1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
やもめ日記
4 日本語ができない私
2012年3月4日
シーラ・ジョンソン シーラ・ジョンソン [Sheila Johnson]

1937年、オランダのハーグに生まれるが、10歳のときからアメリカに在住。大学で人類学、大学院修士課程で英米文学を学び、人類学博士号を取得。高齢化問題や日本について書籍や記事を出版し、夫が創設した日本政策研究所の編集者を10年間務めた。チャルマーズ・ジョンソンが他界するまで彼と53年の結婚生活を続けた。現在サンディエゴ在住。
▲ 1961年、吉祥寺の家に入居する前に滞在した国際文化会館で。
Having been married to a famous “Japan expert” for 53 years, I’m embarrassed to acknowledge that I neither read nor speak the language.

認めるのは恥ずかしいのだが、有名な「日本の専門家」と53年も結婚していたのに、私は日本語が読めないし話せない。

When I was married at 20 I still had one more year of undergraduate college work to complete, and I was fairly proficient in French and Spanish (with a smattering of remembered Dutch, my first language). After I received my B.A., while my husband was still studying advanced Japanese and preparing for his Ph.D. exams, I decided -- like a good, loyal wife of the 1950s -- to enroll in an M.A. program in East Asian Studies. After all, I’d met him when he was a teaching assistant in a course about America’s role in the Far East, and I’d already read some of the basic texts. Moreover, I was interested in the subject (particularly since I was hearing about it every evening over dinner), and I knew I’d soon be going to Japan.

二十歳で結婚したとき、私は大学を卒業する1年前だった。そのときは(母国語のオランダ語をかすかに覚えていたほかに)、フランス語とスペイン語がかなり流暢にできた。学士号を取った後、夫が日本語上級の勉強を続け、博士号試験の準備をしている間、(50年代の良き忠実な妻らしく)東アジア研究の修士課程に進級することに決めた。なんと言っても、夫とは彼が「東アジアにおけるアメリカの役割」という講座の助手をしていたときに出会い、基本的な本はすでに読んであったし、それに(なにしろ、毎晩夕飯のときに聞かされていたから)課目に興味があり、また、やがて日本へ行くことになるだろうということもわかっていたからだ。

So I became a graduate student in East Asian Studies. I no longer remember most of the courses I took that first semester, but I do recall that every evening, as I recounted what I’d heard in class and read, my husband would amend and amplify my education. “Ah, you must also read thus-and-such,” and “Be sure to take so-and-so’s course,” he would say. Until finally, like a two-year-old learning to tie his own shoes, I yelled, “Let me figure it out for myself, damn it!”

という次第で、私は東アジア研究の大学院生になった。一学期に取ったコースのほとんどはもう覚えてはいないけれど、毎晩、その日にクラスで聞いたことや読んだことを私が話すと、夫は私の教育を是正したり幅を広げたりしようとしたことは覚えている。「あぁ、これこれの本も読むべきだよ」とか、「誰それさんのコースを必ず取ったほうがいいな」とか、彼は言ったものだ。しまいに、とうとう私は、自分で靴ひもの結び方を学ぼうとしている二歳児のように、「ほっといてちょうだい! 私がどうすべきか、私に決めさせて!」と、叫んでしまった。

I realized then several important things about my marriage. One was that while I was interested in my husband’s career and chosen field, I wasn’t yet THAT interested. I had my own, still developing, agenda. And second, in a very incipient feminist way, I was aware and afraid that if I did continue to train myself in Asian languages and topics, I was destined to become his research assistant. Either that, or I’d be his competitor.

そのとき、自分の結婚のありかたに、私はいくつかの重要なことに気がついた。1つは、夫のキャリアと分野に興味はあったとはいえ、私は東アジア研究にそれほどたいへん興味があるわけではないということだった。まだ固まってはいなかったけれど、私には独自の問題関心があったのだ。2つ目は、目覚め出したフェミニスト的な見方だが、アジアの言語とテーマを追求すれば、私は夫の研究助手になるに決まっている。そうでなければ、彼の競争相手になっただろう。

So my career in Asian Studies was very short-lived. Meanwhile my husband breezed through his Ph.D. exams, began to study Chinese as well as Japanese, and wrote his dissertation. And he got a Ford Foundation grant to study in Japan for the academic year 1961/62. We set up housekeeping in a small Japanese-style house in Kichijoji, near Inogashira Koen, and -- as best I could -- I became a Japanese housewife.

というわけで、私のアジア研究追求は、あっけなく終った。その間、夫は博士号試験を楽々と通過し、日本語のほかに中国語も学び始め、論文を書いた。そして1961年から62年にかけての1学年に、日本で研究する資金をフォード財団から受けることになった。私たちは吉祥寺の井の頭公園近くに日本式の小さな家に居を構え、私は全力を尽くして、日本の主婦になったのだ。

I bought a Tuttle Japanese phrase-book and grammar and began to work at making myself understood in the local shops. This actually proved much easier than I’d imagined. There were so many bastardized English words that I became convinced if one pronounced almost anything “in the Japanese way” it would work. There were “takushi,” and “batta,” and “raisu;” or “hamu,” “jamu,” and “pankeiki mikkusu.”

私はタトル出版の日本語会話・文法の本を買い、近所のお店でなんとか通じるように勉強した。それは思っていたよりはずっとやさしかった。英語の言葉がたくさん日本語に入っていて、それを「日本式」に発音すれば、なんとか通じるとわかったのだ。例をあげれば、タクシーとかバターとかライス、あるはハム、ジャム、そしてパンケーキ・ミックス。

I learned the phrase “O-ikura desu-ka?” and how to count to one hundred, and I learned the words for various vegetables -- some of them still deeply imprinted in my memory, such as negi and kabocha and kuri. And there my Japanese language education more or less came to an end. One day in mid-winter I took my husband with me to the kerosine dealer to demonstrate (or so I thought) how good my Japanese had become. I negotiated the purchase of a liter of kerosine for our small stove and later asked him, “Didn’t I do that well?” “Hmm,” my husband said noncommitally. “But you were speaking very rude Japanese.” He was referring to the fact that I was using verbs as commands with all of the polite demurrals and double negatives left out.

私は「おいくらですか」という言い方を身につけ、1から100まで数えられるようになった。そして、野菜の言葉もいくつか覚えた。ネギとか、カボチャとか、クリ、など、いまでも頭に焼き付いている言葉がいくつかある。真冬のある日、私の日本語がどんなに上達したか(と自分では思っていた)を夫に見せてやろうと、私は彼を連れて灯油を買いに行った。我が家の小さなストーブに入れる灯油を1リットル買うやりとりを店の主人としたあと、私は夫に、「どう? ちゃんとうまくやれたでしょ?」と聞いた。「うーむ」と、彼は煮え切らない。「君はずいぶん失礼な言い方をしたよ」つまり私は、間接用語や二重否定などをはずした命令形を使っていたというのだ。

We returned to Berkeley, where my husband began teaching in the political science department and I obtained an M.A. in English and a Ph.D. in Anthropology. But I continued to accompany my husband on trips and longer stays in Japan, and I also began to edit the books and articles he was writing. I became a sort of half-educated Japan specialist. The one thing that I felt I could do was to write a small book about American attitudes toward Japan (translated into Japanese and published by Simul Press in 1986) since that would require me to read things in English, not Japanese.

私たちはバークレーに戻り、夫は政治学部で教え始め、私は英米文学で修士号を、人類学で博士号を取った。でも、夫の日本への旅行や長期滞在には同行し、また、彼が書いている本や論文の校正もするようになった。つまり、私は日本についてきちんと教育を受けていない専門家になったのだ。日本について私でもやれることは、日本に対するアメリカ人の態度について小冊子を書くことだと思った。それなら、日本語の文献でなく、英語のものを読めばいい。その本は日本語に訳され(邦題は『アメリカ人の日本観――ゆれ動く大衆感情』)、1986年にサイマル出版会から発行された。

I’ve been very fortunate that in the years since then many ordinary Japanese have become proficient in English, and some of my husband’s former students from Japan have become more than proficient -- they became his research assistants, translators, editors, and more.

私にとって幸運なことには、そのとき以来、多くの日本人が英語に堪能になってきた。日本からやって来た夫のもと学生だった人たちの中には、英語に堪能以上になり、夫の研究助手や翻訳や校正などの役割を果たしてくれた。

Perhaps my lack of knowledge of the Japanese language has even had one positive result. A number of years ago when we were running out of book shelves in our house in San Diego, I told my husband that I was worried about all the Japanese books he owned because I wouldn’t know what to do with them when he died. He agreed to donate them, with the exception of a few things he couldn’t bear to part with, such as a few of Ozaki Hotsumi’s books, and dictionaries, to the newly created Akita International University, headed by our friend Nakajima Mineo, and Professor Nakamoto Yoshihiko, who is a deshi of both Nakajima-sensei and my husband, came to help us choose and box up the Japanese-language books. Three months before my husband’s death Nakajima-sensei happened to be in San Diego for a brief visit and we asked him whether he’d like the rest of the books . . . some 44 boxes, which Professor Nakamoto again came to help me pack and ship to Akita.

おそらく私には日本語ができないために、かえっていい結果が生まれたこともある。数年前、サンディエゴの我が家の書棚はいっぱいになり、もうこれ以上本を入れる場所がなくなってしまった。夫が死んでしまったら彼の日本語の本をどうしたらいいかわからない。それが心配だと、私は夫に言った。そこで夫は、秋田に新設されたばかりで友人の中嶋峯雄氏が学長の国際教養大学に、どうしても手放したくなかった尾崎秀実の著作と辞書などの数冊以外、すべて寄付することに同意し、中嶋先生と夫の双方の弟子である中本義彦教授が来て、日本語の本を選別して出荷するのを手伝ってくれた。夫が亡くなる3ヵ月前、中嶋先生はサンディエゴを訪れる機会があり、残っている本を(それは44箱分もあった)寄贈してもいいのだが、と聞いた。そこでまた中本教授が日本からやって来て、本を箱に詰め、秋田に送るのを手伝ってくれた。

I sometimes miss these books but know future generations of students will benefit from them, and in December of 2011 they provided me with an excellent excuse to revisit Japan.

私はときどきそれらの本がなつかしくなる。でも、それは将来の学生たちの役に立つことがわかっているし、2011年12月には、日本再訪の絶好の口実になってくれた。

(訳:雨宮和子)
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
23 チャルマーズ・ジョンソンと沖縄
22 ジョン(下)
21 ジョン(上)
20 ポリー
19 さらば、オランダ
18 いとこのハンス ―その後(2)
17 いとこのハンス − その後(1)
16 いとこのハンス
15 子どもを持たなかった理由
14 口を開く前に…
13 猫になったのかもしれない私
12 猫と人間
11 ヨコハマ・ヤンキー
10 前を向くか、後ろを向くか
9 アリゾナ展望
8 旧知の仲
7 愛した猫たち(下)
6 愛した猫たち(上)
5 フクシマとサンオノフレ
4 日本語ができない私
3 吉祥寺 ― 1961年と50年後
2 チャルのベンチ
1 死を迎えるためのビジネス
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 6 6 0 7
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 1 4 1