1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ボーダーを越えて
177 アジア人(上)その概念
2012年3月26日
雨宮 和子 雨宮 和子 [あめみや かずこ]

1947年、東京都生まれ。だが、子どものときからあちこちに移動して、故郷なるものがない。1971年から1年3ヶ月を東南アジアで過ごした後、カリフォルニアに移住し、現在に至る。ボリビアへの沖縄移民について調べたり書いたりしているが、配偶者のアボカド農園経営も手伝う何でも屋。家族は、配偶者、犬1匹、猫1匹、オウム1羽。
▲ ヘレン・ジア著『Asian American Dreams』(2000年発刊)
アパルトヘイトが廃止されてからまだ数年しか経ていないころ、南アフリカが原産のプロティア(protea)という花に関する集まりで、南アフリカへ行きました。南アフリカはそれまで国際社会から締め出されていたので、そのころは、きちんとしたガイドブックといえば、イギリスで出版された1冊しかありませんでした。

アメリカやオーストラリアのプロテア仲間といっしょに、ポートエリザベスという町から、ガーデンルートと呼ばれるほど風景が美しい海岸沿いの道路を西に向かい、ケープタウンに入りました。ホテルにチェックインして一休みしてから町に出ると、そこで同じグループにいたプロティアの研究家で、ハワイ出身のパメラ・シンガキさんとぱったり。苗字でわかるとおり、彼女は沖縄系三世です。私の顔を見るなり、開口一番、「ケープタウンにはアジア人(Asians)が大勢いるってガイドブックに書いてあったけど、ちっとも見かけないわ」と、腑に落ちないという顔をしました。

彼女もイギリスで出版されたガイドブックを持っていたのです。たしかに、ケープタウンにはアジア人が集中して住んでいると書いてあります。でも、パメラさんが首をかしげたように、彼女や私のようなアジア人は1人も見かけません。といっても、ガイドブックが間違っていたのではないのです。イギリスでは「アジア人」というと、ふつうはインドとかパキスタンとかの南アジア出身者のことを指し、私たちが立った地点でもそういう人たちを大勢見かけました。「ああ、そういうことなの」と、パメラさんは納得しましたが、彼女が最初に首をかしげたのも無理もありません。アメリカでは一般にアジア人というと、まず日本人とか中国人とか韓国人のような東アジア人(East Asian)を指すのが一般的だからです。

私は1973年にアメリカに住み始めましたが、そのころは、私のような東アジア出身者は、オリエンタル(Oriental)と呼ばれていました。日系人(Japanese American)とか中国系人(Chinese American)とかその他のアジア系人を包み込んでアジア人と呼ぶことも始まってはいたのですが、一般的にはまだなじんではおらず、日常生活ではオリエンタルという言葉のほうが圧倒的だったのです。しかしいまでは、オリエンタルと呼ばれると、若いアジア系人はムッとするでしょう。私もどうもいい感じは持ちません。

「オリエンタル」を「アジア人」とは別なものとして「東洋人」と日本語に訳したとして、両者はどこがどう違うのだと疑問に思われるかもしれませんね。でも、違うのです。アジアというのは、地域の名称ですが、オリエント(東洋)はあくまでオクシデント(西洋)から見た地域の概念で、自分たちとは違う神秘的な世界という響きがあり、その地の出身者はいつまで経っても他者とみなされているのです。人種や宗教や信条に関係なく、だれもが自由で平等であると唱っているアメリカで、アジア系人はアメリカ市民であっても二世三世であっても、完全なアメリカ人とは受け入れられずに来たという歴史があり、アジア系人は日常生活の中で、大なり小なりそういう体験をしてきました。そういう思いがあるからこそ、ベトナム戦争時に、ベトナム人がアメリカ軍から同じ人間とはみなされていないのを見て、ベトナム戦争に反対する東アジア系アメリカ人の学生は、そこに自分たちの姿が投影されているのを感じ、オリエンタルという概念を排除し、アジア系アメリカ人(Asian American)という呼び方を1968年に生み出したのでした。

どの社会でも、大きな問題が起きたり、経済がうまくいかなくなったりすると、まず少数民族が怒りや不満や不安の標的にされがちです。(関東大震災のとき、多くの朝鮮人が根拠のないウワサのためにごくごく普通の日本人に虐殺されたことを思い出してください。)戦前のアメリカでは黄禍論が吹き荒れて、アジア系人は排除の対象になりました。第二次大戦中に、日系人は海岸部から強制収容所に送られたことは、日本でも知られているでしょう。同じ敵国系人でも、ドイツ系人やイタリア系人にはそんな処置は取られなかったのに。そういう差別の体験からでしょうか、戦後はアジア系人はなるべく目立たないように、ただ黙々と働き、子どもたちを教育してきました。アメリカ人の中に日本に対して敵国意識がなくなってくると、今度は「模範移民」として、アジア系人は(アフリカ系とかラテンアメリカ系とかの)他の少数民族の叩き台に使われたりしたものです。

裏を返して言えば、アジア系人はアメリカ社会主流に完全には受け入れられず、何かことが起これば、「自分の国へとっとと帰れ!」などと言われてしまう。アメリカ生まれでアメリカ育ちのアメリカ市民であっても、です。そのことに否応無しに直面させられたとき、各アジア系人たちは民族の違いを越えて、アジア系アメリカ人として立ち上がるように力を合わせるようになっていきました。 

それを引き起こしたのは、1982年に起きた悲劇的な事件です。日本の経済がぐんぐん伸びて、日本製の自動車がアメリカ市場に大幅に進出していったころ、それとは反対にアメリカの自動車産業は低迷し、中心地デトロイトでは失業者が続出。そこで日本に対して猛反発が生まれました。当時、トヨタの車をハンマーでたたき壊して鬱憤を晴らすデトロイトの労働者たちの姿が、テレビで報道されたのを覚えています。そうした中で、ヴィンセント・チンという中国系人が日本人と間違われて、失業した2人の白人労働者と口論の末、撲殺されてしまったのです。ヴィンセント・チンを殺した2人は罪を認めたのですが、裁判官が下した判決は、なんと、執行猶予3年と3780ドルの罰金というものでした。

あまりに軽すぎる判決にショックを受け、怒ったのは、ヴィンセント・チンの家族だけでなく、またデトロイトの中国系人だけでもありませんでした。怒りの波紋はたちまちのうちに広がり、アジア系人全体が初めて力を合わせて、これまでの「おとなしい模範移民」のイメージから飛び出して、抗議運動を起こしたのです。

法律の上では、不当に軽い判決をくつがえすことはできませんでした。が、アジア系アメリカ人という概念が行動につながったことは画期的なことだったといえます。

このエッセイを書き始めたときには、私は突然表れて一躍有名になったジェレミ−・リンというバスケットボール選手について書くつもりでした。彼はアメリカの中国系コミュニティはもちろん、彼の両親の出身地の台湾でも、また中国でも、「中国人」としてヒーロー扱いされているのに対し、アメリカでは、特に若い世代では、アジア系アメリカ人として大人気を集めていることに、私はアジア系アメリカ人という概念がしっかりと根付いたと見るのです。同時に、彼が最初はバスケットボール選手としてはまったく注目されなかったことに、アジア系アメリカ人につきまとう先入観を考えてみるつもりでした。

ところが、多忙のために遅々として筆が進まないでいるうちに、17歳の無防備のアフリカ系の青年が、市民警備ボランティアに射殺されるという事件が先月フロリダで起きたことが明らかになり、大問題になってきました。私はそのことでひどく心が掻き乱され、アメリカの人種や民族に関する先入観や偏見について、もっと深く考えようと、何年も前に読んだAsian American Dreams(仮題『アジア系アメリカ人の夢』)という本を書棚から引っぱり出し、もう一度読み直し始めました。

そうこうしているうちに、時間はどんどん過ぎて行く、主題はますます広がっていく、問題は私が最初に考えていた以上に深刻で、文章は長くなっていく、という羽目になり、とても1回のエッセイにはまとめられなくなってしまいました。という次第で、ジェレミー・リンにまつわる思考は次回に回します。

尻切れトンボのような文章でごめんなさい。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
199 お葬式
198 とうとうやって来た日、そして雨
197 思い切り生きる
196 一夜が明けて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
194 ヘザーと私の日本旅行記(6 上)ショッピング
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
191 ヘザーと私の日本旅行記(4 上)伊豆へ向かう
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
189 ヘザーと私の日本旅行記(2)江戸・かっぱ橋・オフ会
188 ヘザーと私の日本旅行記(1) 日本到着
187 生ある日々を
186 花嫁の父
185 プラチナの裏地
184 家族をつなぐ指輪
183 「血の月」を追いかけて
182 ママハハだった母
181 アジア人(下)固定観念を越えて
180 ジプシーの目
179 選挙に映ったアメリカの顔
178 とうとう、きょう
177 アジア人(上)その概念
176 海軍出身
175 特攻志願
174 お祭り
173 ありがとう、で1年を
172 クリスマスプレゼントが今年もまた
171 スージー・ウォンの世界
170 秩序の秘訣
169 黒い雲の行方
168 ドアを開けたら
167 今年もまた
166 ボリビア(7)ボリビアで和菓子を
165 ボリビア(6)パクーの登場
164 ボリビア(5)卵の力、女性の力
163 ボリビア(4)小麦の都
162 ボリビア(3)米の都
161 ボリビア(2)2つの日系移住地
160 ボリビア(1)サンタクルス
159 闇の中で
158 みんなの宝物
157 新語の中身
156 年末のご挨拶
155 ピッチピッチチャップチャップ
154 神の仕業
153 ラタトゥイユ(2)レシピ
152 ラタトゥイユ(1)
151 プティ・タ・プティの最後の1片
150 ジプシーとの知恵競争は続く
149 豊かな粗食
148 中絶抗争
147 スーザン・ボイルの勝利
146 黄昏の親子関係
145 子ども好き
144 言葉雑感(8)regift
143 言葉雑感(7)「ん」の音
142 アメリカの理想
141 ときめく日の足音
140 言葉雑感(6)ミルクとは
139 ミルクの教訓
138 年末の独り言
137 投票日日誌
136 あと3日
135 ペイリンから見えるアメリカ
134 訴訟顛末記(1)まず弁護士を
133 園遊会で
132 柔の姿勢
131 言葉雑感(5)4文字言葉
130 豪邸の住人
129 言葉雑感(4)カミはカミでも
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
127 言葉雑感(2)子年のネズミ
126 言葉雑感(1)グローバルなピリピリ
125 やって来た山火事(最終回)これから
124 やって来た山火事(9)いとおしい木々
123 やって来た山火事(8)現実に直面して
122 やって来た山火事(7)焦燥の2日間
121 やって来た山火事(6)私の方舟
120 やって来た山火事(5)避難準備
119 やって来た山火事(4)止まない風
118 やって来た山火事(3)第1日目の夜
117 やって来た山火事(2)第1日目の夕方
116 やって来た山火事(1)第1日目の昼下がり
115 しあわせな1日
114 チェ
113 メキシコの息づかい
112 「石の家」
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
110 ケーキ1切れ
109 「豊かさ」の中身
108 イタリアの修道僧
107 3年ぶりの日本
106 キューバ:アメリカの恥
105 キューバ:バラコア
104 キューバ:甘い歴史の苦い思い出
103 キューバ:2つの通貨
102 キューバ:近過ぎて遠い国
101 ホンジュラス(最終回)去る者,残る者
100 ホンジュラス(19)シエンプレ・ウニードス
99 ホンジュラス(18)ガリフナ放送
98 あと1年、だったら
97 無信仰者のクリスマス
96 ホンジュラス(17)ガリフナ
95 ホンジュラス(16)バナナ共和国
94 ホンジュラス(15)マヤ文明の跡
93 ホンジュラス(14)牢獄の中と外
92 ホンジュラス(13)先住民の女性たち
91 ホンジュラス(12)一番安全な町
90 ホンジュラス(11)オランチョの森(下)
89 ホンジュラス(10)オランチョの森(上)
88 金鉱の陰で(追記)カリフォルニアで
87 ホンジュラス(9)金鉱の陰で(下)
86 ホンジュラス(8)金鉱の陰で (中)
85 ホンジュラス(7)金鉱の陰で (上)
84 ホンジュラス(6)原則に沿って
83 ホンジュラス(5)農地のない農民
82 移民政争とラティノの力(続)
81 移民政争とラティノの力
80 ホンジュラス(4)消え去った人々
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
78 ホンジュラス(2)レンピーラ
77 ホンジュラス(1)行ってみよう
76 本物を見る
75 豊かな心
74 蝶の力
73 単刀直入
72 愛の表現
71 ベネット・バーガー
70 感謝の日
69 思わぬ道草(最終回)原点
68 思わぬ道草(19)回復に向けて
67 思わぬ道草(18)人は孤島にあらず
66 「ニューオーリーンズ」に見えたもの
65 思わぬ道草(17)一歩後退の教訓
64 思わぬ道草(16)日没症候群
63 甦生の兆し
62 ニューオーリーンズとクリスチャン
61 思わぬ道草(15)もつれた糸
60 思わぬ道草(14)彼の青い目(下)
59 思わぬ道草(13)彼の青い目(上)
58 思わぬ道草(12)ローマ鎧
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
56 思わぬ道草(10)近くの他人
55 思わぬ道草(9)ロールバー
54 思わぬ道草(8)楽観の2日間
53 思わぬ道草(7)一人三脚
52 思わぬ道草(6)長い夜
51 思わぬ道草(5)OR
50 思わぬ道草(4)ER
49 思わぬ道草(3)常習犯
48 思わぬ道草(2)目撃者
47 思わぬ道草(1)3月14日の夕方
46 訛った英語
45 イギリスの英語
44 英語とアメリカ
43 海の中に(下)
42 海の中に(上)
41 姓というマーカー(下)
40 姓というマーカー(上)
39 国籍あれこれ:選択肢
38 国籍あれこれ:彼の場合
37 国籍あれこれ:私の場合
36 ボーダーとは
35 最終回:グローバリゼーション
34 番外編:クリスマス・ディナー
33 サンタアナの風
32 お刺身パーティー
31 アボカド泥棒
30 アボカドと生きる鳥
29 カラスのご馳走
28 三つ子の魂
27 子宝のもと?
26 アボカド探検家
25 ゴールドラッシュの波紋(下)
24 ゴールドラッシュの波紋(上)
23 海を渡って(下)
22 海を渡って (上)
21 コンキスタドール
20 アボカド事始め
19 ハースマザーの行方
18 世界アボカド会議
17 フエルテ
16 ハースマザーの木(下)
15 ハースマザーの木(上)
14 鶏より馬
13 働く人々
12 花婿の父
11 シンコ・デ・マヨ
10 「奇跡の3月」
9 アボカド形の穴
8 父親不明
7 女性花・男性花
6 トーマスのギャンブル(2)
5 トーマスのギャンブル(1)
4 成熟と完熟
3 グァカモーレ
2 アボカドさまざま
1 メックスフライ
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 7 5 0
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 2 8 4