1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
やもめ日記
8 旧知の仲
2012年6月20日
シーラ・ジョンソン シーラ・ジョンソン [Sheila Johnson]

1937年、オランダのハーグに生まれるが、10歳のときからアメリカに在住。大学で人類学、大学院修士課程で英米文学を学び、人類学博士号を取得。高齢化問題や日本について書籍や記事を出版し、夫が創設した日本政策研究所の編集者を10年間務めた。チャルマーズ・ジョンソンが他界するまで彼と53年の結婚生活を続けた。現在サンディエゴ在住。
▲ 1977年に到着して間もない赤木夫妻と私。サンフランシスコで。
▲ 1986年、赤木さんのご自宅を訪れた夫チャルと私と赤木康子さん。
▲ 赤木さんたちと日本へ行った猫。
I first met Yasuko, Suruki, and Kyoko Akagi in the spring of 1977. My husband was then chairman of the department of political science at the University of California