1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
かくてありけり
12 カメラ付き携帯電話
2003年5月11日
沼田 清 沼田 清 [ぬまた きよし]

1948年、新潟県生まれ。千葉大学工学部卒業。2008年、通信社写真部を卒業、以後は資料写真セクションで嘱託として古い写真の掘り起こしと点検に従事。勤務の傍ら個人的に災害写真史を調べ、現在は明治三陸津波の写真の解明に努めている。仕事を離れては日曜菜園で気分転換を図っている。
 この2カ月ほどの新聞を見て、携帯電話に関する記事が多いのに気づきました。とりわけカメラ付き携帯に関するものが目立ちます。

 4月8日にNTTドコモがiモード対応のカメラ付き携帯電話の新製品を発表しました。写メールでJフォンの先行を許したドコモが挽回を狙って出したのは画素数で100万から130万台のもの。これまでの画素数は30万でしたから、一気に4倍強です。
 130万画素とは、91年にコダックが世界に先駆けて出したプロ用デジタルカメラのDCSと同じレベルです。トリミングなしでキャビネ程度の大きさなら新聞掲載に十分耐えられる。当時百数十万円から2百万円もしたDCSと同じ画質のカメラが、通信機能付きで2−3万円で手に入るとは技術の進歩の早さに驚くばかりです。さらに200万画素も計画に上っているといいます。市場が飽和状態に近づいている中で、高性能化で買い換え需要を喚起する狙いがあります。

 携帯ではありませんが、デジタルビデオカメラで1コマ撮りするとその画像は150万画素だそうです。そんな機能があることは、雨宮さんが「チャルマーズ・ジョンソンのインタビュー写真はこのビデオカメラで撮ったのよ」と教えてくれるまで知りませんでした。知っているようで実は時代の変化に追いついていない、今浦島太郎の気分でした。
 

 この携帯電話を新聞・通信各社は、ペン記者が普段に持ち歩くカメラとして使えるのではないかと注目しています。これまでプロの報道カメラマンが抱いていたデジカメへの不満は、通信機能を備えていないことでした。常にパソコンや携帯電話が別途必要になる。最初から通信機能が付いていたらこんなに便利なことはない。報道各社の目指す「カメラに通信機能を!」とJフォンやドコモの「携帯電話にカメラ機能やビデオ機能を」ではアプローチは違うが、目指すゴールは一緒です。

 新製品は時として開発者の意図と違う用途を見出し、思わぬ展開をするものです。1981年に発表された世界初の電子カメラ、ソニーのマビカ(30万画素)は、新聞・通信各社からニュース報道現場への利用を打診する問い合わせが多く担当者はびっくりしたといいます。
 
 携帯電話についても同様なことがいえます。
迷子になりがちなお年寄りにGPS(全地球測位システム)の端末と携帯電話をセットで持たせて、現在地点を把握する仕掛けが介護用に開発されています。

 写真撮影機能や動画撮影機能が付加されたことで用途は一層広がりそうです。
 秋田市消防本部では市内の消防署4署と本部指令に動画機能も付いた端末を配備しました。駆けつけた隊員が生で火災現場の状況を本部に送り、これを基に指揮、応援態勢を整えるのに利用しているそうです。
 バスや電車の時刻表を撮って置き、必要な時に見るという人もいます。メモ帳代わりですね。
 朝日新聞では携帯電話で撮った写真のコンテストを始めました。事件事故で、読者からの投稿写真の道を広げる狙いが見えます。

 一方、便利になればなるほど、マナーも求められます。
3月31日付朝日新聞で、タレントのおすぎさんが怒って書いていました。電車内で向かいに座ったカップルが、メールを読んでいるふりをして明らかに私を撮って、画像を見てニヤニヤ笑っている。断りもなく勝手に人の顔を撮るなと。
 携帯電話は普通のカメラよりコンパクトにできていて手のひらに納まる。これで痴漢的な盗撮をして逮捕された例もいくつか報道されています。

 4月23日の朝日新聞では、美術館や博物館で撮影禁止ルールが守られず、関係者が困っていると報じています。携帯で写真を撮っていても、カメラという認識がないせいか、撮影禁止に違反しているという自覚がないようです。美術館側も、撮影しているのかどうか分かりづらくて注意しにくいと嘆いています。

 進化する携帯電話。03年度の出荷の85%がカメラ付きになる見込みだそうです。ちなみに私の携帯電話にはカメラ機能はありません。たとえあっても、メールやインターネットのやり方を知らず、未だに音声通話しか利用しない私には猫に小判かもしれませんが。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
66 追悼−西永奨さん
65 ご破算で願いましては−14回目の引っ越し
64 続・原爆を撮った男
63 再び・硫黄島の星条旗
62 日曜農園から 「農閑期」
61 富士山頂の星条旗−古写真探偵が行く
60 日曜農園から(4) 「収穫祭」
59 日曜農園から(3) 会計担当
58 日曜農園から(2)−農事暦
57 日曜農園から(1)
56 「トリアージ」再び
55 刷り込み
54 遷宮の撮影
53 定点観測
52 解約返戻金
51 仰げば尊し
50 在宅勤務
49 睡眠時無呼吸症候群
48 映画館今昔(補遺)
47 映画館今昔(下)
46 映画館今昔(上)
45 原爆を撮った男
44 標準温度計
43 続・硫黄島の星条旗
42 knot=結び目
41 硫黄島の星条旗
40 五十嵐君のこと
39 ホケマクイ
38 百科事典
37 白魔
36 私は嘘を申しません
35 再び転勤
34 高所作業車
33 撮影時間の怪
32 色再現
31 空き缶回収の主役
30 続・ビルの谷間に蝶
29 代表撮影
28 人名用漢字
27 ビルの谷間に蝶
26 ホウレンソウに虫
25 残酷でも放送して!
24 人力飛行機
23 ペーパーレス
22 接触を拒否する企業サイト
21 今様1K住宅事情
20 credibility=信憑性
19 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(下)
18 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(上)
17 クレジットの怪
16 遺体写真
15 親密な見知らぬ他人=Intimate Stranger
14 走査型電子顕微鏡写真
13 気送管
12 カメラ付き携帯電話
11 続・合成写真
10 合成写真
9 帰還不能点
8 藤子不二雄の先見性
7 図書館は今
6 裏焼き
5 デジタルカメラ
4 Made in occupied Japan
3 トリアージ=負傷者選別
2 怖い夢
1 亡命
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 6 0 9
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 6 0 7