1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
徒然.... in California
32 里帰り
2016年6月24日
明子・ミーダー 明子・ミーダー [AKIKO MIEDER]

東京都小平市出身。5年間のOL生活の後渡米。カリフォルニアのサンディエゴに23年住んだ後、アイドルワイルドという小さな山間の町に引っ越し、現在アメリカ人の夫と猫3匹と田舎生活を楽しんでいます。サンディエゴから2時間の距離の町ですが、標高1800メートルの山の上の生活は、サンディエゴとは全く違います。そんなところでの日々の暮らし、感じたことを綴っていこうと思います。
▲ 遅ればせながら、スカイツリーへ行ってきました。
2年ぶりに里帰りしました。5月の初めから3週間ほど。それまでは、長くても2週間の滞在でしたが、というのも2週間以上滞在するのは主人に悪いような気がしていたからですが、話してみたらあっさりと快諾してくれました。前回は2週間で友人に会うのに忙しく、両親と過ごす時間が少なかったので、父から文句を言われましたが、今回は3週間にしましたので、おかげで両親との時間もたっぷりと取ることができ、父も喜んでくれました。

滞在中に気がついたことを書いてみたいと思います。前回も感じましたが(No. 23「8年ぶりの里帰り」)日本のサービスはきめが細かく丁寧で、誠意を尽くした、痒いところに手が届くサービス。どこへ行ってもそうでした。これぞおもてなし!だなあと思いました。かえってこちらの方が恐縮してしまうほどだと感じる時もありましたが、日本に住んでいる人はそれが当たり前で、少しでもサービスに手抜きがあると文句を言いたくなるようです。実際に文句は言いませんが、私はサービスに感心していても、一緒にいた友人は「サービスが良くない」と言っていました。また、海外に暮らしている人の中には、行き届いたサービスが過剰だと感じる人もいるようです。人それぞれですが、私にとっては極上のサービスでした。

衝撃だったのは、今でも和式のトイレがあること! 駅のトイレでしたが、それを好んで使う人がいるということでしょうか? お年寄りだったら、不安定でかえって危険ではないのか?と思いました。外国人はびっくりするでしょうね。日本人でも若い人は使い方がわからないかも?!

トイレ関連でもう一つ。雨宮さんも書いていらっしゃいましたが、日本のトイレットペーパーは薄過ぎです! 節約なのでしょうか。でも逆にたくさん使ってしまいます。トイレットペーパーのみならず、手を拭くペーパータオルも薄過ぎ! これは飛行機内の話ですが、日系の航空会社のそれは、一枚だけでは足らずに10枚くらい使いたくなりました。おまけに濡れた紙が指に残ったり、最悪でした。苦情を言う人はいないのでしょうか?!

ペーパータオルといえば、駅のトイレにはペーパータオルもハンドドライヤーも無く、不便な思いをしました。アメリカの公共のトイレには必ずペーパータオルかハンドドライヤーがある(公園などにはないところもあります)ので、ハンカチを持って歩く必要が無いので、その日もすっかりハンカチのことを忘れていました。

日本の電車や地下鉄は、時間に正確だし綺麗だし、以前(30年くらい前ですが)に比べたら座席も綺麗で全体的にゆったりした感じがしました。おまけに、窓ガラスはUVカット、つり革は抗菌製品、空気清浄機まで付いている。弱冷房車や女性専用車があったり、すごいです! さすが日本だな〜と思いました。でも、ラッシュ時の混み様には閉口しました。日本に住んでいた時は、毎日満員電車で通勤していましたが、他人とあんなに近い距離に接近することがない生活に慣れてしまったので、かなり違和感を覚えました。

主人のいとこが出張で東京に来ていたので、一緒に浅草へ行きました。彼が滞在していた品川から電車で浅草へ。その道すがら、彼が「日本人は秩序正しい」と言いました。駅のエスカレーターの片側に立ち、もう片側は急いでいる人用のスペースだということ。電車を待つのもきちんと並んでいること。彼はかなり感心していました。それって日本人の誇りですね。

電車に乗っていて気付いたのは、ほとんどの人がスマートフォンをいじっているか眠っていること。私が日本にいた時にはスマートフォンはなかったので、本を読んでいる人が今より多くいました。今回は本を読んでいる人はごくわずかでした。眠っているのは、みなさんお疲れなんですね。

あまりテレビを見る機会はありませんでしたが、日本のCMは面白いなと思いました。こだわりがあったり、奇抜であったり。アメリカだと、セレブがCMに出演することはあまりありませんが、日本のCMは芸能人が多く出演していますね。

テレビはあまり見なくても、新聞の番組欄は毎日チェックしていました。でも、見たいと思う番組が見つかりませんでした。どこの放送局もバラエテイ番組や午後のワイドショーのような番組ばかり。そういった番組でないと視聴率が取れないのでしょうか? アメリカでは、よほどのことがない限り、ワイドショーのように同じ時間帯に同じような内容の番組を複数の放送局が放送することはないと思います。

近所のスーパーマーケットに買い物に行くのが楽しみでしたが、過剰包装が気になりました。野菜はどれも綺麗ですが、プラスチックで包装されているものが多かったです。牛乳パックやプラスチックトレーはリサイクルしているようですが、プラスチックの包装もリサイクルしているのでしょうか?

アメリカの一部のスーパーマーケットでは、バラ売りのコーナーがあります。小麦粉や砂糖、ナッツや穀物、豆類、コーヒ豆やスナック菓子、ピーナッツバターなど、結構いろいろな種類の食品を自分の欲しい分だけ買うことができます。日本でも、そういう販売の仕方があってもいいのでは?と思いました。

プチカルチャーショックはあったものの、こうやって、海外に暮らすからこそ気づく日本の良さもあり、やはり日本はいいな〜と思うことが多く、5月の新緑の季節を満喫することができました。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
36 里帰り 2017
35 トレイラーでキャンピング
34 新年の抱負
33 ゾウのはな子
32 里帰り
31 新年の抱負
30 メジャーリーグ・ベースボール
29 季節の移ろい
28 手紙
27 新年の抱負
26 長生きの秘訣
25 憩いの場所、喫茶店
24 一生大事にしたい宝物
23 8年ぶりの里帰り
22 未来の生活必需品?!
21 変わりゆくおふくろの味
20 山暮らしとリサイクル
19 新年の抱負
18 山火事
17 猫の僕(しもべ)
16 Hugs & Kisses
15 新年の抱負
14 名前あれこれ
13 給食の思い出
12 限られた物の中で暮らす
11 ラジオ体操
10 リストマニア
9 元祖カレンダー
8 町の小さな郵便局
7 山の暮らし
6 100回目のマイ箸作り
5 マイ箸作り
4 手作りのカード
3 アメリカのキッチン
2 魚で英語の勉強を
1 アメリカのおふくろの味
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 6 5 4 0
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 0 7 4