1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
寄り道まわり道
49 龍馬のように
2008年7月9日
吉田 美智枝 吉田 美智枝 [よしだ みちえ]

福岡県生まれ、横浜市在住。夫の仕事の関係で韓国ソウルとタイのバンコクで過ごした。韓国系の通信社でアシスタント、翻訳、衆議院・参議院で秘書、韓国文化院勤務などを経て現在に至る。自作のアクセサリーをBeads Duoというブランドで販売しながら、韓国の主に女性たちについてエッセーを執筆中。『朝鮮王朝の衣装と装身具』(共著)、韓国近代文学選などの翻訳がある。
▲ 淡水パールのラリエット。
Top部分はベネチアンビーズ。
▲ きれいな虫…と撮影したが、バラの天敵カミキリムシだった。
「3日一緒に住めば、後の1年は(その人のことを)話して暮らせる」

坂本龍馬の妻だったお竜(おりょう)がこんなことをいったそうである。

T氏は、当時野党第一党の政治家だった。私が彼の秘書となったのは30代半ば、ひょんなことからであった。実家も嫁ぎ先も与党支持者ばかりだったので、その仕事を引き受けたとき夫は結構びっくりしたに違いないが、とくに引き止めるわけではなかった。引き止めても無駄…そう思ったのかもしれない。

坂本龍馬という人を写真で見ると、黒澤明監督の映画『七人の侍』に出てくる侍のようである。頭髪は乱れ、素浪人風で、お世辞にもお洒落とはいい難い姿。だが、ものの本によると、風貌に似合わず香水を好んで使う洒落者の一面もあったという。が、全身に振りまかれた香水の匂いに閉口したとも書かれていた。

T氏も外見はオシャレな人ではなかった。太り気味の体型を左右に揺すりながら歩いた。しかし、食べるもの、気配り、旅行…すべてにおいてセンスがよく、面倒見もよかった。履歴書やアンケートの趣味欄に「人の世話」と本気で書いていたのが、微笑ましくも可笑しかった。

京都の粋人であったが、その因習や枠に収まらず(むしろ嫌で蹴飛ばして)京都人らしからぬ人であった。繊細さと大胆さを併せ持ち、寂しがり屋でもあった。政治屋のように見えて政治家だった(と思う)。そして贅沢を知りながら、根っからのS党人であった。

私は、彼の下で世の中の仕組み、からくり、お金の使い方など多くを学んだ(身についたかどうかはかなり疑問だが)。彼は、ことばを「武器として」使うすべ(自分の発することばが、どのように周囲や社会に影響を及ぼし、人を動かすか)を知り、しかも会話は軽妙だった。

しかし、それよりなによりも彼を特徴づけていたのは、独創的な発想と自由奔放な行動だった。若い頃キエフに行き送還された、アメリカ横断中の列車内で腹痛を起しトイレのドアが開かず列車を止めてしまった、最高級ホテルの部屋を水浸しにした、食堂では(友人のものでも娘のものでも)注文して最初に運ばれてきたものを食べた…など大小とりあわせて問題も多かったが、問題を起した後のしょげ方には子どものようなところがあって憎めなかった。

「3日一緒に住めば…」というお竜さんのことばは、作家によって後に付け加えられたものかもしれない。が、実際お竜さんにそういわせてもおかしくないところが龍馬にはあったのだろう。

「これほど人を退屈させない人はいないけれど、一緒に住むのはごめんです」

T氏の夫人と娘さんは笑った。彼の溢れるエネルギーは、語りきれないほどのエピソードを生み、周囲の人を疲れさせもしたが、それを補ってあまりある魅力があった。

ふり返れば、60代半ばで逝ってしまった彼の人生は決して長かったとはいえない。戦後をS党人として駆け抜けていった彼が示してくれたもの…それは、イデオロギーや既成の価値観を超えた人間的魅力ではなかったか。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
82 韓国民謡 アリラン (日本語版)
81 에세이 아리랑 (韓国語版)
80 Korean song Arirang (英語版)
79 百年の生涯 (英語版)
78 百年の生涯 (韓国語版)
77 悲運の詩人 許蘭雪軒(韓国語版)
76 悲運の詩人 許蘭雪軒
75 江陵に咲いた花 申師任堂 2
74 江陵に咲いた花 申師任堂1
73 相思華(상사화)
72 迷いの中で
71 小さな写真集
70 故郷往来
69 寄り道まわり道
68 まだこどもでいられる幸せ
67 大ボケ小ボケ
66 サヨナラガニガテ
65 夢のかけら
64 書くということ
63 難易度
62 気晴らし
61 二人三脚
60 暑い夏のすごし方
59 ゴルフ中継の憂鬱
58 悪女の方程式
57 媒体
55 余白
54 あなたに似た人
53 夢の庭
52 エッセーの心得
51
50 もう一人の上司
49 龍馬のように
48 ホームセンター
47 ユルスナールの靴
46 モティーフ
45 あれかこれか
44 ビーズ日記再開
41 カウチポテトを夢見て
40 チャイ・ローン
39 ワイとチャイ
38 100年の生涯
37 春のワルツ
36 マッサージの迷宮
35 幸福の庭
34 彼女のパール
33 熱帯でゴルフを楽しむ法
32 伝説のホテル
31 ベートーベンハウス
30 旅に出ます
28 辺境が好き 前編
27 白い猫
26 龍宮城伝説考
25 寄り道
24 花の旅笠
23 二村洞の人々
22 クヮナクの友人たち
21 追憶ーソウル原風景
20 遍歴
19 エスニック通り
18 小さなジャングル
17 老後の楽しみ
16 失われた楽園
15 女らしい男たち
14 メナムの夕日
13 迷路
12 ノイさん
11 M.ハスケルを探して 5
10 M.ハスケルを探して 4
9 M.ハスケルを探して 3 
8 M.ハスケルを探して 2 
7 M.ハスケルを探して 1
6 旅は猫連れ
5 本ものの偽もの
4 シンプルからの脱皮
3 ビーズな日々の始まり
2 カニカレー
1 タイは「微笑の国」?
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 6 3 7
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 6 3 4