1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
寄り道まわり道
28 辺境が好き 前編
2005年4月18日
吉田 美智枝 吉田 美智枝 [よしだ みちえ]

福岡県生まれ、横浜市在住。夫の仕事の関係で韓国ソウルとタイのバンコクで過ごした。韓国系の通信社でアシスタント、翻訳、衆議院・参議院で秘書、韓国文化院勤務などを経て現在に至る。自作のアクセサリーをBeads Duoというブランドで販売しながら、韓国の主に女性たちについてエッセーを執筆中。『朝鮮王朝の衣装と装身具』(共著)、韓国近代文学選などの翻訳がある。
▲ トルコ石のネックレスの重ねづけ

パール使いのロングネックレスを3重に巻き、さらにチェーン使いのものをかけた。トルコ石の間のスペーサーも薄いピンクのマベパール。
なぜか私は辺境に惹かれる。大都会を旅するよりも辺鄙な田舎、それも距離的にできるだけ遠い場所がいい。

それは不便な場所でサバイバル…というのともちょっと違う。私にとって“見知らぬ場所”の代名詞、それが“辺境”であり、辺境は私に世界の広がりを感じさせてくれる。

“辺境”を広辞苑で引くと、「辺境・辺彊…中央から遠く離れたくにざかい、またはその地。辺界」とある。また「辺彊地区…中国奥地の呼称。察哈爾(チャハル)・綏遠・甘粛・青海・新疆・寧夏・西康の各省および西蔵(チベット)などを含めて言った」とも書かれている。同じ“へんきょう”でも“偏境”は、片田舎・僻地とある。

そうか。私が心惹かれる場所は、辺境と偏境、そのどちらでもあるようだ。遠い果ての地といっても、ただ自然が広がるばかりで人のにおいがしないところには魅力がない。人びとの生活する遠い地…それが私のイメージする辺境である。私の脳裏に浮かぶそれらの土地の風景はどこかおとぎ話じみていて、幼い頃に祖父か父が私に差し出してくれた「西遊記」に描かれた風景に似ている。

その本の題名を思うとき私は、物語の挿絵だったか記述だったか…その両方が入り混じったような辺境のイメージとともに、自分が育った、70年以上もたった田舎の家を思い出す。

九州の、今はないその家は、初夏には泰山木と金木犀のにおう縁側や、それらの黒くて白っぽい幹の色のように風化し、本を読む時私がいつももたれていた柱や、そこに座ると視野の端にちらちら見えた木瓜(ぼけ)の赤い花や、風に乗って鼻をかすめる夏みかんの花の香りなど…と渾然一体となって私の脳裏に蘇るのである。

そして西遊記に描かれた風景は、人形の形をした実のなる木や、桃源郷や、西域の砂漠やオアシスなどであった。それらは故郷の、神社のマキの大木になる(じいさんばあさんというおかしな名前で幼い私たちが呼んでいた)不思議な形の実や、山あいの一軒屋のそこだけが明るく光が差しているのに誘われ足を踏み入れたザボン園や、貝殻を拾って遊んだ砂浜や、母方の祖母が晩年に一日のほとんどを過ごした、脇に甘い湧き水の出る菜園などといつの間にか重なり合っている。

中国の奥地には漢字ばかりの不思議な地名が多く、それらもまた私の想像力を掻き立て、見知らぬ土地なのになつかしいような風景へと私をいざなう。

なんと読むのか知れずとも、もとは漢字という共通の文化と似た顔つきをもつ人びとには親近感を持ちこそすれ、敵対心などみじんもないのに、ここ数日報道されている中国都市部のデモ騒ぎを見ていると、なにか政治的意図でもあるのではないかと悲しい勘ぐりをしてしまう。情報に溢れた現代、本当の情報を見分けるのはどこの国の人にも難しい。

私は実際、中国の奥地に旅した。西安の大通りには、日本で聞いたとおり京都と同じ地名が並び、ネオンもなにもない暗い夜空の下に裸電球に照らされた串焼き肉の店が延々と軒を連ねていたが、ずっと後にトルコの田舎にある料理店の庭先でシシカバブの肉をほおばったとき、その香辛料のにおいとともに私はそこからはるか離れたこの西安の露店を思った。

西安の西120Km、シルクロードの入り口だったといわれる法門寺(釈迦の指の舎利が奉られているといわれる)に向かう道は、白い土埃の舞う、例えようもないほどのデコボコ道だった。それはやがて始まる砂漠の道を連想させるが、旅の疲れで車中居眠りばかりしている私には、そんなことは夢のかなたのことであった。

私の辺境好きは、父の突端好きとどこか似ている。思い返せば、父と(とくに父が病気に倒れ一時回復してから再び寝付くまでの間に)一緒に旅行した場所がことごとく日本列島の端々だったのは可笑しい。北海道最北端の地稚内、静岡県の石廊崎、九州最南端の鹿児島県長崎鼻…そしてついに父が行きそびれたのは能登半島であった。

そしてあの西遊記に記された西域は、父が心酔したシルクロードと重なる。父はそれらの地になにを見ていたのだろう。あるいはなにが見たかったのだろう。快適さと便利さを求める旅なら、大都会へ行けばいいのだ。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
82 韓国民謡 アリラン (日本語版)
81 에세이 아리랑 (韓国語版)
80 Korean song Arirang (英語版)
79 百年の生涯 (英語版)
78 百年の生涯 (韓国語版)
77 悲運の詩人 許蘭雪軒(韓国語版)
76 悲運の詩人 許蘭雪軒
75 江陵に咲いた花 申師任堂 2
74 江陵に咲いた花 申師任堂1
73 相思華(상사화)
72 迷いの中で
71 小さな写真集
70 故郷往来
69 寄り道まわり道
68 まだこどもでいられる幸せ
67 大ボケ小ボケ
66 サヨナラガニガテ
65 夢のかけら
64 書くということ
63 難易度
62 気晴らし
61 二人三脚
60 暑い夏のすごし方
59 ゴルフ中継の憂鬱
58 悪女の方程式
57 媒体
55 余白
54 あなたに似た人
53 夢の庭
52 エッセーの心得
51
50 もう一人の上司
49 龍馬のように
48 ホームセンター
47 ユルスナールの靴
46 モティーフ
45 あれかこれか
44 ビーズ日記再開
41 カウチポテトを夢見て
40 チャイ・ローン
39 ワイとチャイ
38 100年の生涯
37 春のワルツ
36 マッサージの迷宮
35 幸福の庭
34 彼女のパール
33 熱帯でゴルフを楽しむ法
32 伝説のホテル
31 ベートーベンハウス
30 旅に出ます
28 辺境が好き 前編
27 白い猫
26 龍宮城伝説考
25 寄り道
24 花の旅笠
23 二村洞の人々
22 クヮナクの友人たち
21 追憶ーソウル原風景
20 遍歴
19 エスニック通り
18 小さなジャングル
17 老後の楽しみ
16 失われた楽園
15 女らしい男たち
14 メナムの夕日
13 迷路
12 ノイさん
11 M.ハスケルを探して 5
10 M.ハスケルを探して 4
9 M.ハスケルを探して 3 
8 M.ハスケルを探して 2 
7 M.ハスケルを探して 1
6 旅は猫連れ
5 本ものの偽もの
4 シンプルからの脱皮
3 ビーズな日々の始まり
2 カニカレー
1 タイは「微笑の国」?
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 5 9 7 9 9 4
昨日の訪問者数0 4 0 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 5 0 9