1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
かくてありけり
62 日曜農園から 「農閑期」
2016年2月10日
沼田 清 沼田 清 [ぬまた きよし]

1948年、新潟県生まれ。千葉大学工学部卒業。2008年、通信社写真部を卒業、以後は資料写真セクションで嘱託として古い写真の掘り起こしと点検に従事。勤務の傍ら個人的に災害写真史を調べ、現在は明治三陸津波の写真の解明に努めている。仕事を離れては日曜菜園で気分転換を図っている。
▲ 農園の通路に積まれた牛糞堆肥の山。戸塚の牧場から運ばれた。2月末に畑に散布しトラクターで鋤きこまれる
▲ つぶした大豆、麹、塩を混ぜ合わせた味噌玉。これを甕の底に叩き付け、表面を均してラップを掛ければ味噌作りは完了
▲ トンネル掛けしたホウレンソウ。冬越しの葉菜はやわらかで甘い
昨年12月半ばで農園は仕事納めとなり、我が班はクリスマスを前に忘年会を開いた。あざみ野駅近くのフレンチレストラン「ル・ポティロン」に集まったのは総勢10人。夫婦そろっての参加も2組。午後のひと時、料理を平らげグラスを傾けながら1年を振り返った。ちなみにポティロンとは仏語で「かぼちゃ」だそうである。

年が明け、暦は早くも2月半ばに入ろうとしている。しかし農作業はなく、時々収穫に行くくらい。そう、今は農閑期なのだ。
“日曜百姓”気取りの私としては、農閑期を使って何かやろうと目論むが、所詮大したことはできない。

やったのは割干し大根作りと味噌作り。割干し大根は、はりはり漬けに。もう3回目であれば事はすいすい運ぶかというと、そうはいかない。手順やレシピを書いたメモの世話にならないとできない。でも出来上がりは家族に好評で、数日間「ボリッボリッ」と食卓をにぎわした。

並行して味噌作りも実施した。以前に開かれていた町内会の味噌作り講習会が休止状態で、昨年から独自にやることにした。まずは横浜市港北区の小泉麹屋に手作り味噌の4キロキットを注文。我が家の鍋とボウルのサイズではこれが上限である。
大豆1キロと麹が1.5圓里海離ット、麹が大豆よりも多く、仕上がりでキロ当たり1000円にもなる大変贅沢なものだ。

大豆を一晩水に浸け、十分水を吸い膨らんだところで4〜5時間煮て、麹と塩をよく混ぜ合わせ、ボール状に握り、甕に仕込む。吹き上がる鍋の番をし、煮上がった熱い豆をビニール袋に数回に取り分け、テーブルの上で掌や指で押しつぶす。文字通りの手作りと言ってよいだろう。塩と種水が加わり、最終的に4・5キロの味噌に。4人家族なら、1年近く持つだろう。

11時前から始めて、片づけを終えたら夕方5時、1日がかりであった。味噌作りはこれまで十数回に及ぶが、一度も失敗したことが無い。案ずるより産むが易しで、手順通りにやれば誰でもおいしい味噌が作れる。一夏越して秋に取り出すのが楽しみだ。

農園の作物はだんだん残り少なくなった。ネギ、鉢巻を結んだ白菜、それとトンネル掛けしたホウレンソウがこの季節では貴重な野菜である。それらも2月20日までに穫り終え、区画を更地にしなくてはならない。
すでに通路には小型トラックで4杯の牛糞堆肥が運び込まれていた。2月末の契約更新日には、この堆肥を畑全面に播いてトラクターで鋤き込む。翌週にはジャガイモの植え付けだ。春の始動は目前である。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
66 追悼−西永奨さん
65 ご破算で願いましては−14回目の引っ越し
64 続・原爆を撮った男
63 再び・硫黄島の星条旗
62 日曜農園から 「農閑期」
61 富士山頂の星条旗−古写真探偵が行く
60 日曜農園から(4) 「収穫祭」
59 日曜農園から(3) 会計担当
58 日曜農園から(2)−農事暦
57 日曜農園から(1)
56 「トリアージ」再び
55 刷り込み
54 遷宮の撮影
53 定点観測
52 解約返戻金
51 仰げば尊し
50 在宅勤務
49 睡眠時無呼吸症候群
48 映画館今昔(補遺)
47 映画館今昔(下)
46 映画館今昔(上)
45 原爆を撮った男
44 標準温度計
43 続・硫黄島の星条旗
42 knot=結び目
41 硫黄島の星条旗
40 五十嵐君のこと
39 ホケマクイ
38 百科事典
37 白魔
36 私は嘘を申しません
35 再び転勤
34 高所作業車
33 撮影時間の怪
32 色再現
31 空き缶回収の主役
30 続・ビルの谷間に蝶
29 代表撮影
28 人名用漢字
27 ビルの谷間に蝶
26 ホウレンソウに虫
25 残酷でも放送して!
24 人力飛行機
23 ペーパーレス
22 接触を拒否する企業サイト
21 今様1K住宅事情
20 credibility=信憑性
19 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(下)
18 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(上)
17 クレジットの怪
16 遺体写真
15 親密な見知らぬ他人=Intimate Stranger
14 走査型電子顕微鏡写真
13 気送管
12 カメラ付き携帯電話
11 続・合成写真
10 合成写真
9 帰還不能点
8 藤子不二雄の先見性
7 図書館は今
6 裏焼き
5 デジタルカメラ
4 Made in occupied Japan
3 トリアージ=負傷者選別
2 怖い夢
1 亡命
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 5 9 0
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 5 8 8