1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
やもめ日記
2 チャルのベンチ
2011年4月2日
シーラ・ジョンソン シーラ・ジョンソン [Sheila Johnson]

1937年、オランダのハーグに生まれるが、10歳のときからアメリカに在住。大学で人類学、大学院修士課程で英米文学を学び、人類学博士号を取得。高齢化問題や日本について書籍や記事を出版し、夫が創設した日本政策研究所の編集者を10年間務めた。チャルマーズ・ジョンソンが他界するまで彼と53年の結婚生活を続けた。現在サンディエゴ在住。
▲ 設置されたベンチにまず坐ってみたシーラ・ジョンソンさん。背後はサンエリホ・ラグーン保護委員会のイレーン・ドッジさん
▲ ベンチ設置完成を祝う一行。
▲ ジョンソン氏にかわいがってもらったジプシーとマフィー。ジョンソン氏のベンチを護衛しているかのよう。
When my husband, Chalmers Johnson, joined the faculty of the University of California in 1988, we bought a house in nearby Cardiff with a view of the Pacific Ocean and overlooking San Elijo Lagoon. One of our first acts was to join an Audubon-guided walk into the lagoon to learn more about the birds who lived there year-round and others who stopped off in the fall and spring on their annual migration. We were, needless to say, enchanted and joined the San Elijo Lagoon Conservancy. I think at the time there were around 200 members.

1988年に夫チャルマーズ・ジョンソンがカリフォルニア大学サンディエゴ校に移った時、私たちは近くのカーディフに、太平洋が見渡せ、サンエリホ・ラグーンも見える家を買った。引っ越してからすぐ、私たちはこの辺りに常住している鳥や渡り鳥について学ぶオーデュボン協会主催のウォーキングに参加した。たちまち私たちはこのラグーンに魅せられ、サンエリホ・ラグーン保護協会に参加することにした。当時200人ぐらいの会員がいたと思う。

Three years later [we received a flier from neighbors inviting us to a meeting to discuss the fact that] a developer was trying to buy the strawberry fields adjoining the lagoon and intended to build a large motel there with night-lighted tennis courts and other amenities. All the people attending the meeting were deeply opposed, but the reasons cited often fell into the category of “not in my backyard.” Finally I spoke up and suggested that the lagoon itself was our best reason for opposing this development and that we should insist on an environmental impact statement (a term I’d just learned) and involve the coastal commission and various wildlife organizations. I was promptly appointed to research this proposal.

その3年後、開発会社がラグーンに面したイチゴ畑を買収してそこに夜間もプレーできるテニスコート付きの大きなモーテルを建設しようとしていることを知り、それを論議するミーティングがあった。そこに来た人は皆建設案に反対だったが、そんなものがうちの近くにできては困るという理由がほとんどだった。そこで私は、ラグーンそのものがこの建設案に反対する最良の理由だから、沿岸規制委員会を巻き込んで、環境影響分析を主張したらどうかと提案した。それで、その提案の可能性を探る役割を私は授かってしまった。

Along with others, I spent a number of weekends sitting in front of local supermarkets collecting signatures for a petition to “Save the Strawberry Fields,” and I also looked into the history of the lagoon. I was shocked to discover how, in the 1950s, San Elijo came close to being filled in just like its neighbor to the south, where the Del Mar Racetrack now sits. It made me realize that although we might win this round with a developer there would always be further challenges to preserving the lagoon.

そうして私は他の会員といっしょに週末に地元のスーパーマーケットに出かけ、「イチゴ畑を守ろう」という請願書の署名集めを何週間もしたのだった。同時にラグーンの歴史についても調べたのだが、驚いたことに、1950年代にサンエリホ・ラグーンは南隣のデルマー競馬場のある所とおなじように埋め立てられそうになったということがわかった。とすると、開発会社の建設案を封じることはできても、ラグーンを守るにはさらに挑戦があるだろうということに気が付いた。

One year, when rangers were in short supply, I decided to volunteer to patrol in the lagoon once or twice a week, looking for dogs off the leash or trash or other illegal activities. But I never followed through because by 1991 my husband had retired from UCSD and had become a sort of one-man research organization. For the next ten years he and I ran something called the Japan Policy Research Institute, publishing and distributing a once-a-month newsletter and organizing various conferences. He also wrote what we thought would be his last, post-retirement book, a look at the U.S’s post-war relationship with Asia and the American obsession with military bases in Okinawa, the Philippines, and elsewhere. It was called Blowback: The Costs and Consequences of American Empire. Published in early 2000 it didn’t create much of a stir, but after 9/11 it suddenly became a best-seller and led my husband to write two more books expanding on his research into American militarism and overseas bases. These books kept us both busy because I edited them and accompanied my husband to various public engagements -- speeches, bookstore signings, radio and TV interviews.

監視人が足りなくなったある年には、私はひもにつながれていない犬やゴミなどに目を光らせるラグーンのパトロールのボランティアを週に1、2回したりした。が、1991年に夫が退職してから、個人の研究所を設立したのでボランティアができなくなった。私たちは日本政策研究所と名付けたその組織を運営し、 会報を毎月出版したりいろいろな会議を開いたりして忙しくなったのだ。また、夫はアメリカの戦後のアジア関係と沖縄やフィリピンを始めとする各地での軍事基地に関する本を書いた。それは彼の退職後の最後の本になるだろうと彼も私も思っていた。その本『アメリカ帝国への報復』が2000年3月に出版されたときには大した反響はなかったのだが、9・11の後、突然ベストセラーになり、夫はアメリカ軍事主義と海外の基地についての彼の研究を拡大してもう2冊書くこととなり、3部作となった。私はそれらの本の編集をし、彼に同伴してスピーチや本の署名会やラジオやテレビのインタビューに出かけ、目まぐるしいほどに忙しかった。

By 2006, when Nemesis, the third book in the Blowback trilogy, was published, my husband’s lifelong rheumatoid arthritis was becoming more and more disabling. He increasingly needed to use a wheelchair to get about. So we were delighted when San Elijo’s new nature center opened and I could take him there for walks with the wheelchair or a picnic lunch on the upstairs patio.

3部作の3冊目(『Nemesis』)が発行された2006年になると、夫を生涯つきまとった関節リウマチが悪化し、夫は車椅子がなければ動けなくなっていったので、サンエリホのセンターが開設されたとき、私たちは大喜びした。私が夫の車椅子を押して彼とセンターの周辺を散歩したり、センター2階のベランダでピクニックを楽しんだのだ。

In September of 2010, my husband of 53 years entered Hospice Care in our home, with a hospital bed in our family room overlooking our garden, the Pacific, and San Elijo Lagoon. Here he could still watch red-tailed hawks circling high above in the sky and listen, at night, to owls calling to each other as they hunted for voles. Here he died on November 20.

2010年9月、夫は庭と太平洋とサンエリホ・ラグーンが見える居間に置かれた病院用ベッドに横たわり、自宅でホスピスのケアを受け始めた。ここで夫は、アカオノスリ上空を旋回するのを見ることができ、夜には野ネズミを探すフクロウが鳴くのを聞くことができたのだ。11月20日、53年間連れ添った夫は、ここで息を引き取った。

I was at first too sad to contemplate a public funeral, but one day it came to me that a bench in San Elijo Lagoon from which one could watch the sunset was perhaps the most fitting memorial I could offer him and all those who cared for him. On March 30th of this year, the bench was assembled and installed at a spot I selected. Several good friends (and their dogs) came to help, watch, and try out the bench. [Kozy Amemiya took photos and even went back later that afternoon to photograph the bench and its peaceful surroundings.]

私は最初、葬儀のことなど悲しくて考えられなかった。が、ある日、夕日が沈むのをサンエリホ・ラグーンで坐って眺められるようなベンチが夫にも彼を愛してくれたすべての人々にも最もふさわしい記念となるのではないかと思いついた。そうして3月30日に、私が選んだ場所でベンチが組み立てられ、取り付けられたのだ。親しい友人たちが(そして犬たちも)集まって組み立てを手伝ったり、その模様を眺めたり、ベンチの坐り具合を試したりした。[雨宮さんが写真を撮ってくれ、またその日の午後、また戻って行ってベンチそのものやその周辺を撮影してくれた。]

As I sit on the bench looking at the Pacific Ocean, I think not only of my husband but also of Japan, which has played such an important role in both of our lives.

そのベンチに坐って太平洋を見ると、私は夫のことだけでなく、私たちの人生に重要な役割を果たした日本のことも想うのである。


(訳:雨宮和子)
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
23 チャルマーズ・ジョンソンと沖縄
22 ジョン(下)
21 ジョン(上)
20 ポリー
19 さらば、オランダ
18 いとこのハンス ―その後(2)
17 いとこのハンス − その後(1)
16 いとこのハンス
15 子どもを持たなかった理由
14 口を開く前に…
13 猫になったのかもしれない私
12 猫と人間
11 ヨコハマ・ヤンキー
10 前を向くか、後ろを向くか
9 アリゾナ展望
8 旧知の仲
7 愛した猫たち(下)
6 愛した猫たち(上)
5 フクシマとサンオノフレ
4 日本語ができない私
3 吉祥寺 ― 1961年と50年後
2 チャルのベンチ
1 死を迎えるためのビジネス
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 6 5 0 1
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 0 3 5