1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
かくてありけり
26 ホウレンソウに虫
2004年6月3日
沼田 清 沼田 清 [ぬまた きよし]

1948年、新潟県生まれ。千葉大学工学部卒業。2008年、通信社写真部を卒業、以後は資料写真セクションで嘱託として古い写真の掘り起こしと点検に従事。勤務の傍ら個人的に災害写真史を調べ、現在は明治三陸津波の写真の解明に努めている。仕事を離れては日曜菜園で気分転換を図っている。
 6月1日、ダスキンは傘下のミスタードーナッツで発売していた季節限定製品「涼風粥」に虫が入っていたため、改善が確認されるまで発売を中止すると発表しました。1造曚匹硫襪陵鎮遒如具のホウレンソウに付着していたと思われます。

 少し調べてみました。ホウレンソウはベトナム産で、蛾はヤガ科と推定されることが分かりました。ヤガとは「夜蛾」のことで幼虫も含め夜行性です。英語名は「owlet moth」でowlet(フクロウの子)を冠しているところなど夜行性を示していますね。蛾は大変種類が多く、ましてベトナム産とあっては具体的な種類は特定できません。

 ヤガは日本の畑作農家にとって旧知のもので、とりわけヨトウムシ(夜盗虫)と呼ばれる「ヨトウガ」は悪名高い。種類は色々ですが、私が知っているだけでも葉菜に付くもの、トウモロコシの穂に入るもの、芝につくものがあります。作物の葉裏にびっしりと卵を産み、孵化した幼虫はひたすら葉っぱを食べて2〜4堕に育ちます。日中は株元の土の中に潜んでいて夜になると出てきて食害します。農家にとって憎っき存在です。ひねりつぶすと緑色の体液が出ますが、文字通り葉緑素の塊と言って良い。

 でも毒性はない。ミスタードーナッツがサイトで掲示しているお知らせに「健康に害を与えるものではないと判断しておりますが、、」とありますが間違いはないでしょう。しかし食べ物に虫が混入していたら誰しも気持ち悪いですね。食べ物の中に虫を見つけた方には同情致します。

 今回の問題は素材加工時の管理が行き届かなかったことにあります。調理の前にホウレンソウを湯通しして洗うのが十分ではなかったんでしょう。

 食べ物を売る業者にあるまじきけしからんことではあるけれど、しかし私には、虫が入っていたことがむしろ注目に値すると思いました。それは2年前の中国産冷凍ホウレンソウからの基準値を超える残留農薬検出を思い出したからです。今回のケースはその対極にあるのではないか、虫が付いているだけましな作物だと。それがこの2年間の輸入野菜の変化であるなら慶賀すべきことだと思った次第です。

 私は日曜菜園を10年近くやってみて、作物を育てるのは虫や鳥との戦いであることを痛感しています。昨年まで3年間はその道のプロについて学びました。本職の栽培技術のすごさと、それでも安定して収量を上げ経営を成り立たせるには、農薬を使わざるを得ないことを実感しました。我が師匠は有機低農薬農法でやっていました。有機低農薬なんて語義矛盾と思うかもしれませんが、農薬を使っていることを宣言しているだけ営農家として良心的と思います。以前NHKの番組で見た高原キャベツの栽培では十数回も農薬を散布していました。単品大量栽培ではどうしてもこうなるようです。

 消費者が野菜に対し期待するのは何でしょう。おいしくて、見た目もきれいで、栄養があり、安全で、安くてと盛りだくさんです。しかしこのすべてを実現するのは無い物ねだりだと言うことに気付かない人が多いですね。ことに日本の消費者は見た目のきれいさを重要視し、曲がったキュウリには目もくれない。

 無農薬で成果を上げることは不可能ではない。コストを問わないという条件さえあればできます。それが可能なのは小規模多品種を手作り感覚で栽培する自家用菜園です。昨秋、大根を40本ほど作りました。無農薬でも虫食いはほとんどなく、ほれぼれする出来でした。安心して葉っぱもそっくり食べました。ここまでにこぎ着けるには、モンシロチョウが舞う時期は畝に不織布を掛け、寒くなって蝶も姿を消した頃に覆いを外します。そうやってもすき間から入った虫が葉に付きます。週に一度はピンセットで虫退治をします。営業用ではこんな手間暇掛けていられません。

 師匠の作物は低農薬栽培ですが(あるいはそうだからこそ)完全には虫を排除する事はできません。それでも安心して食べられます。ちなみに我が妻は若い頃は野菜から虫が出てくると悲鳴を上げていましたが、今や虫の1匹2匹見ても驚きません。それが自然であり、ただただきれいなだけの物は胡散臭いと分かってきたからでしょう。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
66 追悼−西永奨さん
65 ご破算で願いましては−14回目の引っ越し
64 続・原爆を撮った男
63 再び・硫黄島の星条旗
62 日曜農園から 「農閑期」
61 富士山頂の星条旗−古写真探偵が行く
60 日曜農園から(4) 「収穫祭」
59 日曜農園から(3) 会計担当
58 日曜農園から(2)−農事暦
57 日曜農園から(1)
56 「トリアージ」再び
55 刷り込み
54 遷宮の撮影
53 定点観測
52 解約返戻金
51 仰げば尊し
50 在宅勤務
49 睡眠時無呼吸症候群
48 映画館今昔(補遺)
47 映画館今昔(下)
46 映画館今昔(上)
45 原爆を撮った男
44 標準温度計
43 続・硫黄島の星条旗
42 knot=結び目
41 硫黄島の星条旗
40 五十嵐君のこと
39 ホケマクイ
38 百科事典
37 白魔
36 私は嘘を申しません
35 再び転勤
34 高所作業車
33 撮影時間の怪
32 色再現
31 空き缶回収の主役
30 続・ビルの谷間に蝶
29 代表撮影
28 人名用漢字
27 ビルの谷間に蝶
26 ホウレンソウに虫
25 残酷でも放送して!
24 人力飛行機
23 ペーパーレス
22 接触を拒否する企業サイト
21 今様1K住宅事情
20 credibility=信憑性
19 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(下)
18 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(上)
17 クレジットの怪
16 遺体写真
15 親密な見知らぬ他人=Intimate Stranger
14 走査型電子顕微鏡写真
13 気送管
12 カメラ付き携帯電話
11 続・合成写真
10 合成写真
9 帰還不能点
8 藤子不二雄の先見性
7 図書館は今
6 裏焼き
5 デジタルカメラ
4 Made in occupied Japan
3 トリアージ=負傷者選別
2 怖い夢
1 亡命
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 5 3 5
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 5 3 2