1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ボーダーを越えて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
2016年9月13日
雨宮 和子 雨宮 和子 [あめみや かずこ]

1947年、東京都生まれ。だが、子どものときからあちこちに移動して、故郷なるものがない。1971年から1年3ヶ月を東南アジアで過ごした後、カリフォルニアに移住し、現在に至る。ボリビアへの沖縄移民について調べたり書いたりしているが、配偶者のアボカド農園経営も手伝う何でも屋。家族は、配偶者、犬1匹、猫1匹、オウム1羽。
▲ フグ刺し
▲ 白子の天ぷらを食べるヘザー。アチチチチ… おお、あつい!
▲ 私も白子を食べました。
Day 6  2月17日


[H] After spending the day enjoying Tokyo’s modern delights, we went with Kozy’s friend, Eiko, to Bunraku at the Japanese National Theater that night. For the first time, I felt completely at sea – like I’d landed on another planet, not just happened upon a different culture. Bunraku is the puppet equivalent of kabuki. They tell the same stories, even makes the same stylized gestures, but instead of humans performing, it’s puppets. The motions are exaggerated, and every story is narrated slowly, with lots of repetition.

[H] いまの東京の楽しみを十分味わったその日の夜は、コーズィの友だちのエイコといっしょに国立劇場へ文楽を観に行った。そこで私は初めて途方に暮れてしまった。ただ単に違う文化に触れたということだけでなく、別の衛星に着陸したみたいだ。文楽は歌舞伎の人形版だ。同じストーリーを述べ、同じような仕舞いをするのだが、人間が演じる代わりに人形がするのだ。仕草は誇張され、ストーリーはゆっくりと何度も繰り返されながら語られる。

[K] I got so excited when I was planning this trip that there’d be Bunraku perfomance in February in Tokyo. I once took Thomas to a Noh play. Within five minutes, he fell asleep and began falling toward a demure old lady next to him. I had to keep pulling him straight. But he was different when we went to a Bunraku perfomance. He not only stayed awake but was mesmerized by it. I’ve never cared for Kabuki, in which performance of actors is central, but somehow Bunraku is different. It’s more team work. The performance we saw was Yoshitsune Senbonzakura [Yoshitsune One Thousand Cherrytrees]. I’ve never seen a Kabuki version of this; it might be interesting to compare the two.

[K]  この旅行を計画していたとき、2月には東京で文楽公演があるとわかり、私は大喜びした。私は一度トーマスをお能を見に連れて行ったことがある。彼は5分も経たないうちに居眠りを始めてしまい、隣の席の小柄な老婦人のほうに身体が傾いて、私は彼を引っぱってちゃんと真っ直ぐ坐らせなければならなかった。ところが文楽公演に行ったときの彼は違ったのだ。ちゃんと起きていただけでなく、すっかり魅了されていた。私は、というと、役者の演技が中心である歌舞伎がどうしても好きになれないのに、どういうわけか文楽は違う。もっとチームワークだ。その夜に観たのは義経千本桜だった。その歌舞伎版を見たことはない。両者を比べてみたらおもしろいかもしれない。

[H] It’s hard even to describe how strange it was. On the stage, the puppeteers moved the dolls in an elegant fashion. Meanwhile, the male narrators kneeling on the side half-shouted, half-sang the story line. It took so much out of them that their voices got scratchy quite quickly, and they rotated the position. My English translation took roughly one quarter of the time it took to say the Japanese line. Kozy and Eiko insisted that they couldn’t understand half of it – lots of repetition and outdated grammar.

[H] 文楽がどんなに奇妙なものか、説明するのもむずかしい。舞台では人形遣いが人形を優雅に操った。同時に、膝まずいた男性の語り手が、半ば叫ぶように、半ば歌うように話を進める。あんまり力を入れるものだから、すぐ声がガラガラになってしまい、歌い手は交代した。私の英訳イアホーンでは日本語の台詞の4分の1ぐらいの時間しかかからなかった。コーズィとエイコは、繰り返しと古い文法で、半分しかわからなかったと言った。

[K] To me, and I’m sure it’s the same with Eiko, it really doesn’t matter we understand what is said. You just enjoy the whole production. Or to be a bit more precise, enjoy to see how inanimate dolls come alive. I must confess I don’t remember what the first Bunraku I saw with Thomas was all about. But I do remember it was loaded with wrenching emotions and how amazing it was to see dolls could express such things. It was also amazing how old male chanters could express women’s emotions. This time, since it was concerned with a struggle in the early samurai history, it was less moving.

[K]  エイコさんもきっと同じだと思うのけど、私には太夫が何を言っているのかわからなくてもあまりかまわない。ただ公演そのものを楽しむのだから。いやもっと正確に言うと、人形がどんなに生きたようになるかを見るのが楽しいのだ。白状すると、トーマスといっしょに初めて観た文楽の演目が何だったか、ちっとも覚えていない。覚えているのは、苦しむような感情に満ちていて、人形がそれを見事に表現できるのに感動したことだ。同時に、年配の男性である語りが女性の感情を十分表現できるのも見事だった。今回は初期の武士の闘争史に関するものなので、感動は少なかった。

[H] I probably thought the whole thing was funnier than the rest of the audience, precisely because I didn’t really have a means of processing it. The child emperor, for instance, took an awfully long time to die. First his nurse had to weep, then he had to wear something fancy to die, then he had to compose a poem, then his nurse praised the poem, then more weeping, and then, finally . . . he gets saved by his enemy and then forgives his enemy, which leads his long-time protector to kill himself in despair. I think. Not sure, really, but I’m pretty sure I would have been pissed if I’d been his protector. On the other hand, the protector was the one who said the emperor needed to die. Or something… In any case, it was fantastic and mind-boggling and bat-shit insane, and I’m still not sure what I saw. But I was so glad I went.

[H] 私には理解する術がなかったので、多分他の観客より、話が滑稽だと感じたのだろうと思う。例えば、幼い天皇はずいぶんと長い時間をかけて死んで行く。最初に、乳母が泣き、それから天皇は死ぬための優雅な衣装を身に着け、それから詩を作る。それを乳母が褒め、またもっと泣いて、そして最後に天皇は敵に助けられ、天皇は敵を許し、そのことで天皇の庇護者は絶望して自害する。ということ、だと思うけど、そうなのかな、よくわからない。私が天皇の庇護者だったらきっと腹が立っただろう。そうかと思うと、天皇は死ななくてはならないと言ったのは庇護者だ。どうなんだろう… なにはともあれ、すばらしくもあり、不可解でもあり、狂気的でもあり、私が見たのはいったい何だったのかいまだにわからない。でも行ってよかったと思う。

[K] I’d paid no attention to what the program would be. Had I known it, I would have or should have given Heather a quick summary of the political struggle between the Heike and the Minamoto clans. But this was confusing for me, too. It made me conscious of the fact that although the story was about the event in the late 12th century, it was written in the early 18th century. The hairdo and the garments were, except for the samurai, definitely of those after the 17th century. And I caught the word “chonin” (townspeople) in the dialogue. Chonin as a social class didn’t exist in the 12th century. I was being bothered by such things throughout the play.

[K]  その夜の演目が何なのか、私は前もって注意していなかった。わかっていたら、ヘザーに源平の政治権力闘争をかいつまんで説明していただろう。いや、すべきだった。もっとも、この舞台には私も混乱した。この話は12世紀の出来事なのだが、書かれたのは18世紀だということを意識させられる。髪型と着る物は侍以外は17世紀以降のものだ。また、台詞の中に「町人」という言葉が出てくる。社会階級としての町人は12世紀にはまだ存在していなかったのに。観劇中ずっとそういうことが気になってしかたがなかった。

[H] After the play, we went to a fugu (blowfish) restaurant. We had fugu sashimi, fugu hot pot, deep fried fugu, and even fugu milt (or testicle) - tempura-style for me. Dave asked if I’d had any hesitation, and the answer was no, not even for a moment. But I did have one, small moment when my lips began to tingle. I’d read up on the safety issues so I could reassure my daugher, and I knew that tingling lips was a sign that paralysis was about to set in. But I also knew it was totally implausible that I’d been poisoned, so I decided it must be the spicy daikon against my chapped lips. A bit of chapstick cured the problem instantly.

[H] 観劇の後、私たちはフグ料理店へ行った。フグ刺し、フグ鍋、フグ揚げ物、そして白子まで(私は天ぷらで)食べた。夫のデイヴはちょっとしたかと聞いたけれど、そんなことはまったくなかった。でも、唇がほんのちょっとだけしびれ出したときがあった。(私がフグを食べるつもりだと言ったので心配していた)娘を安心させるためにフグを食べる際の安全性についていろいろ読んでおいたので、唇がしびれるような感じがしたら毒が回ってきた兆しだということを知っていた。でもどくにあたったというのはあり得ないということもわかっていたので、カサカサしていた唇にもみじおろしがしみたせいだろうと思った。それでリップクリームを塗ったらすぐ直った。

[K] You have fugu in the winter. Eiko and I had looked for fugu restaurants that’d stay open late at night so that we could go after the play. Considering all distances from the theater and to the subway station, Eiko chose one in Akasaka, an area of central Tokyo with high-end hotels and numerous restaurants. We arrived there after 9. It wasn’t crowded since it was Wednesday night. We were led to a small room, just big enough for four people. As soon as we sat down, food started coming one after another. Eiko and I teased Heather when she ate the milt, and took many photos as a piece of evidence of her eating fugu testicles.

[K]  フグは冬に食べるものだ。エイコさんと私は観劇の後に行けるように夜遅くまで開いているフグ料理店を捜しておいた。国立劇場からと地下鉄駅までの距離を考えて、エイコさんは東京の真ん中で高級ホテルやたくさんレストランのある赤坂にある店を選んだ。私たちがそこに着いたのは9時過ぎで、水曜日の夜だったので混んでいなかった。私たちは4人しか坐れない小さな部屋に通された。坐った途端に料理が次から次へと運ばれた来た。エイコさんと私はヘザーが白子を食べたとき彼女をうんとからかって、彼女がフグの精巣を食べたという証拠として、いっぱい写真を撮った。

[H] Eiko, who is seven years older than Kozy, is fabulous. She walks faster than I do and is funny and irreverent. She doesn’t think a relationship is worth the sacrifice of her independence, but she takes great pleasure in flirting with younger men. She’s the only Japanese I saw my entire time there who jaywalked (apparently a common sight in Japan is people on the street corner, in the middle of a night by an empty street, patiently waiting for the walk sign). As she marched across the street, she waved her hands. “I’m from the countryside. We didn’t have walk signs, so I feel no guilt.” Eiko insisted on treating us – she went so far as to arrange it with the restaurant in advance – and was as charming a dinner companion as you could ask for.

[H] エイコはコーズィより7つ年上で、途方もなくすばらしい。私より足が早く、おもしろくて反逆的だ。自分の独立を犠牲にしてまで男との関係など持ちたくないと思っているけれど、若い男とふざけるのを楽しんでいる。日本滞在中に、赤信号を無視して道路を渡るのを私が見たのは彼女だけだった。(日本で普通なのは真夜中にひっそりした道で信号が青になるのを辛抱強く待っている人々の姿だろう。)道路を渡りながら、彼女は手を振って、「私は田舎育ちなのよ。信号なんてなかったから、悪いことをしているなんて全然思わないわ」と言った。エイコは頑として、夕食は彼女持ちだと言ってきかなかった。前もってレストランとそのように打ち合わせておいたくらいだ。おまけに、夕食をともにする仲間としてこれ以上魅力的な人はいないと思うくらいだった。

[K] Later Eiko said the food could be better. But we couldn’t have more fun eating dinner full of expectations, teasing and laughter. – a women’s night out. We talked about the Bunraku play we’d just seen, and were delighted to confirm that all of us had noticed the youngest chanter in the group in the second act was cute and handsome. We had so much fun and felt so warm inside we wished it’d last all night long. But it was time to go home and go to bed. Eiko was so adamant about treating us I just couldn’t fight it. When she’s determined, you just can’t go against her. We went outside. It was well past 11 pm, and quite a few people were walking in the narrow street towards the subway station. Most of them were young salarymen in their twenties, tipsy and boisterous, and didn’t look like overworked worn-out corporate workers. Perhaps they knew they were destined to be corporate slaves in the near future, and it was time to enjoy themselves before that happened. Or were they training themselves to be typical Japanese salarymen? We had a long day, too – lots of play and no work – and went straight to bed as soon as we got to our hotel.

[K]  エイコさんは後で、料理はいまいちだったわね、と言った。でも、女同士でわくわくして互いをからかったり笑い合ったりしながら食事をするのに、これほど楽しいことはなかった。見たばかりの文楽のことを話して、第2幕で一番若い謡い手がかわいくてハンサムだと3人とも気が付いていたことを発見して大喜びした。あまりに楽しくて、身体中が温まり、これが一晩中続いてくれればいいとみんな感じた。でももう帰って寝る時間だ。エイコさんは食事は彼女のおごりだときっぱり言って、私はそれには逆らえなかった。エイコさんがこうと決めたら、それに反対などできないのだ。私たちは外に出た。もうとっくに11時は過ぎていたのだが、地下鉄駅に向かって歩いている人は少なくなかった。そのほとんどは20代の若いサラリーマンで、千鳥足でにぎやかで、働き過ぎでくたびれ果てた大企業の従業員とは見えなかった。もしかしたら彼らは近い将来企業の奴隷になり果てることを知っていて、そうなる前のいまのうちに大いに楽しんでおこうと思っているのかもしれない。いや、それとも、典型的な日本のサラリーマンになるべく自己訓練をしているのかしら。私たちもきょうは一日やることがいっぱい−−遊びばかりだったが−−だった。そしてホテルに着くなり、すぐ寝てしまった。

最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
199 お葬式
198 とうとうやって来た日、そして雨
197 思い切り生きる
196 一夜が明けて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
194 ヘザーと私の日本旅行記(6 上)ショッピング
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
191 ヘザーと私の日本旅行記(4 上)伊豆へ向かう
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
189 ヘザーと私の日本旅行記(2)江戸・かっぱ橋・オフ会
188 ヘザーと私の日本旅行記(1) 日本到着
187 生ある日々を
186 花嫁の父
185 プラチナの裏地
184 家族をつなぐ指輪
183 「血の月」を追いかけて
182 ママハハだった母
181 アジア人(下)固定観念を越えて
180 ジプシーの目
179 選挙に映ったアメリカの顔
178 とうとう、きょう
177 アジア人(上)その概念
176 海軍出身
175 特攻志願
174 お祭り
173 ありがとう、で1年を
172 クリスマスプレゼントが今年もまた
171 スージー・ウォンの世界
170 秩序の秘訣
169 黒い雲の行方
168 ドアを開けたら
167 今年もまた
166 ボリビア(7)ボリビアで和菓子を
165 ボリビア(6)パクーの登場
164 ボリビア(5)卵の力、女性の力
163 ボリビア(4)小麦の都
162 ボリビア(3)米の都
161 ボリビア(2)2つの日系移住地
160 ボリビア(1)サンタクルス
159 闇の中で
158 みんなの宝物
157 新語の中身
156 年末のご挨拶
155 ピッチピッチチャップチャップ
154 神の仕業
153 ラタトゥイユ(2)レシピ
152 ラタトゥイユ(1)
151 プティ・タ・プティの最後の1片
150 ジプシーとの知恵競争は続く
149 豊かな粗食
148 中絶抗争
147 スーザン・ボイルの勝利
146 黄昏の親子関係
145 子ども好き
144 言葉雑感(8)regift
143 言葉雑感(7)「ん」の音
142 アメリカの理想
141 ときめく日の足音
140 言葉雑感(6)ミルクとは
139 ミルクの教訓
138 年末の独り言
137 投票日日誌
136 あと3日
135 ペイリンから見えるアメリカ
134 訴訟顛末記(1)まず弁護士を
133 園遊会で
132 柔の姿勢
131 言葉雑感(5)4文字言葉
130 豪邸の住人
129 言葉雑感(4)カミはカミでも
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
127 言葉雑感(2)子年のネズミ
126 言葉雑感(1)グローバルなピリピリ
125 やって来た山火事(最終回)これから
124 やって来た山火事(9)いとおしい木々
123 やって来た山火事(8)現実に直面して
122 やって来た山火事(7)焦燥の2日間
121 やって来た山火事(6)私の方舟
120 やって来た山火事(5)避難準備
119 やって来た山火事(4)止まない風
118 やって来た山火事(3)第1日目の夜
117 やって来た山火事(2)第1日目の夕方
116 やって来た山火事(1)第1日目の昼下がり
115 しあわせな1日
114 チェ
113 メキシコの息づかい
112 「石の家」
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
110 ケーキ1切れ
109 「豊かさ」の中身
108 イタリアの修道僧
107 3年ぶりの日本
106 キューバ:アメリカの恥
105 キューバ:バラコア
104 キューバ:甘い歴史の苦い思い出
103 キューバ:2つの通貨
102 キューバ:近過ぎて遠い国
101 ホンジュラス(最終回)去る者,残る者
100 ホンジュラス(19)シエンプレ・ウニードス
99 ホンジュラス(18)ガリフナ放送
98 あと1年、だったら
97 無信仰者のクリスマス
96 ホンジュラス(17)ガリフナ
95 ホンジュラス(16)バナナ共和国
94 ホンジュラス(15)マヤ文明の跡
93 ホンジュラス(14)牢獄の中と外
92 ホンジュラス(13)先住民の女性たち
91 ホンジュラス(12)一番安全な町
90 ホンジュラス(11)オランチョの森(下)
89 ホンジュラス(10)オランチョの森(上)
88 金鉱の陰で(追記)カリフォルニアで
87 ホンジュラス(9)金鉱の陰で(下)
86 ホンジュラス(8)金鉱の陰で (中)
85 ホンジュラス(7)金鉱の陰で (上)
84 ホンジュラス(6)原則に沿って
83 ホンジュラス(5)農地のない農民
82 移民政争とラティノの力(続)
81 移民政争とラティノの力
80 ホンジュラス(4)消え去った人々
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
78 ホンジュラス(2)レンピーラ
77 ホンジュラス(1)行ってみよう
76 本物を見る
75 豊かな心
74 蝶の力
73 単刀直入
72 愛の表現
71 ベネット・バーガー
70 感謝の日
69 思わぬ道草(最終回)原点
68 思わぬ道草(19)回復に向けて
67 思わぬ道草(18)人は孤島にあらず
66 「ニューオーリーンズ」に見えたもの
65 思わぬ道草(17)一歩後退の教訓
64 思わぬ道草(16)日没症候群
63 甦生の兆し
62 ニューオーリーンズとクリスチャン
61 思わぬ道草(15)もつれた糸
60 思わぬ道草(14)彼の青い目(下)
59 思わぬ道草(13)彼の青い目(上)
58 思わぬ道草(12)ローマ鎧
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
56 思わぬ道草(10)近くの他人
55 思わぬ道草(9)ロールバー
54 思わぬ道草(8)楽観の2日間
53 思わぬ道草(7)一人三脚
52 思わぬ道草(6)長い夜
51 思わぬ道草(5)OR
50 思わぬ道草(4)ER
49 思わぬ道草(3)常習犯
48 思わぬ道草(2)目撃者
47 思わぬ道草(1)3月14日の夕方
46 訛った英語
45 イギリスの英語
44 英語とアメリカ
43 海の中に(下)
42 海の中に(上)
41 姓というマーカー(下)
40 姓というマーカー(上)
39 国籍あれこれ:選択肢
38 国籍あれこれ:彼の場合
37 国籍あれこれ:私の場合
36 ボーダーとは
35 最終回:グローバリゼーション
34 番外編:クリスマス・ディナー
33 サンタアナの風
32 お刺身パーティー
31 アボカド泥棒
30 アボカドと生きる鳥
29 カラスのご馳走
28 三つ子の魂
27 子宝のもと?
26 アボカド探検家
25 ゴールドラッシュの波紋(下)
24 ゴールドラッシュの波紋(上)
23 海を渡って(下)
22 海を渡って (上)
21 コンキスタドール
20 アボカド事始め
19 ハースマザーの行方
18 世界アボカド会議
17 フエルテ
16 ハースマザーの木(下)
15 ハースマザーの木(上)
14 鶏より馬
13 働く人々
12 花婿の父
11 シンコ・デ・マヨ
10 「奇跡の3月」
9 アボカド形の穴
8 父親不明
7 女性花・男性花
6 トーマスのギャンブル(2)
5 トーマスのギャンブル(1)
4 成熟と完熟
3 グァカモーレ
2 アボカドさまざま
1 メックスフライ
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 7 9 3 5 1 4
昨日の訪問者数0 5 8 7 1 本日の現在までの訪問者数0 3 7 7 9