国籍あれこれ:選択肢
38 国籍あれこれ:彼の場合
37 国籍あれこれ:私の場合
36 ボーダーとは
35 最終回:グローバリゼーション
34 番外編:クリスマス・ディナー
33 サンタアナの風
32 お刺身パーティー
31 アボカド泥棒
30 アボカドと生きる鳥
29 カラスのご馳走
28 三つ子の魂
27 子宝のもと?
26 アボカド探検家
25 ゴールドラッシュの波紋(下)
24 ゴールドラッシュの波紋(上)
23 海を渡って(下)
22 海を渡って (上)
21 コンキスタドール
20 アボカド事始め
19 ハースマザーの行方
18 世界アボカド会議
17 フエルテ
16 ハースマザーの木(下)
15 ハースマザーの木(上)
14 鶏より馬
13 働く人々
12 花婿の父
11 シンコ・デ・マヨ
10 「奇跡の3月」
9 アボカド形の穴
8 父親不明
7 女性花・男性花
6 トーマスのギャンブル(2)
5 トーマスのギャンブル(1)
4 成熟と完熟
3 グァカモーレ
2 アボカドさまざま
1 メックスフライ
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 7 8 4 5 2 5
昨日の訪問者数0 5 0 8 9 本日の現在までの訪問者数0 0 6 6 1