1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
寄り道まわり道
50 もう一人の上司
2008年7月12日
吉田 美智枝 吉田 美智枝 [よしだ みちえ]

福岡県生まれ、横浜市在住。夫の仕事の関係で韓国ソウルとタイのバンコクで過ごした。韓国系の通信社でアシスタント、翻訳、衆議院・参議院で秘書、韓国文化院勤務などを経て現在に至る。自作のアクセサリーをBeads Duoというブランドで販売しながら、韓国の主に女性たちについてエッセーを執筆中。『朝鮮王朝の衣装と装身具』(共著)、韓国近代文学選などの翻訳がある。
▲ 小粒のライス型淡水パールでブレスレット。
パールには金属的光沢があり、シルバーパーツの代わりに使うことも多い。
T氏とともに私の人生に大きな影響を与えたのはY氏であった。

T氏の秘書として働く前後、私はY氏のもとで働いた。彼は、朝鮮半島のニュースを扱う小さな通信社の代表で、その会社は日本の大手通信社ビルの一角にあった。

T氏を自由奔放、融通無碍な人というなら、Y氏はその対極にあるような、地道さと渋さを絵に描いたような人であった。

Y氏は、厳格かつ頑固な人であった。ごく少人数のこの通信社の主な仕事は、韓国の通信社から送られて来るニュース、ラジオの平壌放送のニュースを翻訳・編集し日本国内の通信社や新聞社などに流すことであった。

毎朝電車の中で数紙に目を通し、誰より早く出勤し、夜は最後まで机に向かった。昼食は、ほとんど同じものを自室でとり、食後そそくさと仕事に戻った。彼の生活は、たまの出張をのぞけば、会社を閉じ(50数年ぶりに)帰国するまで変ることはなかった。

韓国人であるY氏が韓国大手の通信社の駐在員として日本に勤務した後、会社を興したのは、戦後間もない頃だと聞いている。私は、20代後半から約8年間、彼の目の前あるいは真横の机で過ごしたが、彼の家族のことや彼が毎日飲む漢方薬のこと以外、彼の経歴、会社を興したいきさつなど知る機会はなかった。

一度職場を去った私を、アシスタントとしてではなく今度は翻訳者として迎えてくれたY氏が、酒を一切口にしない理由を話してくれたことがあった。

韓国南部のある地方で育ったY氏は、幼い頃、酒に酔った父親を迎えに行くのが自分の役目だったこと、そして酒を飲めば酔狂を回してしまう父親を、夕暮れ時の寒い屋外でいつもひとり延々と待つのが辛かったこと、だから父親をこんな風にしてしまう酒というものを自分は口にすまいと子ども心に思ったこと…そんな内容だった。そしてその決心は生涯守られた。

彼はまた、儒教における徳を日々積むことを自らに課した人であった。彼の伝統的価値観は、お気楽主婦の私にはときに目前に立ちふさがる壁のようなものであったが、かくしゃくとして動じない彼の姿勢は、私が自分自身を見直し、ときに乗り越え、より強くなる上で必要なひとつの基準でもあったように思う。

確固とした『枠』を持ち続け、一つの視点から半世紀以上をかけて朝鮮半島を見続けたのがY氏であった。

「この目で(朝鮮半島)統一が見られるかな…」

仕事の合間にこうつぶやくことがあった。

彼が果たした役割、この小さな通信社が果たした特殊で重要な役割は、時代とともに終わった。日本の通信社、新聞社のほとんどが、語学に堪能な特派員を自ら派遣するようになったことが大きな理由であろう。

いぶし銀のような光を放ち続けたY氏。私にとってもう一人の父のようであり、もう一人の偉大な上司であった。彼の訃報がソウルのご子息の名で届いたのはこの春、90歳だった。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
82 韓国民謡 アリラン (日本語版)
81 에세이 아리랑 (韓国語版)
80 Korean song Arirang (英語版)
79 百年の生涯 (英語版)
78 百年の生涯 (韓国語版)
77 悲運の詩人 許蘭雪軒(韓国語版)
76 悲運の詩人 許蘭雪軒
75 江陵に咲いた花 申師任堂 2
74 江陵に咲いた花 申師任堂1
73 相思華(상사화)
72 迷いの中で
71 小さな写真集
70 故郷往来
69 寄り道まわり道
68 まだこどもでいられる幸せ
67 大ボケ小ボケ
66 サヨナラガニガテ
65 夢のかけら
64 書くということ
63 難易度
62 気晴らし
61 二人三脚
60 暑い夏のすごし方
59 ゴルフ中継の憂鬱
58 悪女の方程式
57 媒体
55 余白
54 あなたに似た人
53 夢の庭
52 エッセーの心得
51
50 もう一人の上司
49 龍馬のように
48 ホームセンター
47 ユルスナールの靴
46 モティーフ
45 あれかこれか
44 ビーズ日記再開
41 カウチポテトを夢見て
40 チャイ・ローン
39 ワイとチャイ
38 100年の生涯
37 春のワルツ
36 マッサージの迷宮
35 幸福の庭
34 彼女のパール
33 熱帯でゴルフを楽しむ法
32 伝説のホテル
31 ベートーベンハウス
30 旅に出ます
28 辺境が好き 前編
27 白い猫
26 龍宮城伝説考
25 寄り道
24 花の旅笠
23 二村洞の人々
22 クヮナクの友人たち
21 追憶ーソウル原風景
20 遍歴
19 エスニック通り
18 小さなジャングル
17 老後の楽しみ
16 失われた楽園
15 女らしい男たち
14 メナムの夕日
13 迷路
12 ノイさん
11 M.ハスケルを探して 5
10 M.ハスケルを探して 4
9 M.ハスケルを探して 3 
8 M.ハスケルを探して 2 
7 M.ハスケルを探して 1
6 旅は猫連れ
5 本ものの偽もの
4 シンプルからの脱皮
3 ビーズな日々の始まり
2 カニカレー
1 タイは「微笑の国」?
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 4 6 5 8
昨日の訪問者数0 5 5 1 8 本日の現在までの訪問者数0 3 6 5 5