1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
やもめ日記
8 旧知の仲
2012年6月20日
シーラ・ジョンソン シーラ・ジョンソン [Sheila Johnson]

1937年、オランダのハーグに生まれるが、10歳のときからアメリカに在住。大学で人類学、大学院修士課程で英米文学を学び、人類学博士号を取得。高齢化問題や日本について書籍や記事を出版し、夫が創設した日本政策研究所の編集者を10年間務めた。チャルマーズ・ジョンソンが他界するまで彼と53年の結婚生活を続けた。現在サンディエゴ在住。
▲ 1977年に到着して間もない赤木夫妻と私。サンフランシスコで。
▲ 1986年、赤木さんのご自宅を訪れた夫チャルと私と赤木康子さん。
▲ 赤木さんたちと日本へ行った猫。
I first met Yasuko, Suruki, and Kyoko Akagi in the spring of 1977. My husband was then chairman of the department of political science at the University of California’s Berkeley campus; and Suruki, a professor of Japanese political science at Toritsu Daigaku, had come to Berkeley for a year as a visiting scholar. He wanted to read some rare documents about prewar Japanese bureaucracy available in the university’s library. My husband asked me to help the Akagis find a suitable apartment, show them where to shop, and get their daughter Kyoko enrolled in school.

赤木さんたち(康子さん、須留喜さん、娘さんの恭子さん)と出会ったのは、1977年の春だった。当時私の夫は、カリフォルニア大学バークレー校の政治学部長を務めており、日本の東京都立大学で政治学教授だった須留喜氏はバークレーで1年間の客員教授としてやって来たのだった。須留喜氏はバークレー校の図書館にある戦前日本の官僚制についての希有な文献を調べるつもりだった。私は夫に、赤木さんたちに適当なアパートを探して、買い物をするところを案内し、恭子さんを学校に入れるようたのまれた。

I had done this many times before for visiting, often Japanese, scholars, but somehow Yasuko struck me as different from the very start. For one thing, she knew how to drive and wanted to buy a car. Her spoken English was already pretty good, unlike her husband’s, which remained rudimentary (he was always too caught up in his research). After getting her 13-year-old daughter enrolled in a Berkeley school (Kyoko’s older brother remained in Tokyo, where he was attending university), Yasuko herself wanted to audit some university classes. Specifically, she was interested in American and English literature.

そういうことは客員教授たち(日本からが多かったが)のために、私は何度もやっていたのだが、康子さんは最初から、他の人とは違うという印象を受けた。まず第一に、彼女は運転ができ、車を買いたいと言った。須留喜氏の英語はいつまでたっても初歩の段階から抜け出なかったが(いつも研究に忙し過ぎたのだ)、彼女は英語がかなりよく話せた。13歳の娘の恭子さんをバークレーの学校に入れた後(息子さんは東京に残って大学に通っていた)、恭子さん自身は大学のクラスをいくつか聴講する希望を持っていた。特に、英米文学に興味があったのだ。

In those days Berkeley’s English department included some famous professors who lectured to large classes, and it was very easy just to slip into a seat in the back of an auditorium. In this way Yasuko attended a class on the Victorian novel taught by Masao Miyoshi and on modern English poetry by Thomas Parkinson, an expert on Yeats.

そのころのバークレーの英文学部には、大規模なクラスに講義をする著名な教授がいて、講堂の後ろのほうに忍び込んで聴講するのは簡単だった。こうして康子さんはマサオ・ミヨシ(三好将夫)氏が教えたビクトリア朝文学やイェイツの専門家であるトーマス・パーキンソン氏が教えた現代英語詩のクラスを取ったのだ。

At the end of the academic year, Kyoko was homesick for her Japanese friends, but her father wanted to stay in Berkeley somewhat longer. Yasuko knew that Kyoko was very fond of our cat, Turandot [see my Infonet paper #6], and so she promised Kyoko that in return for staying longer she too could adopt a cat. That cat, a very funny black creature with a white muzzle, eventually went back to Tokyo with them.

学年が終ると、恭子さんは日本の友だちが恋しくて日本に帰りたがったが、須留喜氏はもう少しバークレーにとどまりたがった。康子さんは、恭子さんが私たちの猫、トゥランドット(やもめ日記第6回「愛した猫たち(上)」を参照)が大好きなのをわかっていたので、もう少し滞在を延ばす代わりに、猫を飼ってもいいと約束した。その猫は口の周りは白いひょうきんな黒猫で、最終的には、赤木さんたちといっしょに日本へ行った。

My favorite story about Suruki is one that he told about himself. Every weekday, while reading archives in the university’s library, he would stop to have lunch in the student cafeteria. There, at a long sandwich bar where sandwiches were freshly made to order, the range of choices baffled him. Did he want rye bread, or wheat, or sour dough, mayonnaise or mustard, lettuce or pickles, meat or cheese, hot or cold? So he developed a strategy whereby every day he simply stood in line and, when his turn came, pointed to the person in front of him and said, “I’ll have the same.” One day he overheard one of the girls behind the counter say to her colleague, “Uh, oh. Here comes Mr. I’ll-Have-the-Same.” Still, it was an ingenious way to get something different every day.

須留喜氏が自分のことを話してくれたことで、私のお気に入りの逸話がある。彼は毎日大学の図書館で史料を読んでいたが、昼食は学生食堂へ行った。そこには長いサンドイッチ売り場があって、注文に応じたサンドイッチを作ってくれたのだが、あまりにたくさんの選択肢に彼はまごついてしまった。パンはライ麦かそれとも小麦パンかそれともサワードウ、マヨネーズか洋辛子、レタスかピクルス、肉それともチーズ、温めて? それとも冷たいまま? 困った彼は、こういうことを考えついた。列に並んで、自分の番が来たら、自分の前にいた人を指して、毎日「(この人と)同じもの」と言ったのだ。ある日、カウンターの後ろで働いている若い女性が同僚に「あらあら、オナジモノさんが来たわよ」というのを彼は耳にしたそうな。とはいえ、毎日違ったものを食べるいい方法を思いついたものだ。

We saw the Akagis in their home in Tokyo in 1986, and again in 1991 in a restaurant, although by then Suruki was looking quite frail. We didn’t know until Yasuko wrote us in 2000 about his death, that he’d been stricken with Parkinson’s disease. While he was ill she had hired someone to help look after him at home, and she had gone to work for an organization affiliated with the Gaimusho that prepared study materials about Japan to be used by schools overseas.

私たちは赤木さんたちに、1986年は彼らの家で会い、1991年にはレストランで再会しのだが、そのとき須留喜氏はかなり弱っているように見えた。彼はパーキンソン病を病んでいたのだが、そのことは2000年に彼の死を康子さんから伝えられるまで私たちは知らなかった。彼が療養中、康子さんはヘルパーさんを雇い、海外の学校で日本について教える教材をまとめる外務省の外郭団体で働いた。

Shortly after Suruki’s death Yasuko began to travel to international education conferences for her job. Meanwhile, we’d moved from Berkeley to San Diego, where she stopped by to see us en route to such a conference. By then, although we always exchanged Christmas cards, we had not seen each other for almost ten years, and yet she brought me as an omiyage a chirimen blouse that fitted me perfectly.

須留喜氏が亡くなって間もなく、康子さんは仕事で国際教育会議に出かけるようになった。そのうち、私たちはバークレーからサンディエゴに移り、康子さんはある会議へ行く途中にうちに寄ってくれた。そのころまで、私たちはクリスマスカードのやり取りはしていたけれど、10年くらい会っていたなかった。それなのに彼女がおみやげに持って来てくれた縮緬のブラウスは、私にピッタリだった。

In 2011, after my husband had also died, I made a return visit to Japan for the first time in 20 years. It was in part a sentimental journey to see old friends like Yasuko and also to visit Akita International University, where I’d donated my husband’s large collection of books. After a luncheon with Yasuko and her daughter Kyoko (who is now a married woman with an important job at Mitsui Chemicals), Yasuko said to me that she still had an American bank account dating from her long-ago stay in Berkeley, when she had sold her car. “Oh, dear,” I thought, “she’s about to tell me that the bank has closed her account and taken the money.” But, no, that was not the issue. The problem was that the Japanese yen is now so strong that converting her 1980 dollars into yen did not make much sense. So her son had suggested that she take a trip to the U.S. instead to spend the money! What a wonderful idea, I thought; another nostalgia trip, this time for both of us.

私の夫も亡くなってから、2011年に、私は20年ぶりに日本へ行った。それは康子さんのような旧友たちに会い、また夫のたくさんの書籍を寄贈した秋田の国際教養大学を訪れるという半ばセンチメンタル・ジャーニーだった。康子さんと娘さんの恭子さん(結婚して、いま三井化学で重要な仕事をしている)といっしょに昼食をした後、康子さんは、バークレーで車を売ったときのお金がそのままベークレーの銀行口座に置いてあるのだが、と私に言った。「あら、まぁ」と、私はとっさに心配になった。「彼女の口座は封鎖されて銀行にお金を取られてしまったというのだわ」と思ったのだ。でも、そうではなかった。問題は、日本円がいまあまりに高くて、1980年の米ドルを円に替えるのは無意味だということだった。それなら、アメリカに行ってそのお金を使ったら、と息子さんが提案してくれたのだという。なんといい考えなんでしょう! もう1つの思い出旅行になる。今度は私たち2人にとって。

And so, in June of 2012, Yasuko Akagi arrived once more in San Diego, bringing me yet another beautiful blouse. After spending a few days recovering from her long flight, she and I embarked on a seven-day driving tour through southern Utah and Arizona. But an account of that adventure by two old ladies ages 75 and 78 will have to wait until next time.

という次第で、今年の6月、康子さんは再びサンディエゴにやって来た。またもやステキなブラウスのおみやげを持って。長い空の旅から数日休んだ後、彼女と私は、ユタ州南部とアリゾナ州への7日間のドライブ旅行に出かけた。75歳と78歳のおばあさんたちの冒険話は、この次に。


(訳:雨宮和子)
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
23 チャルマーズ・ジョンソンと沖縄
22 ジョン(下)
21 ジョン(上)
20 ポリー
19 さらば、オランダ
18 いとこのハンス ―その後(2)
17 いとこのハンス − その後(1)
16 いとこのハンス
15 子どもを持たなかった理由
14 口を開く前に…
13 猫になったのかもしれない私
12 猫と人間
11 ヨコハマ・ヤンキー
10 前を向くか、後ろを向くか
9 アリゾナ展望
8 旧知の仲
7 愛した猫たち(下)
6 愛した猫たち(上)
5 フクシマとサンオノフレ
4 日本語ができない私
3 吉祥寺 ― 1961年と50年後
2 チャルのベンチ
1 死を迎えるためのビジネス
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 6 6 0 8
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 1 4 2