1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
91 残すか、捨てるか
2007年12月24日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
▲ 写真を整理していたら、昔の恋人とのツーショットが出てきた。というのは冗談で、取材で会ったジュディ・オングさんと。筆者38歳くらいか。こういう写真が出てくるから1枚1枚チェックが必要。
▲ 廃材利用で作った本棚に、とにかく本を並べる。これから、残す、売る、捨てる、分類です。
10月半ばに現在の家に引っ越してきていらい、整理の日が続いている。長くてあと半年か1年の仮住まい、たぶん、もう一度引越しをすることになる。

この先、住まいのことはどうなるか分からないのだが、とにかくこれを期に身辺荷物の大整理をすることにした。いまここで整理をしておけば、次の引越しが楽になる。また一方で、もし自分もしくは妻の身に何かあったとき、子供たちに迷惑をかけないよう「この際、持っていても次世代に残す必要のないものは思い切って処分する」という決意を固めて整理にのぞんでいる。そういう年齢になった、ということか。

まずは写真。かつてプロカメラマンという職業柄、普通の家庭に較べると写真が多い。アルバムだけでも30冊以上、その他、整理しないまま残されているプリント、ネガがダンボールやプラスチックケースに数箱。ひと頃、写真をスキャンしてデータを残す、そしてアルバム廃棄という方針を妻が立てたが、ほとんど実行されないまま年月が流れた。ならば、アルバムはそのまま残す、ただし、重いから、小さめのダンボールに小分けし、表書きをつけていく、という方針を立てた。箱の数は増えるが、持ち運びが楽になる。

整理されていないバラ写真は、捨てるもの、残すものをより分け、それぞれダンボールに放り込んでいく。ネガはすべて廃棄。だが、基本方針「大胆に、躊躇なく捨てる」が作業開始直後から揺らぐ。処分箱を妻がいちいちチェックし、僕が捨てた写真をまた拾い出し、「残し箱」に移しかえるのだ。そのつど夫婦喧嘩が始まる。だが、潔く捨てる覚悟で臨んでいる僕自身も、そう大胆には捨てきれない写真のほうが多い。1枚1枚、思い出に浸り、それやこれやで、時間を浪費するばかりだ。

次は本だ。前の家のベランダを解体しその材木を再利用してまず収容する本棚をつくった。ベランダは10年前、隣家が建て替えで家を解体するときいただいたアメリカ杉の板材を再利用して作った。ドイツ製の防虫・防腐塗料をきちんと塗っておいたせいで、雨露にさらされていたにもかかわらず、まったく傷んでおらず、「これだけお役に立って幸せな材木ですねえ」と娘がいうほど、立派な本棚に変身した。

その本棚に、なにも考えず、とにかく本を並べていく。並べる前に分類にはいるとここで時間を浪費する。背表紙が見えるように、なにも考えないでとにかく並べる。スペースが足りなくなったら、後ろ単行本、前、文庫本と2列に並べる。こうしておけば後ろの単行本の背表紙の一部が見える。一覧性を高めておいて、そのあと一気に整理にはいる、という作戦だ。

本を整理するに当たっても基本方針を立てた。これぞという本以外は原則処分。「これぞ」というのは、子供、孫がいつか読むかも知れない(たぶん読まないだろうが、読んでほしい)本。結局残るのは僕の好きな、藤沢周平、吉村昭、城山三郎等有名作家の小説だけなるかも知れないが、とにかく時代を超越して残る本は残す。もっともこの方針に従うと、残るのは10分の1くらいになってしまいそうだが、方針貫徹。

人さまからいただいた贈呈本は残す。自分が出版した本に署名して知人に贈った本を古本屋で偶然見つけた友人がいて不愉快な思いをしたことがあるので贈呈本の処分には注意がいる。しかもその本には、贈呈相手の氏名まで書いている。その知人はすでに亡くなられているので、たぶん遺族が本を一括処分されたのだろう。

処分する本にも2種類。ブックオフに持ち込んで、売る。売ってもたいした値段にならないことは分かっているが、もういちど誰かに読んでもらえれば、本にとっても幸せ。残りは町のごみ処理センターに持ち込み古紙として再利用してもらう。コンピュータ関係のノウハウ本、泡沫のように消えてしまった実業家の本、古い辞書等。

残るは、経営する会社関係の書類だ。5年以上前の書類は基本的に処分、これは法律で破棄が認められているので、作業はシンプル。それはそれでいいのだが、問題は書類を綴じているファイル。この量が半端じゃない。プラスチック製あり、紙製あり、両者の混合物あり、しかもほとんどすべてに鉄製の金具がついていて、この取り外しがとてもやっかい。このファイルの整理がおわれば一段落だが、意外と時間がかかりそうだ。

そんなこんなで整理の日が続いているが、身辺なにやらすっきりしてきて気分がいい。身軽になって新年を迎え、来年は創造的な仕事に目を向けたい。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 7 9 1 4 3 6
昨日の訪問者数0 5 8 7 1 本日の現在までの訪問者数0 1 7 0 1