1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
ボーダーを越えて
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
2005年7月9日
雨宮 和子 雨宮 和子 [あめみや かずこ]

1947年、東京都生まれ。だが、子どものときからあちこちに移動して、故郷なるものがない。1971年から1年3ヶ月を東南アジアで過ごした後、カリフォルニアに移住し、現在に至る。ボリビアへの沖縄移民について調べたり書いたりしているが、配偶者のアボカド農園経営も手伝う何でも屋。家族は、配偶者、犬1匹、猫1匹、オウム1羽。
▲ 手術翌日、喉の管をやっと取ってもらった後のトーマス。この写真を撮るのも、それを阻止しようとする「悪魔」との闘いだった。
「この病院で働きたいと思っている人をご存知ありませんか? そういう人が採用と決まったら、紹介してくださった方に2500ドル差し上げます」という呼びかけカードが、病院のカフェテリアの全部のテーブルに載っている。

アメリカの病院は深刻な看護師不足なのだ。看護師の仕事はきつい。そのわりには報酬は高くない。とはいえ、他国と比べると、労働条件も報酬もいいそうで、高い需要に吸い込まれて外国から看護師が流れ込んでいる。昨年だけでも1600人の看護師がイギリスからアメリカに渡ったという。フィリピンからはもっと多いだろう。看護師流出は、出身国に深刻な問題を起こしているに違いない。

4週間の入院の間、トーマス担当の看護師さんの中にもフィリピン人(多数)、イギリス人(2人)、イラン人、コロンビア人、ナイジェリア人がいた。看護師の質が出身地に左右されるということは決してない。看護師個人の資質に、いいケアをしてくれるかどうかがかかっている。そしてその看護師の資質が、入院中の患者や家族に最も大きいインパクトがあるのだ。そのことを、トーマスの入院中に痛感した。

実は、トーマスの首の手術の翌日という一番大事な日に、大変な看護師にぶつかってしまったのだ。

その日、私は午前11時まで病院に行かれなかった。トーマスは前夜とはうって変わって、60度ぐらいに立てたベッドで、まん丸に目を開けていた。
「起きてからもう4時間になるのに、CNNのニュースの繰り返しで気が狂いそうだ」
私を見るなり、そう紙に書きなぐった。喉に大きな管が挿されたままなので、しゃべれないのだ。ベッドに向かった壁に掛けてあるテレビには、CNNが映っている。

トーマスはひどく機嫌が悪かった。太い管が喉の挿されたままなのが苦痛なのかもしれない。痲酔が取れたらすぐ抜いてもらって良さそうなものなのに、呼吸担当医が来て承認するまでは抜けないという。午前中には来るはずだというが、もう正午近い。

が、トーマスにはもっと気になることがあった。「胸に耳を当てて聞いてみてくれ」と、紙に書く。言われた通りにしてみると、彼が呼吸をするたびに、胸の奥で、ゴロゴロ、と鳴る音が微かに聞こえる。が、本人にはもっと大きく聞こえるに違いない。胸に水が溜まったいる感じがして、横になると、自分の胸の中の水で溺れそうな恐怖感に襲われるのだ。私も数年前に手術をしたとき、手術後3日ぐらい経ってからだったが、同じような思いをした。だから、その辛さはよくわかる。そのとき私は脱水剤を飲み、昼間はできるだけ身体を動かし、夜は上半身を縦に座って寝てなんとか乗り越えたのだが、手術をしたばかりで、しかも絶対に首を動かせないトーマスには、それができない。

看護婦さんが点滴袋を取り替えに来た。その彼女に向かってトーマスは「聞いてくれ」と紙に書き、胸を指差した。驚いたことに、彼女はそれを無視しようとする。トーマスは彼女の腕をつついて、自分の胸を叩くように指差した。彼女はいかにもいやいやながらという感じで、トーマスの胸に耳を当てた。
「なんにも聞こえないわよっ」
私はびっくりして彼女の顔を見た。つっけんどんに放たれた彼女の声は、傍らにいた私にもグサッと突き刺さる。彼女は私の眼差しを無視してさっさと出て行った。トーマスはカンカンである。
「あいつは悪魔のようだ!」
そう書きなぐる。多分、私が来るまでの間に、同じようなことが繰り返されていたのだろう。トーマスが苛々していたのはCNNのせいではなさそうだ。

お昼過ぎにやっと呼吸担当医が来た。トーマスの様子を見て、すぐ管を外すように指示した。やっとしゃべれるようになった途端、トーマスは「首のドクターが今朝来た」と、私に言った。
「3ヶ月も首を動かせないと言ったよ。我々は破産だ…」
そうか、彼はそのことが気になっていたのだ。手術の結果を知らせるときは、彼のそばにいてあげたかったのだが、医師がいつやって来るかわからなかったし、今朝は農園運営資金の調達をやっていて、どうしても早く来られなかったのが残念だ。トーマスは1週間もすれば農園の仕事に戻れると思い込んでいたので、長期療養へは心の準備ができていなかったのだ。自営業は自分が休めば収入は即なくなる。10人も抱えている労働者の賃金や農園経営の経費をどうしたらいいのか、と彼は不安にとらわれたのだろう。
「そのことは後で心配しましょ。いまは早く良くなることに専念しなくちゃ」
私はそう言うしかなかった。意外にもトーマスはおとなしく頷いて黙った。一番気になるのは、やはり自由にならない身体のことなのだろう。

太い管が長時間入れられていたためだろうか、トーマスの口も喉も痛いくらいにカラカラに乾いている。けれど、水をくれと訴えると、きちんと呑み込めると喉専門セラピストが判断するまでは何も喉を通させられないとビシッと言われる。それはそうかもしれないけれど、口の乾きを癒す方法がなんとかありそうなものだ。が、この看護婦さんはそんな配慮をしようともしない。同時にトーマスは、胸の中は水がどんどん溜まっていく感じがして、呼吸ができなくなるのではないかという恐怖感に襲われた。そう訴えても、「手術後はそれが普通なんだから」と繰り返すばかりで取り合ってくれない。トーマスは次第にパニック状態になっていった。それと比例して、看護婦さんとの関係はますます険悪になっていく。トーマスが寒いと言うので、毛布をもう1枚持ってきてほしいと私が頼むと、「もちろん何でもして差し上げますわよ」と言葉は丁寧だが、口調は皮肉たっぷりで、私もカッとしてしまった。

私が小学校6年生か中学1年生の頃、日本の看護婦さんたちが「白衣の天使」などとおだて上げられながら厳しい労働条件と低賃金を強いられてきたことに抗議してストライキをし、一般人をびっくりさせたことを覚えている。もちろん、私は看護師が天使であってほしいと望んでいるのではない。でも、トーマス担当のこの看護婦さんはあまりにひどい。「天使」どころか、トーマスが「悪魔」のようだというのも無理はない。ベッド脇のモニターに示されているトーマスの血圧が高いのは、彼女のせいかもしれないと、つい疑ってしまう。私の血圧まで上がりそうだ。

この情勢をどうしたらいいだろう。そんなことを考えているうちに、休憩時間とかで、代わりの看護婦さんが来た。トーマスが胸に水が溜まっていることを訴えると、枕を背後に詰めて背中をもっとまっすぐにしてくれた。口の乾きには串に刺したようなスポンジを持ってきて、それに水を含ませて唇を拭くといいと教えてくれた。これでかなりラクになったとトーマスは言った。

そうなのだ、こうしたちょっとした配慮が大きな違いを生むのだ。あの「悪魔」が休憩から戻ってきたら、また苛々が始まってしまう。なんとかしなくては… 
「あのイギリス人に相談したらどうだろう」と、トーマスが提案した。
前日まで中間病棟でトーマスの担当だったイギリス人看護師のことだ。ユーモアたっぷりで、思い遣りもありそうだ。私は階段を駆け上って、1階上の中間病棟へ駆け込んだ。

運良くそこにいたイギリス人看護師を捕まえて、私はトーマスの置かれた状況を話した。フンフンと聞いていた彼は、ICUには患者と看護師との間の問題を扱うコーディネーターがいると言った。
「彼女に話してみる?」
「イェス!」
「じゃ、行こう」
と言ったと思ったら、すぐさま彼は急ぎ足で階下のICUに向かった。身長が2メートルはある彼が大股で長い足をせっせと動かすので、私は小走りでついていく。

コーディネーターはオフィスにいなくて、がっかりしたが、イギリス人看護師が、オフィスに戻り次第トーマスのケースを取り上げてくれるよう、きちんと伝達してくれた。また長いこと待たされるだろうと思っていたが、間もなく、ジュリアン・ムーアのような美人のコーディネーターがやって来た。私たちが意地悪看護婦の苦情を憤然とつらねるのを、表情を変えず、落ち着きも崩さすに聞いた後、静かにこう言った。
「任務交代まであと2時間ぐらいしか残っていません。それまで彼女でもいいですか」
「ノーォッ!」トーマスと私は声を揃えて、とても我慢できないと訴えた。
「わかりました」と、ジュリアン・ムーアさんは言って、出て行った。

トーマスも私もホッとして、体中から力が抜けていくような気がした。昼間のシフトが終わるまでの2時間は別な看護婦さんが来てくれて、トーマスも落ち着きを取り戻し、私もやっと安心できたのだった。

それにしても、あんなにひどい看護婦がICUに勤務するなんて、看護師不足による不十分な訓練のせいだろうか。


(余談)アメリカの看護師は白衣は着ない。何色を着ようと自由らしいが、だいたい女性はカラフルなプリントを、男性はブルー系統を着ている。男女ともVネックでボタンなしの半袖の上着に、無地のコットンパンツ姿だ。
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
199 お葬式
198 とうとうやって来た日、そして雨
197 思い切り生きる
196 一夜が明けて
195 ヘザーと私の日本旅行記(6 下)文楽とフグ
194 ヘザーと私の日本旅行記(6 上)ショッピング
193 ヘザーと私の日本旅行記(5)多様な日本
192 ヘザーと私の日本旅行記(4 下)河津桜と温泉
191 ヘザーと私の日本旅行記(4 上)伊豆へ向かう
190 ヘザーと私の日本旅行記(3)葉山・鎌倉
189 ヘザーと私の日本旅行記(2)江戸・かっぱ橋・オフ会
188 ヘザーと私の日本旅行記(1) 日本到着
187 生ある日々を
186 花嫁の父
185 プラチナの裏地
184 家族をつなぐ指輪
183 「血の月」を追いかけて
182 ママハハだった母
181 アジア人(下)固定観念を越えて
180 ジプシーの目
179 選挙に映ったアメリカの顔
178 とうとう、きょう
177 アジア人(上)その概念
176 海軍出身
175 特攻志願
174 お祭り
173 ありがとう、で1年を
172 クリスマスプレゼントが今年もまた
171 スージー・ウォンの世界
170 秩序の秘訣
169 黒い雲の行方
168 ドアを開けたら
167 今年もまた
166 ボリビア(7)ボリビアで和菓子を
165 ボリビア(6)パクーの登場
164 ボリビア(5)卵の力、女性の力
163 ボリビア(4)小麦の都
162 ボリビア(3)米の都
161 ボリビア(2)2つの日系移住地
160 ボリビア(1)サンタクルス
159 闇の中で
158 みんなの宝物
157 新語の中身
156 年末のご挨拶
155 ピッチピッチチャップチャップ
154 神の仕業
153 ラタトゥイユ(2)レシピ
152 ラタトゥイユ(1)
151 プティ・タ・プティの最後の1片
150 ジプシーとの知恵競争は続く
149 豊かな粗食
148 中絶抗争
147 スーザン・ボイルの勝利
146 黄昏の親子関係
145 子ども好き
144 言葉雑感(8)regift
143 言葉雑感(7)「ん」の音
142 アメリカの理想
141 ときめく日の足音
140 言葉雑感(6)ミルクとは
139 ミルクの教訓
138 年末の独り言
137 投票日日誌
136 あと3日
135 ペイリンから見えるアメリカ
134 訴訟顛末記(1)まず弁護士を
133 園遊会で
132 柔の姿勢
131 言葉雑感(5)4文字言葉
130 豪邸の住人
129 言葉雑感(4)カミはカミでも
128 言葉雑感(3)ブタ年生まれ
127 言葉雑感(2)子年のネズミ
126 言葉雑感(1)グローバルなピリピリ
125 やって来た山火事(最終回)これから
124 やって来た山火事(9)いとおしい木々
123 やって来た山火事(8)現実に直面して
122 やって来た山火事(7)焦燥の2日間
121 やって来た山火事(6)私の方舟
120 やって来た山火事(5)避難準備
119 やって来た山火事(4)止まない風
118 やって来た山火事(3)第1日目の夜
117 やって来た山火事(2)第1日目の夕方
116 やって来た山火事(1)第1日目の昼下がり
115 しあわせな1日
114 チェ
113 メキシコの息づかい
112 「石の家」
111 「バッキンガム宮殿」での晩餐会
110 ケーキ1切れ
109 「豊かさ」の中身
108 イタリアの修道僧
107 3年ぶりの日本
106 キューバ:アメリカの恥
105 キューバ:バラコア
104 キューバ:甘い歴史の苦い思い出
103 キューバ:2つの通貨
102 キューバ:近過ぎて遠い国
101 ホンジュラス(最終回)去る者,残る者
100 ホンジュラス(19)シエンプレ・ウニードス
99 ホンジュラス(18)ガリフナ放送
98 あと1年、だったら
97 無信仰者のクリスマス
96 ホンジュラス(17)ガリフナ
95 ホンジュラス(16)バナナ共和国
94 ホンジュラス(15)マヤ文明の跡
93 ホンジュラス(14)牢獄の中と外
92 ホンジュラス(13)先住民の女性たち
91 ホンジュラス(12)一番安全な町
90 ホンジュラス(11)オランチョの森(下)
89 ホンジュラス(10)オランチョの森(上)
88 金鉱の陰で(追記)カリフォルニアで
87 ホンジュラス(9)金鉱の陰で(下)
86 ホンジュラス(8)金鉱の陰で (中)
85 ホンジュラス(7)金鉱の陰で (上)
84 ホンジュラス(6)原則に沿って
83 ホンジュラス(5)農地のない農民
82 移民政争とラティノの力(続)
81 移民政争とラティノの力
80 ホンジュラス(4)消え去った人々
79 ホンジュラス(3)ホテル・ナンキンで
78 ホンジュラス(2)レンピーラ
77 ホンジュラス(1)行ってみよう
76 本物を見る
75 豊かな心
74 蝶の力
73 単刀直入
72 愛の表現
71 ベネット・バーガー
70 感謝の日
69 思わぬ道草(最終回)原点
68 思わぬ道草(19)回復に向けて
67 思わぬ道草(18)人は孤島にあらず
66 「ニューオーリーンズ」に見えたもの
65 思わぬ道草(17)一歩後退の教訓
64 思わぬ道草(16)日没症候群
63 甦生の兆し
62 ニューオーリーンズとクリスチャン
61 思わぬ道草(15)もつれた糸
60 思わぬ道草(14)彼の青い目(下)
59 思わぬ道草(13)彼の青い目(上)
58 思わぬ道草(12)ローマ鎧
57 思わぬ道草(11)看護師騒動
56 思わぬ道草(10)近くの他人
55 思わぬ道草(9)ロールバー
54 思わぬ道草(8)楽観の2日間
53 思わぬ道草(7)一人三脚
52 思わぬ道草(6)長い夜
51 思わぬ道草(5)OR
50 思わぬ道草(4)ER
49 思わぬ道草(3)常習犯
48 思わぬ道草(2)目撃者
47 思わぬ道草(1)3月14日の夕方
46 訛った英語
45 イギリスの英語
44 英語とアメリカ
43 海の中に(下)
42 海の中に(上)
41 姓というマーカー(下)
40 姓というマーカー(上)
39 国籍あれこれ:選択肢
38 国籍あれこれ:彼の場合
37 国籍あれこれ:私の場合
36 ボーダーとは
35 最終回:グローバリゼーション
34 番外編:クリスマス・ディナー
33 サンタアナの風
32 お刺身パーティー
31 アボカド泥棒
30 アボカドと生きる鳥
29 カラスのご馳走
28 三つ子の魂
27 子宝のもと?
26 アボカド探検家
25 ゴールドラッシュの波紋(下)
24 ゴールドラッシュの波紋(上)
23 海を渡って(下)
22 海を渡って (上)
21 コンキスタドール
20 アボカド事始め
19 ハースマザーの行方
18 世界アボカド会議
17 フエルテ
16 ハースマザーの木(下)
15 ハースマザーの木(上)
14 鶏より馬
13 働く人々
12 花婿の父
11 シンコ・デ・マヨ
10 「奇跡の3月」
9 アボカド形の穴
8 父親不明
7 女性花・男性花
6 トーマスのギャンブル(2)
5 トーマスのギャンブル(1)
4 成熟と完熟
3 グァカモーレ
2 アボカドさまざま
1 メックスフライ
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 7 0 3 2 0 0
昨日の訪問者数0 4 2 4 0 本日の現在までの訪問者数0 2 9 8 5