1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ボーダーを越えて
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
2016年5月27日
雨宮 和子 雨宮 和子 [あめみや かずこ]

1947年、東京都生まれ。だが、子どものときからあちこちに移動して、故郷なるものがない。1971年から1年3ヶ月を東南アジアで過ごした後、カリフォルニアに移住し、現在に至る。ボリビアへの沖縄移民について調べたり書いたりしているが、配偶者のアボカド農園経営も手伝う何でも屋。家族は、配偶者、犬1匹、猫1匹、オウム1羽。
▲ クワハラさん宅のダイニングエリアから見える南伊豆の風景。菜の花が真っ盛りで、1ヵ月後ぐらいには桜(ソメイヨシノ)が見渡せることだろう。
▲ アボカドの木に登ってアボカドを捥ぐヤスオさん。
▲ 伊豆の名物、わさびアイスクリーム。
Heather and Me in Japan (5)  ヘザーと私の日本旅行記(5)

Day 5 2月16日

[H] I woke to the riotous sound of birds calling and the sun coming up over the mountain. Breakfast was delicious – cabbage salad with cucumbers, rice, more root vegetable stew, miso soup, and sundried fish (Kimiko was worried I wouldn’t eat the dried fish, but Kozy assured her I ate everything save natto. Lest you think I’m close-minded, natto is rotten soybeans with the consistency of okra and the smell of cat dung, and I’ve still tried it twice before giving up). Kimiko also pulled out a loaf of white bread, clearly intended for my Western tastes because the meal already included rice. Yasuo had harvested rapeseed and pea shoots for us from his garden that morning, so we ate those as well.

[H] 賑やかな鳥の声に目が覚めたら、太陽が山の向こうに上りかけていた。キュウリの入ったキャベツのサラダにご飯、野菜の煮つけ、味噌汁に魚の干物という朝食はとてもおいしかった。(私が魚の干物は食べないかもしれないとキミコは心配していたが、納豆以外なら私は何でも食べるから大丈夫だとコーズィが言ってくれて、彼女に安心してもらった。私が慣れていないものには目を向けないような人間なのだと思われないように念のために言っておくが、納豆はオクラのようにネバネバしていて猫の糞のような臭いのする腐った大豆だ。でも、とても好きになれないと断念する前に私は2度試してみたのだ。)西洋人の好みのためだろうと思うが、キミコはご飯があるのに食パンも出して来た。ヤスオはその日の朝、菜の花とサヤエンドウを畑から穫って来たので、それも食べた。

[K] Meals at Kurihara’s house always include freshest vegetables from their garden. We relished the Japanese-style breakfast, while enjoying the view, from the big windows, of the river and the yellow mustard fields. In a month or a month and a half, you’ll be able to see cherry blossoms (Somei Yoshino) on the river banks from their dining room. It must be quite spectacular.

[K] クワハラさんの家の食事にはいつも自家菜園から収穫した非常に新鮮な野菜が含まれている。私たちは大きな窓から見える川と黄色の菜の花畑の眺めを楽しみながら、日本式朝食を味わった。1ヵ月か1ヵ月半もすると、このダイニングルームから、ソメイヨシノのお花見を楽しめることだろう。それはもうたいへんな眺めに違いない。

[H] As we got ready to leave, the generosity of our hosts was so striking. Kimiko invited me to take a photo of her small display of Japanese dolls (an inch high, with blank faces). As we packed up the car, they began showering us with gifts. A crate of oranges, all the rice crackers and pastries left over from the night before even though I’m sure they would have loved to enjoy these luxuries by themselves. Kimiko also brought out a gift for me with great ceremony. It was a small beaded hanging – one inch by three inches – and obviously precious. Yasuo, meanwhile, was perched on a tree as we drove out and shouted for us to wait so he could fill a bag with lemons. The whole family then walked down to the end of the road to see us off.

[H] 出発間際にホストたちはまたまたたいへんな心遣いをしてくれた。キミコは飾ってあった(高さが1インチほどで顔が描いていない)日本人形の写真を撮るように私に合図した。私たちが車に荷物を積んでいる時に、彼らは次から次へとお土産をくれた。自分たちで十分楽しめるだろうに、箱一杯のオレンジや昨夜出されたおせんべいとお菓子をくれたのだ。おまけにキミコはおごそかに私にプレゼントを渡してくれた。それは幅1インチ、長さ3インチの貴重なものに違いないと思われるビーズの提げものだった。ヤスオは、というと、木に登って、出発しかけた私たちに大声で待つように言い、バッグにいっぱいレモンを穫って入れてくれた。そして家族全員、坂の下まで歩いて下り、私たちを見送ってくれた。

[K] Yasuo was as nimble as a young man and climbed on one of the avocado trees, and Toshi took pictures of him. Then we had our group pictures taken by Kota, with a lot of chatter and laughter, like schoolchildren or those early morning birds Heather had heard.

[K] ヤスオさんは若者のように敏捷で、アボカドの木に上り、トシさんがそんな彼の写真を撮った。それからみんないっしょに小学生か今朝ヘザーが聞いた鳥たちのように賑やかにおしゃべりしたり笑い声を上げたりしながら、コウタくんに写真を撮ってもらった。

[H] It all left us with such a warm feeling. And how many gaijin get to sleep on the floor of a country house, eat rapeseed tossed in a wok seconds after it’s been harvested, and receive such precious gifts?

[H] こんなにしてもらって、私たちの心が温まる気がした。いったい何人の外人が、田舎の家に寝て、穫りたての菜の花をさっと調理したものを食べ、こんなにすばらしい贈り物を受けたりしただろうか。

[K] Yasuo and Kimiko’s hospitality was again overwhelming. I was particularly grateful to them for making Heather’s visit such a memorable one.

[K] ヤスオさんとキミコさんのおもてなしにはまた胸がいっぱいになった。特に、ヘザーの旅を思い出深いものにしてもらって、私は心から感謝している。

[H] We headed back toward Tokyo and Hayama, taking the mountain route rather than the beachside path. It was spectacular and allowed us, once again, to catch regular sight of Mount Fuji as we twisted and turned through the narrow road on the mountains. One road was so steep that the only way up was via a corkscrew-shaped road – three full circles before the road straightened out again. Each sight of Mount Fuji prompted Toshi to say again that I was blessed, and I felt it.

[H] 東京と葉山に向かって、今度は海岸沿いではなく山道を通った。それは見事だった。そして狭い山道をくるくる回りながら進みながら、再び富士山の姿を見ることができた。ある所はあまりにも斜面が急で、道がまっすぐになるまでコルク栓抜きのような道を通って3回転したくらいだ。富士山が見えるたびにトシは、私はほんとうに恵まれているよと言った。その通りだと私も思った。

[K] As soon as we left the Kuwahara’s house, we drove through mountains toward the town of Shimoda. Near the top of one of the mountains, we saw a big chimney through which white smoke was rising. I wondered aloud what it was. “It could be a crematorium,” said Toshi. “No way!” That was too much for a joke. It was still early in the morning. “Oh, yes, it could be. Most of the residents in the countryside are old people, and crematoriums are kept busy.” Hmmm… maybe. It wasn’t a nice topic in the morning, so I didn’t want to pursue it any further. We drove through Shimoda and went due north. The road started climbing, including the full circles against the steep mountain side. The ride is more dramatic, in my opinion, than any roller coaster in any theme park. When the climb eased, we drove through several agricultural communities. They looked quite familiar to me not because I’d been there before (also after leaving the Kuwahara’s house twelve years ago) but also those places reminded me of the scenes in the 1936 film “Mr. Thank You” by Hiroshi Shimizu. (It’s an excellent film showing the social milieus and making social commentaries of Japan in the 1930s against the background of the mountain road in Izu Peninsula.) Of course, our trip was a much happier one than those in the film, but our driver (um…Toshi) was as kind as Mr. Thank You.

[K] クワハラさんの家を出てから、私たちは下田の町に向かって山の間を抜けて通った。ある山の頂上近くで白い煙を吐いている煙突が見えた。あれは何だろう。「火葬場かもしれないよ」とトシさんは言った。「まさかぁ!」冗談にしてはきつすぎる。まだ朝も早いのに。「いや、ほんとうかも。田舎の住民のほとんどは年寄りだからね。火葬場も忙しいんだ」う〜ん、そうかもしれない。とにかく朝の話題としては楽しくないので、それ以上は考えないことにした。下田を抜けて、まっすぐ北上した。すぐ上り道になり、山の斜面を回転しながら上る地点もあった。ここを車で通るのは、どのテーマパークのどのジェットコースターよりはるかにドラマチックだと思う。道が少し平らになると、いくつかの農村を通った。何となくなつかしい風景だ。以前通ったことがあるから(12年前のことだが、そのときもやはりクワハラさんの家を出てからだった)というだけでなく、清水宏監督の「ありがとさん」という1936年製作の映画に出てくる風景を思い出したからだ。(それは伊豆半島の山道を背景にしながら1930年代当時の日本の社会状況を反映させ、それについて言及している秀作だ。)もちろん私たちの旅はその映画に登場する話よりずっと楽しいものなのだけれど、私たちの運転手さん(じゃなかった、トシさんです)はありがとさんと同じくらいやさしかった。

[H] Every tiny region in Japan has both produce and dishes distinctive of the region, and these mountains were no exception. This is where wasabi is grown because the water has to be completely pure. A small field is carved at the foot of a mountain stream so it can catch the mountain stream, so the “farms” are tiny. We’d already decided that we had to have the specialty of that region – wasabi ice cream – and kept our eye out at every stop. Not only did we find it, but we discovered vending machines scattered pretty much everywhere in the mountains, even where it didn’t appear there were more than three people living there. It’s remarkable how inefficient it is – I can’t imagine why manufacturers stock machines in such a remote area -- but people expect it just as they expect bags to be delivered from one spot to another via a convenience store. The vending machines are all the better because you can get hot tea and hot coffee in plastic bottles. I haven’t had a diet coke since I arrived.

[H] 日本ではどんな小さなところでも、その地域独特の野菜類や食べ物がある。ここの山も例外ではなかった。ここでは水が完全に澄んでいるのでわさびが育てられている。山の湧き水の裾でその水の流れを利用できるように斜面の一部を削って小さな畑ができている。だから「わさび農園」は小さい。私たちはこの地方の名物、わさびアイスクリームを食べなくてはいけないと決めていたので、止まる所を通るたびに目を光らせた。わさびアイスクリームを売っている所を見つけただけでなく、自動販売機がどこにでも、人口が3人ぐらいのような所にも置いてあるのに気が付いた。これほど能率の悪いことがあるだろうか。どうしてそんな人里離れた所に販売機を置くのか見当もつかない。でも、ちょうどコンビニからどこにでもバッグを送れることが当然と人々が思うように、自動販売機がどこにでもあるのが当然と人々は思っているのだ。自動販売機は、プラスチックのボトルに入ったままで熱いお茶や熱いコーヒーが出て来るのだから、ますますいい。私は日本に着いてからまだ1度もダイエットコークを飲んでいない。[訳者注:ヘザーはダイエットコークでカフェインを取るので、普段はたくさん飲むのです。]

[K] I started campaigning to Toshi for wasabi ice cream since the day before. I’d remembered having one in Shimoda before and wanted one again. So conscientious a host, Toshi solicited help from Kota, who googled locations on our way back to Tokyo. We didn’t want to miss the spot, so we felt quite triumphant when we found the sign “Wasabi Ice Cream” at sort of a rest area, shortly after we made a brief stop at a wasabi farm on the road side. The wasabi ice cream here was different from the one in my memory in that not only the ice cream itself had wasabi mixed in but the young sales lady grated a fresh wasabi in front of you and pasted a blob on the side of the ice cream. I was really happy. I felt both Toshi and Heather were happy to see me happily eating this very special ice cream which you could get only in this region. I don’t know if you can get wasabi ice cream anywhere else in Japan.

[K] 私は前の日からトシさんに、わさびアイスクリームが是非食べたいと言い始めていた。以前に下田で食べたのを覚えていて、また食べたかったのだ。案内人としての責任を十二分に感じていたトシさんはコウタ君に相談し、コウタ君が検索して東京への帰り道にわさびアイスクリームが買えるところを押さえておいてくれた。その場所を見逃したくなかったので、道端のわさび畑でちょっと止まった後に休憩所のようなところで「わさびアイスクリーム」の看板を見つけた時には私たちは全員大歓声を上げた。わさびアイスクリームは私の記憶の中にあるのとは違って、アイスクリームにわさびが混ぜ合わせてあるだけではなく、若い女店員が目の前でわさびを擂ってアイスクリームの脇に張り付けてくれた。私は大喜びだった。トシさんとヘザーはそんなに喜んでこの地方でしか食べられない特別なアイスクリームを食べる私を見てうれしそうだった。

[H] On the way down, we stopped at the Saijoji Temple surrounded by four-hundred-year-old cedars. The temple was stately and elegant, and I half expected to find an elfin queen emerging from its interior. There was something about the moss-covered cedars that seemed to absorb the sound, so everything felt quiet and still. It was impossible to imagine a city just 2 kilometers away.

[H] 途中で、樹齢400年の杉の木に囲まれた最乗寺に立ち寄った。寺院は荘厳で優雅だった。中から妖精の女王が出て来るんじゃないかという気がして来た。こけがかぶさった杉は音を吸い込む何かがあるのか、辺りは静かでシイ〜ンと感じられた。町から2キロしか離れていないなんて考えられなかった。

[K] Saijoji was another place Toshi and I had visited with Thomas before – almost thirty years ago. At that time, we had walked on the approach path to and from the temple complex surrounded by the magnificent cedar trees. All Toshi and I remembered was those cedar trees. We didn’t even remember if we’d gone inside the temple compound. This time, we didn’t have time to do that; instead, we drove up to the temple complex, which consisted of the main temple, a couple of smaller ones, the monks’ quarter, and other buildings. The whole place was impressive. It’s rather amazing that this place is so close to Odawara – a small but famous castle town - not better known.

[K]  最乗寺もまた、ほぼ30年前に、トーマスもいっしょにトシさんと訪れた所だ。あのときはお寺まで、崇高な杉の木に囲まれた参道を行きも帰りも歩いた。トシさんも私も覚えていたのは杉の木だけで、お寺の境内の中に入ったかどうかも覚えていない。今回はゆっくり歩く時間がなかったので、代わりに境内まで車で行った。境内は本堂と、もう少し小さな建物と、僧侶の宿舎とその他の建物から成り、とても見事だった。小さいけれど有名な城下町の小田原にとても近いのに、それでもこのお寺があまり知られていないのが不思議だ。

[H] Toshi dropped us off at the station at the anodyne city. I resisted the impulse to hug him despite all he’d done for us. Men and women don’t hug. Even Toshi and Kozy – beloved friends for years – said goodbye with warmth and small bows but nothing more. We then boarded the train for Tokyo.

[H] トシは落ち着いた町の駅で私たちを降ろした。彼が私たちのためにしてくれたことがいっぱいあるのに、彼を抱きしめたくなる気持を私は抑えた。ここでは男女は抱き合わない。長年の親友であるトシとコーズィも、温かみを持ってちょっとおじぎをしてさよならを言っただけだ。そうして私たちは東京行きの列車に乗った。

[K] Originally, we were going to ride with Toshi as far as Zushi, from where we were to take a train back to Tokyo. But we were running out of time. So it was decided that it’d be best for Heather and me to take a train at Odawara. I could tell Heather wanted to hug Toshi. It would have been all right for her to do so. But I wouldn’t be able to bring myself to do such a thing. I don’t hug women friends, either, except for those who’ve been in the States. We Japanese simply don’t hug one another, except children. There isn’t a word in Japanese that fits nicely to precisely mean “hug.” At any rate, I’m confident that Toshi understood how much I appreciated his hospitality. When we arrived in our hotel, Toshi called me. He said he’d just arrived home. So we made the right decision to take a train. But that was not what he called me for. He wanted to tell me that the scenery on his way home was so fantastic he was sorry we missed it. He must have wanted to give us 100% of all the best things; he was sorry he could give us only 99%.

[K] 最初の計画ではトシさんに逗子まで連れて行ってもらって、そこから東京まで電車で行くつもりだった。でも時間が足りなくなってしまったので、ヘザーと私は小田原で列車に乗ったほうがいいということになった。別れる時に、ヘザーがトシさんを抱きしめたかったのがわかった。彼女ならそうしたってよかったのだ。でも私にはとてもそんなことはできない。アメリカにいたことがある人以外は、女の友だちにだってそうしない。我々日本人は、子ども以外は抱きしめたりしないのだ。日本語には「hug」をきちっと表すのにぴったりの言葉がないくらいだ。それでも、私がトシさんのおもてなしをどんなに感謝しているかは、わかってくれたはずだ。ホテルに戻った途端、トシさんから電話が入った。ちょうど家に着いたところだというから、私たちが列車に乗ることにしたのは正解だったのだ。でもそのことで彼は電話して来たのではなかった。帰り道の景色があまりに見事で、それを私たちが見られなかったのが彼には残念でならなかったのだ。彼としては私たちになんでも最高のものを100%提供したかったのに違いない。それが99%しかできなかったのを彼は残念がっていたのだ。

[H] Can I just say how remarkable Japan’s travel system is? It makes us look like a Third World country. Seriously. There are trains everywhere. They are superfast, incredibly cheap, and cleaner than our kitchen by a wide margin. The subways are slower but loop through every part of the city and are just as clean. We once had to wait for uniformed cleaners – all who looked roughly 150 years old – to clean a train car that was already spit-polished clean. You also never wait for a train. Most lines leave the city every ten minutes, and subways come so frequently that Kozy looked at me in surprise when I started to dash for one leaving the station (“the next will be here in two minutes,” she explained gently). Because of the way Japan Rail Pass worked, it made sense to take the slightly slower train rather than the superduperfast train between Tokyo and Kyoto. Kozy went back and forth on the question, and you know you are talking to someone who is Japanese when they worry about such things since both types could be traveled far more quickly than any in the US. As I write this I’m on a bullet train headed for Tokyo. It will take us under three hours to get from Kyoto to Tokyo (a distance of some 320 miles), and this isn’t even the fastest of the bullet trains. And it is so unusual for someone to be late that at some point when we were on a local train from Kyoto to Nara we listened to a long announcement in Japanese as some poor guy offered his most profuse apologies that we were arriving two minutes late.

[H] 日本の鉄道システムがどんなにすばらしいかということを言ってもいい? それと比べると私たちアメリカは第三世界だ。ほんとうに。どこにでも鉄道がある。しかもものすごく速くて、信じられないくらい安くて、我が家のキッチンよりはるかに清潔だ。地下鉄はもっと遅いけれど、町の隅々まで通っていて、やっぱり清潔だ。一度、清掃員(みな150歳くらいに見えた)がすでにピカピカに清潔な客車の掃除を済ませるのを待っていなくてはならなかったことがある。それから、列車を待つということもない。ほとんどの線は10分ごとに出発するし、地下鉄はたびたび来るので、私が駅を出そうになった地下鉄を目がけて走り出そうとした私をびっくりした顔で見たものだ。(「次のが2分したら来るわよ」と彼女は易しく説明してくれた。)ジャパンレールパスの適用の不可を考えると、東京と京都の間は一番速い列車(みずほ型)より少しだけ遅いほう(こだま型)を利用したほうがいい。そのことをコーズィは何度も何度も吟味した。そんなことを考える人は日本人に決まっている。どちらもアメリカのどの路線よりはるかに速いのだから。いま、これを東京行きの新幹線の中で書いている。京都から東京まで(およそ320マイル)3時間以下で着いてしまうのだ。そして列車が遅れるなどというのはあまりないことなので、京都から奈良行きの電車に乗ったとき、2分遅れて到着すると気の毒にも車掌が丁寧にお詫びする車内放送があったくらいだ。

[K] JAL now flies non-stop between Narita and San Diego, but before, I had to go to Los Angeles to catch a flight to/from Japan. I often took Amtrak from Los Angeles to the station near my house. Coming back from Japan, I always felt acute culture shock. Train service is less than one in an hour. And this is the most popular, and supposedly very profitable, line. I really miss Japan’s train service.

[K] いまはJALが成田−サンディエゴ間の直行便があるが、以前はロサンジェルス経由で日本へ行き来した。私はよくロサンジェルスから家の近くの駅まで、アムトラックの列車を利用した。日本から帰ってくると、いつもカルチャーショックを感じたものだ。列車の本数が1時間に1本もないのだ。この路線は一番人気があって採算がとれているということなのに。ほんとうに日本のような鉄道があったらいいなぁと思う。

[H] After checking back into the hotel (where my bag hadn’t just arrived, but had been placed in our room), we went to dinner with three Japanese journalists -- Tsubura Y, Tatsuya Iwase and Tomoyuki Isoyama. We were ushered into the private room of an extraordinarily fancy restaurant – beautiful linens and china, one young waiter standing outside the door in addition to the others who swooped in with clean china or another course. It was Chinese, but not the family style version. Familiar dishes were transformed into elegant bites served in small dishes. Tiny amuse bouches, beautiful greens dressed perfectly in a crescent moon-shaped dish, the most extraordinary tiny bit of Chinese barbeque you can imagine. My favorite was the Peking duck. It was presented to us with a flourish – bronzed to perfection – and then removed so they could create one, perfect roll-up with just the right amount of ponzu for each of us. I even ate shark fin soup. Both Kozy and I hesitated a moment, but the shark was dead and it seemed ungracious not to eat it.

[H] ホテルに再びチェックインしたあと(私の荷物は届いていただけでなく、ちゃんと部屋に置いてあった)、私たちは3人の日本人ジャーナリストたち(ツブラYさん、岩瀬達哉氏、磯山友幸氏)といっしょに食事をした。私たちは格別に華麗なレストランの個室に案内された。美しいテーブルクロスや食器に飾られ、代わりの食器や次のコースを持ってくるウェイターたちの他に若いウェイターがドアの外に立っていた。中華料理だったが、ファミリースタイルではなかった。お馴染みの品目は小さな食器に並ぶ優雅な食べやすいサイズに姿を変えられていた。小さな前菜や、三日月型のお皿に見事に並べられた美しい野菜、想像を絶するくらいに格別にすばらしい焼豚。私が特に気に入ったのは北京ダックだ。まず、完璧に焼かれた北京ダックが厳かに私たちの前に持って来られた。それが一旦持ち去られると、今度はこれまた完璧に丸められ、ちょうどぴったりの量の調味料付きで、私たち1人1人の前に置かれたのだ。フカヒレスープさえ食した。コーズィも私もちょっと躊躇したけれど、フカはもう死んでしまっているのだし、食べないのは無礼だろう。

[K] I had met Tsubura when she first visited San Diego to interview several people who knew Chalmers Johnson. Her interest was, and still is, the Matsukawa derailment, about which late Professor Johnson had written a book. Since then, I kept correspondence with Tsubura. She’s such a thorough researcher she’s kept widening the scope of her research. She’s also a dedicated, invaluable research assistant to her husband, who’s a famous writer Tatsuya Iwase. I’d met him about a week before Heather arrived and was impressed with his passion for social justice, which he shared with Tsubura. At the same time, I was pleasantly surprised to find him extremely humble and easy-going. Both Tsubura and Tatsuya were so interested in finding the actual status of American democracy, about which Heather was an expert. Hence, a get-together with Heather was arranged along with another journalist Tomoyuki Isoyama over Chinese dinner.

[K] 私はツブラさんとは彼女がチャルマーズ・ジョンソンを知る人々をインタビューするためにサンディエゴに初めて来た時に会った。彼女の関心は松川事件で、それについて故ジョンソン教授は本を書いたのだ。それ以来、私はツブラさんと交信を続けていた。彼女は綿密に調査をする人で、調査にかける網を広げ続けて来た。同時に彼女はお連れ合いであり有名なライターの岩瀬達哉氏の献身的なかけがえのないリサーチアシスタントでもある。岩瀬氏とは、ヘザーが到着する1週間ほど前に初めて会ったのだが、社会正義に対する情熱はツブラさんと共有し、私は大いに感心させられたものだ。同時に彼は非常に謙虚で気さくなことにもびっくりしたりうれしくなったりした。ツブラさんも達哉さんもアメリカの民主主義の実体を知りたがっていたので、ヘザーはその分野の専門家であることから、もう1人のジャーナリスト、磯山友幸氏ともいっしょに中華の夕食をしながら話そうということになったのだ。

[K] It wasn’t an ordinary Chinese dinner, as Heather describes it above. It was at a very fancy upscale restaurant in a very fancy upscale building (Sanno Park Tower) at a powerhouse district (Nagatacho). It was only the second time for me to have a multi-course Chinese meal, each of which served individually in a small portion. The first time was at another fancy restaurant situated inside Hotel Okura. Is it a new trend among high-class Chinese restaurants worldwide to serve like kaiseki? This dinner was even more special in that we were seated in a private room at a curved table, which made me think of a table at 10 Downing Street. Later I was told that this restaurant, Heichinrou, was founded in China Town, Yokohama in late 19th century. I was quite surprised by that because I’d always thought, from my own experiences, that Chinese food in Yokohama China Town was not very good. Evidently, this one was exceptional. Not only it now has branches in many places, but it has also expanded business in Hong Kong as the first Chinese restaurant from Japan! Naturally, they met resistance from the locals at first but after several years of their perseverance, they began to be accepted as the high-class Chinese restaurant. Now it has several branches in Hong Kong as well. I wonder, though, in Hong Kong they serve each course individually as they do in Japan.

[K]  ヘザーがすでにに書いたように、並大抵の中華料理ではなかった。そこは権力の集中する場所(永田町)にある華麗な高級ビル(山王パークタワー)の華麗な高級レストランだった。コースごとに少量の一人分ずつ出されるという中華料理を食べるのはこれが2度目だった。最初はホテル・オークラ内にある同様に華麗な中華料理店だった。懐石料理のように一品ずつ、少量ずつ供するというのは世界中の高級中華料理店の新しい傾向なのだろうか。この夕食は、個室で、ダウニング街10番地を思い起こさせるカーブのあるテーブルについてとったのだから、もっと特別だった。あとで聞いたことだが、このレストランは聘珍樓といい、19世紀の末に横浜の中華街に創設されたとか。これには驚いた。なぜって、私自身の経験から、横浜の中華街の中華料理はあまりおいしくないといつも思っていたのだ。この中華料理は明らかに例外的だ。あちこちに支店があるのみならず、香港にも日本からの初めての中華料理店として進出したそうだ。もちろん、最初は現地の人たちの抵抗があった。でも、それにもめげず数年頑張りつづけたら、高級中華料理店として受け入れられるようになった。いまでは香港にも何軒も支店がある。香港でも日本のようにコースごとに一人分ずつ出されるのかしら。

[K] At any rate, it was the best Chinese food I’d ever had – or should I say it was the best Chinese food to my liking. My favorite was, as Heather’s, Peking duck. When the senior waiter brought the whole roasted duck, I was tempted to clap my hands. He disappeared with the duck, and then another younger waiter appeared with a dish on which a piece of duck rolled in a pancake. It was indeed perfectly seasoned. Had we been offered another piece, I would have shamelessly said, yes please. I wondered what had happened to the remainder of the roast duck. When a bowl of shark fin soup was presented, yes, I hesitated a bit. I had sworn many years ago (probably a couple of decades ago) never to have shark fin soup again. Catching sharks just to extract fin and chucking them has disrupted the ecological harmony in the sea, resulting in the abnormal rise in large squid population. But, then, what can you do when presented a bowl of soup right in front of you? A shark had been already caught and killed, its body having chucked back into the sea, and I couldn’t bring its life back by refusing the bowl of shark fin soup in front of me--so I rationalized. And I didn’t have the courage to be so ungracious to rudely insist on my principle. I must confess soup was delicious, though there were a bit too many ingredients in it.

[K] それはともかく、この中華料理は私がこれまで食べた中で最高だった。いや、私の口に一番よく合う中華料理だと言うべきだろうか。私が気に入ったのは、ヘザーと同様、北京ダックだった。上格のウェイターが焼けたダックを丸ごと持って来たとき、私は思わず拍手したくなってしまった。ウェイターはダックとともに姿を消し、今度は若いウェイターが薄餅に巻かれたダックを載せたお皿を持って来た。まことに完璧な味付けだった。もう1つ如何ですか、などと言われたら、私は恥など掃き捨てて、はい、お願いします、と答えたことだろう。あの北京ダックの残りはいったいどうなったのだろう、なんていうことが気になった。フカヒレスープが出されたときは、たしかに私は一瞬躊躇した。何年も前に(多分20年くらい前に)フカヒレスープは2度と口にすまい誓ったのだ。ヒレを取るためにフカを捕ってあとは捨ててしまうというのは海の自然環境のバランスを壊し、その結果大型のイカが異常に増えてしまっているのだ。でも、目の前に出されたフカヒレスープをどうしたらいいのだろう。フカはすでに捕まえられて殺され、その身体は海に放り出されたのだから、私には目の前のフカヒレスープを拒否することでフカの命を取り戻すことはできない――と、私は心の中で言い訳をした。また、礼を欠いても自分の原則を頑強に貫くほどの勇気もなかった。白状すると、フカヒレスープはおいしかった。ちょっといろいろな材料が入り過ぎている感はあったが。

[K] The three journalists kept asking Heather questions about the status of American democracy. I didn’t have to jump in much for translation because Tomoyuki was fluent in English and Tsubura was very good, too. Tatsuya was so good-natured and so patient he just intently listened. The conversation was as stimulating and as interesting as the food was fabulous.

[K] 3人のジャーナリストたちはアメリカの民主主義の現状についていろいろとヘザーに質問した。磯山友幸氏は英語に堪能で、ツブラさんも英語がかなりよくできたので、私が通訳のために口を挟まなければならないことはほとんどなかった。岩瀬達哉氏はとても温和で辛抱強く、じっと耳を傾けていた。その場の会話は、食事がすばらしかったように、刺激的でおもしろかった。

[H] It was head-spinning to go from our simple breakfast with Kimiko and Yasuo in the countryside to a dinner with sophisticated food and just as sophisticated company, but it was a real reminder of how heterogeneous Japan is. We talked politics and journalism. Tsubura seemed to have memorized my book – she knew it better than I did. Once again, we were treated like royalty and treated to dinner (I can’t imagine how much this all cost). At the end, Tatsuya presented me with his books, and Tsubura asked me to inscribe a copy of mine. We left the dinner with the same warm feeling we’d had all day, basking in the kindness of our gracious hosts.

[H]  田舎暮らしのキミコとヤスオと共にした簡素な朝食から、洗練された食事や同じく洗練された人たちとの晩餐へと進んだのは目の回るような感じだったが、このことは日本がどんなに多様化しているかをはっきりと認識させる。私たちは政治やジャーナリズムについて話した。ツブラは私の本を暗記していて、私自身よりその本の内容をよく覚えていた。私たちはまたしてもたいへんなもてなしを受けたのだ。(この食事にはいったいいくらぐらいかかったのかは見当もつかない。)最後にタツヤは私に彼の本を贈ってくれ、ツブラは私に私の本に署名してほしいと言った。私たちはその日ずっと感じていたのと同じような温かみを感じながら夕食を終え、丁重なホストたちの親切心に浸っていた。

[K] What a day we had indeed with such a wide spectrum in people, landscape, food and ambiance. Though we were treated like royalties, I wanted to remind the hosts that we were ordinary people after all and told them we’d take subway back to our hotel. They all walked us to the nearest subway station and saw us off. Very gracious and very heart-warming. As soon as we returned to our room, we crashed to our beds.

[K] これほど幅広い人々と風景と食事と雰囲気にたった1日で触れるとは、ほんとうにすばらしかった。私たちはまるで貴賓のように丁重な扱いを受けたが、ごく普通の庶民なのだから、地下鉄でホテルに帰るとホストたちに言った。すると彼らはみなで地下鉄駅まで見送ってくれた。ほんとうに親切で心温まる。ホテルの部屋に着くなり、私たちはバタンキューで眠りに着いた。



You can watch “Mr. Thank You” on YouTube.
「ありがとさん」はYouTubeで見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=bx4nP37dFF8

最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
199 お葬式
198 とうとうやって来た日、そして雨
197 思い切り生きる
196 一夜が明けて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
194 ヘザーと私の日本旅行記(6 上)ショッピング
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
191 ヘザーと私の日本旅行記(4 上)伊豆へ向かう
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
189 ヘザーと私の日本旅行記(2)江戸・かっぱ橋・オフ会
188 ヘザーと私の日本旅行記(1) 日本到着
187 生ある日々を
186 花嫁の父
185 プラチナの裏地
184 家族をつなぐ指輪
183 「血の月」を追いかけて
182 ママハハだった母
181 アジア人(下)固定観念を越えて
180 ジプシーの目
179 選挙に映ったアメリカの顔
178 とうとう、きょう
177 アジア人(上)その概念
176 海軍出身
175 特攻志願
174 お祭り
173 ありがとう、で1年を
172 クリスマスプレゼントが今年もまた
171 スージー・ウォンの世界
170 秩序の秘訣
169 黒い雲の行方
168 ドアを開けたら
167 今年もまた
166 ボリビア(7)ボリビアで和菓子を
165 ボリビア(6)パクーの登場
164 ボリビア(5)卵の力、女性の力
163 ボリビア(4)小麦の都
162 ボリビア(3)米の都
161 ボリビア(2)2つの日系移住地
160 ボリビア(1)サンタクルス
159 闇の中で
158 みんなの宝物
157 新語の中身
156 年末のご挨拶
155 ピッチピッチチャップチャップ
154 神の仕業
153 ラタトゥイユ(2)レシピ
152 ラタトゥイユ(1)
151 プティ・タ・プティの最後の1片
150 ジプシーとの知恵競争は続く
149 豊かな粗食
148 中絶抗争
147 スーザン・ボイルの勝利
146 黄昏の親子関係
145 子ども好き
144 言葉雑感(8)regift
143 言葉雑感(7)「ん」の音
142 アメリカの理想
141 ときめく日の足音
140 言葉雑感(6)ミルクとは
139 ミルクの教訓
138 年末の独り言
137 投票日日誌
136 あと3日
135 ペイリンから見えるアメリカ
134 訴訟顛末記(1)まず弁護士を
133 園遊会で
132 柔の姿勢
131 言葉雑感(5)4文字言葉
130 豪邸の住人
129 言葉雑感(4)カミはカミでも
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
127 言葉雑感(2)子年のネズミ
126 言葉雑感(1)グローバルなピリピリ
125 やって来た山火事(最終回)これから
124 やって来た山火事(9)いとおしい木々
123 やって来た山火事(8)現実に直面して
122 やって来た山火事(7)焦燥の2日間
121 やって来た山火事(6)私の方舟
120 やって来た山火事(5)避難準備
119 やって来た山火事(4)止まない風
118 やって来た山火事(3)第1日目の夜
117 やって来た山火事(2)第1日目の夕方
116 やって来た山火事(1)第1日目の昼下がり
115 しあわせな1日
114 チェ
113 メキシコの息づかい
112 「石の家」
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
110 ケーキ1切れ
109 「豊かさ」の中身
108 イタリアの修道僧
107 3年ぶりの日本
106 キューバ:アメリカの恥
105 キューバ:バラコア
104 キューバ:甘い歴史の苦い思い出
103 キューバ:2つの通貨
102 キューバ:近過ぎて遠い国
101 ホンジュラス(最終回)去る者,残る者
100 ホンジュラス(19)シエンプレ・ウニードス
99 ホンジュラス(18)ガリフナ放送
98 あと1年、だったら
97 無信仰者のクリスマス
96 ホンジュラス(17)ガリフナ
95 ホンジュラス(16)バナナ共和国
94 ホンジュラス(15)マヤ文明の跡
93 ホンジュラス(14)牢獄の中と外
92 ホンジュラス(13)先住民の女性たち
91 ホンジュラス(12)一番安全な町
90 ホンジュラス(11)オランチョの森(下)
89 ホンジュラス(10)オランチョの森(上)
88 金鉱の陰で(追記)カリフォルニアで
87 ホンジュラス(9)金鉱の陰で(下)
86 ホンジュラス(8)金鉱の陰で (中)
85 ホンジュラス(7)金鉱の陰で (上)
84 ホンジュラス(6)原則に沿って
83 ホンジュラス(5)農地のない農民
82 移民政争とラティノの力(続)
81 移民政争とラティノの力
80 ホンジュラス(4)消え去った人々
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
78 ホンジュラス(2)レンピーラ
77 ホンジュラス(1)行ってみよう
76 本物を見る
75 豊かな心
74 蝶の力
73 単刀直入
72 愛の表現
71 ベネット・バーガー
70 感謝の日
69 思わぬ道草(最終回)原点
68 思わぬ道草(19)回復に向けて
67 思わぬ道草(18)人は孤島にあらず
66 「ニューオーリーンズ」に見えたもの
65 思わぬ道草(17)一歩後退の教訓
64 思わぬ道草(16)日没症候群
63 甦生の兆し
62 ニューオーリーンズとクリスチャン
61 思わぬ道草(15)もつれた糸
60 思わぬ道草(14)彼の青い目(下)
59 思わぬ道草(13)彼の青い目(上)
58 思わぬ道草(12)ローマ鎧
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
56 思わぬ道草(10)近くの他人
55 思わぬ道草(9)ロールバー
54 思わぬ道草(8)楽観の2日間
53 思わぬ道草(7)一人三脚
52 思わぬ道草(6)長い夜
51 思わぬ道草(5)OR
50 思わぬ道草(4)ER
49 思わぬ道草(3)常習犯
48 思わぬ道草(2)目撃者
47 思わぬ道草(1)3月14日の夕方
46 訛った英語
45 イギリスの英語
44 英語とアメリカ
43 海の中に(下)
42 海の中に(上)
41 姓というマーカー(下)
40 姓というマーカー(上)
39 国籍あれこれ:選択肢
38 国籍あれこれ:彼の場合
37 国籍あれこれ:私の場合
36 ボーダーとは
35 最終回:グローバリゼーション
34 番外編:クリスマス・ディナー
33 サンタアナの風
32 お刺身パーティー
31 アボカド泥棒
30 アボカドと生きる鳥
29 カラスのご馳走
28 三つ子の魂
27 子宝のもと?
26 アボカド探検家
25 ゴールドラッシュの波紋(下)
24 ゴールドラッシュの波紋(上)
23 海を渡って(下)
22 海を渡って (上)
21 コンキスタドール
20 アボカド事始め
19 ハースマザーの行方
18 世界アボカド会議
17 フエルテ
16 ハースマザーの木(下)
15 ハースマザーの木(上)
14 鶏より馬
13 働く人々
12 花婿の父
11 シンコ・デ・マヨ
10 「奇跡の3月」
9 アボカド形の穴
8 父親不明
7 女性花・男性花
6 トーマスのギャンブル(2)
5 トーマスのギャンブル(1)
4 成熟と完熟
3 グァカモーレ
2 アボカドさまざま
1 メックスフライ
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 5 9 6 6 8 0
昨日の訪問者数0 4 0 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 1 9 5