1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
やもめ日記
9 アリゾナ展望
2012年7月19日
シーラ・ジョンソン シーラ・ジョンソン [Sheila Johnson]

1937年、オランダのハーグに生まれるが、10歳のときからアメリカに在住。大学で人類学、大学院修士課程で英米文学を学び、人類学博士号を取得。高齢化問題や日本について書籍や記事を出版し、夫が創設した日本政策研究所の編集者を10年間務めた。チャルマーズ・ジョンソンが他界するまで彼と53年の結婚生活を続けた。現在サンディエゴ在住。
▲ 運転手兼ガイドを引き受けた私。
▲ グランドキャニオンのノースリムで、康子さん。
▲ 銅山採掘で破壊された自然。
When Yasuko Akagi and I were planning an automobile trip in the U.S., she told me that in the 1970s she had visited Yosemite National Park and some of the beautiful areas of northern California. So I decided, instead, to show her some of Arizona, the state where my husband, Chalmers Johnson, was born. During the 1970s and 1980s, my husband and I often drove to Santa Fe, New Mexico, for their summer opera festival, and we had crossed Arizona many times, always taking different routes.

赤木康子さんとアメリカでのドライブ旅行を計画し始めたとき、康子さんは、1970年代にヨセミテ国立公園とカリフォルニア北部の美しい地域のいくつかを訪れたと言ったので、それなら、私の夫チャルマーズ・ジョンソンの生まれたアリゾナ州のあちこちを彼女に案内しようと思った。1970年代と80年代に、夫と私はニューメキシコ州のサンタフェへ、夏のオペラ・フェスティバルにたびたび車で行ったので、アリゾナをいつも違う道を通って何度も横断したのだ。

The most beautiful parts of Arizona, in my estimation, lie in the northern part of the state, extending into southern Utah. This is sometimes called “red rock country,” because of its heavily eroded, amazingly colored sandstone. The Colorado River and other rivers have cut deep gorges and wind and rain have created striking rock formations. Much of the area lies on a plateau ranging from 4,000 to 8,000 feet (between 1200 and 2400 meters) and at the higher elevations there are beautiful pine and aspen forests.

アリゾナで一番美しいのは、ユタ州へと続く北部だと思う。そこはかなり浸食された、」色鮮やかな砂岩のために、「赤岩地方」と呼ばれたりする。コロラド川や他の川が深い渓谷をくり抜き、風と雨が際立った形の岩を生み出した。その地域は大部分標高4千フィートから8千フィート(1200メートルから2400メートル)の高原に位置し、標高の高いところでは美しい松やアスペンの林がある。

Unfortunately, to get to this area from either Los Angeles or San Diego requires one day of rather boring but stressful freeway driving. One can drive on I-15 to Las Vegas; or, on I-40, to Flagstaff and the south rim of the Grand Canyon; or on I-10 angling northward through Prescott and Sedona, also to the south rim.

残念なことには、ロサンジェルスまたはサンディエゴからこの地域に到達するには、退屈だけれど精神的に疲れるフリーウェイ(高速道路)を1日中運転していかなければならない。まずラスベガスへ国道15号線で行くか、40号線でフラッグスタッフ(アリゾナ州)へ行き、それからグランドキャニオンのサウスリムへ行く、あるいは10号線を北に向かい、プレスコットやセドナを抜けてやはりサウスリムへ行くという行き方がある。

Yasuko and I chose to start from Las Vegas because just west of here is an area called Red Rock Canyon, a small but beautiful introduction to landscapes we would see during the next five days, and we could make a stop on our way to Las Vegas. The following morning we drove out of Las Vegas through the Virgin River Gorge into Zion National Park. The scenery in Zion is awe-inspiring and we spent a leisurely day driving through the park, spending the night at a nearby lodge.

康子さんと私は、ラスベガスから出発することにした。というのは、そのすぐ西に、レッドロックキャニオンと呼ばれる地域がある。そこは、これから5日間の旅で見る景色の、美しい風景の小さい入門書のようなもので、ラズべガスへ行く途中に寄ることができた。その翌朝は、ラスベガスを出てからヴァージン渓谷を抜け、ザイオン国立公園に入った。ザイオン国立公園の景色は荘厳で、私たちは公園の中をゆったりしたペースで通り抜け、その夜は近くに宿を取った。

The next day we drove to the North Rim of the Grand Canyon, where we spent one night at the rustic lodge built in 1928 by the Union Pacific Railroad. The railroad was competing for tourists with the Santa Fe Railroad, which had built the El Tovar Hotel on the south rim in 1905. Alas, the 1928 structure burned down in 1932 but was rebuilt in 1938, retaining the original stone walls. Because the north rim of the Grand Canyon is at a higher elevation and receives more snow, the lodge is only open from May 15 until October 15, and reservations must be booked well in advance. There are some breathtaking walks and drives along the north rim, and Yasuko and I agreed that it was one of the highlights of our trip. It was also one place I myself had never been.

その翌日はグランドキャニオンのノースリム(北側の縁)へ行き、そこでユニオンパシフィック鉄道会社が1928年に建てた素朴なホテルに泊まった。この鉄道会社は観光客獲得にサンタフェ鉄道会社と競争していた。後者は1905年にサウスリム(南側の縁)にエルトバーホテルを建てた。残念なことには、1928年の建物は1932年に火事で燃えてしまった。が、焼け残った岩の壁を再利用して1938年に再建築された。グランドキャニオンの北側の縁のほうが標高が高いので雪がもっと降るため、ホテルは5月15日から10月15日までしか開かない。そのため予約はかなり前からしておく必要がある。北側の縁沿いには、息を呑むような素晴らしい眺めの歩道や車道がある。康子さんも私もここが旅行中でもっともすばらしいと思ったところの1つだと、意見が一致した。また、ここはそれまで私が行ったことのなかったところでもある。

The following day I planned to drive from the north rim across Monument Valley to a small town in southern Utah called Bluff. Bluff occupies a warm spot in my heart because my husband and I often stayed there at a small motel called the Recapture Lodge. Bluff sits on the edge of another gorge cut by the San Juan River, which meanders back and forth in an area called the “goosenecks.”

その翌日は、ノースリムからモニュメントバレーを通り抜けて、ユタ州南部にあるブラフという小さな町へ行くことにしていた。ブラフは私の心に残っているなつかしいところだ。私は夫と、リキャプチャーロッジという名の小さなモーテルによく泊まったからだ。ブラフは、「グースネック」(「アヒルの首」の意)と呼ばれる地域をくねくね曲がって流れるサンホァン川に削られたもう1つの渓谷の縁に位置している。

Crossing the Colorado River most people these days take highway 89, which takes one over the impressive Glen Canyon Dam, completed in 1966. The dam creates hydroelectric power and also the huge Lake Powell, which has become a popular area for houseboats and other forms of recreation. In 1991, for my husband’s 60th birthday, we and two other couples rented such a houseboat for three days. But this time, with Yasuko, I decided to avoid the heavy traffic and instead I took the older alternate highway 89, which crosses the Colorado River via the original bridge that was built there in 1929 (updated in 1995). It was not only a quieter, shorter route, but a wonderful way to relive the old days when most highways in the U.S. were only two lanes wide, one in each direction.

コロラド川を越えるのに、最近はほとんどの人は国道89号線を通る。89号線は1966年に完成した見事なグレンキャニオンダムへと通じている。ダムは水力発電を生み出すが、同時に広大なパウウェル湖ができ、ハウスボートやその他さまざまなリクリエーションで人気のある場所となっている。1991年に、夫の60歳のお誕生日のお祝いとして、私たちはもう2組のカップルといっしょにハウスボートを3日間借りた。しかし康子さんといっしょの今回は、交通の激しい道路は避けて、もっと古い89号線代替道路で行くことにした。その道は1929年に建設され(1995年に補強され)た橋を通ってコロラド川を渡る。こっちのほうが車が少なくてもっと短い道だったばかりでなく、アメリカのハイウェイのほとんどが対向1車線ずつの2車線道路だったころの昔に返った気分になれて楽しかった。

From Bluff we drove a short distance south to Canyon de Chelly (pronounced ‘shay’). This place is best described as a mini-Grand Canyon. The area is part of the Navajo reservation and there is one motel, Thunderbird Lodge, within the park. One can drive along the rim to various view-points looking down into the canyon, but in order to visit the canyon itself one must hire a Navajo guide with a jeep. It’s a bone-crushing ride but well worth it to see some of the cliff-dwellings and petroglyphs created by Indians long ago.

ブラフから南へ、私たちはそう遠くないキャニョン・デ・シェイへ行った。ここはグランドキャニオンのミニ版というのがいちばんピッタリだ。この地域はナバホ特別保留地の一部で、ここにはサンダーバードロッジというモテルが1軒ある。渓谷の縁に沿った道を通って、あちこちの展望台から渓谷を見下ろすことができるけれど、渓谷そのものへ行くには、ナバホのガイド付きのジープを雇わなければならない。デコボコの地形の上を揺れながら進むので、決して乗り心地のいいものではないが、大昔にインディアンが崖の岩層に造った住居や岩に描いた線画が見られるので、行く価値は十分ある。

After Canyon de Chelly we drove due south on highway 191, through some beautiful mountain forests but also one horrendous area that has been destroyed through copper mining. We were heading for the small town of Benson on I-10, just east of Tucson, because near there an amazing limestone cave was discovered. Called Kartchner Caverns and only opened to the public in 1999 and 2003, these beautifully preserved caves can be visited on guided tours that can be booked over the internet.

キャニョン・デ・シェイを出た後は、美しい山の森林の中を通る国道191号線を南下したのだが、銅採掘で破壊された恐ろしい地域も通った。目的地はトゥーソンのちょっと東にあるベンソンという小さな町だった。幹線国道10号線にある。なぜベンソンか、というと、その近くにすばらしい鍾乳洞が発見されていたからだ。カーチュナー洞窟と呼ばれ、1999年と2003年に部分的に一般公開されたばかりのこの美しい洞窟は、ガイド付きで見学でき、申し込みはインターネットでできる。

Driving back to San Diego, Yasuko and I talked about what we’d liked best about our trip -- the Grand Canyon and Kartchner Caverns -- but Yasuko also commented on the vast horizons --the sheer expansiveness of the territory we’d seen. Compared to it, she thought, Japanese vistas seem like miniatures.

サンディエゴに帰る道中、康子さんと私は、この旅行でいちばん気に入ったこと―グランドキャニオンとかカーチュナー洞窟とか―を話し合った。でも康子さんは、広大な地平線、つまり訪れた土地の壮大さそのものが印象的だったとも言った。それと比べると、日本の眺めは超小型に思えるというのだ。

And, yes, not only is the U.S. vast, but this trip was extensive. We drove a bit over 2,000 miles, or 3,200 kilometers, in seven days. We spent a total of $2,100, including the cost of gas, food, and six nights of lodging. If we’d shared a room instead of having separate rooms, we could have saves $660. If you want to try this trip and are coming from Japan that $660 could go toward renting a car, but be careful because some rental companies charge extra for driving more than 2,000 miles. O-miyage are an additional expense, but the memories are free.

たしかにアメリカは広大で、私たちの旅も広範囲をカバーした。私たちは2千マイル(3200キロメートル)を7日間で走ったのだ。費用は、燃料費、食事代、6晩の宿泊費を含めて、合計2100ドルだった。私たちはそれぞれ個室を取ったのだけれど、相部屋にすれば660ドルを節約できただろう。日本から来て同じような旅行をしたければ、この660ドルはレンタカーにあてられる。ただ、レンタカー会社の中には、2千マイル以上走ると超過料金を取るところもあるので、ご注意を。おみやげは付け足しの出費だけれど、思い出はただですよ。



(訳:雨宮和子)
最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
23 チャルマーズ・ジョンソンと沖縄
22 ジョン(下)
21 ジョン(上)
20 ポリー
19 さらば、オランダ
18 いとこのハンス ―その後(2)
17 いとこのハンス − その後(1)
16 いとこのハンス
15 子どもを持たなかった理由
14 口を開く前に…
13 猫になったのかもしれない私
12 猫と人間
11 ヨコハマ・ヤンキー
10 前を向くか、後ろを向くか
9 アリゾナ展望
8 旧知の仲
7 愛した猫たち(下)
6 愛した猫たち(上)
5 フクシマとサンオノフレ
4 日本語ができない私
3 吉祥寺 ― 1961年と50年後
2 チャルのベンチ
1 死を迎えるためのビジネス
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 6 6 0 4
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 1 3 8