1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
寄り道まわり道
26 龍宮城伝説考
2005年3月25日
吉田 美智枝 吉田 美智枝 [よしだ みちえ]

福岡県生まれ、横浜市在住。夫の仕事の関係で韓国ソウルとタイのバンコクで過ごした。韓国系の通信社でアシスタント、翻訳、衆議院・参議院で秘書、韓国文化院勤務などを経て現在に至る。自作のアクセサリーをBeads Duoというブランドで販売しながら、韓国の主に女性たちについてエッセーを執筆中。『朝鮮王朝の衣装と装身具』(共著)、韓国近代文学選などの翻訳がある。
▲ ネックレス「春のダンス」
クレオパトラと呼ばれる形の淡水パールの弾むような動きから名付けた。他にガーネットと短い竹状のベネチアンビーズを使用。
雪の日にあの人に会った、落ち葉の頃コンサートに行った、夏の日、砂浜で小さな姪たちとはだしで遊んだ。人の記憶というのはそのとき着ていた服や気温や風景と密接に結びつきながら、脳裏に刻まれていくもののようである。

映画の1シーンが主題歌や背景の音楽と深く結びついて記憶されるのと同じように…。

「龍宮城はタイがモデルらしい」
タイ在住の日本人の間でまことしやかに語られるお話である。実はこれと同じような龍宮城伝説、タイだけでなくベトナム、マレーシア、台湾、そして沖縄にもあるときく。

気温の変化が少なく、季節感の希薄な南国に暮らしていると、人の記憶というものが季節感と深く結びついていることを痛感する。

私自身タイに住んでいる間、歳月の感覚がなくなり、気がつくと1年2年が経っていた。いつ、誰と、どこにいたか、あの出来事、催しはどの季節だったか…タイに暮らしていた間の記憶が極めてあいまいなのである。

だから、南国に派遣された駐在員たちが「龍宮城伝説」を好んでする理由は理解できる気がする。ほんの数ヶ月だと思っていたら数年も経っていたと驚く自分の姿が、歌舞音曲と美酒に酔った龍宮城から地上に戻り、白髪の老人に変わり果てたわが身に驚く浦島太郎の姿と重なるからであろう。

気をつけていると花の開花時期や雨季・乾季があり、地元のタイ人たちにとってははっきりと感じられる季節の変化も、外国人である私たちにはよくわからないというのが正直な感想だ。異国の土地に来て、目先の生活に慣れるのに右往左往し、微妙な季節の変化がようやく目に映るようになった頃には帰国となる。

熱帯では植物の成長が速い。ベランダの鉢物は数ヶ月で3倍ぐらいの大きさになり、ブーゲンビリアは1年に3度も花を咲かせる。ある日私は、これらの美しい南国の植物や花々を眺めていてギョッとしたのを覚えている。

ここでは全てが速回りなのだ! 人間も同じかもしれない。タイの人は日本人に比べ早熟で、早く結婚し子どもを産む。平均年齢は60歳台だともいわれる。それなら3年間タイに住んだこの私も、滞在実年数の2〜3倍老けたことになる。

「えーーっ、大変! そ、それは、ないでしょう…」
日本にいる時は仕事と主婦の両立で息切れしていた私が、タイでは数段ラクチンな生活をし、のんびり人生を謳歌しているではないか。寿命も10年ぐらいは延びようというものだ。

だがよくよく考えてみると、冬ごもりするほどの寒い季節などタイにはなく、人は一年中活発に動きどおしの生活だ。急に遊びに目覚めた私は、やれゴルフだ、マッサージだ、昼食会だ…と忙しかった。それに、熱帯特有の新陳代謝のよさが肉体の加齢に拍車をかける。

日本に帰国し目立ち始めた白髪や肌の衰えに動転した私は、急にがっくり老け込んだ気分になり、浦島太郎の話がまんざら非現実的な話ではないと思うようになった。

だが不思議なことに20年、30年と長い間タイ暮らしをしている日本人たちが老けているかといえば、そうではない。むしろみんな日本の同世代の人びとより若々しいくらいだ。それに比べ帰国組には、急に白髪頭になったり大病をわずらったりする人が多い。

龍宮城を離れた浦島太郎は一気に老人になってしまったが、龍宮城にとどまった浦島太郎たちは歳をとらない…。タイという龍宮城には不老長寿の実でもなっているのだろうか。どうも浦島太郎の話は、熱帯早熟説と季節感のなさだけで説明できそうにない。

乙姫様からのお土産の玉手箱、そこから立ち上る煙ってなんだろう。見慣れた風景ではあっても見知らぬ人びとの住む故郷の入り口で、呆然と立ちすくむ人びとの戸惑い、心の葛藤だろうか。

玉手箱を宝石箱だと思い込んだ女浦島太郎は、砂浜で貝殻のようなビーズを拾い集め、今日もその宝石箱に詰めるアクセサリーをつくり続ける。それでもいつかは夢から覚める日がくるだろう。

「こここそわが龍宮城」

そういって自分自身を煙に巻きつづけられる方法、どなたか知りませんか?
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
82 韓国民謡 アリラン (日本語版)
81 에세이 아리랑 (韓国語版)
80 Korean song Arirang (英語版)
79 百年の生涯 (英語版)
78 百年の生涯 (韓国語版)
77 悲運の詩人 許蘭雪軒(韓国語版)
76 悲運の詩人 許蘭雪軒
75 江陵に咲いた花 申師任堂 2
74 江陵に咲いた花 申師任堂1
73 相思華(상사화)
72 迷いの中で
71 小さな写真集
70 故郷往来
69 寄り道まわり道
68 まだこどもでいられる幸せ
67 大ボケ小ボケ
66 サヨナラガニガテ
65 夢のかけら
64 書くということ
63 難易度
62 気晴らし
61 二人三脚
60 暑い夏のすごし方
59 ゴルフ中継の憂鬱
58 悪女の方程式
57 媒体
55 余白
54 あなたに似た人
53 夢の庭
52 エッセーの心得
51
50 もう一人の上司
49 龍馬のように
48 ホームセンター
47 ユルスナールの靴
46 モティーフ
45 あれかこれか
44 ビーズ日記再開
41 カウチポテトを夢見て
40 チャイ・ローン
39 ワイとチャイ
38 100年の生涯
37 春のワルツ
36 マッサージの迷宮
35 幸福の庭
34 彼女のパール
33 熱帯でゴルフを楽しむ法
32 伝説のホテル
31 ベートーベンハウス
30 旅に出ます
28 辺境が好き 前編
27 白い猫
26 龍宮城伝説考
25 寄り道
24 花の旅笠
23 二村洞の人々
22 クヮナクの友人たち
21 追憶ーソウル原風景
20 遍歴
19 エスニック通り
18 小さなジャングル
17 老後の楽しみ
16 失われた楽園
15 女らしい男たち
14 メナムの夕日
13 迷路
12 ノイさん
11 M.ハスケルを探して 5
10 M.ハスケルを探して 4
9 M.ハスケルを探して 3 
8 M.ハスケルを探して 2 
7 M.ハスケルを探して 1
6 旅は猫連れ
5 本ものの偽もの
4 シンプルからの脱皮
3 ビーズな日々の始まり
2 カニカレー
1 タイは「微笑の国」?
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 6 5 0
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 6 4 7