1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
かくてありけり
25 残酷でも放送して!
2004年4月18日
沼田 清 沼田 清 [ぬまた きよし]

1948年、新潟県生まれ。千葉大学工学部卒業。2008年、通信社写真部を卒業、以後は資料写真セクションで嘱託として古い写真の掘り起こしと点検に従事。勤務の傍ら個人的に災害写真史を調べ、現在は明治三陸津波の写真の解明に努めている。仕事を離れては日曜菜園で気分転換を図っている。
 4月8日に発生したイラクの日本人3人の人質事件は、15日に3人が無事解放され一応の解決を見ました。

 事件判明は犯行グループが中東のテレビ局アルジャジーラなど報道機関に送ってきたCD入りの人質の映像で始まりました。
 その複写写真がAP通信社から配信されましたが、人質の今井紀明さん(18)がのど元に刃物を突きつけられている場面が一部の新聞には掲載されたもののテレビでは放映されず、人質家族から、なぜ放映しないのかとクレームが付きました。
 
 そのときの様子を4月14日付朝日新聞のメディア欄が伝えています。以下に引用します。

 待機する北海道東京事務所。詰めかけた報道陣の前で10日、今井紀明さんの父隆志さんは問題の写真を掲載した新聞をかざして叫んだ。「この映像がテレビで放送されないのはなぜですか。息子が大変な状況にあることをぜひ放送してほしい」。
 兄洋介さんは「この映像は正直見たくない。でも真実を伝えてほしい」。母直子さんも「切迫しています。報道操作しないでください」と訴えた。

 切り抜き帳第16回「遺体写真」で書いたように、新聞はニュースの当事者の尊厳やその家族の心情を傷つけたり、見る人が不快の念を覚えるような写真は、たとえ事実であっても掲載しません。また、今回の写真は演出したもので、それを掲載することは犯人側を利することになるとの判断がマスコミ側にあったでしょう。
 ですが夕刊フジ(1面)と日刊ゲンダイ(1面)はすぐ掲載し、毎日新聞は1日遅れで外信面で掲載しました。ちなみに共同通信はこの写真を即日に配信し、加盟の30紙が掲載しました。しかしテレビはアルジャジーラをはじめ、日本の各局はどこもこの場面を放映しなかったそうです。

 藁をも掴む思いの人質家族たちは、残酷な写真でも表に出してもらった方が悲惨さを社会に訴えるのに効果的と考えたわけです。
 この種の写真を出稿してクレームが来たことはあっても、出さないことでクレームが来るというのは初めてで、私も困惑しました。

 人質の尊厳や家族の心情への配慮、読者・視聴者へ恐怖感や嫌悪感を与えない配慮が「報道操作」と受け取られてしまう。
 残酷だからという理由で報道を自粛することが、結果として事実を十分には伝えていないことになる。国民の知る権利に答えていないという問いかけは報道側として耳を傾けるべき指摘です。

 これより先の3月31日、イラク中部ファルージャで米国の民間人の乗った車が襲われ炎上、焼け焦げた遺体が橋の梁に宙づりにされる事件がありました。

 AP通信はこの場面の写真を「EDITORS NOTE : GRAPHIC CONTENT」(編集者注意「どぎつい内容です」)の注を付けて8枚配信しました。4月13日付新聞協会報によると、米国の主要各紙はこの生々しい現場写真を一斉に掲載、一方、米テレビ局は、遺体にモザイクをかけるなど表現に配慮して放送したそうです。

 注目すべきは、大規模な軍基地を抱えるジャクソンビルのフロリダ・タイムズ=ユニオンが「不安を与える写真だが、新聞として事件の全容を報じる必要がある」「子どもには見せないように」との説明を付けて黒焦げ遺体の宙づり写真を掲載したことです。
 
 なおAPは日本向けには、比較的あからさまでない3枚を配信し、共同通信は遺体が遠景で小さく写っていて手前に歓声を挙げる住民が大きく写っているカットを加盟社に配信しました。

 ニュースの内容が違いますが、それにしても米国と日本では報道の仕方に差があります。
 
 前述の朝日の記事で評論家の大宅映子さんは次のように述べています。
 「日本社会は個人をあまりに過保護に育ててきたから、こうした映像に免疫がない。いきなりではひっくり返る人が出てくるかも知れず、やむを得ない面がある。メディアはこれまで読者や視聴者をかよわきものと見なしてきた。今後は読者が冷徹な事実を直視できるように、報道の側も変わって行くべきだ」

いずれにしろ、「子どもには見せないように」という断り書きを置いて報道せざるを得ないとは、世界の現実はきびしいものです。

PS.17日夕には、同様に人質になっていた2人の日本人ジャーナリストも解放され、ホッとしました。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
66 追悼−西永奨さん
65 ご破算で願いましては−14回目の引っ越し
64 続・原爆を撮った男
63 再び・硫黄島の星条旗
62 日曜農園から 「農閑期」
61 富士山頂の星条旗−古写真探偵が行く
60 日曜農園から(4) 「収穫祭」
59 日曜農園から(3) 会計担当
58 日曜農園から(2)−農事暦
57 日曜農園から(1)
56 「トリアージ」再び
55 刷り込み
54 遷宮の撮影
53 定点観測
52 解約返戻金
51 仰げば尊し
50 在宅勤務
49 睡眠時無呼吸症候群
48 映画館今昔(補遺)
47 映画館今昔(下)
46 映画館今昔(上)
45 原爆を撮った男
44 標準温度計
43 続・硫黄島の星条旗
42 knot=結び目
41 硫黄島の星条旗
40 五十嵐君のこと
39 ホケマクイ
38 百科事典
37 白魔
36 私は嘘を申しません
35 再び転勤
34 高所作業車
33 撮影時間の怪
32 色再現
31 空き缶回収の主役
30 続・ビルの谷間に蝶
29 代表撮影
28 人名用漢字
27 ビルの谷間に蝶
26 ホウレンソウに虫
25 残酷でも放送して!
24 人力飛行機
23 ペーパーレス
22 接触を拒否する企業サイト
21 今様1K住宅事情
20 credibility=信憑性
19 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(下)
18 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(上)
17 クレジットの怪
16 遺体写真
15 親密な見知らぬ他人=Intimate Stranger
14 走査型電子顕微鏡写真
13 気送管
12 カメラ付き携帯電話
11 続・合成写真
10 合成写真
9 帰還不能点
8 藤子不二雄の先見性
7 図書館は今
6 裏焼き
5 デジタルカメラ
4 Made in occupied Japan
3 トリアージ=負傷者選別
2 怖い夢
1 亡命
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 6 5 5 6
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 0 9 0