1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ボーダーを越えて
184 家族をつなぐ指輪
2014年6月11日
雨宮 和子 雨宮 和子 [あめみや かずこ]

1947年、東京都生まれ。だが、子どものときからあちこちに移動して、故郷なるものがない。1971年から1年3ヶ月を東南アジアで過ごした後、カリフォルニアに移住し、現在に至る。ボリビアへの沖縄移民について調べたり書いたりしているが、配偶者のアボカド農園経営も手伝う何でも屋。家族は、配偶者、犬1匹、猫1匹、オウム1羽。
▲ リチャードに送った写真
▲ ブードルズでアリスに指輪を贈るリチャード。(写真:Fran Conklin)
▲ アリスの指にピッタリの指輪。
[お断り:以下のエッセイには、イギリスのご本人たちも読めるように英訳したものを、原文(日本語)に続いて1節ごとに添えさせていただきます。]

去年の5月半ばに、連れ合いトーマスの甥のリチャードからメールが来ました。イギリスに何人もいる甥や姪たちの中でも、リチャードとは特に親しい仲にあり、私は楽しいメールのやり取りを頻繁にやっているのですが、このメールは途中から、「1つ質問があるのですが」となんとなく真剣な口調になりました。

In the middle of May last year, my husband Thomas’s nephew Richard emailed me. We are particularly close to him among all the nephews and nieces, and I enjoy frequent email exchanges with him. This particular email, however, turned to somewhat a serious tone in the middle, stating “I have one question.”

「ひょっとして、手放してもいいと思うような指輪が手許にありませんか。あったら、買わせてもらいたいのですが…」と唐突なことを言い出しました。「実は」と書いたリチャードの少々緊張した顔が思い浮かびます。アリスに結婚を申し込みたいのだと言うのです。そう言いながら、「シーッ、アリスと結婚の話はしたけれど、まだプロポーズしていないのですよ」と付け加えました。リチャードは数年前に離婚して以来、友人たちからいろいろなひとを紹介されて付き合ってみたのですが、アリスとはピッタリ呼吸が合い、2人の中は急速に深まっていったようです。リチャードには3人の娘が、アリスには息子が1人いますが、子どもたちもすっかり仲良しになっているという報告をもらっていました。アリスに会ったことのある親類たちはみな彼女のことを大いに気に入っているようです。とてもやさしくて思い遣り深く、3人の娘に対しても非常に愛情深い父親であるリチャードにしあわせになってほしいと願っていた私は、自分のしあわせのようにすっかり大喜びしてしまいました。

“Do you or Thomas by any chance have a ring that is sitting in the safe you don’t use and are unlikely to use that you might consider selling to me please?” which took me by surprise a bit. “Well,” he explained, probably with a serious face I imagined, he was going to ask Alice to marry him. Then he wrote, “shhhh – although we have discussed marriage I haven’t actually asked her yet.” Since his divorce several years ago, he dated several women introduced to him by his friends. The latest was Alice, who seemed to be his perfect fit. Richard has three daughters, and Alice has a son. I heard all their children were getting along beautifully, and the relatives who had met Alice raved about her. Richard, who was so kind and thoughtful and also such a loving father to his three daughters that I had always wished him great happiness he deserved, and so I was elated with the news as if it were my own happiness.

プロポーズは6月20日にして、そのすぐあとに、ニュージーランドに住んでいるアリスのお父さんがイギリスに来るので、アリスからイエスの返事をもらったら、お父さんとアリスの息子にも承諾してもらおうと、リチャードは秘かに計画を立てたのです。アリスには家族のものの指輪を贈りたいと思ったリチャードは、「しきたりにあふれたような感じですけど、僕はもともとそういうのが好きなんですよ」と説明しました。

He was going to propose to Alice on June 20th. Then his secret plan was to ask her father in New Zealand, who would come to the UK in June, as well as her son Ben for permission. Assuming Alice would say yes, he would like to give her a family ring. He acknowledged it was “all rather traditional but that’s me!”

それで母親に指輪はないかと聞いてみたところ、余分の指輪は兄と自分がそれぞれ婚約したときに、譲ってくれてもうないとのこと。母からもらった指輪をリチャードは先妻に婚約したときに贈ったのですが、家族に引き継がれた指輪なので、離婚の際に先妻は返してくれたそうです。でも、それをアリスに贈るなんていうわけにはいかないし… それで私に、手放してもいいと思う指輪はないかと聞いて来たのでした。

He asked his mother if she had spare rings, but she had already given ones to him and his brother when they were first engaged to their first wives and had none left. Richard had given the ring to his first wife, who returned it when she divorced him because it was a family ring. He couldn’t possibly give it to Alice, so he asked if I had one I didn’t mind parting company with.

よくぞ聞いてくれました! 実はあるのです、いい指輪が。それは母親が亡くなって兄弟同士で遺産を分け合ったときに、トーマスが選んだものでした。つまりもともとはリチャードの祖母のものです。エメラルドを中心に古いローズカットのダイヤモンドを散りばめて十字架を思い浮かばせるデザインで、どことなく古風な感じがし、それが魅力でした。私もとても気に入っていたのですが、その前にトーマスからもらったダイヤの指輪があります。ダイヤの指輪を両手にはめるわけにはいきませんから、ダイヤの指輪は1つあれば十分です。(実はもう1つダイヤの指輪がありました。真ん中のサファイアがダイヤモンドに囲まれたデザインで、ピンキーといって小指にするものでした。トーマスの叔母からもらったものですが、ダイヤの指輪は1つで十分という同じ理由から、これもまた親類で一番親しくしているヘザーにあげてしまいました。)

Glad he asked! Indeed I had one - a good one at that. It was among the items Thomas selected when he and his siblings divided their mother’s things after her death. It, therefore, belonged to Richard’s grandmother. The design reminded you of a cross with emerald pieces in the middle surrounded by old-fashioned rose-cut diamonds and had a feeling of old days, which was its charm. I was quite fond of it, but I had another ring Thomas had given me for the first time. You can’t wear a diamond ring in each hand at the same time. One diamond ring is enough to have. (Actually, I had one more diamond ring. It had a sapphire in the center surrounded by diamonds. It was a pinkie and given to me by Thomas’s aunt. Again, however, I gave it away to Heather, to whom I am closest among all our relatives, for the same reason that one diamond ring was enough.)

ちょっと横路に逸れますが、トーマスから最初にもらった指輪に、私は特別に愛着を持っているわけではありません。甥と違ってロマンチックなことなど全然思いも浮かばないトーマスは、私に指輪を渡そうなどとは考えずにいたし、私も彼から指輪をもらうなんて全然思ってもいませんでした。

By the way, I’m not particularly attached to the first ring Thomas gave me. Unlike his nephew, he doesn’t have an ounce of romanticism and so never thought about giving me a ring. And I never thought of receiving one, either.

ところがある日、彼がパームを栽培してどんどん出荷していたころ、ある顧客が大きなパームの木3本の支払いの代わりに、鑑定書付きのダイヤの指輪はどうかと持ちかけて来たのです。その指輪を持ち帰ったトーマスは、「どう思う?」と私に聞きました。ダイヤモンドにも指輪にもたいして興味のなかった私ですが、試しにその指輪をはめてみました。なんと、私の薬指にぴったり。そのことが口から飛び出しました。私はただ事実を述べただけなのですが、「それで決まった」とトーマスはきっぱり言って、その指輪は私のものとなってしまいました。ただそれだけ、と言えばそれだけなのですが、パーム3本でそんなふうに指輪をくれたなんていかにもトーマスらしいでしょ。そして、トーマスと私の関係のあり方をよく表しているともいえます。

One day, however, when Thomas was growing and shipping a lot of palm trees, one client wanted to trade three big palms with a diamond ring with an appraiser’s certificate. “What do you think?” Thomas asked me when he brought it home. I had no interest in diamond or rings, but tried it on anyway. Well, it fit my finger. That description popped out of my mouth. I only meant it as a simple fact. But Thomas said, “That settled,” and the ring became mine. That was that. It’s so Thomas – the way he gave me a ring for three of his palm trees. It also symbolizes the relationship of Thomas and me.

だからといって、私たちはしきたりを軽く思っているわけではありません。甥のリチャードのアリスに対するやさしい思い遣りをいとおしく思ったからこそ、もともとは彼の祖母のものであり、私も気に入っていた指輪を是非彼に譲りたいと思ったのです。すぐさま指輪の写真を撮って彼に送り、これでよかったら是非もらってほしいとメールしました。

That doesn’t mean we think lightly of traditions. We so cherished Richard’s tender love towards Alice that we really wanted him to have the ring that was originally his grandmother’s and also my favorite. I sent him photos of the ring and emailed him that it’d be his if he liked it.

彼からは折り返し、「とってもすばらしい!」という返事が来ました。アリスもきっと気に入るだろうし、もともとおばあさんのもので、それから私を経由したということに感動するだろうと言ってくれて、私もますますうれしくなりました。それから彼はすぐ、世界最大で一流の競売会社のクリスティ―ズの宝石部門に写真を送って意見を聞き、私はサンディエゴで実物の鑑定をしてもらったのですが、基本的な点で両者の意見は一致しました。その指輪は、1830年頃にカットされたダイヤモンドを使って1950年頃に作ったものだということです。サンディエゴの鑑定人は、このデザインはラテンアメリカで人気のあったもので、いくつか見たことがあると言っていましたが、トーマスの両親は第二次大戦前後に南米に長く滞在していましたので、きっと戦後居住していたチリで入手したものに違いありません。エメラルドの状態から判断すると、この指輪を毎日のように身に付けられていたようだと、サンディエゴの鑑定人は判断しました。トーマスの母のお気に入りの指輪だったのでしょう。

He responded immediately, saying it’s “absolutely STUNNING!” He was certain Alice would love it, too, and thought she’d be touched that it originally belonged to his grandmother and came through me. His words made me even happier. He didn’t waste time to consult Christies for an evaluation of the ring by the photos, and I took the ring itself to an appraiser in San Diego. They agreed on the basic facts about the ring: the diamonds were cut around 1830 and the ring was made in the 1950s. The appraiser in San Diego said the design was very popular in Latin America and that he himself has seen some similar ones. Since Thomas’s parents spent a lot of time in South America before, during and after World War II, they must have bought the ring in Chile where they lived after the war. Judging from the condition of the emerald, the appraiser in San Diego said the ring must have been worn almost every day. It must have been Thomas’s mother’s favorite ring.

さて、問題はどうやって指輪をイギリスに届けるか、です。こんなに小さくて高価なものを普通の運搬会社で送るのはいくら保険をかけても不安です。宝石類専門の運搬会社もあるそうですが、それは宝石商相手で、費用が膨大になるのではという心配がありました。そのときトーマスが、シーラ・ジョンソン(研究会インフォネットのエッセイ執筆者)がイギリスへ行くじゃないか、と言い出しました。そうでした、シーラはハウスメートのフランといっしょに、7月にまずオランへ、それからスコットランドに旅行し、最後はロンドンに滞在する予定でした。残念ながらシーラたちの旅行は、リチャードが予定しているプロポーズの日の後になるので、思いつかなかったのです。

Now, the problem was how to deliver the ring to the UK. It was too risky to use a usual courier to send such a tiny but valuable piece. There are couriers specifically for jewelry, but they usually work for professionals, and it’ll be terribly expensive. Then Thomas reminded me that Sheila Johnson was going to the UK. Right! - she was planning a trip to Holland and then to Scotland in July with her housemate Fran, and their last stop was going to be London. I didn’t think of it because their trip was AFTER Richard was to propose Alice.

そのことをリチャードに話してみると、アリスは堅実で賢明なので、指輪が遅れてもきっと待ってくれると確信できると言いました。そこでシーラに指輪任務のことを話したところ、彼女も喜んで引き受けてくれて、すべて落着。私たちはリチャードがアリスにプロポーズする6月20日をワクワクしながら待ちました。

So I told Richard about Sheila’s trip. He was confident that Alice was level-headed and wise enough to wait for the ring. So I asked Sheila the ring mission, and she was willing to take on the mission. Now that all settled, and we waited with great anticipation for June 20th when Richard was going to propose Alice.

6月19日の昼下がり、リチャードから電話がありました。イギリスでは同日の夜です。
「アリスがイエスと言ってくれました」
「えっ? プロポーズはあしたする予定じゃなかったの?」
「そのつもりだったんですが、何にも知らないアリスが、あしたは香港から来る友だちと会う約束があるなんて言うもんだから…」それで急遽予定変更をしたというのです。
「私はあしたは忙しいって言ったら、リチャードが困った顔をしたのでなんだろうと思ったのですよ」と、アリスが電話口に出ました。「だって彼が何を計画していたのか、全然知らなかったのですもの」と、彼女の声も弾んでいて、しあわせな思いに浸っているふたりの心がひしひしと伝わってきます。私も跳び上がるほどうれしくなりました。おまけに、写真で見た指輪に彼女もとても気に入ったと言ってくれて、ひと安心。これで、シーラに指輪を届けてもらうだけとなりました。

Early afternoon of June 19th, which was at night of the same date in the UK, Richard called and told us, “Alice said yes.”
“What? Weren’t you going to propose to her tomorrow?”
“Well, yes, that was my plan, but Alice didn’t know what I was planning, and said she had arranged to meet her friend from Hong Kong tomorrow.” So he had to change his plan quickly.
“I wondered why he looked rather at a loss when I told him I’d be busy tomorrow,” said Alice, “I really had no idea what Richard had intended.” Her voice was bouncing with joy, and I felt their hearts were filled with happiness. That made me ecstatic. Besides, she loved the ring, even though she only saw it in photos. I was so relieved. Now, all that remained was for Sheila to deliver the ring.

シーラの出発前に、私は指輪をペルーの小さな木箱に納め、箱を私の祖母の絹の着物の生地で伯母が作った小袋に入れてシーラに託しました。ペルーの木箱は、リチャードの祖父母のラテンアメリカとのつながりを象徴し、絹の小袋は私とのささやかなつながりを表したものです。

I put the ring into a tiny wooden box from Peru, and then put the box into a small silk pouch my aunt had made with my grandmother’s kimono. Peruvian box was to symbolize the connection of Richard grandparents to Latin America, and the silk pouch represented a tiny amount of my connection to this matter.

8月初旬のある日、シーラとフランはロンドンのブードルズでリチャードとアリスに会いました。ブードルズは1762年に創設されたクラブで、ロンドンの紳士クラブの中でも最も由緒ある一つとされています。女性がそこに足を入れるのを許されるようになったのはごく最近ですが、まだメンバーにはなれないそうで、いまでも女性専用口は裏側にあります。シーラとフランはこのクラブに入るためだけに、わざわざスカートを持って行きました。

One day in early August, Sheila and Fran met with Richard and Alice at Boodle’s. Boodle’s, founded in 1762, is considered one of the most prestigious gentlemen’s clubs in London. Only recently women were granted entrance, but have yet to be admitted as full-fledged members. Even now women are allowed in only through the back door. Sheila and Fran took skirts with them only to enter this club.

そうして指輪は無事アリスに届けられました。しかもなんと、彼女の指にぴったりだったのです。それから9ヵ月後の今年の5月に、私も彼女の指に輝く指輪を見せてもらいました。彼女のために注文作りされたようにサイズもデザインもぴったりです。

Thus the ring was delivered to Alice safely. Moreover, it fit her finger perfectly. Nine months later, in May this year, I could see with my own eyes the ring on her finger. It looked so perfect on her as if it had been made to order just for her.

でも、この指輪にこめられた一番貴重なものは、リチャードの祖母が好んで身に付けていたものが、彼の配偶者に受け継がれて、家族が次の世代へと、縦にも横にも広がっていくということでしょう。一時的にせよ、そのつながりを担ったことを思うと、いまでもひとりでにっこりしています。

However, the most important thing about this ring is that it was Richard’s grandmother’s and her favorite - the one she was happy to wear it often – and now his wife’s, connecting his family through generations and letting it spread sideways as well. Just to think that I had the opportunity to carry the connection, albeit for a short while, brings me a smile to my heart even now.




[追記] 
今年の4月6日付けのニューヨークタイムズ紙に、最近、家族から受け継いだダイヤモンド指輪を婚約者に贈る傾向が生まれているという記事が載りました。高いダイヤモンドの指輪を無理して買うより、お母さんやおばあさんの指輪を婚約者に贈って、それで浮くお金は別なところに有効に使ったほうがいいという合理的な考えがその根底にあるというのがその記事のテーマでした。

[Addendum]
The New York Times ran an article on April 6 of this year about a new trend of turning to heirlooms for engagement rings. The gist of the article was this: the underlying rationale of the trend is it is better to make use of heirlooms to spend a large sum of money on something more practical than on diamond rings.

現在では婚約指輪というと、ダイヤモンドとすぐ思いがち(だそうですが)、1940年代まではそうではなかったそうです。きっといろいろな宝石が使われたのでしょう。それを世界最大のダイヤモンド生産者であるデビアス社が変えたのです。1947年にデビアス社が雇った広告代理店が、「ダイヤモンドは永遠の輝き」というスローガンを打ち出し、婚約指輪はダイヤモンドというイメージを消費者の頭に植え付けました。それからさらに、ダイヤモンド婚約指輪には男性は2ヵ月の月給分を使うべきという宣伝まで出していったそうです。

Until recently, diamond was considered for engagement rings (according to the article), but it was not so until the 1940s. Probably a variety of jewels were used until then. De Beers, the world’s largest diamond producer, changed that. The advertizing agent of De Beers came up with a slogan “A Diamond Is Forever,” which firmly implanted in consumers’ heads the image of diamond rings for engagement. Furthermore, De Beers advertizing even suggested a groom should spend his two months’ salary on the ring.

でも、消費者も賢明になってきました。政治闘争の資金稼ぎにダイヤモンドが使われて「血のダイヤモンド」という言葉さえ生まれたことに消費者も注目するようになり、また自分自身の厳しい経済状況を冷静に見つめて、デビアス社の宣伝文句に簡単には乗らなくなって来たといえましょう。そういう背景から、家族にあるダイヤモンドに関心が向けられていったとニューヨークタイムズの記事は述べています。

However, consumers have become wiser. They have become aware that diamond has been used to finance armed conflicts, thus coming to be called “blood diamond,” and also have taken a good look at their own financial situations, thus becoming less gullible to De Beers’s advertizing slogans. With such backgrounds family heirloom diamonds are getting attentions, says the article.

家族の指輪を選ぶのは経済的合理主義からという、なんともアメリカ的な見方ですね。たしかにいまの傾向にはそれが背景にあるでしょうが、でもそれだけでしょうか。テレビの人気番組、アメリカ版『アンティーク・ロードショー』には、祖父母、おじやおば、あるいは曾祖父や曾祖母から受け継いだものだという品を得々と持って来る人が続々と登場するのを見てもわかるように、アメリカ人でも家族のつながりにはやはり何か特別の感情を抱き、深い思い入れを持つものだと私は思います。

What an American way of looking at choices of family heirloom rings as solely out of economic rationality. Certainly, that must be the background of the new trend. But, really, is that all? In the popular TV program, American “Antique Road Show,” people proudly bring items they have inherited from their grandparents, uncles and aunts, or great-grandparents, which I think is a clear indication that Americans, too, hold special feelings towards and cherish their connectedness with their families.


http://www.nytimes.com/2014/04/06/fashion/weddings/with-grandmas-ring-i-thee-wed.html?module=Search&mabReward=relbias%3Ar&_r=0
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
199 お葬式
198 とうとうやって来た日、そして雨
197 思い切り生きる
196 一夜が明けて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
194 ヘザーと私の日本旅行記(6 上)ショッピング
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
191 ヘザーと私の日本旅行記(4 上)伊豆へ向かう
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
189 ヘザーと私の日本旅行記(2)江戸・かっぱ橋・オフ会
188 ヘザーと私の日本旅行記(1) 日本到着
187 生ある日々を
186 花嫁の父
185 プラチナの裏地
184 家族をつなぐ指輪
183 「血の月」を追いかけて
182 ママハハだった母
181 アジア人(下)固定観念を越えて
180 ジプシーの目
179 選挙に映ったアメリカの顔
178 とうとう、きょう
177 アジア人(上)その概念
176 海軍出身
175 特攻志願
174 お祭り
173 ありがとう、で1年を
172 クリスマスプレゼントが今年もまた
171 スージー・ウォンの世界
170 秩序の秘訣
169 黒い雲の行方
168 ドアを開けたら
167 今年もまた
166 ボリビア(7)ボリビアで和菓子を
165 ボリビア(6)パクーの登場
164 ボリビア(5)卵の力、女性の力
163 ボリビア(4)小麦の都
162 ボリビア(3)米の都
161 ボリビア(2)2つの日系移住地
160 ボリビア(1)サンタクルス
159 闇の中で
158 みんなの宝物
157 新語の中身
156 年末のご挨拶
155 ピッチピッチチャップチャップ
154 神の仕業
153 ラタトゥイユ(2)レシピ
152 ラタトゥイユ(1)
151 プティ・タ・プティの最後の1片
150 ジプシーとの知恵競争は続く
149 豊かな粗食
148 中絶抗争
147 スーザン・ボイルの勝利
146 黄昏の親子関係
145 子ども好き
144 言葉雑感(8)regift
143 言葉雑感(7)「ん」の音
142 アメリカの理想
141 ときめく日の足音
140 言葉雑感(6)ミルクとは
139 ミルクの教訓
138 年末の独り言
137 投票日日誌
136 あと3日
135 ペイリンから見えるアメリカ
134 訴訟顛末記(1)まず弁護士を
133 園遊会で
132 柔の姿勢
131 言葉雑感(5)4文字言葉
130 豪邸の住人
129 言葉雑感(4)カミはカミでも
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
127 言葉雑感(2)子年のネズミ
126 言葉雑感(1)グローバルなピリピリ
125 やって来た山火事(最終回)これから
124 やって来た山火事(9)いとおしい木々
123 やって来た山火事(8)現実に直面して
122 やって来た山火事(7)焦燥の2日間
121 やって来た山火事(6)私の方舟
120 やって来た山火事(5)避難準備
119 やって来た山火事(4)止まない風
118 やって来た山火事(3)第1日目の夜
117 やって来た山火事(2)第1日目の夕方
116 やって来た山火事(1)第1日目の昼下がり
115 しあわせな1日
114 チェ
113 メキシコの息づかい
112 「石の家」
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
110 ケーキ1切れ
109 「豊かさ」の中身
108 イタリアの修道僧
107 3年ぶりの日本
106 キューバ:アメリカの恥
105 キューバ:バラコア
104 キューバ:甘い歴史の苦い思い出
103 キューバ:2つの通貨
102 キューバ:近過ぎて遠い国
101 ホンジュラス(最終回)去る者,残る者
100 ホンジュラス(19)シエンプレ・ウニードス
99 ホンジュラス(18)ガリフナ放送
98 あと1年、だったら
97 無信仰者のクリスマス
96 ホンジュラス(17)ガリフナ
95 ホンジュラス(16)バナナ共和国
94 ホンジュラス(15)マヤ文明の跡
93 ホンジュラス(14)牢獄の中と外
92 ホンジュラス(13)先住民の女性たち
91 ホンジュラス(12)一番安全な町
90 ホンジュラス(11)オランチョの森(下)
89 ホンジュラス(10)オランチョの森(上)
88 金鉱の陰で(追記)カリフォルニアで
87 ホンジュラス(9)金鉱の陰で(下)
86 ホンジュラス(8)金鉱の陰で (中)
85 ホンジュラス(7)金鉱の陰で (上)
84 ホンジュラス(6)原則に沿って
83 ホンジュラス(5)農地のない農民
82 移民政争とラティノの力(続)
81 移民政争とラティノの力
80 ホンジュラス(4)消え去った人々
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
78 ホンジュラス(2)レンピーラ
77 ホンジュラス(1)行ってみよう
76 本物を見る
75 豊かな心
74 蝶の力
73 単刀直入
72 愛の表現
71 ベネット・バーガー
70 感謝の日
69 思わぬ道草(最終回)原点
68 思わぬ道草(19)回復に向けて
67 思わぬ道草(18)人は孤島にあらず
66 「ニューオーリーンズ」に見えたもの
65 思わぬ道草(17)一歩後退の教訓
64 思わぬ道草(16)日没症候群
63 甦生の兆し
62 ニューオーリーンズとクリスチャン
61 思わぬ道草(15)もつれた糸
60 思わぬ道草(14)彼の青い目(下)
59 思わぬ道草(13)彼の青い目(上)
58 思わぬ道草(12)ローマ鎧
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
56 思わぬ道草(10)近くの他人
55 思わぬ道草(9)ロールバー
54 思わぬ道草(8)楽観の2日間
53 思わぬ道草(7)一人三脚
52 思わぬ道草(6)長い夜
51 思わぬ道草(5)OR
50 思わぬ道草(4)ER
49 思わぬ道草(3)常習犯
48 思わぬ道草(2)目撃者
47 思わぬ道草(1)3月14日の夕方
46 訛った英語
45 イギリスの英語
44 英語とアメリカ
43 海の中に(下)
42 海の中に(上)
41 姓というマーカー(下)
40 姓というマーカー(上)
39 国籍あれこれ:選択肢
38 国籍あれこれ:彼の場合
37 国籍あれこれ:私の場合
36 ボーダーとは
35 最終回:グローバリゼーション
34 番外編:クリスマス・ディナー
33 サンタアナの風
32 お刺身パーティー
31 アボカド泥棒
30 アボカドと生きる鳥
29 カラスのご馳走
28 三つ子の魂
27 子宝のもと?
26 アボカド探検家
25 ゴールドラッシュの波紋(下)
24 ゴールドラッシュの波紋(上)
23 海を渡って(下)
22 海を渡って (上)
21 コンキスタドール
20 アボカド事始め
19 ハースマザーの行方
18 世界アボカド会議
17 フエルテ
16 ハースマザーの木(下)
15 ハースマザーの木(上)
14 鶏より馬
13 働く人々
12 花婿の父
11 シンコ・デ・マヨ
10 「奇跡の3月」
9 アボカド形の穴
8 父親不明
7 女性花・男性花
6 トーマスのギャンブル(2)
5 トーマスのギャンブル(1)
4 成熟と完熟
3 グァカモーレ
2 アボカドさまざま
1 メックスフライ
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 5 9 6 6 9 9
昨日の訪問者数0 4 0 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 2 1 4