1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
やもめ日記
7 愛した猫たち(下)
2012年6月5日
シーラ・ジョンソン シーラ・ジョンソン [Sheila Johnson]

1937年、オランダのハーグに生まれるが、10歳のときからアメリカに在住。大学で人類学、大学院修士課程で英米文学を学び、人類学博士号を取得。高齢化問題や日本について書籍や記事を出版し、夫が創設した日本政策研究所の編集者を10年間務めた。チャルマーズ・ジョンソンが他界するまで彼と53年の結婚生活を続けた。現在サンディエゴ在住。
▲ モフを抱いた私と、ミティを抱いた夫チャル。
▲ 重病のミティに注射する夫チャル。
▲ 最近のセイジと私。
By the summer of 1993 my husband and I had moved from Berkeley to the San Diego branch of the University of California and were living Cardiff, somewhat north of the campus with a view of the Pacific Ocean. My husband had taken an early retirement from teaching and we were about to launch the Japan Policy Research Institute, which we would run from our dining-room table for the next ten years. Life was good except that my husband’s life-long rheumatoid arthritis was getting worse and the medicine he’d been taking had suddenly ceased to work. At 62, he was quite ill and in a lot of pain, and I realized that our carefree traveling days were probably over.

1993年の夏が始まるころには、夫と私はカリフォルニア大学バークレー校からサンディエゴ校に移り、キャンパスの北側にあって太平洋の見えるカーディフに住んでいた。夫は教職から早く退職し、日本政策研究所を始めようとしていた。その研究所を、私たちはそれから10年の間、ダイニングルームのテーブルから運営することになった。私たちの生活は良好だった。ただし、夫を長年苦しめてきた関節リウマチが悪化し、それまで頼っていた薬がもう効かなくなっていた。62歳という年齢にして、彼は病状が悪く、痛みに悩まされていた。これではもう、気楽に旅行に出ることはないだろうと私は悟ったものだ。

One day our Brazilian cleaning girl Odete came by and said she had a problem. She’d found two abandoned kittens and her husband had refused to let her keep them because he was allergic. Having saved them, what should she do? I took one look at these two tiny balls of fur -- barely weaned from their mother as it turned out -- and decided that if anything could cheer up my husband these would be it. “I’ll take them,” I said, “and if they’re girls I’ll name them Odete and Odile.”

ある日、掃除人として雇っていたブラジル人のオデットがやって来て、問題を抱えていると言った。問題というのは、2匹の捨て猫を見つけたのだが、猫アレルギーの夫が飼わせてくれないのだという。せっかく救出した子猫たちをどうしよう? 私は、母親からようやく乳離れしたばかりその小さな毛のかたまりを覗いてみて、夫を励ますものがあるとしたら、この子猫たちだと思った。「私が引き取るわ。子猫たちがメスだったら、オデットとオディールと名付けましょう」と、私は言った。

Unfortunately, the vet pronounced them both to be males and I returned home with two properly inoculated and flea-free kittens but no idea of what to call them. My husband, author of Miti and the Japanese Miracle, and still deeply involved with writing about Japanese economics said, “Why don’t we call one of them Miti and the other one Mof?” And so we became the parents of two of the most celebrated cats in Japanese studies. Several years later a Japanese film crew was interviewing my husband and they decided to introduce the cats to the TV audience. Holding one in each arm as he was seated in his recliner, my husband smiled mischievously and said, “This is Miti, and that is Mof. Miti is stronger but Mof is smarter.”

残念なことに、2匹ともオスだと獣医さんに言われ、予防注射をしてノミ処置も施された子猫たちを家に連れて帰ったのだが、子猫たちをなんと名付けていいか、見当もつかなかった。『通産省と日本の奇跡』を書き、そのころまだ日本の経済について執筆を続けていた夫は、「1匹はミティ(MITI=通産省)、もう1匹はモフ(MOF=大蔵省)と呼んだらどうだろう?」と言った。こうして私たちは、日本研究でもっとも有名な猫2匹の飼い主になったのだ。数年後、ある日本のテレビ局の撮影班が夫のインタビューにやって来たとき、猫も視聴者に紹介しようということになった。夫は、1匹を抱いてもたれ椅子にすわり、いたずっらぽく笑って、「こっちがミティで、そっちがモフ。ミティのほうが強いけど、モフのほうが頭がいいんですよ」と言ったものだ。

Miti, like Pinkerton, was indeed the stronger and more aggressive of the two. But both cats were acrobats of the first order. They could leap from an upstairs patio railing to the roof of our house, although they didn’t always seem to know how to get down. They could balance on the edge of fence, inching slowly toward but seldom catching a bird who was also sitting there. Inside the house they jumped from tables to fireplace mantels to the tops of bookcases. We sometimes called them the Flying Wallendas, after the famous group of circus acrobats. They were featured on JPRI’s Christmas cards sprawled across the page proofs of “Okinawa: Cold War Island.” When we bought a new car, we also acquired a personalized license plate for it that read ”MITIMOF.”

2匹のうちでは、たしかにミティは、ピンカートンがそうだったように、力強くて押しも強かった。でも2匹とも上級のアクロバットだった。彼らは2階のベランダの手すりから屋根に飛び乗ることができたのだ。といっても、どうやって下りるか、いつもわかっているとは限らなかったが。また、よく塀の上にとまっている鳥のほうに、もう一方の塀の端から静かに少しずつ近づいていったものだが、そうやっても滅多に鳥を捕まえられなかった。家の中では、テーブルから暖炉の炉棚へ、そして本棚へと飛び乗った。そんな彼らを、私たちはときには、有名なサーカス・アクロバットの一団にちなんで、空中ワレンダズと呼んだりした。彼らが『沖縄――冷戦の島』(訳者注 チャルマーズ・ジョンソン編著 199年日本政策研究所出版)のページ校正刷りの上にのびのびと横になった姿は、日本政策研究所のクリスマスカードに載った。新車を買ったときには、ナンバープレートには「MITIMOF」とした。

Unfortunately, when Miti was nine years old he suddenly became very thin and the doctor thought it might be cancer of the bowel. He was operated on but the cancer had already spread to his liver and we could not bear to see him suffer further. When he was euthanized we were bereft and thought perhaps his brother Mof would feel the same way. But Mof, the shy and deferential one, suddenly blossomed and took charge, and he was our close companion for another seven years. He died of old age, asleep on our bed, and we buried him in our Cardiff garden.

不運なことには、ミティは9歳のときに突然痩せ始めた。獣医は大腸癌かもしれないと診断した。ミティは手術をしたのだが、癌はすでに腎臓に広がっていて、彼がこれ以上苦しむのを私たちは見ていられなかった。彼を安楽死させたとき、私たちは悲嘆にくれ、おそらく兄弟のモフも同じ思いでいることだろうと思ったのだが、内気で遠慮がちなモフは、急に花が開いたように活発になったのだ。そうして彼はさらに7年間、私たちの相手をしてくれた。私たちのベッドの上で老衰で死んだ彼を、カーディフの自宅の庭に埋めた。

It occurs to me now that both Pinkerton and Miti, with their adrenalin-fueled personalities only lived to be nine, whereas the more easy-going Genji and Mof made it to 16 and beyond. Is there a lesson in this for us human beings?

いま気が付いたことだが、ピンカートンもミティも、アドレナリンいっぱいの性格で、たった9年しか生きなかったが、もっとのんびりしたゲンジもモフも16年以上も生きた。これはわれわれ人間にも当てはまる教訓だろうか?

Since we ourselves were in our seventies, we decided it was probably too late to adopt another cat. Yet we didn’t get rid of the various cat bowls, baskets, and climbing trees we had in our house. Perhaps we were waiting for a miracle or fate to come to our aid. And in the summer of 2010, fate did come calling in the form of the daughter of a close friend. She had adopted a cat, now six years old, but having finished her graduate studies she was getting ready to move to Africa. She and her father jointly decided that we were the logical people to take charge of Seiji.

モフが死んだとき、私たちも70代になっていたので、また猫を飼うことはよそうと思っていた。それでも猫用お碗とかベッド用バスケットとかよじ上り用木とかは処分しないでおいた。多分、奇跡か運命が私たちのところにやって来るのを待っていたのかもしれない。すると、2010年の夏、親友の娘さんが、そういう運命を持って来た。彼女は大学院を終えてアフリカに移る準備をしていたのだが、動物収容所からもらってきてセイジと名付けた6歳になる猫は、私たちに任せるのがいいと、彼女は父親といっしょに決めたのだ。

Seiji was like no other cat we’d ever owned. For starters, he was enormous: he weighed nearly 8 kilo and with his darkly striped body looked like a small tiger. And he was powerful and smart. He could open doors and cabinets, kill (and eat) rabbits and large mice, and was not overly trusting of human beings. In fact, he may have been a feral cat that was left at the pound by someone who couldn’t deal with him.

セイジは、これまで私たちが飼ったこともないような猫だった。まず第一に、彼は巨大だった。体重がおよそ8キロもあり、黒っぽい縞の身体で、小さい虎のようだった。そして力強く、頭がよかった。ドアや戸棚を開けることができ、ウサギや大きなネズミを殺すこと(そして食べること)ができ、人間をあまり信用していなかった。実際、彼は野生化した猫で、彼を扱いきれなかった人に動物収容所に連れて来られてきたのかもしれない。

We treated Seiji like a somewhat mysterious guest. He began by exploring our house and found so many places to hide that we soon compared him to Houdini, the master magician and escape artist. He didn’t come when we called, and he spent several nights outside while we worried that the coyotes might eat him. But gradually we came to an understanding. He appreciated our steady food supply enough to come in by 10 p.m. We understood his need for independence and cleaned up the remains of numerous animals that he caught and devoured on our patio.

そんなセイジを、私たちは神秘的な来客のように扱った。彼は我が家を探検することから始め、たくさんの隠れ場所を見つけたので、魔術師で脱出芸師の大家、フーディーニのようだと私たちは思った。彼は呼んでも来ないし、幾晩も外出から帰って来なくてコヨーテに食べられてしまったのではないかと私たちを心配させた。しかし次第に、彼と私たちの間には了解が生まれた。彼は食べ物がいつもあるということがわかって夜10時までには帰って来るようになり、私たちは私たちで、彼の独立性を理解して、彼が捕まえてテラスで食べた動物たちの遺骸を片付けた。

Seiji, like many cats, also seems to have a sixth sense about people who are ill or dying. Six months after he arrived in our house, my husband was in hospice care at home and Seiji spent every night on his bed, often watching him with great concern. Now that I’m alone he sometimes sleeps with me, but so far he sleeps more soundly than I do. I hope that’s a good sign and that he’ll continue to take careful note of my well-being, as I do of his. I call him my “compagnon de guerre,” or comrade in arms, and I hope that we can march forward together for a few more years

セイジは、多くの猫と同じように、人が重病とか死にかけているとかがわかる第六感を持っているようだった。彼が我が家にやって来てから6ヵ月後に、夫は自宅でホスピスの世話になったのだが、セイジは毎晩夫のベッドの上で、夫を心配するように見つめながら過ごしたのだ。いまは私が独りになったので、セイジはときどき私といっしょに寝るのだが、目下のところ、彼の方が私より熟睡する。それはいいことの印だと思う。そうして、彼が私の健康状態を良く見ていてくれてほしいものだ。私も彼に対してそうするように。彼は私の戦友だ。彼といっしょにあと数年、前進していけたらと願っている。(終)


(訳:雨宮和子)
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
23 チャルマーズ・ジョンソンと沖縄
22 ジョン(下)
21 ジョン(上)
20 ポリー
19 さらば、オランダ
18 いとこのハンス ―その後(2)
17 いとこのハンス − その後(1)
16 いとこのハンス
15 子どもを持たなかった理由
14 口を開く前に…
13 猫になったのかもしれない私
12 猫と人間
11 ヨコハマ・ヤンキー
10 前を向くか、後ろを向くか
9 アリゾナ展望
8 旧知の仲
7 愛した猫たち(下)
6 愛した猫たち(上)
5 フクシマとサンオノフレ
4 日本語ができない私
3 吉祥寺 ― 1961年と50年後
2 チャルのベンチ
1 死を迎えるためのビジネス
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 6 6 1 5
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 1 4 9