1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
寄り道まわり道
64 書くということ
2013年1月8日
吉田 美智枝 吉田 美智枝 [よしだ みちえ]

福岡県生まれ、横浜市在住。夫の仕事の関係で韓国ソウルとタイのバンコクで過ごした。韓国系の通信社でアシスタント、翻訳、衆議院・参議院で秘書、韓国文化院勤務などを経て現在に至る。自作のアクセサリーをBeads Duoというブランドで販売しながら、韓国の主に女性たちについてエッセーを執筆中。『朝鮮王朝の衣装と装身具』(共著)、韓国近代文学選などの翻訳がある。
▲ 行き詰ったら初心に返って…。最初のころの切り抜きやデザイン帳を取り出す。
▲ 昨年12月の「押し花&ビーズ in X’mas」展。8回目を迎えました。
こんな題名を思いつくのは、書けないせいです。前回の日付を見て我ながらあきれました。なんと2011年9月!ブランクがこんなに長かったとは…みなさんお許しください。

「書けない」のは、いろいろ考えすぎるからだろうとはうすうす気づいてはいるのです。
うまく書こう、斬新なことを書こうなどという雑念が入るから書けないのだということも…。

先月(12月)初め、故郷糸島市(福岡)で展示会をしたときのこと、展示の共催をする妹の知人のMさんと立ち話をしました。

陶芸家でアラフォー世代の女性Mさんは最近、10年ほど続けていた月1回のエッセーをやめる宣言をしたというのです。その決断をするまで(というかサイト運営者に伝えるまでに)相当悩んだらしいのですが、「ようやく宣言でき、肩の荷が下りた!」と明るい表情だったのが印象に残りました。

ちょっとした立ち話でも相手をぐいぐい自分の世界に引き込む表現力(話術)と、それを上回る発想の豊かさが伝わってくるのですから、彼女のエッセーはさぞ面白いものに違いありません。残念ながらそのエッセーを読んだことはないのですが…。

そのことはさておいて、「書くことがなくなった」と“断筆宣言”の理由を述べた彼女の気持ち、私もようくわかる気がします。

自分をさらけ出すほどの勇気や(作家たちのような)必要性はなく、かといって身近な家族やこれまでの仕事仲間や友人たちのこと(実は私が書きたいことはこの人たちのことだったりするのですが)は赤裸々に書けないし、なにわの漫才師や落語家のような「なにを表現するかより、(なんでもない日常を)どう面白く表現するか」という技術も才能もない…そんな私はどうしたらいいのだろうと暗澹たる気持ちになるのです。

そしてなにより「ものいえば唇寒し」に似た感情を書くことに抱くようになったのは、年齢のせいでしょうか。過去に自分が書いたものを読んで自分の気取った言い回しや思い込みがなんとも薄ら寒く、後味悪く感じられることがあるのです。「書くということ」には、そういったことも含めて自分を振り返るための意味があるといえばそうかもしれませんが…。

まあともかく今年も、いや今年こそ挑戦してみることにしました。
書くことがないと思っても書き始めると書けてしまうことがあるし、これこそ書きたかったことと思って書き始めても(気持ち余って)どうにもまとまらないこともあるけれど。

別れ際、私はMさんに、断筆宣言から数年後に文筆活動を再開した作家の話をしました。
「一度断筆したことで気持ちが新たになることもあるかもね?」
と知ったような口調で…でも実は自分へのことばだったのです。
(正直なところアクセサリーづくりとサイト運営に疲れると、ときどき断作宣言?したくなることあるのです)

今年の年末、展示会で会ったらMさん、「実はまた書いてるの!」と照れ臭そうに話し始めるのではないかしら。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
82 韓国民謡 アリラン (日本語版)
81 에세이 아리랑 (韓国語版)
80 Korean song Arirang (英語版)
79 百年の生涯 (英語版)
78 百年の生涯 (韓国語版)
77 悲運の詩人 許蘭雪軒(韓国語版)
76 悲運の詩人 許蘭雪軒
75 江陵に咲いた花 申師任堂 2
74 江陵に咲いた花 申師任堂1
73 相思華(상사화)
72 迷いの中で
71 小さな写真集
70 故郷往来
69 寄り道まわり道
68 まだこどもでいられる幸せ
67 大ボケ小ボケ
66 サヨナラガニガテ
65 夢のかけら
64 書くということ
63 難易度
62 気晴らし
61 二人三脚
60 暑い夏のすごし方
59 ゴルフ中継の憂鬱
58 悪女の方程式
57 媒体
55 余白
54 あなたに似た人
53 夢の庭
52 エッセーの心得
51
50 もう一人の上司
49 龍馬のように
48 ホームセンター
47 ユルスナールの靴
46 モティーフ
45 あれかこれか
44 ビーズ日記再開
41 カウチポテトを夢見て
40 チャイ・ローン
39 ワイとチャイ
38 100年の生涯
37 春のワルツ
36 マッサージの迷宮
35 幸福の庭
34 彼女のパール
33 熱帯でゴルフを楽しむ法
32 伝説のホテル
31 ベートーベンハウス
30 旅に出ます
28 辺境が好き 前編
27 白い猫
26 龍宮城伝説考
25 寄り道
24 花の旅笠
23 二村洞の人々
22 クヮナクの友人たち
21 追憶ーソウル原風景
20 遍歴
19 エスニック通り
18 小さなジャングル
17 老後の楽しみ
16 失われた楽園
15 女らしい男たち
14 メナムの夕日
13 迷路
12 ノイさん
11 M.ハスケルを探して 5
10 M.ハスケルを探して 4
9 M.ハスケルを探して 3 
8 M.ハスケルを探して 2 
7 M.ハスケルを探して 1
6 旅は猫連れ
5 本ものの偽もの
4 シンプルからの脱皮
3 ビーズな日々の始まり
2 カニカレー
1 タイは「微笑の国」?
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 5 9 8 0 0 2
昨日の訪問者数0 4 0 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 5 1 7