1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ボーダーを越えて
163 ボリビア(4)小麦の都
2010年7月8日
雨宮 和子 雨宮 和子 [あめみや かずこ]

1947年、東京都生まれ。だが、子どものときからあちこちに移動して、故郷なるものがない。1971年から1年3ヶ月を東南アジアで過ごした後、カリフォルニアに移住し、現在に至る。ボリビアへの沖縄移民について調べたり書いたりしているが、配偶者のアボカド農園経営も手伝う何でも屋。家族は、配偶者、犬1匹、猫1匹、オウム1羽。
▲ 小麦畑の前に立つ比嘉徹さん。
▲ お父さんご自慢の4シリンダートラクターのエンジンをかけてみせる比嘉さん。
▲ 愛沖製粉工場。
ボリビアのオキナワ移住地へ行くたびに、 爽快な気分になります。 その途方もなく続く平らな農地の広がりを目の前にして、アメリカ中西部みたい、と思いながら、穀倉地帯の豊かさが膚に響いてくるような感じがするのです。移住地の住民もおおらかでゆったりして、いっしょにいるだけで癒されるような気持になってきます。

でもオキナワ移住地が豊かになるまでが大変でした。入植当時の苦労についてはボリビア報告2回目「2つの日系移住地」でちょっと触れましたが、その後も苦難の連続。特に1968年の大洪水は大打撃で、ボリビアでの農業を諦めて町に出たり、隣国に再移住したり、沖縄に戻っていったりする人々が続出しました。同時に、その年にはオキナワ移住地は沖縄県より一足早く米国軍政下から抜け出して日本国政府管轄下に入り、JICAの指導を受けながら換金作物を模索するようになりました。

ちょうどその頃、ボリビアのサンタクルス地方では綿花の栽培がブームになり、オキナワ移住地もやろうという気概が生まれました。綿花栽培は大規模にやらないと採算が合いません。そこで、移住地を離れた人たちの土地を買い、JICAの融資で大型機械を取り入れて本格的に機械化農業を始めました。

ところが綿花栽培は大失敗。国際価格が大暴落し、多量の農薬使用で健康も環境も傷つき、機械導入のための借金でクビが回らなくなってしまいました。オキナワ移住地の方々の心はどんなに重くて暗い雲に覆われたことでしょう。簡単に想像などできないくらい大変だったろうと思います。

でも、綿花栽培のために耕地を広げ、機械化したことは無駄ではありませんでした。1980年代からブラジルやアルゼンチンで大豆栽培が始まり、ボリビアにも大豆熱がやって来て、オキナワ移住地でも藁をも掴む思いで大豆を植え始めたところ、それが大成功したのです。オキナワ移住地はやっと経済的に安定し、順風満帆に動き出しました。

オキナワ移住地の東側をアマゾン川に向かって北上するグランデ河は、洪水で大被害をもたらしますが、そのときにアンデス山脈からの栄養分を残していってくれるので、 オキナワ移住地の土壌は入植以来全く肥料を必要としなかったほど肥沃です。亜熱帯気候なので、「冬」は北半球とは反対の時期になりますが、平均気温は20℃を越し、容易に二毛作ができます。そこで、夏に大豆、あるいは トウモロコシやヒマワリ(油用)やコウリャン(飼料) を植える農地に、冬は何を植えたらいいかを検討した結果、小麦を植えることにしました。

「ボリビア低地のような亜熱帯で小麦が育つというのは大変なことだ」と、昔タンザニアの高原地帯で小麦栽培指導をしていて我が連れ合いは言います。小麦は雨が降りすぎる所ではだめで、暑過ぎても寒過ぎても育たないそうです。が、オキナワ移住地は冬は乾燥しているので、多少の高温に耐える品種を使って、本格的に裏作として小麦生産を始めました。

私がオキナワ移住地に行くのは8月中旬が多いのですが、そのころはちょうど小麦が立派に育って収穫が始まるころです。それでも収穫が終わるまでは油断できません。せっかく育った小麦が雨が降って台無しになったり、大風で倒れたりしてしまうことも珍しくないからです。冷たい空気が南極から流れ込んで風が吹くこともあります。私もその風に遭遇して身震いしながらあわててお店に飛び込んでセーターを買ったことがありました。

そういう自然環境の中で作物を育てていくのは大変な仕事ですが、オキナワ移住地は試験場で小麦生産について研究調査をし、1ヘクタールあたりの収穫量はボリビアで一番の成績を上げて、ボリビア政府農業畜産農村発展省から「ボリビアの小麦の首都」に指定され、「全国小麦の日」の小麦博覧会を毎年主催しています。

去る5月に行ったときには、若い小麦が育ち始めていました。オキナワ移住地生まれの比嘉徹さんに案内していただいた小麦畑は、ところどころ、2メートルほどの幅に植えられたトウモロコシの列が続いています。
「トウモロコシは小麦よりずっと背が高くなるでしょう? それで防風林の役目をするんじゃないかなと思って、試験的に植えてみたんですよ」と、比嘉さんは説明してくださいました。
「それは試験場のアドバイスですか?」
「いや、自分で試してみることにしたんです」
専門家からの指導を待たずに、自ら積極的に改善を試みる。サンファン移住地もそうですが、1人1人の向上心がオキナワ移住地の成功の秘訣なのでしょう。

天候不順や洪水のために7回連続不作を経験したことがあるという比嘉さんは、そんな経験も試練として受け入れてしまうほど前向きで、何事にも柔軟な姿勢でいつも接しているようです。と、口で言うのは簡単ですが、実際に苦難の連続に打ち勝つのは生易しいことではありません。連れ合いの事故や農園の火事でここ数年思わぬできごと続きの私は、自分よりずっと若い比嘉さんに見習わなくては、と思いつつ比嘉さんのお話を伺っていました。

農業機器は引退した両親の家に置いてある、ということで、比嘉徹さんのご両親のお宅に伺ったところ、引退されたはずの父上、比嘉敬光さんはじっとしていられない様子で、トラクターの整備を監督しておられました。巨大なコンバイン収穫機や種蒔き機の横に、旧式の4シリンダーのトラクターが置いてあります。
「当時はみんな3シリンダーのトラクターを使っていたんですが、私は4シリンダーのを買ったんですよ。馬力が違いますから」と、もの静かに語りながらも、敬光さんの顔は自慢そうにほころんでいます。
「私は10歳のときからこれに乗って親父の仕事を手伝ったんですよ」と、徹さんは再びそのトラクターに乗って、エンジンをかけました。30年以上にもなるそのトラクターは、問題なくエンジンがかかるのですから、たいしたものです。「この親にしてこの子あり」という諺がありますが、徹さんのご両親は笑顔を絶やさず、淡々と苦難も乗り越えて来られたように見受けられ、一人っ子の徹さんは優しいご両親の愛情をいっぱい身に受けて育ち、今日の姿になったのだろうなぁ、と思わずにはいられませんでした。

比嘉徹さんは農業の他にもう1つ事業に関わっています。同世代の仲間2人と一緒に、小麦の製粉企業、Aioki(愛沖)の経営です。大規模ではありませんが、小さくもなく、イタリア製の機械が24時間駆動しています。

6年前に、私は比嘉さんに立ち上げたばかりの事業について聞いたものです。
「製粉機械をどこから入手したんですか」
「インターネットで見つけました」
「エッ、本当に?」中規模とはいえ、決して小さな機械ではありません。
「本当ですよ。インターネットで探して、ちょうど良さそうなのが見つかったので、仲間といっしょにイタリアのパドアという所に出かけて行ったんです。イタリア人も自分たちをうんと気に入ってくれて、とてもいい条件の分割払いで売ってくれました」

今年は愛沖製粉工場の中も見せてもらうことにしました。
「支払いは無事全部終わりました」比嘉さんは案内しながら、さりげなくそう教えてくださいましたが、「あのときはやっぱり若かったんですね。いまだったら、あんなに簡単に踏み切れるかなぁ」と笑います。
工場の中には小麦の検査室もあり、器具は全部中国製でした。
「去年、上海の産業フェアに行ったとき買って来たんです。値段はヨーロッパ製の半分で、性能もいいですよ」
比嘉さんの言葉からは、中国製品が世界中に広がっているだけでなく、比嘉さんには国境という観念がほとんどないと感じられます。

比嘉さんはまだ20代の頃、研修で日本で2年間過ごされたそうです。
「何を勉強しに行ったかって? 低圧電気です。技術の進歩が速くていまでは使い物にならなくなりません。でも、日本で学んだことは大きいですよ。特に、人間関係では勉強になりました。ボリビア人の雇い方に役に立っています」
愛沖工場の入り口には従業員用タイムカード機が置いてありますが、それは日本で学んだことの1つだそうです。
「時間に厳しくするためというより、きちんとメリハリを付けて仕事をしてもらうためです。そうでないと、ダラダラしてしまいますからね」
たしかに、東部低地のボリビア人は呑気なのんびり屋だと定評なのです。

オキナワ移住地農協「カイコ」(CAICO)は、現在、「ボリビアの小麦の首都」の名前に負けないくらい大規模な麺工場を建設中です。近いうちに「小麦の都」産のおそばやマカロニ、スパゲッティがボリビアに出回るようになるのでしょう。

主要穀物の小麦とお米の生産が、ボリビアでは2つの日系移住地が中心だというのは、すごいことだと思いませんか。ちなみに、2つの移住地の日系総人口は2千人に満たないのです。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
199 お葬式
198 とうとうやって来た日、そして雨
197 思い切り生きる
196 一夜が明けて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
194 ヘザーと私の日本旅行記(6 上)ショッピング
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
191 ヘザーと私の日本旅行記(4 上)伊豆へ向かう
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
189 ヘザーと私の日本旅行記(2)江戸・かっぱ橋・オフ会
188 ヘザーと私の日本旅行記(1) 日本到着
187 生ある日々を
186 花嫁の父
185 プラチナの裏地
184 家族をつなぐ指輪
183 「血の月」を追いかけて
182 ママハハだった母
181 アジア人(下)固定観念を越えて
180 ジプシーの目
179 選挙に映ったアメリカの顔
178 とうとう、きょう
177 アジア人(上)その概念
176 海軍出身
175 特攻志願
174 お祭り
173 ありがとう、で1年を
172 クリスマスプレゼントが今年もまた
171 スージー・ウォンの世界
170 秩序の秘訣
169 黒い雲の行方
168 ドアを開けたら
167 今年もまた
166 ボリビア(7)ボリビアで和菓子を
165 ボリビア(6)パクーの登場
164 ボリビア(5)卵の力、女性の力
163 ボリビア(4)小麦の都
162 ボリビア(3)米の都
161 ボリビア(2)2つの日系移住地
160 ボリビア(1)サンタクルス
159 闇の中で
158 みんなの宝物
157 新語の中身
156 年末のご挨拶
155 ピッチピッチチャップチャップ
154 神の仕業
153 ラタトゥイユ(2)レシピ
152 ラタトゥイユ(1)
151 プティ・タ・プティの最後の1片
150 ジプシーとの知恵競争は続く
149 豊かな粗食
148 中絶抗争
147 スーザン・ボイルの勝利
146 黄昏の親子関係
145 子ども好き
144 言葉雑感(8)regift
143 言葉雑感(7)「ん」の音
142 アメリカの理想
141 ときめく日の足音
140 言葉雑感(6)ミルクとは
139 ミルクの教訓
138 年末の独り言
137 投票日日誌
136 あと3日
135 ペイリンから見えるアメリカ
134 訴訟顛末記(1)まず弁護士を
133 園遊会で
132 柔の姿勢
131 言葉雑感(5)4文字言葉
130 豪邸の住人
129 言葉雑感(4)カミはカミでも
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
127 言葉雑感(2)子年のネズミ
126 言葉雑感(1)グローバルなピリピリ
125 やって来た山火事(最終回)これから
124 やって来た山火事(9)いとおしい木々
123 やって来た山火事(8)現実に直面して
122 やって来た山火事(7)焦燥の2日間
121 やって来た山火事(6)私の方舟
120 やって来た山火事(5)避難準備
119 やって来た山火事(4)止まない風
118 やって来た山火事(3)第1日目の夜
117 やって来た山火事(2)第1日目の夕方
116 やって来た山火事(1)第1日目の昼下がり
115 しあわせな1日
114 チェ
113 メキシコの息づかい
112 「石の家」
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
110 ケーキ1切れ
109 「豊かさ」の中身
108 イタリアの修道僧
107 3年ぶりの日本
106 キューバ:アメリカの恥
105 キューバ:バラコア
104 キューバ:甘い歴史の苦い思い出
103 キューバ:2つの通貨
102 キューバ:近過ぎて遠い国
101 ホンジュラス(最終回)去る者,残る者
100 ホンジュラス(19)シエンプレ・ウニードス
99 ホンジュラス(18)ガリフナ放送
98 あと1年、だったら
97 無信仰者のクリスマス
96 ホンジュラス(17)ガリフナ
95 ホンジュラス(16)バナナ共和国
94 ホンジュラス(15)マヤ文明の跡
93 ホンジュラス(14)牢獄の中と外
92 ホンジュラス(13)先住民の女性たち
91 ホンジュラス(12)一番安全な町
90 ホンジュラス(11)オランチョの森(下)
89 ホンジュラス(10)オランチョの森(上)
88 金鉱の陰で(追記)カリフォルニアで
87 ホンジュラス(9)金鉱の陰で(下)
86 ホンジュラス(8)金鉱の陰で (中)
85 ホンジュラス(7)金鉱の陰で (上)
84 ホンジュラス(6)原則に沿って
83 ホンジュラス(5)農地のない農民
82 移民政争とラティノの力(続)
81 移民政争とラティノの力
80 ホンジュラス(4)消え去った人々
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
78 ホンジュラス(2)レンピーラ
77 ホンジュラス(1)行ってみよう
76 本物を見る
75 豊かな心
74 蝶の力
73 単刀直入
72 愛の表現
71 ベネット・バーガー
70 感謝の日
69 思わぬ道草(最終回)原点
68 思わぬ道草(19)回復に向けて
67 思わぬ道草(18)人は孤島にあらず
66 「ニューオーリーンズ」に見えたもの
65 思わぬ道草(17)一歩後退の教訓
64 思わぬ道草(16)日没症候群
63 甦生の兆し
62 ニューオーリーンズとクリスチャン
61 思わぬ道草(15)もつれた糸
60 思わぬ道草(14)彼の青い目(下)
59 思わぬ道草(13)彼の青い目(上)
58 思わぬ道草(12)ローマ鎧
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
56 思わぬ道草(10)近くの他人
55 思わぬ道草(9)ロールバー
54 思わぬ道草(8)楽観の2日間
53 思わぬ道草(7)一人三脚
52 思わぬ道草(6)長い夜
51 思わぬ道草(5)OR
50 思わぬ道草(4)ER
49 思わぬ道草(3)常習犯
48 思わぬ道草(2)目撃者
47 思わぬ道草(1)3月14日の夕方
46 訛った英語
45 イギリスの英語
44 英語とアメリカ
43 海の中に(下)
42 海の中に(上)
41 姓というマーカー(下)
40 姓というマーカー(上)
39 国籍あれこれ:選択肢
38 国籍あれこれ:彼の場合
37 国籍あれこれ:私の場合
36 ボーダーとは
35 最終回:グローバリゼーション
34 番外編:クリスマス・ディナー
33 サンタアナの風
32 お刺身パーティー
31 アボカド泥棒
30 アボカドと生きる鳥
29 カラスのご馳走
28 三つ子の魂
27 子宝のもと?
26 アボカド探検家
25 ゴールドラッシュの波紋(下)
24 ゴールドラッシュの波紋(上)
23 海を渡って(下)
22 海を渡って (上)
21 コンキスタドール
20 アボカド事始め
19 ハースマザーの行方
18 世界アボカド会議
17 フエルテ
16 ハースマザーの木(下)
15 ハースマザーの木(上)
14 鶏より馬
13 働く人々
12 花婿の父
11 シンコ・デ・マヨ
10 「奇跡の3月」
9 アボカド形の穴
8 父親不明
7 女性花・男性花
6 トーマスのギャンブル(2)
5 トーマスのギャンブル(1)
4 成熟と完熟
3 グァカモーレ
2 アボカドさまざま
1 メックスフライ
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 5 9 6 7 1 8
昨日の訪問者数0 4 0 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 2 3 3