1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ガルテン〜私の庭物語
21 天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ〜後楽園
2020年10月23日
原田 美佳 原田 美佳 [はらだ みか]

東京都出身。学生時代から長年関わった韓国文化院を2015年末に退職。現在は、日本ガルテン協会の広報部長の仕事をしながら、これまで関わってきた韓国文化を日本に紹介するための著作、交流活動を中心に自分のライフワークを模索中である。共著書に『コンパクト韓国』(李御寧監修)、『読んで旅する韓国』(金両基監修)、「朝鮮の王朝の美」、『朝鮮王朝の衣装と装身具』などがある。
▲ 後楽園唐門
▲ 寝覚めの滝と寝覚めの床
▲ 木曽路を抜けた大泉水は琵琶湖の形式であり大亀の鼇が支える蓬莱山でもある。
小石川後楽園の見学は、東門から始まるように設計されている。
書院造りの武士の内庭、唐門、寝覚めの床ならぬ、寝覚めの滝からがスタート地点だ。(唐門は現在工事中。)ところが、いまは涵徳亭の西門が入り口になっている。以前に会長が、庭園の先生方に伺ったら、引率するときは黙って早足で、唐門まで歩くとみな、どうしたことかとついてくるそうだ。西門から見ると、映画なら途中からから観て、最後から最初にといった感じだ。

木曽路の寝覚めの床は、浦島太郎が助けた亀に連れられて行った龍宮城から帰り、釣りなどをしながら諸国行脚をして、乙姫様から頂いた玉手箱をふと思い出して開いてしまったところ。以前、日本ガルテン協会の旅行でも上松の寝覚めの床を観に行った。バイオリン製作者の陳昌鉉先生の奥様に故郷だから上松に行くのだったら案内したのにと、残念がられた。
後楽園では、寝覚めの滝が暗い木曽路の前に配されている。
さて、東か、西かこれからどちらに進むのか。そんな思いを巡らすのが、庭の楽しい所でもあり、勉強を必要とすると思うのがこうした伝承話や故事を取り入れていれて、主人の思いを入れるところでもある。

天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむから名付けられた後楽園だが、六義園程知識はいらないかと思ったら、つぎつぎとあって、やはり徳川家はあなどれないと反省。
家康遺訓、旗印から伊勢物語、枕草子などの話、また、京都の大堰川から中国の西湖や長野の浦島太郎伝説の寝覚めの床などと訪れたところもある。
日本庭園には、ほんとうにいろいろな思いが詰まっているのだ。

人の一生は
重荷を負うて、遠き道を行くがごとし
急ぐべからず
不自由を、常と思えば不足なし
心に望みおこらば、困窮したる時を思い出すべし
堪忍は、無事のいしずえ
怒りは、敵と思え
勝つことばかりを知って、負くることを知らざれば、
害、其の身に到る
己を責めて、人を責めるな
及ばざるは、過ぎたるに優れり
慶長八年正月十五日徳川家康人生訓

#日本ガルテン協会 #小石川後楽園 #後楽園
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
NEW
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
25 美しさの追求
24 新春を寿ぐ
23 「四絶」とも呼ばれる特産品 龍井茶
22 六義園のテーマあれこれ
21 天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ〜後楽園
20 衣装を引き継ぐ
19 アフリカ 〜エチオピア・アディスアビバに旅してから
18 許榮一先生との出会い、1999年 −1
17 韓国文化院 開院40周年
16 女性の刺繍に託した思い
15 縁側
14 ひなまつり
13 楽友協会 〜ニューイヤーコンサート
12 ウィーン1999年 〜シェーンブルン宮殿日本庭園開園式
11 ソウル’88オリンピック〜30年前
10 ポジティブ・シンキング〜大国未津子さんのこと
9 翔和苑〜二河白道とヤン・レツル
8 平等院庭園の模型
7 花見
6 金徳洙さんとサムルノリ
5 我が家のお雑煮
4 トイレいろいろ、そして絶景トイレ
3 緑の桜
2 日比谷公園と本多静六氏
1 シーボルトが導いた日本庭園
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
1 1 9 7 3 9 2 2
昨日の訪問者数0 5 3 9 2 本日の現在までの訪問者数0 0 2 2 3