1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
76 花盗人
2006年5月7日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
▲ いずれも雨宮和子さんの「テキサスの優しい花たち」不採用分の写真からの盗用です。これを称して「花盗人」。
朝の通勤時、最寄り地下鉄入口の無人新聞スタンドでは、さいきん東京新聞を買うことが多い。起きがけにニュースサイトにはざっと目を通しているので、朝日や日経新聞を買っても重複記事が多い。なんだか損をしたような気分になる。

とはいえ、わずか30分の乗車時間とはいえ、活字なしではいられない僕としては、サイトには載らない企画記事や調査報道に力を入れている東京新聞に自然手がいくようになる。ページ数が少ないのも電車のなかでは手頃だし、100円コイン1枚で買える、というのもいい。僕のような新聞大好き人間にしてこういう状況だから、これからますます新聞購読者の数は減っていくのだろう。

その東京新聞に、20日ほど前だが、面白い囲み記事が載った。「京都市の調理師2人 京都鴨川土手の桜盗む」によれば、4月15日午前、東山区の鴨川左岸の遊歩道でソメイヨシノの枝6本をはさみで切った調理師と、16日東山区の公園で八重桜の枝13本を盗んだ調理師が窃盗容疑で警察に捕まった。いずれも京都市内の割烹料理店勤務の男で、ともに「犯行時」は割烹着姿で「日本料理に添えたくて・・・」と供述している―といった内容なのだが、まさにこれ「花盗人」である。

「花盗人」の由来は狂言。出家が稚児に請われて桜の花を盗みに入り、捕らえられて木にしばりつけられる。花の和歌を一首作れば許すといわれ、「この春は花のもとにて縄(名は)付きぬ(尽きぬ)烏帽子桜と人や見るらむ」と詠み、機知を感心されて放たれる―と同じ記事に解説がある。

僕の住む町にも「花盗人」という名の花屋があるくらいで、古来「花盗人」は、たしかにほめられた行為でないが、風雅に免じおおめに見るという風潮があって、この2人も書類送検は見送りの微罪処分ということで放免されたらしい。

和風料理の調理師といえば板前さん。ある程度力のある板前さんとかコックさんは、食材購入業者の決定から材料仕入れまで、すべての権限を店の経営者から任されているのだ、という話を10年ほど前、業界関係者に聞いたことがある。権限が料理人に集中される結果、業者から料理人へのキックバックのような風習も残っているのだとか。

もっとも今はせちがらい時代だから、業者からのお礼が調理人のお小遣いに、などという風習は残っていないのかも知れないのだが、花盗人の記事を読んでまず思ったのが、この材料仕入れ時の板前さんの既得権益めいたものがいまはどうなっているのだろうか、ということだった。

いまや店の経営者が素材の仕入れ状況にまで細かく口をだし、1円でも安く仕入れろ、というプレッシャーが調理人にかかっていて、桜の花を盗んだ背景には調理人がいまおかれている厳しい現実があるのではないか、というのが記事を読んだ僕がまずいだいた感想だ。

近所に「J」というファミリーレストランがある。かつては妻が外出しているときなど、ときどき一人で食事をしていたのだが、最近はめったにいかなくなった。足が遠ざかった理由の第一は、あの「ドリンクバー」というやつの出現だ。一定額をだせばコーヒー、紅茶、コーラ、ジュースなどのソフトドリンクが飲み放題。ただし、セルフサービス。

だがレストランというのはいわばサービスを楽しむ場。たしかにコーヒーをセルフで運んでくる行為はなんということもない負担ではあるが、やはりレストランに足を運んだいじょう、他人さまのサービスを楽しみたい。それにしても、ドリンクバーは人件費の節約には貢献しているのだろうが、はたして利益率の向上には寄与しているのだろうか。結果としては飲み物だけで数時間も席を独占しておしゃべりを続ける滞留時間の長い主婦や若者グループが増えているような気がするのだが。

ドリンクバー導入をきっかけに、そのうち、それでもファミリーレストランにしてはけっこう味の良かったJのハンバーグが徐々に小さくなり始めた。値段は変わらないがこれは実質値上げだ。次には、ハンバーグ中心部が赤い、つまり生焼け状態の料理がときどき出るようになった。これは工場から送られてくるチルド状態の肉をオーブン焼きする時間が足りないせいだ。調理人たちのレベルが目にみえて低下している。もしかすると、調理人でさえ自給800円のアルバイト学生かもしれない。そんなことが続いて、このところJにはすっかりごぶさたしていた。

10日ほど前にたまたま久しぶりにでかけたJでまた驚かされた。道路に面した広いガラス窓の下に植えられていたツツジの植え込みの間から、タンポポだかセイタカアワダチソウだかの雑草がニョキニョキと生い茂っているではないか。店長が、窓側に席をとった客のだれもが気づくような、そして歩道を歩くひとが店の姿勢を疑うようなみっともない異変になぜ気がつかないのか。

売り上げのプレッシャーに追われ周辺が見えなくなっているのか。それともやる気がないのか。メニューのレパートリーは以前にくらべ種類も増えているし、見た目だけは華々しくなってはいるのだが、どうも食欲をそそらない。案のじょう、出てきた料理は、まったくいただけなかった。本部から送られてくるチルド材料を、マニュアルどおりのレンジ時間で、チ―ンとやった結果であることが味に如実に表れていた。

東京新聞の記事は小さなできごとによく目をつけたと思うが、もう一歩踏み込んで取材したら、現代日本の断面を食の観点から活写する奥の深い記事になったのでは、と思う。もしかすると記者たちも、記事の大量生産と効率的出稿を要求され、ゆとりと深みのある取材ができない時代になっているのかも知れないが。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 5 4 9
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 0 8 3