1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ガルテン〜私の庭物語
6 金徳洙さんとサムルノリ
2018年3月1日
原田 美佳 原田 美佳 [はらだ みか]

東京都出身。学生時代から長年関わった韓国文化院を2015年末に退職。現在は、日本ガルテン協会の広報部長の仕事をしながら、これまで関わってきた韓国文化を日本に紹介するための著作、交流活動を中心に自分のライフワークを模索中である。共著書に『コンパクト韓国』(李御寧監修)、『読んで旅する韓国』(金両基監修)、「朝鮮の王朝の美」、『朝鮮王朝の衣装と装身具』などがある。
▲ 金徳洙芸道50周年記念&日韓文化交流25周年記念公演ちらし
〜 鼓魂、天壌を翔る 〜
▲ 韓国伝統文化の夕べでのサムルノリの公演
1982年6月 韓国文化院(池袋・サンシャシン60)
韓国の音楽といって、まず思い出されるのは、民謡「アリラン」だろうが、心沸き立つリズム感あふれる音を奏でる楽器―チャンゴ、ケンガリ、プク、チン(鉦)といった打楽器で打ち鳴らされるのがサムルノリ(사물놀이)。

村祭りといったときに人々が集まる広場などで楽しむ農楽を、室内で座って演奏する形式として1978年2月22日に金徳洙(キム・ドクス)さんが、金容培(キム・ヨンベ)、崔鍾實(チェ・ジョンシル)、李光壽(イ・グヮンス)各氏らとともにソウルの「空間舎廊」で舞台化したのがサムルノリの始まりでもある。

今年40周年を迎えるサムルノリは、増上寺のプログラムでも「四物遊撃」と漢字をあてられたように、おもに四つの打楽器を中心に演奏される。

チャンゴ(杖鼓、長鼓)と呼ばれる太鼓を打ちながら長年、韓国伝統音楽の第一線で活躍してこられた金徳洙さんとは、韓国文化院で学生時代に初めてお目にかかり、増上寺、高麗神社、草月会館など日本での公演も数多く見せて頂いた。

1988年のソウルオリンピック大会の日本記念公演をはじめ、ワールドカップサッカー大会の応援歌「A He Ho」など様々な音楽シーンで人気を博してきた金徳洙さんは、放浪芸人集団「男寺党」で活動していた父の血を引継ぎ、5歳でデビューし幼い時より韓国全土ばかりでなく、世界各地を回り、多くのアーティストとセッションしながらサムルノリを発展させて来られた。

韓国の精神文化研究院で学んだ時に、私も韓国文化学習の一環としてチャンゴを学んだ。短期だったのでヨーロッパからの学生たちが逃げ出すほどの指導、練習だったがたいして上手にはならなかった。

金徳洙さんの韓国YMCAでのワークショップの陣中見舞いを兼ねて覗きにいったときにちょうどチャングの体験のため呼吸法の練習をしていた。
休憩時間もみな疲れて伸びている中、一人元気に練習など続けていた徳洙さんに、呼吸法をみっちりやるのですね、と声をかけたら、韓国の呼吸法ができなければ伝統音楽はできないからねと返ってきた。
それから数時間、全く初めての年配の方もけっこう叩けていた。

韓国の楽器は、風、雷、雲、雨といった天地、宇宙を表すといわれ、長短(チャンダン)といわれるリズムを刻むのも、一呼吸を分けてリズム、拍子を数えるという伝統の呼吸法を体得しなければ、どの韓国伝統音楽も理解しがたいし、何の意味も持たない。
やはり、学ぶならその道の一流の師からとしみじみ思わされた。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
10 ポジティブ・シンキング〜大国未津子さんのこと
9 翔和苑〜二河白道とヤン・レツル
8 平等院庭園の模型
7 花見
6 金徳洙さんとサムルノリ
5 我が家のお雑煮
4 トイレいろいろ、そして絶景トイレ
3 緑の桜
2 日比谷公園と本多静六氏
1 シーボルトが導いた日本庭園
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 9 1 1 8 0 3 4
昨日の訪問者数0 4 4 3 5 本日の現在までの訪問者数0 1 7 9 4