1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
かくてありけり
6 裏焼き
2003年2月13日
沼田 清 沼田 清 [ぬまた きよし]

1948年、新潟県生まれ。千葉大学工学部卒業。2008年、通信社写真部を卒業、以後は資料写真セクションで嘱託として古い写真の掘り起こしと点検に従事。勤務の傍ら個人的に災害写真史を調べ、現在は明治三陸津波の写真の解明に努めている。仕事を離れては日曜菜園で気分転換を図っている。
 2月2日付の朝日新聞朝刊土曜版(別刷り)の特集に、福島県の「三春の滝桜」を芥川賞作家の玄侑宗久氏が紹介していた。
そこに掲載された冬の滝桜と春の滝桜の写真を見て何か引っかかるものを感じたが、それが何か分からないままその場は過ぎた。夜になって本紙をじっくり読んでいたら第二社会面の端っこに次のような訂正文が出ていて納得した。

 2日付be臨時特集「トラベル」7面の「三春の滝桜」で春の滝桜の写真が裏焼きでした。訂正します。

 裏焼きとは写真が裏返しのことを言う業界用語だ。
奇妙なのは、間違いを同日付けで訂正していること。極めて珍しい例だ。一般読者は、間違いに気付いたなら正しくして印刷すればよいのにと思うだろう。
それをしていないのはなぜか?

 推測するに、別刷りは数日前に刷り終わっていたに違いない。本紙を編集する段になって裏焼きに気づいたが、春の写真は冬の写真の4分の1と小さく目立たなかったので刷り直さず、そのまま行っちゃえとなったんだろう。何十万部、いや百万部のオーダーの話になると費用と手間の関係でなかなか刷り直しに踏み切れない。だけど訂正だけは本紙に掲載した。
担当者の苦衷のほどがうかがえ、同業者として同情する一方、思わず苦笑いした。

 裏焼きはこれまで報道写真につきまとう犯しやすい間違いの一つだった。
プリントするときにネガを裏返しで引き伸ばし機に掛けてしまう。プリントが不要になってからも、電送機やスキャナーにフィルムをセットする際に間違ってしまう。
未現像フィルムを取材現場から写真部に送る時や提供写真など、撮影者と処理する人が異なるときに起きやすい。とくにポジフィルムは裏表の判別が難しいので要注意だ。

 フィルム式から電子カメラに代わって裏焼きは原理的に起こり得ないと思っていたら、発生してビックリしたことがあった。よくよく調べたら元の画像は正しいのに、画像加工して送信する際に「鏡像処理」を実行するキーを誤って押してしまったようだ。なぜそんな危険な仕掛けがあるのかと思うが、どうも印刷版下を作るときに必要な仕掛けらしい。

共同通信には外国通信社から毎日約1000枚近い写真が入電する。これだけ多いと流石にAPやロイターでも年に数回は裏焼き写真がある。間違いが分かるとcaption correctionが流れてくる。それにはThe image was flopped.と書かれている。たまにflippedという単語も使う。普通の英語辞書を引いても「裏焼き」という訳語は載っていない。

 裏焼きを点検するときに注目する箇所が幾つかある。写真に写っている腕時計、お箸、襟の合わせ目、ベルト、ペンを持つ手、胸ポケットの位置、バッジの位置、看板や垂れ幕の文字etc.。ペンやお箸、腕時計は左利きの人もいるので絶対とは言えない(逆にクリントン前米大統領の場合は左利きなので、右手でサインしていたら間違い)。

今回の滝桜の例では、幟旗(のぼりばた)が立っていてその文字が「奉納、、、」と読める。デスク氏はそれで安心したに違いない。しかし垂れ幕や看板は常に表を向いているとは限らない。風でくるりと半回転したら文字は裏返しになる。

 報道写真の編集者泣かせの裏焼きも、アートの分野では問題にならない。レイアウト上の都合や、非日常の世界を作り出す手段としてむしろ積極的に利用している節がある。
誤りにせよ故意にせよ、身の回りの印刷物を注意深く観察すると簡単に見つかるだろう。

追記(2月16日)
2月12日付朝日新聞夕刊に載った「ダイヤモンド富士」の提供写真がやはり裏焼きで、13日に訂正が出ていました。
なお、この欄で私が引用するのがもっぱら朝日なのは、たまたま私の購読紙であるためで、他意はありません。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
66 追悼−西永奨さん
65 ご破算で願いましては−14回目の引っ越し
64 続・原爆を撮った男
63 再び・硫黄島の星条旗
62 日曜農園から 「農閑期」
61 富士山頂の星条旗−古写真探偵が行く
60 日曜農園から(4) 「収穫祭」
59 日曜農園から(3) 会計担当
58 日曜農園から(2)−農事暦
57 日曜農園から(1)
56 「トリアージ」再び
55 刷り込み
54 遷宮の撮影
53 定点観測
52 解約返戻金
51 仰げば尊し
50 在宅勤務
49 睡眠時無呼吸症候群
48 映画館今昔(補遺)
47 映画館今昔(下)
46 映画館今昔(上)
45 原爆を撮った男
44 標準温度計
43 続・硫黄島の星条旗
42 knot=結び目
41 硫黄島の星条旗
40 五十嵐君のこと
39 ホケマクイ
38 百科事典
37 白魔
36 私は嘘を申しません
35 再び転勤
34 高所作業車
33 撮影時間の怪
32 色再現
31 空き缶回収の主役
30 続・ビルの谷間に蝶
29 代表撮影
28 人名用漢字
27 ビルの谷間に蝶
26 ホウレンソウに虫
25 残酷でも放送して!
24 人力飛行機
23 ペーパーレス
22 接触を拒否する企業サイト
21 今様1K住宅事情
20 credibility=信憑性
19 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(下)
18 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(上)
17 クレジットの怪
16 遺体写真
15 親密な見知らぬ他人=Intimate Stranger
14 走査型電子顕微鏡写真
13 気送管
12 カメラ付き携帯電話
11 続・合成写真
10 合成写真
9 帰還不能点
8 藤子不二雄の先見性
7 図書館は今
6 裏焼き
5 デジタルカメラ
4 Made in occupied Japan
3 トリアージ=負傷者選別
2 怖い夢
1 亡命
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 5 1 4
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 5 1 1