1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
寄り道まわり道
31 ベートーベンハウス
2005年6月14日
吉田 美智枝 吉田 美智枝 [よしだ みちえ]

福岡県生まれ、横浜市在住。夫の仕事の関係で韓国ソウルとタイのバンコクで過ごした。韓国系の通信社でアシスタント、翻訳、衆議院・参議院で秘書、韓国文化院勤務などを経て現在に至る。自作のアクセサリーをBeads Duoというブランドで販売しながら、韓国の主に女性たちについてエッセーを執筆中。『朝鮮王朝の衣装と装身具』(共著)、韓国近代文学選などの翻訳がある。
▲ チェコ(ボヘミアン)ビーズのネックレス。Top部分は貝ビーズ。上の小さな菓子箱に描かれた女性はシシィ。王妃の身であったが、生涯のほとんどを旅に費やしたといわれる。
なんでウィーンに行くことになったのか…。そもそもフィレンツェへ行くはずではなかったか。

今回の旅は、タイ時代からよく一緒に旅したM夫人と一緒だったが、実はもう一人道連れがいた。アキラさんである。

30歳、独身で、ハンサム、美術が好きな男性、おまけに寡黙で(まるで空気のよう)、いざというとき心強いボディーガードにもなる。旅の仲間としてこれほど得難いお相手がいるだろうか。そんな青年が母親世代の私たち女性2人の旅になぜ同行したか。

「ツアーは気後れする。かといって一人で旅の手配をするのは面倒」

これが、彼の母親であり、私の友人であるM夫人から聞いた彼の“同行の理由”であった。そして主体性のない私は(言い出しっぺであるにもかかわらず)、アキラさんが一度は行ってみたいというウィーンにいくことになったのである。

旅も後半になり、アキラさんは、ウィーン郊外のある画家の生家へ行くと言い出した。もちろんいつものように1人で行くのである。ここでも主体性のない私たちは、彼が行くのと同じ方向にあるハイリゲンシュタットのベートーベンハウスを訪ねてみることにした。

ハイリゲンシュタットは、ウィーン北の森の入り口にある穏やかな丘陵地帯で、ベートーベンゆかりの地として知られている。ウィーンの中心からトラムでわずか25分、6,7階建てのビルの立ち並ぶウィーン市街とは異なり、大きな屋敷の続く閑静な高級住宅街であった。

ベートーベンが難聴を苦に1度は遺書を書いたという「遺書の家」、交響曲6番田園を書き上げた「夏の家」などいくつかのベートーベンハウスと、『田園』の着想を得たという小道や小川などを地図片手に訪ね歩くことにした。日差しまばゆい暑い一日であった。

道に迷い、途方に暮れていたときだった。緑に覆われた小道からジョギング姿の男性が現れた。この男性のおかげで私たちはなんとか、1軒目のベートーベンハウスに辿り付けたのであった。

その記念館にはベートーベンが使ったピアノや自筆の楽譜、とりまく人びとの肖像、遺書などの資料が展示され、中庭のひんやりとした空気が心地よい記念館らしい建物であった。

「There are many Bethoven’s House!」

1軒目の「遺書の家」で、受付の女性はこう言った。
なんとベートーベンハウスは、このハイリゲンシュタットだけでなくウィーン市内やかつてはハプスブルグ家の避暑地だった街バーデン(第9を書き上げた)など、至るところにあるというのだ。

そして驚くのは、これら記念館としてのベートーベンハウス(一戸建てだったり、アパートだったりするが)はたいてい同じ建物の隣に普通に生活する人びとが住んでいたり、ワインケラーになっていたりすることである。なんとも日常の中に溶け込んでいるといおうか…。

辿り着くのに苦労したという意味では、2軒目の「夏の家」もしかり。友人と私は、暑い中を歩き回った疲れから、理不尽な目にあったような怒りを感じ始めていた。立て看板などはなく、地図を片手に番地を探しながら何度も同じ道を行きつ戻りつ…。

ようやくその番地を探し当て辿り付いたが、その建物は、建物の前面上部にそれが記念館であることを示す小さな旗が掲げられているだけで、中は人が住む普通の住宅であるため、観ることができるのは外観だけであった。

多くのベートーベンハウスの存在は、彼が引越し魔だったことを示している。彼は、短い夏の1、2ヶ月、そして長くても半年、1年といった単位でその場所に留まり、作曲を続けていたのだろう。

一箇所にじっとしていられなかったのか、住む場所や土地からインスピレーションを得るためだったのか…。引越しというより、旅のようなものだったのかもしれない。

ハイリゲンシュタットの小道を抱くようにそよぐ木々や、ウィーンの森に続く日当たりのよい葡萄畑の美しい丘陵、奥ゆかしい屋敷のたたずまいなどを見ながら歩いていると、ベートーベンがこの土地を好み生涯11回にわたり滞在したという理由がわかる気がする。

私は、同じくウィーンにゆかりのある音楽家ではモーツァルトやシュトラウスの方が親しみを感じていたが、こうしてベートーベンが愛した土地の空気を呼吸することで、彼の人となり、音楽誕生の秘密に触れた気がした。

そして、生涯を旅に明け暮れたシシィ(ウィーンに生きたハプスブルグ王家の皇妃エリザベート)…。人は何に突き動かされて、どう生きるのだろう。

「それにしてもどうしてこうも不親切なのだろう」とその時は感じた道案内…このすがすがしいほどの媚びのなさにヨーロッパ文化の深さを見た気がした。

そして予期せぬ同行者アキラさん。彼のおかげで、私たち主婦2人の旅はいつもより味わい深いものになった。

「次はどこへ…?」
“ちょっとだけ旅行魔”の友人と私。3人が揃う夕食の時間、そっとアキラさんをみる。彼は静かに、だが、毅然といい放った。

「次は一人で行く!」
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
82 韓国民謡 アリラン (日本語版)
81 에세이 아리랑 (韓国語版)
80 Korean song Arirang (英語版)
79 百年の生涯 (英語版)
78 百年の生涯 (韓国語版)
77 悲運の詩人 許蘭雪軒(韓国語版)
76 悲運の詩人 許蘭雪軒
75 江陵に咲いた花 申師任堂 2
74 江陵に咲いた花 申師任堂1
73 相思華(상사화)
72 迷いの中で
71 小さな写真集
70 故郷往来
69 寄り道まわり道
68 まだこどもでいられる幸せ
67 大ボケ小ボケ
66 サヨナラガニガテ
65 夢のかけら
64 書くということ
63 難易度
62 気晴らし
61 二人三脚
60 暑い夏のすごし方
59 ゴルフ中継の憂鬱
58 悪女の方程式
57 媒体
55 余白
54 あなたに似た人
53 夢の庭
52 エッセーの心得
51
50 もう一人の上司
49 龍馬のように
48 ホームセンター
47 ユルスナールの靴
46 モティーフ
45 あれかこれか
44 ビーズ日記再開
41 カウチポテトを夢見て
40 チャイ・ローン
39 ワイとチャイ
38 100年の生涯
37 春のワルツ
36 マッサージの迷宮
35 幸福の庭
34 彼女のパール
33 熱帯でゴルフを楽しむ法
32 伝説のホテル
31 ベートーベンハウス
30 旅に出ます
28 辺境が好き 前編
27 白い猫
26 龍宮城伝説考
25 寄り道
24 花の旅笠
23 二村洞の人々
22 クヮナクの友人たち
21 追憶ーソウル原風景
20 遍歴
19 エスニック通り
18 小さなジャングル
17 老後の楽しみ
16 失われた楽園
15 女らしい男たち
14 メナムの夕日
13 迷路
12 ノイさん
11 M.ハスケルを探して 5
10 M.ハスケルを探して 4
9 M.ハスケルを探して 3 
8 M.ハスケルを探して 2 
7 M.ハスケルを探して 1
6 旅は猫連れ
5 本ものの偽もの
4 シンプルからの脱皮
3 ビーズな日々の始まり
2 カニカレー
1 タイは「微笑の国」?
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 6 8 8
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 6 8 5