1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
最近の記事 以前の記事
やもめ日記
10 前を向くか、後ろを向くか
2013年1月20日
シーラ・ジョンソン シーラ・ジョンソン [Sheila Johnson]

1937年、オランダのハーグに生まれるが、10歳のときからアメリカに在住。大学で人類学、大学院修士課程で英米文学を学び、人類学博士号を取得。高齢化問題や日本について書籍や記事を出版し、夫が創設した日本政策研究所の編集者を10年間務めた。チャルマーズ・ジョンソンが他界するまで彼と53年の結婚生活を続けた。現在サンディエゴ在住。
▲ サンディエゴの北にあるサンオノフレにある原発は、三菱重工施行の発動機に漏れがあることにより昨年以来稼働が停止されている。昨年3月に開かれた集会に出された「フクシマを忘れるな」という大きな看板。
The U.S. is no role model when it comes to enlightened government, as our recent battles about taxes and spending make clear. Paul Krugman, an excellent economist and New York Times columnist, has characterized our political impasse as a struggle over the future shape of American society. There are those who want to move forward toward greater equality for all and those who want to turn the clock back toward 19th century rapaciousness and economic disparities.

最近の税と出費をめぐる財政についての政治闘争から明らかなように、アメリカは賢明な政府の模範ではない。ポール・クルーグマンという優れた経済学者でニューヨークタイムズのコラムニストは、いまのアメリカ政治の行き詰まりを、アメリカを将来どんな社会にするかについての闘争だと評した。万人がもっと平等になるように社会を前進させたいと考える人々がいる一方、19世紀の貪欲さと経済格差の社会に時計の針を戻そうとする人々がいるのだ。

I believe Japan, too, is faced with a similar dilemma, but its problems are less concerned with domestic affairs and more with its international place in the world. Will Japan move forward and remain a model of a small, highly developed but unarmed nation, like Switzerland has long been, or will it try to recapture its more bellicose past? Mr. Abe has been called a strong nationalist, but I think nationalism is not the real issue: surely people who want to see Japan’s anti-war Constitution remain unchanged and its nuclear reactors dismantled also have the country’s national interest at heart.

日本も同じようなジレンマに直面していると思う。だが、日本の問題は国内状況というより、世界における国際的地位にかかわる。日本は前進して、これまでスイスがずっとそうであったように、小さいが高度に発展して非武装国家であり続けるだろうか。それとも好戦的な過去を取り戻そうとするだろうか。安倍氏は熱心な愛国主義者だといわれてきたが、愛国主義が問題なのではないだろう。日本の反戦憲法が変わらず、また原発が解体することを望む人々は、日本の国益をも願っているにちがいない。

Mr. Abe’s various statements and proposed actions about Japan’s past -- his desire to rewrite school textbooks and disavow Japan’s forcible wartime use of Korean, Chinese, and Filippina ‘comfort women’ -- will have an enormous negative impact on Japan’s future international relations. It will exacerbate the tensions with China and South Korea that already exist over their disputed islands.

安倍氏は教科書を改訂し、戦時中に日本が韓国人、中国人、フィリピン人「慰安婦」を強制利用したことを否認したがっており、それに沿って発表した日本の過去についてのさまざまな声明や提案は、日本の将来の国際関係に多大な否定的影響を与えるだろう。そして領土問題ですでに生まれている中国や韓国との緊張関係はますます悪化することになるだろう。

To understand the impact Mr. Abe’s stance is likely to have on the rest of the world, one should imagine what the effect would be if the German people elected a Neo-Nazi holocaust-denier as their leader. Instead, being a holocaust-denier is a crime in Germany and several other European nations, punishable with a jail sentence, as are any number of other retrograde acts, such as giving the Nazi salute. I sometimes wonder why there are no similar laws in Japan against those who deny the massacre at Nanjing, rape, and forced prostitution.

安倍氏の姿勢が国際世界に及ぼす衝撃を理解するには、ユダヤ人大虐殺の事実を否定するネオナチ(新興ナチ主義者)をドイツの人々が政治のリーダーに選んだらどんなことになるかを想像してみたらいい。ただし、ドイツやその他のいくつかのヨーロッパ諸国では、ユダヤ人大虐殺の否定は、ナチス型の敬礼を始めとする過去に逆戻りするような行為と同様に、禁固刑に罰せられる犯罪とみなされている。日本では、南京虐殺やレイプや強制売春行為を否定する者に対して、なぜ同様の法律がないのだろうと、私はときどき考えたりする。

In reading a recent obituary of Beate Sirota, the much admired American woman who wrote the articles in the Japanese constitution giving women equal rights, I was shocked to learn that for many years she kept her role secret for fear that Japanese right-wingers would use the information to overturn those and other parts of the constitution.

たいへんに尊敬されているアメリカ人、ベアテ・シロタさんの死亡記事を最近読んで、私は驚いた。彼女が日本国憲法に女性に平等な権利を与える条項を書いたという事実を日本の右翼が利用して、憲法のこの条項やその他の部分も変えようとするのを彼女は恐れて、長い間その事実を隠していたというのだ。

The U.S. government itself has played a very unhelpful role in shaping Japan’s current policies by encouraging conservative efforts to change Article 9. And I deplore the continuing U.S. efforts to push the Japanese to build new military bases in Okinawa.

米国政府自体が日本国憲法第9条を変えようと保守派を後押しして、日本が現在の政策を打ち出すように、迷惑な役割を果たしてきた。そして、アメリカが相変わらず沖縄に新しい軍基地を日本に作らせようとしているのは嘆かわしいではないか。

I also find Mr. Abe’s stand on nuclear energy deeply troubling. The iron triangle of big business, bureaucracy, and government seems determined, despite widespread negative public opinion, to restart all of Japan’s reactors. The pictures I have recently seen of the abandoned towns and rice-fields around Fukushima make me wonder how many other areas Japan could afford to abandon in the event a future earthquake creates a similar meltdown. In the Fukushima exclusion zone, where the natural decay of cesium 137 will take at least 30 years before it could become habitable again, the government is attempting a speedier ‘clean up’ of radioactive material by removing topsoil, gathering up leaves and pine-needles from forest floors, and stripping the bark off trees. Even if successful, it doesn’t sound like an area where tourists might like to visit or families raise their children.

また、安倍氏の原発に関する態度も大いに心配だ。大企業と官僚制と政府の3体はしっかり固まって、広範な国民の反対意見にも関わらず、日本の原発をすべて再起動させようとしているようだ。住民が逃げ去って人影のなくなった福島の町や田圃の写真を先日見て思ったのだが、再び地震が起こって同じような原子炉の炉心溶融が起きたら、日本はいったい何ヵ所の地域を放り出せるだろうか。人々が再び住めるようになるまでにセシウム137の自然崩壊には最低30年間はかかるという福島の避難地域では、政府が表土を除去し、落ちた葉や松の葉を森林の表面から集め、樹皮を剥がして、放射性物質を「速やかに」除染しようとしている。もしそれが成功したとしても、そこに観光客が行ったり、家族がそこで子どもを育てようとはしないだろうと思う。

Mr. Abe strikes many Americans, myself included, as a Japanese version of our “Tea Party” type of politician. (The term derives from the Boston Tea Party of 1773, in which a group of American colonists threw a shipment of English tea into the harbor rather than pay tax on it to the English government; hence the modern tea party is a group of radical anti-tax, anti-government Republicans.)

私自身を含めて多くのアメリカ人には、安倍氏は「ティーパーティー」系政治家の日本版にみえる。(「ティーパーティー」という呼び名は、1773年のボストン茶会事件に由来する。それはアメリカの植民地入植者たちの一団が、イギリスからお茶の税金をイギリス政府に払うことを拒否して港の海に捨てたできごとで、現在のティーパーティーは反税・反政府の共和党員のグループだ。)

A number of tea party candidates were elected to the U.S. Congress, where they’re creating much trouble by refusing to compromise on any legislation they don’t like. The Republican presidential candidate Mitt Romney began his campaign by echoing their right-wing demands, but they were so clearly out of step with most voters that he tried, too late, to moderate his stand. If Mr. Abe does not moderate his policies and pronouncements, I fear he will not only seriously damage Japan’s international relations, but he will begin to look like a Satsuma Rebellion samurai trying to turn back the clock of modern life.

そのティーパーティーの候補者の何人かがアメリカ下院議会に選出され、自分たちの気に入らない法案にはぜったい譲歩しないと強硬な態度を崩さず、大きな問題を引き起こしている。大統領選挙で共和党候補者となったミット・ロムニーは、最初こうした右翼の要求に呼応して選挙運動を始めたが、それは大多数の選挙民の考え方からはあまりにもかけ離れているのでその姿勢を和らげたのだが、手遅れだった。もし安倍氏が政策や声明を和らげなければ、日本の国際関係に著しく害をもたらすばかりでなく、近代化の動きを逆にしようとして西南の役を引き起こした薩摩の士族のように見えてくるだろう。


(訳:雨宮和子)

最近の記事 ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
NEW
僕の偏見紀行
時津 寿之
老舗の店頭から
齋藤 恵
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
徒然.... in California
明子・ミーダー
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
23 チャルマーズ・ジョンソンと沖縄
22 ジョン(下)
21 ジョン(上)
20 ポリー
19 さらば、オランダ
18 いとこのハンス ―その後(2)
17 いとこのハンス − その後(1)
16 いとこのハンス
15 子どもを持たなかった理由
14 口を開く前に…
13 猫になったのかもしれない私
12 猫と人間
11 ヨコハマ・ヤンキー
10 前を向くか、後ろを向くか
9 アリゾナ展望
8 旧知の仲
7 愛した猫たち(下)
6 愛した猫たち(上)
5 フクシマとサンオノフレ
4 日本語ができない私
3 吉祥寺 ― 1961年と50年後
2 チャルのベンチ
1 死を迎えるためのビジネス
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 7 6 0 6 5 0 3
昨日の訪問者数0 4 4 6 3 本日の現在までの訪問者数0 1 0 3 7