1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
かくてありけり
33 撮影時間の怪
2005年1月10日
沼田 清 沼田 清 [ぬまた きよし]

1948年、新潟県生まれ。千葉大学工学部卒業。2008年、通信社写真部を卒業、以後は資料写真セクションで嘱託として古い写真の掘り起こしと点検に従事。勤務の傍ら個人的に災害写真史を調べ、現在は明治三陸津波の写真の解明に努めている。仕事を離れては日曜菜園で気分転換を図っている。
 昨年暮れの30日に、奈良市の小学一年生誘拐殺害事件の容疑者が逮捕されました。不安な日々を過ごしていた周辺住民は安心して新年を迎えたことでしょう。私も帰省した翌朝に大阪にトンボ帰りする羽目になりましたが、懸案が一つ片付いてホッとしました。
 
 さて、その容疑者の移送場面の撮影時間について加盟社からお尋ねがありました。大手紙各紙のほとんどが「午後2時35分」になっているのに、わが社の配信では「午後2時20分」と「午後2時36分」の2通りになっている。これで間違いはないのかと。出稿時に点検をしているのは言うまでもないことですが、デスクは再度取材者に確認をし、加盟社に「間違いないです」と回答しました。

 移送場面は2カットありました。容疑者が奈良県警西和署の建物から出てきたところと、乗った車が同署から出てゆくところです。私も勘違いしていましたが2つの場面は連続して1〜2分で完了したのではなく、間に中断があったのです。その結果、前者は午後2時20分であり、後者は2時35分前後でした。しかし他社は最初の場面も一律に2時34分とか2時35分としている。
 
 報道各社のカメラマンが足並み揃えて取材する場合、撮影が終わった段階で時計を見て撮影時間を統一することがあります。同じ場面なのに新聞によって時間が違っていたらみっともないからです。今回はそのような申し合わせはしていません。
 それにしても15分も鯖を読むのは乱暴です。何故そのようなことになったのか?どうも県警本部が逮捕時間を「午後2時25分」と発表したことに端を発しているようです。
公式タイムではまだ逮捕していないはずの2時20分にすでに容疑者は手錠姿になっている。これでは記事と写真とで整合性が取れない。そこで撮影時間を公式タイムより後の2時35分に一本化したのではないか。
 
 これで分かったのは、逮捕時間に関し奈良県警の発表はさほど厳密ではないこと。5分程度のずれは許容範囲のようです。また、新聞社では出稿部はもちろん、整理部や校閲部が記事と写真の整合性に神経を砕いていることがうかがえます。わが社は詰めきれませんでしたが、各社とも社内調整がされたようです。しかし、本来なら警察側に時間の矛盾を指摘して修正を迫るのが筋なのに、それをしないで写真の撮影時間を変えることで済ましたとしたら残念です。そこには記事(ペン記者)は信頼できるが、写真説明(カメラマン)は信頼できないという偏見があるような気がするからです。テレビの生中継があったら対応は違ったのかもしれません。

 今回、撮影時間をきちんと把握し反論できたのはデジタルカメラのおかげです。デジカメは画像ファイルを作るとき1コマごとに撮影日時、絞り値、シャッタースピード、感度、撮影モードなどを詳細に記録しています。これはEXIFと呼ばれるファイル情報で、画像が保持します。問い合わせを受けて、カメラマンはカメラの時計が狂ってないことを確かめた後、このファイル情報の時間を点検して間違いないことを確認しました。
 
 一段落ついた大晦日、再び帰省する新幹線の中で昆虫写真家の海野和男氏の「デジカメ自然観察のすすめ」(岩波ジュニア新書)を開きました。その中で同氏は、デジカメの優れた点の一つとして、前述のような撮影データを自動的に記録してくれることを挙げています。

 フィルム式カメラでは、例えば昆虫の羽化を記録する際、微妙な変化を撮り漏らすまいと撮影に没頭するため、時間をメモすることは後回しになり、正確さを欠いたそうです。デジカメになって正確な時間経過が労せずして分かるようになり、昆虫の生態について思い込みや通説が修正されるケースが出てきたといいます。撮る対象は違っても正確に記録するという点で共通点を感じて、海野氏の指摘にうなづきました。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
66 追悼−西永奨さん
65 ご破算で願いましては−14回目の引っ越し
64 続・原爆を撮った男
63 再び・硫黄島の星条旗
62 日曜農園から 「農閑期」
61 富士山頂の星条旗−古写真探偵が行く
60 日曜農園から(4) 「収穫祭」
59 日曜農園から(3) 会計担当
58 日曜農園から(2)−農事暦
57 日曜農園から(1)
56 「トリアージ」再び
55 刷り込み
54 遷宮の撮影
53 定点観測
52 解約返戻金
51 仰げば尊し
50 在宅勤務
49 睡眠時無呼吸症候群
48 映画館今昔(補遺)
47 映画館今昔(下)
46 映画館今昔(上)
45 原爆を撮った男
44 標準温度計
43 続・硫黄島の星条旗
42 knot=結び目
41 硫黄島の星条旗
40 五十嵐君のこと
39 ホケマクイ
38 百科事典
37 白魔
36 私は嘘を申しません
35 再び転勤
34 高所作業車
33 撮影時間の怪
32 色再現
31 空き缶回収の主役
30 続・ビルの谷間に蝶
29 代表撮影
28 人名用漢字
27 ビルの谷間に蝶
26 ホウレンソウに虫
25 残酷でも放送して!
24 人力飛行機
23 ペーパーレス
22 接触を拒否する企業サイト
21 今様1K住宅事情
20 credibility=信憑性
19 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(下)
18 超小型走査電子顕微鏡に賭けた二人の男(上)
17 クレジットの怪
16 遺体写真
15 親密な見知らぬ他人=Intimate Stranger
14 走査型電子顕微鏡写真
13 気送管
12 カメラ付き携帯電話
11 続・合成写真
10 合成写真
9 帰還不能点
8 藤子不二雄の先見性
7 図書館は今
6 裏焼き
5 デジタルカメラ
4 Made in occupied Japan
3 トリアージ=負傷者選別
2 怖い夢
1 亡命
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 5 3 3
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 5 3 0