1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ボーダーを越えて
29 カラスのご馳走
2004年6月17日
雨宮 和子 雨宮 和子 [あめみや かずこ]

1947年、東京都生まれ。だが、子どものときからあちこちに移動して、故郷なるものがない。1971年から1年3ヶ月を東南アジアで過ごした後、カリフォルニアに移住し、現在に至る。ボリビアへの沖縄移民について調べたり書いたりしているが、配偶者のアボカド農園経営も手伝う何でも屋。家族は、配偶者、犬1匹、猫1匹、オウム1羽。
▲ 山田寿太郎さん。78歳とはとても思えないほど元気で活躍中。
▲ 花をいっぱいつけた寿太郎さんのフエルテの木。
▲ フエルテの大木の前で、寿太郎さんとトーマス。
(写真提供=すべて中山俊明)
「ヤマダ・ジュタロウさんの家はどこだかわかりますか?」
と、聞いたのは、中山さん。(研究会インフォネット代表の中山さんです。)

聞いた所は、修善寺から来て沼津に入ったばかりの高速道路の料金徴集所。そんな所で有名な映画スターでもない山田寿太郎さんの家はどこかと聞くなんて、いくら中山さんが積極的で楽天家だとしても、無理に決まってるじゃない―と、私は口には出さないものの、心の中で呆れ返っていました。案の定、料金所のおばさんは「ヤマダ・ジュタロウさん?」と言ったまま、怪訝な顔をしています。
「そうです、ヤマダ・ジュタロウさんです。ジュタロウ・ミカンの‥」
「ああ、そのジュタロウさん」
なんで早くそれを言わないの、と言いたげな顔をして、おばさんは、大体どの辺にあるかはわかるけど、詳しいことはミカン集配所で聞くのが一番いいと、そこへの行き方を教えてくれました。早速そっちの方向へと向かった中山さんは、「いや、まさかわかるとは思わなかった。冗談のつもりだったんだ」と、びっくりしながら白状しました。それを同行のトーマスに説明すると、彼も大笑い。今年の4月中旬のことです。

料金徴集所からまっすぐ西に向かって海に突き当たり、海沿いの道を左に曲がると、見覚えのある風景が目の前に広がってきました。山田寿太郎さんのお宅に、私たち3人は1986年の暮に伺ったことがあるのです。もう1人のカメラマンが、日本でアボカドを生産している寿太郎さんのことを新聞で知り、4人で伊東の温泉で一泊した後に是非会いに行こうと言って、突然押しかけたのでした。山田宅に着いたところで、まず中山さんたちが寿太郎さんに話しに行ったら、「新聞に載ってから見物人が大勢来て、ちっとも仕事になりゃしねぇ」と、剣もほろろ。ごもっともなことです。でも、ここまで来て引き下がるのはやはり惜しいと、トーマスが出ていって寿太郎さんのアボカドについていろいろ質問しました。それで寿太郎さんは、この人はただ物見高いだけの素人じゃないと思ったのでしょう、態度を和らげて、丘の上のアボカドの木まで案内してくれたのでした。そのとき、3月ぐらいまで収穫できるミカンの品種を開発して、ジュタロウと名付けたと言っていましたっけ。

それ以来、是非また寿太郎さんに会い、アボカドの様子も知りたいと思っていました。それで今回は中山さんにちゃんと前もって寿太郎さんに電話で連絡しておいてもらいました。

ミカン集配所で聞くと、寿太郎さんの家はすぐわかり、海沿いの道から丘に向かって車が1台しか通れないような細い道を上り始めた所に、確かにこれだ、と思う家がありました。そこでは息子さんのお嫁さんが待っていてくれて、寿太郎さんは丘の上のミカン畑にいると教えてくれました。さらに細くなる道を上がっていくと、いました、いました。寿太郎さんも顔をほころばせています。

腰が少しかがんではいるものの、寿太郎さんは顔の色艶が以前よりいいくらいで、17年4ヶ月という時間の経過を感じさせません。股関節が痛くて手術を控えているトーマスの方がはるかに年を取ったように見えます。「寿太郎さんは有名になられたのですねぇ」と料金徴集所でのことを話すと、「ジュタロウ・ミカンがブランドとして正式に認可されたからだろう」と、寿太郎さんはお世辞も言わない代わりに自慢話もしません。全く無駄のない人で、すかさずアボカドの木へと案内してくれました。

駿河湾をはさんで富士山が正面に見える丘のてっぺんに、寿太郎さんのアボカドは立っています。樹齢50年になるフエルテとズタノで合計5本。伊豆半島の気候はアボカドに最適なのでしょう、特にフエルテは見事な大木で、トーマスをうらやましがらせるほど、花をいっぱい咲かせています。なんでも静岡県の農林試験所にアボカドを植えてみないかと誘われたのが事の始まりとか。そうやって植えた人は他にもいたそうですが、成功していまだにアボカドの木を持っているのは寿太郎さんだけ。

寿太郎さんのアボカドは17年前は毎年西友チェーンが全部買い取ると言っていましたが、いまでもそうなのでしょうか。
「いや」
どうして?
「カラスがみんな食っちまうから」
寿太郎さんのアボカドのことをカラスはちゃんと覚えていて、収穫寸前になると、どこからか一斉にやって来るのだそうです。カラスの間でも寿太郎さんのアボカドは評判らしく、やって来るカラスの数は年々増えていき、去年は400羽余も来たというのです。

もちろん寿太郎さんはカラス退治にありとあらゆる手を尽くしました。網をかけたり、銃の免許を持っている人に脅かしの鉄砲を撃ってもらったりもしたそうですが、3日もすると、あれはただの脅かしだとカラスは見破ってしまい、ズドンとやっても平気の平座だとか。寿太郎さんはすっかりお手上げのようです。

カラスのアボカド好きは洋の東西を問わないということが、これでわかりました。トーマスの所にもカラスはやって来るのです。カラスはまず、大きくなったアボカドを嘴でつっつく。するとアボカドは木から落ちる。地面に落ちたアボカドは何日か経つと熟れてきておいしく食べられる、ということを、カラスはちゃんと知っていて、その知識も広めたようです。が、サンディエゴ郡にはアボカド園がたくさんありますから、トーマスの農園に一斉にやって来るということはありません。カラスにつっつかれたアボカドは傷がつき、売り物にならないという困ったことになりますが、カラスの到来が便利なこともあるのです。

アボカドを生産者から買い付けるのはパッキングハウスだと以前お話しましたね(詳しくは「6 トーマスのギャンブル(2)」をもう1度ご覧ください)。大手のパッキングハウスがカリフォルニア全体の在庫量を見ながら先付け生産者価格を予想して、生産者に収穫の是非を勧告するのですが、パッキングハウスも商売ですから、自分達に有利に買付け価格をコントロールしがち。未収穫量が減ると買付け価格は当然上がるので、ときとして、量を大変に水増しして発表したりすることがあります。トーマスが取り引きしているパッキングハウスは小規模で独自の方針を持ち、生産者に正確な情報を提供するよう努めてくれるのですが、全体の未収穫量までは把握できません。

アボカドの収穫年が終わりに近づく頃、トーマスの農園ではまだアボカドがいっぱいなっているとき、ほかでも未収穫のアボカドは多量にあるという情報が流れていて、生産者価格はあまり上がらないということがあります。そんなとき、うちの農園にカラスがいっぱいやって来たら、「ははぁ〜ん、他の農園でも未収穫アボカドがいっぱいあるというのはウソだな」とトーマスは考える、というわけです。やって来るカラスの数が多ければ多いほど、他の所で木に残っているアボカドは少ないということであり、したがって生産者価格は近日中に上がることになる、というのがトーマスの論理です。このことを彼は「カラス指数」(crow index)と呼んでいます。

残念なことに、伊豆ではカラスの大好きなアボカドがあるのは寿太郎さんの所だけ。でも、ジュタロウ・ミカンが世に認められて、寿太郎さんは満足そう。欲がない人なのですね。
「うちのアボカドは店で売っているのよりずっとおいしいと、皆さんおっしゃるのですよ」と、寿太郎さんの無口をカバーするかのように愛想のいい山田夫人も、そんなおいしいアボカドをカラスに食い荒らされてしまうことに言及しても、たいして口惜しそうなようすではありません。ご夫婦そろって寛大なお人柄のようです。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
200 小さなしあわせ
199 お葬式
198 とうとうやって来た日、そして雨
197 思い切り生きる
196 一夜が明けて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
194 ヘザーと私の日本旅行記(6 上)ショッピング
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
191 ヘザーと私の日本旅行記(4 上)伊豆へ向かう
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
189 ヘザーと私の日本旅行記(2)江戸・かっぱ橋・オフ会
188 ヘザーと私の日本旅行記(1) 日本到着
187 生ある日々を
186 花嫁の父
185 プラチナの裏地
184 家族をつなぐ指輪
183 「血の月」を追いかけて
182 ママハハだった母
181 アジア人(下)固定観念を越えて
180 ジプシーの目
179 選挙に映ったアメリカの顔
178 とうとう、きょう
177 アジア人(上)その概念
176 海軍出身
175 特攻志願
174 お祭り
173 ありがとう、で1年を
172 クリスマスプレゼントが今年もまた
171 スージー・ウォンの世界
170 秩序の秘訣
169 黒い雲の行方
168 ドアを開けたら
167 今年もまた
166 ボリビア(7)ボリビアで和菓子を
165 ボリビア(6)パクーの登場
164 ボリビア(5)卵の力、女性の力
163 ボリビア(4)小麦の都
162 ボリビア(3)米の都
161 ボリビア(2)2つの日系移住地
160 ボリビア(1)サンタクルス
159 闇の中で
158 みんなの宝物
157 新語の中身
156 年末のご挨拶
155 ピッチピッチチャップチャップ
154 神の仕業
153 ラタトゥイユ(2)レシピ
152 ラタトゥイユ(1)
151 プティ・タ・プティの最後の1片
150 ジプシーとの知恵競争は続く
149 豊かな粗食
148 中絶抗争
147 スーザン・ボイルの勝利
146 黄昏の親子関係
145 子ども好き
144 言葉雑感(8)regift
143 言葉雑感(7)「ん」の音
142 アメリカの理想
141 ときめく日の足音
140 言葉雑感(6)ミルクとは
139 ミルクの教訓
138 年末の独り言
137 投票日日誌
136 あと3日
135 ペイリンから見えるアメリカ
134 訴訟顛末記(1)まず弁護士を
133 園遊会で
132 柔の姿勢
131 言葉雑感(5)4文字言葉
130 豪邸の住人
129 言葉雑感(4)カミはカミでも
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
127 言葉雑感(2)子年のネズミ
126 言葉雑感(1)グローバルなピリピリ
125 やって来た山火事(最終回)これから
124 やって来た山火事(9)いとおしい木々
123 やって来た山火事(8)現実に直面して
122 やって来た山火事(7)焦燥の2日間
121 やって来た山火事(6)私の方舟
120 やって来た山火事(5)避難準備
119 やって来た山火事(4)止まない風
118 やって来た山火事(3)第1日目の夜
117 やって来た山火事(2)第1日目の夕方
116 やって来た山火事(1)第1日目の昼下がり
115 しあわせな1日
114 チェ
113 メキシコの息づかい
112 「石の家」
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
110 ケーキ1切れ
109 「豊かさ」の中身
108 イタリアの修道僧
107 3年ぶりの日本
106 キューバ:アメリカの恥
105 キューバ:バラコア
104 キューバ:甘い歴史の苦い思い出
103 キューバ:2つの通貨
102 キューバ:近過ぎて遠い国
101 ホンジュラス(最終回)去る者,残る者
100 ホンジュラス(19)シエンプレ・ウニードス
99 ホンジュラス(18)ガリフナ放送
98 あと1年、だったら
97 無信仰者のクリスマス
96 ホンジュラス(17)ガリフナ
95 ホンジュラス(16)バナナ共和国
94 ホンジュラス(15)マヤ文明の跡
93 ホンジュラス(14)牢獄の中と外
92 ホンジュラス(13)先住民の女性たち
91 ホンジュラス(12)一番安全な町
90 ホンジュラス(11)オランチョの森(下)
89 ホンジュラス(10)オランチョの森(上)
88 金鉱の陰で(追記)カリフォルニアで
87 ホンジュラス(9)金鉱の陰で(下)
86 ホンジュラス(8)金鉱の陰で (中)
85 ホンジュラス(7)金鉱の陰で (上)
84 ホンジュラス(6)原則に沿って
83 ホンジュラス(5)農地のない農民
82 移民政争とラティノの力(続)
81 移民政争とラティノの力
80 ホンジュラス(4)消え去った人々
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
78 ホンジュラス(2)レンピーラ
77 ホンジュラス(1)行ってみよう
76 本物を見る
75 豊かな心
74 蝶の力
73 単刀直入
72 愛の表現
71 ベネット・バーガー
70 感謝の日
69 思わぬ道草(最終回)原点
68 思わぬ道草(19)回復に向けて
67 思わぬ道草(18)人は孤島にあらず
66 「ニューオーリーンズ」に見えたもの
65 思わぬ道草(17)一歩後退の教訓
64 思わぬ道草(16)日没症候群
63 甦生の兆し
62 ニューオーリーンズとクリスチャン
61 思わぬ道草(15)もつれた糸
60 思わぬ道草(14)彼の青い目(下)
59 思わぬ道草(13)彼の青い目(上)
58 思わぬ道草(12)ローマ鎧
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
56 思わぬ道草(10)近くの他人
55 思わぬ道草(9)ロールバー
54 思わぬ道草(8)楽観の2日間
53 思わぬ道草(7)一人三脚
52 思わぬ道草(6)長い夜
51 思わぬ道草(5)OR
50 思わぬ道草(4)ER
49 思わぬ道草(3)常習犯
48 思わぬ道草(2)目撃者
47 思わぬ道草(1)3月14日の夕方
46 訛った英語
45 イギリスの英語
44 英語とアメリカ
43 海の中に(下)
42 海の中に(上)
41 姓というマーカー(下)
40 姓というマーカー(上)
39 国籍あれこれ:選択肢
38 国籍あれこれ:彼の場合
37 国籍あれこれ:私の場合
36 ボーダーとは
35 最終回:グローバリゼーション
34 番外編:クリスマス・ディナー
33 サンタアナの風
32 お刺身パーティー
31 アボカド泥棒
30 アボカドと生きる鳥
29 カラスのご馳走
28 三つ子の魂
27 子宝のもと?
26 アボカド探検家
25 ゴールドラッシュの波紋(下)
24 ゴールドラッシュの波紋(上)
23 海を渡って(下)
22 海を渡って (上)
21 コンキスタドール
20 アボカド事始め
19 ハースマザーの行方
18 世界アボカド会議
17 フエルテ
16 ハースマザーの木(下)
15 ハースマザーの木(上)
14 鶏より馬
13 働く人々
12 花婿の父
11 シンコ・デ・マヨ
10 「奇跡の3月」
9 アボカド形の穴
8 父親不明
7 女性花・男性花
6 トーマスのギャンブル(2)
5 トーマスのギャンブル(1)
4 成熟と完熟
3 グァカモーレ
2 アボカドさまざま
1 メックスフライ
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 9 2 7 0 1 3 0
昨日の訪問者数0 4 0 6 7 本日の現在までの訪問者数0 0 5 1 6