1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ガルテン〜私の庭物語
14 ひなまつり
2019年3月3日
原田 美佳 原田 美佳 [はらだ みか]

東京都出身。学生時代から長年関わった韓国文化院を2015年末に退職。現在は、日本ガルテン協会の広報部長の仕事をしながら、これまで関わってきた韓国文化を日本に紹介するための著作、交流活動を中心に自分のライフワークを模索中である。共著書に『コンパクト韓国』(李御寧監修)、『読んで旅する韓国』(金両基監修)、「朝鮮の王朝の美」、『朝鮮王朝の衣装と装身具』などがある。
▲ さまざまな雛飾り
 我が家も幼い頃は毎年桃の節句には、妹と私のために祖母から贈られた数段飾りの立派な雛人形が飾られた。とはいえ、蛤の吸い物やちらし寿司、雛あられといったものを着物を着て食べるくらいで、なにか特別な思い出もない。
童謡の「うれしいひなまつり」を唄うくらいで、雛人形のイメージもこの歌に集約されているといっていいほどである。
 TV番組「チコちゃんに叱られる」で、この時期唄われる「うれしいひなまつり」にも出てくるお内裏様とお雛様って誰?と出題された。この番組はいつも考えたこともなかった身近なことを子供視点で大人に問われるものだが、ボーっと生きてる大人はたいてい情けなくも答えられないという人気番組だ。思い込みの激しいのか私は自信を持って正解だと思っていると、まったく違っていたことがあり、驚いた。ぼぉーと生きてきたのだと改めて気づかされるのである。
 最近は、地方のひな祭りや雛人形などをあちこちで見る機会がある。
東京国立博物館の常設展でも「おひなさまと日本の人形」と題して雛人形のコーナーができていた。江戸を代表する豪商の家に伝来した牙首雛(げくびひな)といった人形もだが、付随した雛道具の立派なこと、思わず立ち止まる人も多い。
古代、水に流したヒトガタから始まり、平安時代の貴族の子女のひいな遊びを経て、江戸時代に現在のような雛祭りとして整えられたという。雛祭りの人形も立ち雛や、大きな飾りのできない人も五穀豊穣と食べ物に困ることのないように願うつるし雛など娘の幸福を願う心がさまざまな雛人形を生み出していった。
最近は7段飾りなど家では大きなものはあまり聞かないが、娘への思いはいまも変わらず同じだと思う。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
17 韓国文化院 開院40周年
16 女性の刺繍に託した思い
15 縁側
14 ひなまつり
13 楽友協会 〜ニューイヤーコンサート
12 ウィーン1999年 〜シェーンブルン宮殿日本庭園開園式
11 ソウル’88オリンピック〜30年前
10 ポジティブ・シンキング〜大国未津子さんのこと
9 翔和苑〜二河白道とヤン・レツル
8 平等院庭園の模型
7 花見
6 金徳洙さんとサムルノリ
5 我が家のお雑煮
4 トイレいろいろ、そして絶景トイレ
3 緑の桜
2 日比谷公園と本多静六氏
1 シーボルトが導いた日本庭園
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
1 0 3 2 6 4 6 3
昨日の訪問者数0 0 7 7 6 本日の現在までの訪問者数0 0 4 8 5