1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
やもめ日記
5 フクシマとサンオノフレ
2012年3月14日
シーラ・ジョンソン シーラ・ジョンソン [Sheila Johnson]

1937年、オランダのハーグに生まれるが、10歳のときからアメリカに在住。大学で人類学、大学院修士課程で英米文学を学び、人類学博士号を取得。高齢化問題や日本について書籍や記事を出版し、夫が創設した日本政策研究所の編集者を10年間務めた。チャルマーズ・ジョンソンが他界するまで彼と53年の結婚生活を続けた。現在サンディエゴ在住。
▲ ポゴのTシャツを着て、自分で作ったプラカードを持った私。
▲ 放射能の危険を示すハザードシンボルを「ムンクの『叫び』」に合わせたイメージの大きな旗が集会に登場。
▲ ワンちゃんもAANP (Animals Against Nuclear Power:反原子力動物連合)というプラカードを下げて参加した。
(写真提供はすべて Fran Conklin さん)
Last December, on a visit to Japan, I had a chance to spend a day being driven around Sendai and its environs to see at first hand some of the earthquake and tsunami damage of March, 2011. We did not go anywhere near the ‘dead-zone’ around Fukushima’s nuclear reactors, but what I saw was shocking enough -- lamp-posts bent like pretzels by the force of the water, entire towns wiped from the map, and rice-fields that would normally have been covered with rice-stubble instead scrubbed clean of all topsoil. Even worse, these rice-fields had been covered, I was told, by six feet of sea water. How long, I wondered, will it take for the salt to be leached from the soil so that rice can grow there again? And what about the nuclear fall-out and its damage to soil, plants, and animals?

昨年12月に日本を訪れた際、私は仙台とその周辺を一日中案内してもらい、2011年3月の大地震と津波による被害を自分の目で見る機会に恵まれた。福島の原子炉周辺の危険区域には近寄りもしなかったが、水の勢いでプレッツェルのように曲がってしまった電柱や、全体が地図から消されてしまった町、いつもだったら稲の刈り株で表面が覆われているはずなのに表土がすっかり流されてしまった田圃など、私が見たものは十分に衝撃的だった。もっと悪いことには、田圃は6フィート(183cm)の海水に覆われたという。土壌から塩分が取れて、再び稲を育てられるようになるまで、いったいどのくらいかかるのだろうと、私は思った。そして、原子炉からの放射性降下物と土や植物や動物に対する被害はどうなのか。

When I came home I began to reflect on these matters. I live in a house within sight of the Pacific Ocean, about thirty miles north of downtown San Diego but also about thirty miles south of two nuclear reactors at San Onofre. These reactors became operational in 1983 and 1984 (except for one, now being used to store spent fuel, which dates from 1968). The two operating reactors have had several “problems” and are currently closed down for repairs. But as recently as February of this year a water leak resulted in a small escape of radioactive gas. Nearby residents have not been told about the nature or seriousness of these problems.

帰宅してから、私はこれらの問題についていろいろ考え始めた。私の家からは太平洋が見え、サンディエゴの中心から30マイル(48km)ほど北に、またサンオノフレにある2つの原子炉からも30マイルほど南に住んでいる。これらの原子炉はそれぞれ、1983年と1984年に発動した。(実はもう1つ、1968年に発動した原子炉があるのだが、現在は廃棄物の貯蔵に使われている。)稼働している2つの原子炉には、これまで何度か「問題」があり、目下修理のために休止中である。それなのに、今年の2月というつい最近、水漏れがあって微量ながら放射性ガスが漏れた。原子炉のすぐ近くに住む住民たちは、これらの問題がどういうものかもどのくらい深刻なものか、知らされていないのだ。

So I was interested when a local group of peace activists organized a protest at San Onofre both to commemorate the tragedy at Fukushima and to call attention to our own vulnerability in case of an earthquake and tsunami. On Sunday, March 11th, I joined several hundred protesters who gathered at noon near the reactors.

そういうことを考えていたので、福島での悲劇を記念し、ここでも地震と津波の危険にさらされる可能性のあることに思い起こさせるための集会を地元の平和運動家たちが企画したと聞いたとき、私も参加しようという気になった。それで3月11日の日曜日の正午、私は原子炉の近くに集まった数百人の人々に加わった。

We began with a prayer by a member of an Indian tribe that used to live near where the reactors now stand. Then we had a minute of silence in memory of last year’s tragedy in Japan, and we heard from two Japanese visitors from Fukushima prefecture. Both of them carried small geiger-counters and spoke about their worries about their children, the milk they drink, the playgrounds they use, and the long-term effects of radiation. They stressed that Japanese authorities had not been forthcoming about the dangers of the nuclear melt-down, and several American speakers warned that in fact the Fukushima plant was not yet secure and was continuing to leak radiation.

集会はまず、現在原子炉が建っている地点の近くにかつて居住していた先住民部族のメンバーによる祈りで始まった。それから、去年の悲劇的な震災で犠牲になった日本の方々に1分間の黙祷を捧げ、福島県からやって来た2人の日本人の言葉を聞いた。2人とも小さなガイガーカウンターを持っていて、子どもたちが飲む牛乳や遊び場や放射能の長期の影響について、子どもたちのことが心配だと語った。2人とも、日本政府が原子炉の炉心溶融についてきちんと情報を提供しないと強調し、それに続いて発言したアメリカ人たちも、福島原発はいまだに問題が解決しておらず、放射能が漏れ続けていると指摘した。

As I listened and looked at our own two reactors, I reflected on how similar my situation is to that of the people of Fukushima. I, too, live near a major earthquake fault that could rupture at any time. The San Onofre nuclear plant sits on the edge of the Pacific Ocean, behind a seawall less than five meters tall at high tide. There is no emergency plan for evacuating our area’s approximately 3 million people. The coastline where I live, like Fukushima’s coast, has often been described as a beautiful earthly paradise, but it is also a fool’s paradise. We are foolish because we neither take proper care of this fragile environment, nor do we plan for the natural (let alone the man-made) disasters that may occur.

発言を聞き、目の前の2つの原子炉を見ながら、私自身の状況はなんと福島の人々に似ていることかをいうことを考えた。いつでも破裂する可能性のある大きな地震帯の近くに、私も住んでいる。サンオノフレ原発は太平洋の端に位置し、満潮には5メートル以下という防波堤の後ろに建っている。周辺に住むおよそ3百万人の緊急避難対策計画などまるでない。私の住む海岸線は、福島の海岸線のように、美しいこの世の楽園だとよくいわれてきたが、それは幻覚の楽園でもある。この壊れやすい環境をきちんと守らず、起こるかもしれない(人災はもちろんのこと)自然災害にたいする対策も持たない私たちは愚か者だ。

The nuclear reactors in both countries are run by businesses intent on making a profit. For every day they remain shut down, these businesses lose money. In the U.S. no insurance company will insure them against nuclear accidents, and in Japan Tepco may go bankrupt not only because of the clean-up cost but also the law suits it faces. In both countries, the “regulators” who are supposed to monitor and regulate nuclear industries are in collusion with the industries themselves.

日米両国の原子炉は、利潤を求める企業に運営されている。原子炉が稼働しない日は、損失になる。アメリカでは、原発事故をカバーする保険会社は一社もないし、日本では、洗浄作業にかかる膨大な費用だけでなく、直面する訴訟のために、東京電力は破産するかもしれない。両国では、原子力産業を監視し、規制するはずの「監査官」は産業となれ合いになっている。

The rally I attended left me with one hopeful impression, and that was the extent to which both our Japanese visitors and more and more Americans have begun to distrust their governmental authorities and business spokesmen. The Japanese told us that many of the things Americans had learned about the Fukushima disaster were kept from people in Japan. But Americans are becoming equally cynical about what their newspapers and government are telling them.

それでも、集会に参加して、私は希望が持てるような印象を受けた。それは、日本からの参加者もアメリカ人も政府当局や産業のスポークスマンの言うことを信用しなくなってきたことだ。日本からの参加者は、アメリカ人が福島の大惨事について知らされたことの多くが、日本の人々には隠されたままに置かれていると報告した。しかしアメリカ人も、新聞や政府が言うことはまじめに受け止めないようになってきている。

There is a famous Latin phrase -- Quis custodiet ipsos custodes -- which means “who guards the guardians?” The answer is that only watchful citizens can and must do that. Attend local city government meetings and hearings, we were told. Ask questions of your officials. Sign petitions. Become more active in your communities.

ラテン語に「クゥイス・クストディエット・イプソス・クストデス」という有名な慣用句がある。「だれが監視者を監視するのか?」という意味だ。答えは、目を光らせた市民にしかできないし、そうすべきだ。地元の市の会議や公聴会に出なさい、と私たちは促された。政府の役人に質問しなさい、とも。陳情書に署名しなさい、とも。そして地元地域に積極的に貢献しなさい、と。

Many people at the rally were carrying signs about Fukushima and nuclear energy. They also wore T-shirts with peace signs on them. I wore a T-shirt that said “Pogo was Right.” Pogo was a much-loved comic strip character of the 1950s and 60s -- a politically-minded possum who lived in a Louisiana swamp. His most famous utterance -- printed on the back of my T-shirt -- was “We have met the enemy and he is us.”

集会に参加した人々の多くはフクシマや原子力に関するプラカードを持ってきた。平和マークの付いたTシャツを着てきた人も多い。私は「ポゴは正しかった」と書かれたTシャツを着ていった。ポゴとは、1950年代から60年代に人気のあった漫画の主人公で、ルイジアナの沼地に住む政治意識の高いコモリネズミだ。彼が言ったことでいちばん有名なのは――それは私の着たTシャツの背中に書いてあるのだが――「我々は敵に出会ったのだが、敵とは我々自身だった」というものだ。

This T-shirt was actually a gift to my husband, Chalmers Johnson, by an admirer who had heard him use the phrase in a speech he gave about the U.S. involvement in Iraq and Afghanistan. I wore it in his memory and also as a reminder to myself and others that many of the dangers we face are self-inflicted.

実はこのTシャツは、夫のチャルマーズ・ジョンソンが、アメリカのイラクとアフガニスタン介入に関するスピーチでこの言葉を引用したのを聞いた人が、感心して贈ってくれたものだ。夫の追憶として、また私たちが直面する危険の多くは自ら招いたものだということを忘れないために、私はこのTシャツを着ていった。


(訳:雨宮和子)
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
23 チャルマーズ・ジョンソンと沖縄
22 ジョン(下)
21 ジョン(上)
20 ポリー
19 さらば、オランダ
18 いとこのハンス ―その後(2)
17 いとこのハンス − その後(1)
16 いとこのハンス
15 子どもを持たなかった理由
14 口を開く前に…
13 猫になったのかもしれない私
12 猫と人間
11 ヨコハマ・ヤンキー
10 前を向くか、後ろを向くか
9 アリゾナ展望
8 旧知の仲
7 愛した猫たち(下)
6 愛した猫たち(上)
5 フクシマとサンオノフレ
4 日本語ができない私
3 吉祥寺 ― 1961年と50年後
2 チャルのベンチ
1 死を迎えるためのビジネス
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 6 6 1 6
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 1 5 0