1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
葉山日記
108 坂の上の雲
2010年1月1日
中山 俊明 中山 俊明 [なかやま としあき]

1946年4月23日生まれ。東京・大田区で育つが中2のとき、福岡県へ転校。70年春、九州大学を卒業後、共同通信に写真部員として入社。89年秋、異業種交流会「研究会インフォネット」を仲間とともに創設、世話人となる。91年春、共同通信を退社、株式会社インフォネットを設立。神奈川県・葉山町在住。

ニックネームはTOSHI、またはiPhone-G(爺)
明けましてあめでとうございます。昨年はこのエッセイも途絶えがちで少々元気がなかったのですが、今年は積極的に書いていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

さて、冒頭の写真は1978年(昭和53年)、東京・国分寺市のファミリーレストラン「すかいらーく」で撮影されたある家族の食事風景である。いまからおよそ32年前の記録ということになるが、この写真がことし、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館に展示されるらしい。「らしい」というのは、どういう経緯からこの写真が展示されることになったのか、またどういう主旨のブースに展示されるのか、詳しいことがいまのところわからないのだ。

僕の想像だが、博物館のリサーチャーが、本格的高度成長の加速期に入ろうとする日本の家族を象徴するような写真を探していた。「3種の神器」といわれたテレビ、洗濯機、冷蔵庫があって当たり前の時代になり、次に「3C」といわれたカラーテレビ、クーラー、自動車も普及し終え、次はマイホームを持つことが一般庶民の現実的な夢になりつつあった時代を象徴するような写真。日本がちょうどいまの中国のような時代といってもいい。

リサーチャーがたまたま共同通信の写真データベースでこの写真を見つけた。マイカーで出かける郊外のファミリーレストランが急成長していく時代でもある。その「ファミレス」で楽しそうに食事する、「ジジババ抜き」の「ニューファミリー」。マイホーム、核家族時代の到来を象徴する、どんぴしゃの写真ではないか。

展示をしたいが、と博物館から共同通信のフォトサービスに相談があった。「レストラン側は問題ないでしょうが、写真に写っている家族の肖像権同意が必要です。30年以上も前の写真ですからねえ。この家族を見つけ出すのはほぼ不可能でしょう」、「そうでしょうねえ、残念ですねえ」―というやり取りをしているうちに「古参」のスタッフが横から覗き込んで、「あれえ、これ中山じゃないかあ」。というような経緯があったらしい。

その通り、実は「発掘」されたこの写真、紛れもなくかつてのわが一家である。小さな男の子はいまや35歳で2児(5歳と1歳)の父、後ろ向きにちょこんと座っている女の子は34歳の主婦。当時32歳の妻も若いし、僕の髪はふさふさである。当時、府中市の2DKの公団アパート住まいで小さなマイカーを持っていた。翌年には町田市に一戸建てのマイホームを建てた。

この時代、給料の毎年アップは当たり前で、学生時代は「ええとこのぼんぼん」だけがするものと思っていたテニスやダイビングが、僕ら一般庶民にもできる余裕が芽生えだしていた。今見ると、日本もわが家族も「坂の上の雲」だけを見ていればよかった幸福な時代、とも言えるかも知れない。

職場にNという同期入社のカメラマンがいた。デスクに「ファミリーレストラン」の写真撮影を命じられたが何度行っても良い写真が撮れない。「食事代はお前さんの奢り」という条件を付けてわが一家が「やらせ撮影」に協力した1枚だ。撮影したNは2年前に他界した。写真は年月が経過するとともに普遍的な時代性やら歴史性を帯びてくる。なにしろ「歴史民俗博物館」だもんね。

「核家族主義」になんら疑念をいだかなかった写真の「パパ」は、いまや写真の「男の子」一家と三世代暮らしの「ジジ」。「ジジがいて、ババがいて、孫たちが騒ぎまわる大家族主義もいいもんだ」と、「元気なうちはべつべつに暮らすのがいちばんさ」などと自分の親たちにはほざいていたのも忘れ、「ひとつ屋根の下の同居暮らし」をけっこう楽しんでいる。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
123 富士三昧
122 断捨離(2)
121 断捨離(1)
120 喪中につき
119 いろいろあった2014年
118 年賀状考
117 新年号準備中
116 あの日の朝
115 心に響いたことば
114 僕の海
113 ウィンドサーフィン
112 無心の境地で
111
110 64歳のスタート
109 妻との会話
108 坂の上の雲
107 「変人たち」の一瞬
106 歯みがきチューブ
105 宣告(下)
104 宣告(上)
103 とんがりコーン
102 グローバル戦略(1)
101 大臣辞任
100 なにはともあれ
99 ガラガラポン
98 野球とハリケーン
97 ある土曜日の記録
96 続・決定的瞬間
95 鳩時計(下)
94 鳩時計 (上)
93 決定的瞬間
92 HANG IN THERE
91 残すか、捨てるか
90 同窓生
89 去りゆく夏
88 東京タワー
87 立ち位置
86 エッセイ再開
85
84 侮るなかれ、恐れるなかれ
83 整理
82 孤独
81 写真家
80 鬼怒川温泉
79 夢物語
78 SOMETHING
77 還暦
76 花盗人
75 ホリエモン(下)
74 ホリエモン(中)
73 ホリエモン(上)
72 フィルムが消える日
71 新年読書三昧
70 下請け
69 蝉しぐれ
68 インターネット時代のジャーナリズム(2)
67 インターネット時代のジャーナリズム(1)
66 海坂
65 刺客
64 麻酔
63 偶然
62 六本木の病院
61 波乱万丈
60 シ・ア・ワ・セ
59 「老害」を打破せよ
58 「ライブドア」対「楽天」
57 ブログってなに?
56 ブログ戦争
55
54 不思議な「装置」
53 釈明不要
52 皇族の自己責任
51 皇太子発言
50 異常のなかの日常
49 ロバート・キャパ
48 コンテンツ(最終回)
47 コンテンツ(9)
46 コンテンツ(8)
45 コンテンツ(7)
44 コンテンツ(6)
43 コンテンツ(5)
42 コンテンツ(4)
41 コンテンツ(3)
40 コンテンツ(2)
39 コンテンツ(1)
38 下戸
37 野狐禅
36 続々・年賀状考
35 続・年賀状考
34 年賀状考
33 思考スパイラル
32 龍志の遺稿
31 冷たい風
30 先延ばし
29 「有栖川宮」
28 窮鼠、猫をかむ
27
26 リタイアメント
25 続・大胆予測
24 大胆予測
23 執筆方針やや転換
22 バングラデシュ
21 すりかえの論理
20 囚人のジレンマ
19 野合
18 便所の落書き
17 バナナとタマゴ
16 日本の景気は回復する
15 土地について考える
14 ドメイン −5
13 ドメイン −4
12 ドメイン −3
11 ドメイン −2
10 ドメイン −1
9 「19%」の意味
8 僕らの世代(2)
7 僕らの世代(1)
6 ど忘れ
5 スペースシャトル
4 80年代初頭の写真
3 ハンバーガー
2 ゆでガエル
1 止揚
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 7 5 1 5
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 2 0 4 9